ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




ちょびリッチポイント交換でドットマネー最大10%増量!に申し込みました。



f:id:goutaro:20170612070328p:plain

 

先月、まず話題になったのは「ちょびリッチポイント交換でドッドマネー最大10%増量!」キャンペーンでしたね。

 

その後、モッピーxJAL祭やちょびリッチxJAL祭などが始まり、ANAルートであるこっちのキャンペーンはなんだか忘れ去られた感があります。

 

いずれにせよ、今月中だったらいいので別に急ぐ必要もなく、JALマイルもいいな〜と思いながら傍観していました。

 

f:id:goutaro:20170612070346p:plain

 

ワタシも最初は間違えていたのですが、「20,000マネーまでの交換分が10%増量」になるので、最大限キャンペーンを活用するためには20,000マネー分、つまりちょびリッチポイントで言えば40,000ptを交換すれば良い計算になります。

 

f:id:goutaro:20170612070402p:plain

 

キャンペーンの詳細はちゃんと見てなかったのですが、6月15日までの交換分を早期付与する、とあります。急いでいるわけではないですが、早いに越したこともないかな、と思い本日、交換申請してみることにしました。

 

f:id:goutaro:20170612164716p:plain

 

交換申請自体は特別難しいことはなくいつも通りです。ポイント交換→ドットマネーを選択するだけです。

 

涙なみだのポイントとのお別れです。すべて自力で貯めて、時に自腹を切ってまで貯めたポイント、子供との別れのような寂しさがあります。自力で貯めているヒトは、多かれ少なかれ同じような気持ちありません?

 

f:id:goutaro:20170612070721p:plain

 

さて、なぜドットマネールートを選択することになったのかというと、前回のブロク記事の流れになりますが、ANAに引き続きJALでのハワイ行き特典航空券発券を同じ来年のGWで調べてみたのですが、ANAと同じように空席待ちのオンパレード。ANAでもJALでも繁忙期に特典航空券予約をするのは不可能なんじゃね?と思ったのです。

 

f:id:goutaro:20170612070736p:plain

 

必要マイルはANAより微妙に少ないですが、JALは(今のところ)シーズンによる必要マイル数の増減がないので、繁忙期であるGWではJALの方が若干必要マイル数が少なくなるのでしょうが、発券できなければいくら持っていても同じです。

 

eJALポイントにして航空チケット購入代金にあてようにも、マイルの1.5倍ではANAコインの交換率に劣ります。

 

ワタシはマイルというのは利率が高い預金と考えています。その中で一番高い利率はANAコインの1.7倍。つまり得たポイントを最大限に活用しようとするならば、(特典航空券が取れないからですけど)やっぱりANA一択、という結論に達したわけです。

 

なので、ソラチカルートを回して目減りしたドットマネーを補充するためにこのタイミングでちょびリッチポイントを交換してみました。

 

ある程度貯まるモッピーポイントは、折角の記念にJALマイルに交換する予定ですが、それだけで終わりそう。

 

平凡陸マイラーの悩みは尽きない・・・・。