ANAマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。陸マイラー系ブログ!




MIカードゴールド|ちょびリッチ-10,100円相当-羽田空港国際線ラウンジ利用特典(終了)

f:id:goutaro:20170724032128p:plain

 

ちょびリッチで三越伊勢丹で買い物する時におトクなMIカードゴールドが10,100円相当のポイント還元で出ています。平MIカードでも10,000円相当のポイントだった昨今、特に響くものが有るわけではない案件だったのですが、ワタシ的トピックがあったのでちょっとだけご紹介を。

 

目次

 

 

MIカードゴールド|ちょびリッチ-10,100円相当のポイント

MIカードゴールドを発行して1,000円以上の利用で、10,100円相当のちょびポイントがゲットできます。

エムアイカードゴールドで貯める / ポイントサイトちょびリッチ

 

f:id:goutaro:20170724032531p:plain

 

1,000円の利用はハードルが低いですが、ゴールドカードなので年会費が10,000円かかります。これは高い。

 

www.goutaro.com

 

先日、平MIカードでの発行だけでも10,000円相当のポイント還元だったのでちょっと割が合わない感じ。

 

MIカードゴールドとは

MIカード自体が、三越伊勢丹グループで利用するとポイントがザックザク貯まるカードです。

三越 M CARD GOLD・MICARD GOLD・伊勢丹アイカードゴールドのご入会キャンペーン・サービス・ラインアップ | エムアイカード

 

f:id:goutaro:20170724032738p:plain

 

三越伊勢丹グループでの買い物で最大10%のポイントが貯まります。10%ははっきり言ってでかいです。

 

f:id:goutaro:20170724032919p:plain

 

ただ平MIカードの時と条件は同じで、「一品」3,000円以上の商品購入が必要ですし、10%のポイントをゲットするためには前の年に100万円以上の買い物をしておく必要があります。セレブな人で、百貨店でしか買い物しないわよ!、と言うヒトでないとなかなかハードルが高いです。

 

f:id:goutaro:20170724033120p:plain

 

色々利用すれば、入会キャンペーンとして13,500円相当になるポイントをゲットできます。

 

MIカードゴールド|羽田空港国際線ラウンジ

今回はMIカードゴールド自体に興味があったのではなく、羽田空港国際線ラウンジの事を調べていた時に目が入ったので気になっていたのです。

 

あと少しで夏の家族旅行に行くワタシ、利用するのは羽田空港国際線。空港に着くのは19時前。出発は23時台。待ち時間がいっぱいあるのです。羽田空港国際線ターミナルは比較的新しくて時間をいっぱい潰せそうな気がしますが、制限エリア外のお店は21時ぐらいにしまっちゃうところが多いらしくて、その後どうやって時間潰すのよ?となります。

 

ANA便でしたらプラチナ会員としてANAラウンジが利用可能(^^)。各航空会社でもビジネスクラスだったら快適なラウンジが利用できるのでしょうが、ワタシはハワイアン航空のプレミアムエコノミー。JALと違ってプレエコでもラウンジは利用できません。

 

考えることは同じでしょうから、出発までの21時から23時台の誰もが使えそうなカードラウンジは激混みの予感。

 

f:id:goutaro:20170724033726p:plain

 

で、調べてみるとほとんどのカードでOKそうなのはSKY LOUNGE。こっちは激混み?しかし各航空会社と提携しているTIAT LOUNGEの方は比較的空いてそうな予感。そのTIAT LOUNGEを利用できるカードの中に「MIカードゴールド」が入っているのです!

 

記載はないですが、当然「ゴールド」出ないとダメですが。他にはトヨタのゴールドカードやらレクサスカードやら関係ないと簡単には入手できないカードばかりの中でMIカード(ゴールド)だけは燦然と輝いております。

 

カード本人のみの限定利用だから家族旅行では意味ないし、このためだけに年会費10,000円かかるMIカードゴールドを発行するのもアホらしいですが、なんかその「特別感」にとっても心が惹かれたわけです。

 

まとめ

MIカードゴールドを保有していると、ビジネスクラスでしか使用できない羽田空港国際線のTAIT LOUNGEを使用できることに惹かれて記事にしてみた。

 

実際は、さすがのワタシでもそのためだけに発行する気にはなれないが、情報として頭の片隅にでも入れておこうと思った。

 

ただ今後としてはANAラウンジを利用すべく羽田空港国際線の発着枠を多く持っているANAをいっぱい利用するよう心がけることになるでしょうけど(^^)