ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【旅行記】ホテル記|キングスランド by HGVC-2017年夏-プールのご紹介



2017年夏、夏季休暇でハワイ島のキングスランド by HGVCに宿泊しました。このホテルの特徴の1つは何と言ってもプールです。

 

旅程|7泊

まとめ記事はこちら

www.goutaro.com

初日|福岡空港羽田空港ーコナ空港ーホテル

福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ|福岡空港ANAラウンジ、ハワイアン航空コードシェア便(ANA便)、羽田空港ターミナル間移動

羽田空港国際線ターミナル|食事と子連れ時間潰し-SKY LOUNGE ANNEXレポートも

羽田ーコナ|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-往路編

コナ空港|ハーツ・レンタカー

ホテル記|キングスランド・バイ・ヒルトン・グランドバケーションクラブホテル

 2日目|キングスランド滞在

ホテル記|キングスランド-プール三昧

<ーーーこの辺の話

 3日目|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ滞在

ホテル記|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

 4日目|キングスランド滞在

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからキングスランドへ移動

ワイコロアビレッジ|買い物、給油 

午後はキングスランドを満喫|夜のプール

<ーーーこの辺の話

 5日目|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン滞在

コハラコーストからヒロへ|TEX Drive IN, Akaka fall

ヒロの街|Big Island Candy, Miyos,ファーマーズマーケット

ホテル記|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン

 6日目|キングスランド滞在

ヒロからコハラコーストへ|キラウエア火山、プナルウ黒砂海岸、プナルウ・ベイク・ショップ

・キングスランド|夜のプール再び

 7日目:キングスランド滞在

キングスランド|第3期の新しいプール

<ーーーこの辺の話

HGVC説明会|やっちまいました

・キングスランド|最後のプールを満喫

 8日目|コナー羽田

最終日のドライブ|Coffee Shack、UCCコーヒー園

コナ空港の過ごし方

コナー羽田|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-復路編

ホテル記|羽田エクセルホテル東急

 9日目|羽田ー福岡

羽田空港ANAラウンジ |キッズスペース

 

今回はそのプールに絞ってご紹介します。

 

目次

 

 

キングスランド by HGVCの場所

キングスランドはハワイ島の西海岸、コハラコーストと言われる最も降雨量が少ない乾燥した地域に立地しています。元は溶岩の荒廃した土地だったはずですが、頑張って開拓したのでしょう。

 

f:id:goutaro:20170815184553p:plain

 

キングスランドはコハラコーストのワイコロア・ビーチ・リゾート内にあります。左下のコナ国際空港から車で30分強かかります。

 

f:id:goutaro:20170815184709p:plain

 

キングスランドはワイコロア・ビーチ・リゾート内でも内陸部に位置します。なので、オーシャンフロントなどという部屋は存在しません。海で遊びたい場合は、左下のビーチまで行く必要があります。もちろん車やトロリーの利用が必須です。

 

リゾート内は周りどころから中までゴルフ場だらけです。実際にゴルフを目的に訪れる人も多いのでしょう。でも子連れでも十分楽しめます!

 

キングスランドのプールの数

f:id:goutaro:20170815185236p:plain

 

キングスランドはHGVCのタイムシェアとして売りに出されて時期によって、第1期、第2期、第3期に分かれます。

 

メインプールのスーパープールは第1期のメインロビーに近い所にあります。今回はプールの直近の棟だったのでものすごく楽ちんでしたが、前は右から3棟目に宿泊部屋があったので、子供を抱っこして荷物を持っていちいち歩いていくのが正直非常に大変でした。そのためか、左には小さい(メインプールに比べたら、ですけど)プールが別に有ります。

 

第2期にはプールがありません。いちいち道を渡ってプールに来る必要があります。プールメインの我が家はこっちを借りることは無いでしょう。しかしこっちは安く(ポイントを少なく)借りれるという絶大なメリットがあります。プールがメインの旅行でなければ、十分「あり」でしょう。

 

あと、マップではまだ工事中ですが第3期の端にももう一つプールがあります。規模は第1期の小さいプールとほぼ同じでしたが、こちらが予想外に楽しかったので、後でご報告します。

 

メインプール

f:id:goutaro:20170815185814p:plain

 

メインプールは上記のようになりますが、まあ広いです。お盆前の繁忙期に宿泊しましたが、ごちゃごちゃ混み合うことはまずありません。

 

左下が子供向けの砂場プール。水深は30cmに満たないぐらいで、小さい子供を安心して遊ばせられます。小さなスライダーが1つあります。外国は基本的に自己責任「On Duty」なので、どんなに小さい子を滑らせても咎められません。

 

左側がファミリープール。バレーネットとバスケゴールがあって、それぞれ3つぐらいのボールが無償で利用できます。基本的にプカプカ浮いているので、空いていたら使える感じです。

 

メインプールにはスライダーが2つあります。身長制限ありです。並ぶことはほとんどありません(^O^)。滝が3つあり、冒険心をくすぐります。夜になるとライトアップされて、幻想的な雰囲気になったりもします。

 

メインプールと他のプールには高低差があって、その差を利用した小さなスライダーや滝があったりして、これまた楽しいのです。

 

ジャグジーは2つあります。ただ広すぎてジャグジーから全体を見通せないから、結局は子供と一緒に泳ぎ回る羽目になります。

 

右の大人用プールもとにかく広いですね。洞窟、滝、ジャグジー、なんでもありです。こちらは泳ぐ人はほとんどいなくて、みんなプールサイドで思い思いの時間を過ごしているような感じでした。

 

f:id:goutaro:20170815190947j:plain

 

子供向け砂場プールのスライダーです。それなりにスピードが出ますけど、プール自体が浅いので危険度は低めです。それでももちろん自分の子供からは目を離さないようにしますけど。

 

f:id:goutaro:20170815191204j:plain

 

メインプールのスライダー降下場所。このメインプールは一段高い位置にあります。すごいギミックですね。

 

f:id:goutaro:20170815191335j:plain

 

そのメインプールとファミリープール側の高低差を利用した小さなスライダー。これにうちの次男がハマりまくって、滞在中に何十回と付き合わされました(^_^;)。

 

f:id:goutaro:20170815191441j:plain

 

ファミリープールにあるバレーネットとバスケゴール。水中バスケ、めっちゃ楽しかったです。子供はできないので、時々1人でシュートをしまくっていました。

 

f:id:goutaro:20170815191912j:plain

 

大人用プールです。ほとんど泳いでいません。もったいない・・・。ここは子供向けの浅くて広い階段があったりもするので、子供にも開放してほしいなぁ。

 

f:id:goutaro:20170815192041j:plain

 

メインプールを遠景で見ると、端まで見えません。どんだけ広いんだ!

 

f:id:goutaro:20170815192137j:plain

 

プールからはこんな素敵なサンセットを見ることができます。滞在中、雨は一度も降らなかったので、何度もこの光景を見ることができました。

 

f:id:goutaro:20170815193735j:plain

 

夜になるとプールの中と外からライトアップされて幻想的な雰囲気になります。キングスランドのプールの素晴らしいところは、夜の10時まで利用できることなんです。メインスライダーは流石に監視員が必要なのでクローズしますが、子供向けのスライダーは利用可能。

 

オアフ島ヒルトンなんて、17時でクローズですからね。まあプールぐらいしか娯楽がないので、夜遅くまで利用できるのは当然のことなのかもしれませんが・・・。

 

しかし、夜のプールはとにかく寒い!そんなに長く入れるものではありません。8時ぐらいになると子供は帰って、大体の人はプールサイドのチェアでのんびり過ごすのがメインのようでした。

 

ワイ島の夜は日本よりも寒いです。ただ25度ぐらいなので、濡れずに過ごすには湿度も低いし超快適なんですよねぇ。

 

第1期の小さいプール

f:id:goutaro:20170815185236p:plain

キングスランドはご覧のように左により長く広がっています。コレだけ遠いとスーパープールに行くまで一苦労。左から第1棟、第2棟・・・なのですが、第3棟と第4棟の間に小さいプールがありまして、キングスランドの宿泊ゲストならば誰でも利用することができます。 

 

f:id:goutaro:20170816125237j:plain

 

離れたプールは全体的にゲートで覆われていて、ゲスト以外は入ることができません。出入り口は一箇所で、部屋のカードキーがあれば入ることができます。このプールは監視員はもちろんタオルハウスもないので、自分でタオルを持ってくる必要があります。

 

などなどで、基本的にいつでも空いています。奥の方にジャグジーを備え、滝の造形もありのんびり過ごすには申し分有りません。ただ、今回はスーパープールに近い棟に宿泊できたこともあり、あえてこちらを利用することはありませんでした。

 

 

f:id:goutaro:20170816130431j:plain

 

こちらのプールは2年前に利用したことがあります。この幅が広い階段が、0歳児にとっても遊ばせやすく、長男にとっては奥の方に遊びに行く楽しみもあり、大人にとっても1つあるジャグジーから全体を見渡せるので、良い意味でコンパクトでなんだかんだと長居した記憶があります。

 

第3期の小さいプール

f:id:goutaro:20170815185236p:plain

 

第3期の新しいプールは上記画像の辺りにあります。第3期はすでに完成しており、プールも新品です。スーパープールからかなり離れた第3期の場所なので、専用にプールを造ったようです。正直、第1期と第3期はお互いに車で行き来する必要があるぐらい離れていると思います。

 

f:id:goutaro:20170816131912j:plain

 

全体像はこんな感じです。真ん中にジャグジー、滝が3つ、そしてスライダーが1つ。第1期の小さいプールと同じような広さですが、唯一違うスライダー、これが有ると無いとじゃ全然違いました。スライダーは上記画像では左の奥の方に位置しています。

 

f:id:goutaro:20170816132149j:plain

 

このスライダーがまたちびっ子には本当にちょうどいいんです。もちろん大人でもかなり楽しかったです。スライダーからプールに突入した後、その勢いでちょうど滝の下に流れ着くのも秀逸でした。子供たちは何十回と滑っていました。

 

f:id:goutaro:20170816132353j:plain

 

そして子供たちの遊び場としてもちょうどいい幅広の階段。大人も浅瀬でプカプカ寝っ転がれるので、大人にとっても気持ちいいです。また、最新のプールだけあって木々の配置で、日陰が結構出来るのもポイント高かったです。

 

このプールは流石に遠いだけあって、11時から15時までですがタオルサービスがあります。便利が良いですよね。

 

1時間ぐらいの時間つぶしのはずが、結局次の予定が迫ってくるまで3時間近くも滞在してしまいました。子連れではメインプールに劣らない魅力に溢れた新プールでした。

 

まとめ

ワイ島ヒルトン・グランド・バケーション・クラブのホテル「キングスランド」のプールをご紹介しました。キングスランドのゲストは、同じワイコロア・ビーチ・リゾート内にあるコハラスイーツ by HGVCとザ・ベイクラブ・アット・ワイコロア・ビーチ・リゾート、そしてヒルトン・ワイコロア・ビレッジのプールも無料で利用することができます。

 

clubtravelerjapan.com

 

どんだけプール三昧なんだ、と言う感じですが、プールを楽しむのならキングスランドのプールが一番なのは間違いありません。

 

今は子供が小さいのでプールがメインの旅行になりますが、大きくなってきたらどうなるのか?やっぱり大人でもプールは楽しいものですよね(^O^)。キングスランドの予約は、オアフ島に比べたら圧倒的に確保しやすかったのですが、最近はそうでも無くなってきたみたいです。行ける時に行くのが一番ですよ。