ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【旅行記】HGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)説明会|営業職ってすごいです・・・-HGVC説明会で断れるように!-2017年夏ハワイ島



ゴウタロウです。2017年の夏に家族旅行でハワイ島に訪れました。宿泊先はヒルトン・グランド・バケーション・クラブ(HGVC)のコンドミニアムタイプのホテル「キングスランド」です。

 

そこで特典につられて参加した説明会で「やっちまった・・・」、そんな話をお届けします。

 

旅程|7泊

まとめ記事はこちら

www.goutaro.com

初日|福岡空港羽田空港ーコナ空港ーホテル

福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ|福岡空港ANAラウンジ、ハワイアン航空コードシェア便(ANA便)、羽田空港ターミナル間移動

羽田空港国際線ターミナル|食事と子連れ時間潰し-SKY LOUNGE ANNEXレポートも

羽田ーコナ|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-往路編

コナ空港|ハーツ・レンタカー

ホテル記|キングスランド・バイ・ヒルトン・グランドバケーションクラブホテル

 2日目|キングスランド滞在

ホテル記|キングスランド-プール三昧

 3日目|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ滞在

ホテル記|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

 4日目|キングスランド滞在

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからキングスランドへ移動

ワイコロアビレッジ|買い物、給油 

午後はキングスランドを満喫|夜のプール

 5日目|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン滞在

コハラコーストからヒロへ|TEX Drive IN, Akaka fall

ヒロの街|Big Island Candy, Miyos,ファーマーズマーケット

ホテル記|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン

 6日目|キングスランド滞在

ヒロからコハラコーストへ|キラウエア火山、プナルウ黒砂海岸、プナルウ・ベイク・ショップ

・キングスランド|夜のプール再び

 7日目:キングスランド滞在

キングスランド|第3期の新しいプール

HGVC説明会|やっちまいました

<ーーーこの辺の話

・キングスランド|最後のプールを満喫

 8日目|コナー羽田

最終日のドライブ|Coffee Shack、UCCコーヒー園

コナ空港の過ごし方

コナー羽田|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-復路編

ホテル記|羽田エクセルホテル東急

 9日目|羽田ー福岡

羽田空港ANAラウンジ |キッズスペース

 

目次

 

 

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ(HGVC)とは

club.hiltongrandvacations.com

 

HGVCとは「ハワイの高級コンドミニアム・スタイルのお部屋を週単位で所有する
新しいバケーションスタイルである「タイムシェア」プログラムを販売・管理するサービス」と言うのがワタシの認識です。実際は、HGVCのタイムシェアはハワイだけではありません。

 

www.hgvc.co.jp

 

高級コンドミニアムスタイルのホテルを1週間借りる権利を所有する、と言えば分かるでしょうか?

高級コンドミニアムスタイルのホテルを1週間だけ自分だけの別荘に出来る、と言った方が的確かもしれません。

 

その権利を「購入」するわけです。ホテルによっても値段が違うし、ホテル内の部屋によってももちろん値段が違います。最上階なら1,000万円を超えているそうですし、階層が低くて景観が悪くても数百万円はします。

 

しかもそれは「初期投資」であり、所有しているだけで「年会費」や(隔年プランの場合は)「管理費」などが必要です。それは所有している限りずっと払い続けるもので、ゴルフ会員権の年会費のようなものです。利用しなくても年会費は必ずかかります。

 

仮に年に10万円の年会費が必要な権利を購入した場合、30年所有し続ければ300万円の出費になります。初期投資の300万、継続所有の300万、そして継続の支払いは権利を売却しない限りずっと続きます。

 

またその権利は子供・親族に「相続」出来るのですが、気軽にハワイに行くことができなければ「不良債権」と同じです。

 

ワイキキビーチの一等地は無理でも、同じ値段で手頃なコンドミニアムはワイキキ周辺にゴロゴロあるはずです。

 

今だから分かるHGVCを所有するデメリットですが、そんな事は最初には目につきにくいものです。そもそも、なぜそんな物件に目をつけてしまったのかというと・・・。

 

HGVCとの出会い

今から数年前まではHGVCなんてものがあるなんて全く知りませんでした。もちろん「陸マイラー」なるものも知らなかったのですが(笑)。今や駅や空港やホテルで盛んに営業活動されているヒルトンのタイムシェアですが、知らなければ目に入っても心に残っていなかったのだと思います。

 

そんなワタシがHGVCを知る切っ掛けになったのは、やはりヒルトンに宿泊したことでした。

 

2011年夏、長男が1歳児の時にJALの「ファミリージェット」なるものをJAL機関誌「AGORA」で知りました。

 

www.jal.co.jp

 

JALのチャーター便で、家族連れのみのハワイツアーに行けるJALパックの1つです。もともと旅行好きの妻と結婚したので、どこかしらに旅行には行きたいと思っていたワタシ。しかし子供が生まれたら飛行機に乗せること自体がストレスだろうと悩んでいた所に、見つけたこのJALパック。ファミリージェットなら、子供がいっぱいでみんな同じ、ストレスも少なそう、とのことで利用することにしました。

 

この時はいくつかホテルが選べたのですが、自分が25年近く前に親に連れて行ってもらったホテルを選択し、それが「ヒルトン」だったわけです。当時は「ホテルオークラ」だったそうですが。

 

JALのファミリージェット、今の宿泊先は「アウラニ・ディズニー・リゾート」も選択できるようになっていますね。こっちの方が断然楽しそうだし、コレを利用していたら恐らくHGVCのタイムシェアを購入することもなく、タイムシェアを利用するための航空券代を補填するための陸マイラー活動を始めることもなく、このブログも書くことがなかったと思いますので、運命とは本当に不思議な事で・・・。

 

HGVCの説明会

HGVCのオーナーシップ販売説明会は「国内」で開催されるものと、「ハワイ現地」で行われるものがあります。どういういきさつで最初のJALパック旅行中に説明会に参加することになったのか今となっては不明ですが、「参加すると100ドルもらえる」と言う特典に釣られたのは間違いありません(*ノω・*)テヘ。

 

www.hgvc.co.jp

 

思い出せるだけでHGVC説明会の参加歴を列挙すると・・・

2011年|ハワイ現地-オアフ島

2013年|ハワイ現地-オアフ島

2014年|国内(北九州)

2015年|ハワイ現地-ハワイ島

2016年|ハワイ現地-オアフ島

2017年|ハワイ現地-ハワイ島

う〜〜〜ん、特典乞食のようですね。

 

今ではヒルトンで使える100ドルかヒルトンオナーズポイント30,000ptのどちらかを特典で選べます。30,000ptもあれば、閑散期のヒルトンに1泊できちゃうのでこっちの方が明らかにお得なのですが、ワタシはいつも100ドルを選択。いつ使うかわからないポイントよりも、すぐに使える100ドルを(笑)。

 

さて、その説明会に参加した結果を付け加えると・・・

2011年|ハワイ現地-オアフ島グランドワイキキアン購入!

2013年|ハワイ現地-オアフ島|営業担当の挨拶と雑談、アップグレードの話はもちろんあったがお断り

2014年|国内|販売の話もあったけど、タイムシェアの使い方などの雑談で終了

2015年|ハワイ現地-ハワイ島グランドワイキキアンアップグレード購入!!

2016年|ハワイ現地-オアフ島|グランドアイランダーにアップグレード勧められるも何とかお断り

2017年|ハワイ現地-ハワイ島グランドアイランダーアップグレード購入!!!

 

ちょっと営業にやられすぎでしょう(汗)。完全に「カモ」になっています。購入の度にそれなりの金額が吹っ飛んでいっているわけで、総額を考えると本当に恐ろしい・・・。100ドルに釣られてなにやってんだ、と過去の自分に言ってやりたい!

 

日本ではどんなセールスにも引っかかったことがなかったのに、ハワイの開放的な雰囲気で実際に素敵なホテルに宿泊しているとこんなにも心がゆるくなるものなのか・・・。

 

今回誓ったのは、もう説明会には絶対に行かない!、と言うことでした。

 

説明会の罠

日本では鋼の意志を持つワタシが、フラフラとオーナーシップを購入してしまったのにはそれなりのきっかけがあります。

 

もちろんHGVC販売会の殺し文句・常套句もありました。

・家族が増えてもコストは同じ|一部屋当たりの値段なので

・毎年ハワイに来るきっかけに|ハワイにはそんなにコレないというと、逆に来るきっかけにして下さい、と言う感じ

・1泊で5-10万以上する部屋を1週間借りる権利がこの値段で|まあ実際に年会費で言えば割安ですが、初期投資費用を割っていくとそうでもないがそこまで普通気づかない

・子供たちに相続できる資産である|別に値上がりして高値で売れるわけではないし、子供たちも毎年ハワイに来れるような立場になるかは全く未知

 

f:id:goutaro:20170817184848g:plain

 

まさにこのような「タイムシェアのある暮らし」はいいですよ〜と勧めてくるわけです。しかしそれだけでは、さすがのワタシも数百万するかもしれない買い物をその場で決めたりはしません。

 

まず2011年、それは民主党政権下で恐ろしいほどの円高が進んでいた時期だったのです。1ドル80円を切る世界。1ドル110円の今と比較しても、同じ100万円の価値のある買い物をするでも30万円の差があるということですから、「安!」となってもしょうがないんじゃないかと、自分で自分を慰めます。

 

2015年は逆に1ドル125円ぐらいの円安に振れていた時期なので、逆に「高!」となりました。しかし、その時にちょうどいい物件が「ディスカウント」されていたのですよぉ。書類を見せてもらったのですが、これは本当に本当でその「円高」分を相殺するぐらいの差額だったのです。また、最初に購入した物件に初めて宿泊した際にはそれなりに不満を感じていたので(日当たりとか景観とか)、「もっといい部屋に泊まりたい!」と言う欲求に勝てずに、購入と相成りました・・・。

 

そして2017年の今年、と言うかまだ先週じゃ!、今度は営業さんが言うには「お盆価格」なるものがあってお得ですよぉ〜、てな営業トークでした。なんじゃそりゃ、アメリカなのにお盆も何も無いだろうに、と突っ込んだのですが、やはり日本の顧客が多いからか「OBON」もそれなりに使えるフレーズだそうな・・・・。

 

まあOBONよりも魅力的だったのが、同じ年会費なのにHGVCのポイントがはるかに大きい物件があること、そして通常は物件のアップグレードには最低限の差額が無いとできないけど「OBON」なので上級職に掛け合ってどうにかしてみせる、と言う殺し文句だったわけで。

 

ここで営業職の怖いところは、ワタシは「うん」とは言っていないのに、心が揺れているところなどを感じ取って、裏で話を進めちゃうところなんですよ。「今しか無い!」とか「上級職に掛け合ったら、もう私の信用問題なんで断られると困るけど、聞いてみてもいいですか?」とか・・・。そこでワタシが「NO」と言わないからなんでしょうけど、結局「YES」と言わないままに、アップグレード購入が決まってしまったそうな・・・。

 

まとめ

本当に欲しいものを目の前にしたら、本職の営業には全く敵いません。今回心に決めたのは、HGVC説明会には今後絶対に行かない!、と言うことでした。

 

が、誓えるかは分かりません。と言うのはHGVC説明会というのは、もちろん営業の販売もあるのですが、オーナーシップでの分からないところや賢い利用の仕方、裏技的なことなど、オーナーの相談場でもあるのです。そこで聞けた予約時の賢い方法などは本当に役に立ちました。なので、またDMが送られてきたら参加しちゃうかもなぁ〜。でもその時は「国内」の方が無難かもしれません。気持ちが浮かれていないから(笑)。

 

そんなワタシから一つアドバイス。HGVCのオーナーシップを現地を見ずに国内の販売会で購入するのは賢い方法とは言えません。各種あるHGVCのホテルですが、その立地や部屋のグレードによって景観がものすごく変ってきます。各サービス(プールとか駐車場とかレストランとか)へのアプローチも異なります。タイムシェアの値段は毎年上がっていくので、次の年現地を見て決めますなんて言うと、営業の人は絶対に値段が上がってますよぉ、とか脅すはずです。

 

それでも、高い買い物なので即決はやめたほうが無難です(ワタシが言うな!状態ですが)。もし決めたいのなら、オーシャンビュー以上の高い(値段も階層も)部屋にすべきです。それならば後悔することも少なかろうと思います。パーシャルオーシャンビューでもダメです。HGVCのポイントを買うのだけで、所有物件に泊まることはないから大丈夫、などと思っても安心できません。最近ではタイムシェアの予約は混雑でかなり厳しい状態になってきていて、自己所有の物件じゃない限り好きな部屋はなかなか借りれないものです。心してくださいませ。