ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【旅行記】ホテル記+修行記(4/8stay)|ヒルトンワイコロアビレッジ2017年夏-ダイヤモンド会員のメリットはあったのか!



ゴウタロウです。2017年夏にハワイ島へ家族旅行に出掛けました。今回は1泊した「ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ」についてのホテル記をお届けします。

 

旅程|7泊

まとめ記事はこちら

www.goutaro.com

初日|福岡空港羽田空港ーコナ空港ーホテル

福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ|福岡空港ANAラウンジ、ハワイアン航空コードシェア便(ANA便)、羽田空港ターミナル間移動

羽田空港国際線ターミナル|食事と子連れ時間潰し-SKY LOUNGE ANNEXレポートも

羽田ーコナ|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-往路編

コナ空港|ハーツ・レンタカー

ホテル記|キングスランド・バイ・ヒルトン・グランドバケーションクラブホテル

 2日目|キングスランド滞在

ホテル記|キングスランド-プール三昧

 3日目|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ滞在

ホテル記|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

<ーーーこの辺の話

 4日目|キングスランド滞在

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからキングスランドへ移動

ワイコロアビレッジ|買い物、給油 

午後はキングスランドを満喫|夜のプール

 5日目|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン滞在

コハラコーストからヒロへ|TEX Drive IN, Akaka fall

ヒロの街|Big Island Candy, Miyos,ファーマーズマーケット

ホテル記|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン

 6日目|キングスランド滞在

ヒロからコハラコーストへ|キラウエア火山、プナルウ黒砂海岸、プナルウ・ベイク・ショップ

・キングスランド|夜のプール再び

 7日目:キングスランド滞在

キングスランド|第3期の新しいプール

HGVC説明会|やっちまいました

・キングスランド|最後のプールを満喫

 8日目|コナー羽田

最終日のドライブ|Coffee Shack、UCCコーヒー園

コナ空港の過ごし方

コナー羽田|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-復路編

ホテル記|羽田エクセルホテル東急

 9日目|羽田ー福岡

羽田空港ANAラウンジ |キッズスペース

 

www.goutaro.com

 

今回の旅行ではヒルトン・ワイコロア・ビレッジがあるワイコロア・ビーチ・リゾートの敷地内にあるキングスランド by HGVCに宿泊しています。またキングスランドのゲストは、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ内の駐車場やプールが無料で利用できますし、同じヒルトンとしてワイコロアビレッジ内での支払いをキングスランドにつけることもできます。なので、このホテルに泊まる必要はそもそもありません。

 

www.goutaro.com

 

ワタシはヒルトンオナーズのダイヤモンド会員なのですが、ステータスマッチでゲットした資格であくまで「仮」のなんちゃってダイヤモンドなのです。真のダイヤモンド会員になるためには「90日以内に8滞在」をする必要があります。

 

ホテル修行完了しております。まとめ記事はこちら。

www.goutaro.com

 

その1滞在を稼ぐために、宿泊しているキングスランドの近くにあるヒルトンワイコロアビレッジに宿泊「重ね」をするという力技を敢行しました( ̄ー ̄)ニヤリ。荷物をキングスランドに残し、1泊分だけ別に分けてわざわざ泊まりに来たというわけです。

 

あえてメリットを上げれば、HGVCのオーナーでワイコロア・ビーチ・リゾート内のHGVCホテルに泊まることが出来るので、一生泊まることがなかったであろうヒルトンワイコロアビレッジに宿泊する経験ができた、と言うところでしょうか。

 

さらに、このホテルにダイヤモンド会員として泊まった際のレポートがグーグル先生で驚くほど少ないので、その辺りもレポートできたら、と考えた次第です。宿泊はヒルトンポイントを利用したので手出しは無しですしね(^^)v。

 

目次

 

 

ヒルトンワイコロアビレッジの場所と建物

f:id:goutaro:20170816163642p:plain

 

ヒルトンワイコロアビレッジはワイコロア・ビーチ・リゾート内の中でも海に面した場所にあります。ホテル内でもある程度のショッピングや食事は可能ですが、シャトルバスなどで近くのクイーンズ・マーケットプレイスやキングス・ショップスに行けば、もっと楽しみの幅が広がります。ワイコロア・ビーチ・リゾートそのものの魅力の1つでもあります。

 

f:id:goutaro:20170816164846p:plain

 

ヒルトンワイコロアビレッジは良く知られているように巨大なホテルで、ホテル内の移動では「トラム」と言われる電気列車やボートを利用することになります。

 

宿泊棟は3つあり、最も利便性の高いラグーンタワー、遠いけど景観がよくプールなどそれなりの施設を備えているオーシャンタワー、そしてあんまり何もないパレスタワー、です。

 

プールも3つで、最も大きいコナプール、オーシャンタワーの周辺にコハラプールとオーシャンプールがあります。さらに、海水を引き込んだ海水ラグーンでも泳ぐことができます。

 

駐車場

f:id:goutaro:20170816165900j:plain

無駄に土地が広いので、ヒルトンワイコロアビレッジには広大な駐車場があります。セルフとバレーサービス(係員が車を駐車場まで回送し、出発の際は再び、駐車場からホテルの玄関まで車を回送するサービス)がありまして、手前は当然バレーサービス用の駐車場。奥のほうがセルフ。宿泊者でも駐車場代は必要です。

 

例えばヒルトン福岡シーホークでは、ダイヤモンド会員(少なくともシルバー以上では)は駐車場が無料になります。ヒルトンワイコロアビレッジも同等かは分かりませんでしたけど、フロントでの応対の感じだとダイヤモンド会員でも料金が掛かりそうな雰囲気でした。元々、キングスランドのゲストは利用に際して無料になるので支払いはありませんでしたけど。

 

ロビー|チェックイン-ダイヤモンド会員の栄光は通じたのか!!

f:id:goutaro:20170816171140j:plain

ヒルトンワイコロアビレッジのロビーです。宿泊棟からは離れているので、開放感があります。

 

さて、早速チェックインなのですがヒルトンワイコロアビレッジでダイヤモンド会員のメリットはどうなのか?最も気になるところだと思います。ちなみに予約した部屋はもちろん最もグレードが低い部屋です(*ノω・*)テヘ。

 

f:id:goutaro:20170816171337j:plain

 

この1枚の用紙がダイヤモンド会員サービスのすべてを物語っていました。

 

部屋のアップグレードについて

f:id:goutaro:20170816174303p:plain

いつものようにヒルトンアプリを利用して前日からアップグレード出来る部屋をチェックしていました。しかしパレスタワーの階や西東が選択できるだけで大きな変化がなかったので、日本のときと同じように当日の交渉にかけることにしました。

 

最初に提示されたのはアップグレードのない元々の部屋。最も特徴がないパレスタワーでさらに低層階(TOT)。つたない英語で(「No upgrade?」と疑問符をつけて言うだけですけど)アップグレードが無いのか聞いてみたのですが、カタカタと調べてもらって最初は同じパレスタワーの高層階(と言っても5階程度)が出来るかも、と言われてせっかくなのでお願いしたのですが、結局は「ダメみたいね」で終わりました。

 

つまり「No Upgrade」だったわけです(ToT)。一応調べてもらったし上記用紙にもあるのでアップグレードされることもあるのでしょうが、原因は何でしょう?1つは「繁忙期」のため部屋が本当に空いていない。もう一つは、ネット上の噂なのですが、無料となる「子連れ」の場合はアップグレード成功の確率が落ちる、と言うことが事実かもしれない、と言うことです。

 

とにかく一番期待していた部屋のアップグレードは「ありません」でした。オアフ島ヒルトンで、レインボタワーのオーシャンフロントにアップグレードされました!とか言うレポートを見ると、どうにも信じられません。やっぱり空いている時期じゃないとあまり期待できないのですかねぇ。

 

 フィットネスセンター無料利用

すみません、場所すら確認しませんでした。ジョギングしたいならホテル周辺の早朝で十分だし、あんまり利用する機会はないと思いますが・・・。

 

宿泊毎に2本のミネラルウォーター

チェックイン時に「ドン」ともらえました。

 

1,000ヒルトンオナーズポイント追加

今回の宿泊はすべてヒルトンポイントを利用しました。ポイント履歴を見ても、宿泊のための50,000ptは引かれているのですが、1,000ptの追加は今のところありません。ポイント宿泊だともらえないのかな?

 

朝食無料2名分

これが一番の謎でした。「continental breakfast」だったら無料、「full buffet」を利用すると一人あたり15ドル追加、ということらしいです(用紙に書いてあります)。フロントで説明をしてくれたのですが、正直英語でちんぷんかんぷん。「無料」であることに意味があるので、とりあえずfull buffet(ビュッフェですね)は「No thank you」と伝えたのですが、正直どう伝わったのかも謎です。

 

今までの少ない経験から想像するに、continental breakfastと言うのはアメリカ風の朝食という意味で、温かい食べ物を含まないパンとかフレークとか果物だけの朝食のことではないかと思います。full buffetは文字通り、全部OKよ、と言うことです。

 

この意味を理解したのは、次に泊まったヒロのダブルツリーバイヒルトンの時でした。後日そちらのホテル記でもご報告しますけど、ビュッフェ会場で明確に「ココまではcontinental、ココからはfullよ」なんて案内はないのです。ただ、今を思えば「パンと果物」と少々のライスだけの区画は少し区切られていたような気がします。

 

グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ - ダブルツリーbyヒルトン宿泊時の朝食についてはこちらをご参照下さい。

www.goutaro.com

 

そして、もしfull buffetの方からも食べ物を持ってきて食べていたら、スタッフがcheckに「full」ということにして金額を確定させるのではないか、と思います。実際ヒロのヒルトンではそうでした。

  

f:id:goutaro:20170817141755j:plain

 

で、こちらが実際のチェックです。左が大人2人分。無料になっています。2人分の料金とすると、fullではなくcontinentalの値段と思われます。でも本当はfull buffetを頂いちゃったので、もしかしたら料金がかかったのかもしれません(^_^;)。チェックイン時にフロントでfullかcontinentalかを聞かれたので、そこで値段を確定してしまっているのか?よく分かりません。右が子供1人分。小学生はしっかり料金がかかります。しかもそれなりのお値段。プラス「チップ」ですからねぇ。

 

余談ですが、無料の朝食でDueが0ドルの時はチップってどうなるのでしょう?初めての経験で全く知識もなかったのですが、結局本来の料金の15%位をtotalの所に記載しました。会計でもしっかりその分料金が取られていましたけど、これは正しかったのでしょうか?しかし「無料」のはずのサービスに料金が取られることなど日本じゃ考えられません。「To Go」、いわゆるテイクアウトのお店でもクレジットカードで支払うと普通にチップの項目があって、To Goでは必要ないはずと分かっていてもついチップを付けてしまうのです。いつになっても慣れない文化です・・・。

 

以上が、ヒルトンワイコロアビレッジをダイヤモンド会員として宿泊した顛末でした。部屋のアップグレードが無かったのは至極残念でしたが、朝食が頂けたのは良かったです。

 

宿泊した部屋

今回宿泊した部屋は、パレスタワーの1キングサイズベッドルームです。

 

f:id:goutaro:20170817143201j:plain

 

無駄にゴージャスなエントランス。エントランスだけなら、3つのタワーの中で一番だと思います(笑)。

 

f:id:goutaro:20170817143258j:plain

 

う〜〜〜〜ん・・・狭い!キングスランドでコンドミニアムタイプの部屋に慣れてしまっているので、普通なら十分な広さだと思いますけど、感想は「狭い」になります。20年以上経つ古い建物ですけど、小奇麗で実際はそんなに不満はありません。荷物を置くスペースもかなり広かったですし。一番グレードが低い部屋なので、こんなもんですかね。

 

f:id:goutaro:20170817143502j:plain

 

洗面所とユニットバス。とにかく狭い!最近ホテル修行のせいで贅沢なホテルばかりに泊まっているので、体が贅沢になってしまったようです。

 

f:id:goutaro:20170817143721j:plain

 

ラナイなんて洒落たものはありませんが、景観はなかなかのもの。と言ってもこのひろ〜〜〜〜い芝生のスペースは、別に何があるわけでも何が行われるわけでもありません。結婚式のときとかに活躍するのかもしれませんけど。

 

エンターテイメント|プールオンリー(笑)

部屋を片付けたらすぐにプールに行きます。もう午後も半ばになっているので、日が暮れてきちゃいますからね。

 

f:id:goutaro:20170817144108j:plain

 

まずはオーシャンタワーに近いコハラプールに向かいました。この画像は、次の日の早朝散歩の時に撮ったものですが、真ん中にあるこのプールで一番楽しいスライダーが何とクローズしていたのです。これが使えないと楽しさ半減です。

 

まあ実は故障していて水が流れていなかったのですが、みんな柵を乗り越えて滑っていました(^_^;)。その過程で、本来身長制限で滑れないワタシの次男坊まで滑れたので、結果はラッキーだったのかもしれません。しかし、当然スタッフがそのうち来て「close!」と言われて追い出されました。当たり前か・・・。

 

ヒルトンの人件費削減かもしれませんが、このコハラプールにあったタオルバーが何と終日クローズとなっていたのです!次の日判明したのは、オーシャンタワーの中に自動タオル貸出機なるマシーンが設置されていました。それを知らなかった我が一家は、ここで泳いだ後にタオルが無く、震えながらコナプールに移動する羽目になったのです(T_T)。

 

f:id:goutaro:20170817144710j:plain

 

コハラプールからコナプールに移動する際は、トラムなどを利用すると遠回りなので海沿いを歩いていきました。その途中にあるラグーン。潮が満ちきっていて楽しそう。でも、長男が嫌がるので入れず(ToT)。

 

f:id:goutaro:20170817144831j:plain

 

途中でイルカプールの前も通るので、お約束のご挨拶(^O^)。

 

f:id:goutaro:20170817144917j:plain

 

そして着いたよコナプール。さすがに人はそれなりにいます。プールサイドの無料チェアを確保するのに多少苦労するぐらいで、巨大なプールは余裕いっぱいですね。

 

f:id:goutaro:20170817145036j:plain

 

スライダーの登り口からの光景。スライダーはそんなにスピードは出ずに面白いことは面白いのですが、並んでまで何回も滑ったりはしませんでした。

 

f:id:goutaro:20170817145154j:plain

 

洞窟部。以前より滝の幅が狭くなっているような気がします。半分は落ちてきていない。まさかそんな経費削減はないですよねぇ。

 

f:id:goutaro:20170817145308j:plain

 

我が家はなんだかんだ言って、この子供向き砂浜プールに長時間滞在しました。子供もぷかぷか、大人もぷかぷか、リラックスできて幸せでした。人は多いし、水もそんなにきれいじゃないですけど、楽しいことは楽しいですよ。

 

f:id:goutaro:20170817145447j:plain

 

サンセットも有名です。しっかり水平線に沈む太陽の神秘的な景色を堪能できます。

 

f:id:goutaro:20170817145550j:plain

 

夜になるとライトアップされて、これまたきれいな光景です。オアフ島ヒルトンと違って、夜も泳げます。少なくとも8時過ぎまで泳げます。泳いでいる人は流石に少ないですが。

 

うちは長男が日没後の7時過ぎてもまだまだ遊ぶんだ〜と誰もいなくなった砂場プールでプカプカ浮かんでいましたが、お昼寝しそこねた次男が流石にダウンしたので、切り上げました。

 

夜は、テイクアウトしてあったアメリカンホットドックとフライドポテトを部屋でポリポリ食べました^^;。ケチっている・・・のですが、いずれにせよ入眠中の子供を連れてどこに行けるわけでもありません。1つのベッドでみんなでのんびりダラダラして過ごす夜は悪くなかったです。

 

朝食について

誰が言ったか、「ヒルトンワイコロアビレッジの朝食は最悪だ」との評判を耳にしました。大人が無料じゃなかったら行かなかったかもしれませんが、ダイヤモンド会員の特典もチェックしないといけません。9時前ぐらいにゆっくりと会場に向かいました。

 

f:id:goutaro:20170817150950j:plain

 

朝9時でも何時でも混むのが、ヒルトンワイコロアビレッジのisland breakfastなのです。それでも15分ぐらいの待ち時間で済みました。

 

f:id:goutaro:20170817151051j:plain

 

ラッキーなことに窓際の席に案内されました。外には海水ラグーンが見えます。full buffetがどこからなのか全く分からなかったので、料金がかかっても経験だ、と思って好きなものを頂きました。

 

肝心の食事の内容ですが・・・確かに味は平凡、種類もこの規模にしては少な目です。高額な料金にセルフなのにそれなりのチップを払ってまで毎日行く必要はないですね。いつも混んでるし、長期滞在なら1度で十分だと思います。

 

まとめ

次の日長男にプールに入るかホテル(キングスランド)に戻るか聞いてみたら、ホテルに戻る!とのことだったので、朝食が終わったらのんびり支度してチェックアウトしました。今回はポイントでの宿泊だったので、支払いは朝食の追加料金だけでしたね。

 

もう泊まらなくてもいいかなぁ、とワタシは感じたのですが、妻の感想は意外にもまた来たい、でした。コンドミニアムでは必要な洗濯とか料理とかから解放される喜びもあったみたいですね。

 

f:id:goutaro:20170817151731j:plain

 

最後に謎のブッダと共にお別れです(^.^)/~~~。

 

ヒルトンダイヤモンド修行について

SFC修行の喪失感から、お次の修行を探したところヒルトンのダイヤモンド会員をめざす「ホテル修行」を行うことにしました。

 

SFC修行については下記をご参照ください。

www.goutaro.com

 

f:id:goutaro:20170819054414p:plain

 

通常ですとヒルトンのダイヤモンド会員になるためには30回の滞在が必要になります。一月に2回泊まってもまだ足りない、仕事で利用しない限りは現実的ではありません。

 

しかし、ホテルに限らずエララインなども含めた上級会員には「ステータスマッチ」なる仕組みがあります。要は「他の上級会員であることを証明してくれたらうちの上級会員資格もあげるので、こっちももっと利用してね」と言うサービスです。

 

ステータスマッチを行うには、通常は公式から申し込む必要があります。しかしワタシは、下記のようにゴニョゴニョしてヒルトンのダイヤモンド会員(仮)になりました。

 

www.goutaro.com

www.goutaro.com

 

ダイヤモンド会員の(仮)であるのは、今回ゲットした資格は3ヶ月間の限定お試しだったからです。

 

f:id:goutaro:20170819055352p:plain

 

その3ヶ月の間に「8滞在」すればダイヤモンド会員の資格を2019年3月まで維持できる、とあります。3ヶ月で8滞在、幸い福岡には「ヒルトン福岡シーホーク」があるので、出来なことはなさそうと思いヒルトンの「真」のダイヤモンド会員を目指すべく「ホテル修行」を行うことにしました。

 

ヒルトンのホテル予約に際しての葛藤はこちら。

www.goutaro.com

 

ヒルトンのホテル予約に際しての注意点はこちら。

www.goutaro.com

 

1滞在目

www.goutaro.com

 

2滞在目

www.goutaro.com

 

3滞在目

www.goutaro.com

 

4滞在目

www.goutaro.com