ANAマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。陸マイラー系ブログ!




バイポイント、高っ!



 

航空会社のマイルやホテルグループのポイントは購入することが出来るものもある。バイマイル、とかバイポイント、とか呼びます。今回、3月初旬にグローバルホテルチェーンのSPG(スターウッドプリファードゲスト)のバイポイントを行ったので、その話。

 

きっかけは「やじり鳥」さんのこの記事。

 

 

とりあえず買っておこうか、と言う「やじり鳥」さんに便乗して取り敢えず20,000ポイント購入してみました。

 

そして今、月末なのでカードの明細が送られてきます。アメックスは(何かしらお得になるわけではないので)Web明細にせず、紙ベースの明細を受け取っています。なぜなら家計簿がつけやすいから。

 

で、その明細に載っている今回のバイポイントの支払いを見たら、なかなかの金額に。

 

 

Webでも確認してみるとこんな感じ。20,000ポイントは定価で700ドルのところを30%オフにより490ドルで購入に。ドルベースの支払いなので為替相場に影響されることに。しかもアメックスは為替手数料が他のカードよりお高めで、おおよそ+2%。と言うことで、490ドルもいざ購入してみると57,000円に。

 

高っ!Σ(゚Д゚)

 

これって本当にオトクなの???

 

という訳で、ここに泊まるためにSPG/AMEXをつくったんだよ、と言うハワイはワイキキのホテルを調べてみました。

 

 

この辺ですね。HGVCのグランドワイキキアンを保有しているので、ホノルルでの滞在はいつもヒルトンなのですが、たまには他のホテルにも泊まってみたいじゃないですか。無料宿泊やポイントでの宿泊を画策しているのだけど、実際の料金はと言うと、

 

 

こんな感じ。525ドルは1ドル116円で計算すると60,900円。それが25,000ポイントと同価値、と言うことですよね。20,000ポイントが57,000円程度だったので、バイポイントで泊まるより実費を支払った方がお得という結果に。

 

あれっ?何か思っていたのと違う・・・

 

でもよ〜〜〜〜〜く冷静になって考えてみると、バイポイントで購入した金額の方が宿泊費よりも安かったらみんなポイントで泊まろうとしますもんね。これってあったりまえの絶妙な値段設定というわけですよね。上手だなぁ。

 

と言うことで、バイポイントはあと少しのポイントで宿泊ポイントになる、とかあと少しで20,000ポイントになり、5,000ポイントプラスされてマイルに交換できる、とかそう言うシチュエーションで行うのが本来の使い方なんでしょう。いかんせん初心者なもので、何も考えておりませんでした。

 

まあ、何事もこうやって実際に動いて学んでいかないと身につかないですよね!

 

ただ、SPGのバイポイントは条件付きながら最大50%オフのセールが過去ありました。そうなると、ポイントでの宿泊の方がおトクになる可能性もあるので、よっっく考えて今後は行動しましょう。

 

そんな、反省の話でした。

 

via ANAマイルを求めて
Your own website,
Ameba Ownd