ANAマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。陸マイラー系ブログ!




家族連れSFC修行|復路-新千歳空港再び



 

子連れSFC修行復路編です。チェックアウトギリギリまでホテルを満喫して、11時の送迎バスを利用して新千歳空港に帰ってまいりました。この11時の送迎バスの中にすでにマイカーの鍵を落としていたわけですが、新千歳空港内では全く気づいていませんでした。それほど楽しかったのか??

 

 

その時の様子は上記リンクで。

 

飛行機の出発予定時刻を考えると、約3時間強空港で過ごさねばなりませんが、結局搭乗開始5分前に出発口に到着するぐらいギリギリまで満喫してしまいました。

 

まずは搭乗手続きを行いにカウンターに。さすがに時間が早いためか、いつもは大混雑しているカウンターにもヒトはまばら。そしてアナウンスどおりANAラウンジは閉鎖中(T_T)。まあ子連れだとあまり満喫できないので、そこまで悔しくはありません。代わりに500マイルプレゼントされるはずです。

 

 

ホテルの部屋で(前日の残り物で)遅い朝食を食べていたので、まずはアクティビティ!という訳で、ドラえもんスカイパークにやって来ました。ここは大人800円、小学生400円、2歳以下無料、と言うなかなか強気の値段設定。なので、中はそこまで混んでいませんでした。

 

次男はわけも分からず大ハッスル。端から端まで走り回る。長男ちゃんにちゃんと付き合ってあげたかったけど、次男に気を取られそうもいかず。長男って本当に損ですよね。

 

 

中ではドラえもんひみつ道具もどきを体験できるスペースが有ったり、

 

 

タイムマシンにご一緒できたり、

 

 

ドラえもんプチイベントを楽しめたり、

 

 

ドラえもんと一緒に記念撮影が出来たり、それなりに楽しめました。それでも1時間は経ってませんね。思ったよりもあっという間でした。

 

 

お次は長男たっての希望でポケモンショップへ。この旅行の直前にポケモン3DS新作「サン・ムーン」が発売されたのだけど、今までポケモンに見向きもしなかった長男が突然の買って買って攻撃。多分小学校の友達にでも聞いたのでしょうけど、すぐにポケモン大好きっ子になって、ここでもお気に入りのキャラぬいぐるみを買わされました。ポケモンはもうオワコンと思っていたのに、まだまだ求心力は衰えてなかったようです・・・。

 

ついでに、次男ちゃんにも他のショップで飛行機グッズを買い与えて2人ともご満悦。

 

 

次は大人に付き合ってもらいます。再びラーメン道場に突入。今回はまだまだ時間に余裕があるので、多少並んでも「一幻」を食してみることにしました。お昼過ぎでももちろん行列中です。

 

 

左が「えびみそ」、右が「えびしお」です。味は「そのまま」と言う元々のスープと、とんこつを交えた「あじわい」が、面も太麺と細麺がそれぞれ選べます。

 

「あじわい」はトンコツが入るので、福岡っ子には馴染みの味に近づきます。細麺も博多ラーメンには全く及びませんが、おなじみの太さ。せっかく北海道で名物ラーメンを頂くのですから、ここは「そのまま」で「太麺」が正解だと思いました。

 

味は「みそ」でも「しお」でもどちらも絶品。みそも辛くなくて子供でもイケルと思います。このエビが溶け込んだスープが美味しくて、普段は(ダイエットのために)ラーメンのスープを残すワタシですが、半分は飲んでしまいました。やはり並ぶ価値はありますね。

 

 

ちなみに朝から早起きして大ハッスルした次男はここで撃沈。飛行機搭乗まで粘らせたかったのですが、座っているだけで眠ってしまうのでムリでした(T_T)。片手で抱っこで支えながら、ラーメンつゆを落とさないように慎重にラーメンを食べます。13キロを片手で抱っこしながらでもラーメンぐらい食べれなくては、この次男のパパはできません( ̄ー ̄)ニヤリ

 

しかしここで熟睡されたら、往路の二の舞いです。ラーメンを食べ終えると同時に強引に起こします!10分も寝てないですが、それだけでも結構すっきりしてグズらないものですよ。

 

 

搭乗まであと1時間。再びスマイルロードに戻ってきて、キティちゃんのキッズスペースで遊ばせたり、

 

 

ドラえもんキッズスペースで走り回らせたりして、めいいっぱい体力を使ってもらいました。以前はすぐに飽きていた次男も今回はいつまでも楽しそうでした。何がスイッチになるのか分からないですねぇ。

 

ちなみにこれらキッズスペースは一応6歳以下の子供が対象となっていますが、小学生ぐらいは普通に遊んでいますね。

 

残り30分になり、お土産を買いに2Fに戻ります。昨日で買うものはだいたい決めていたので、そこまで買い物に時間はかかりません。ただ買ったものをスーツケースに詰め込むのに時間がかかりました。

 

 

最初はまっったく気づきませんでしたけど、出発口も工事に伴い新しい場所へ移動していたのですね。ちょっとだけ焦りました。一応上級会員用に優先レーンは端っこに用意されていましたが、家族も一緒なので普通に並びました。ヒトは少なそうだったのに、10分ぐらいは待ちましたかね。搭乗時間が迫ってきていたので、ちょっと手際の悪さにイライラしました。

 

何とか搭乗開始10分前に搭乗口に到着。新千歳空港は3時間でも足りないぐらい楽しめました。予想通り楽しい空港です。

 

 

パラダイス山元さんのおっしゃるとおり、飛行機や空港が「手段」ではなく「目的」なると、いつもなら素通りしていた場所がこんなにも楽しい場所になるのかと再確認できました。新千歳空港はいつもなら雪山に行くことだけが目的でとっとと素通りしていましたからね。でも、まあ空港が「目的」なんて贅沢なことかもしれません。同僚にはどうしたってうまく説明できる気がしません・・・(笑)。

 

さて、次回は子連れSFC修行最終章「新千歳ー福岡」をお届けします。前半はマイカーの鍵をなくしたことに気づいたのにハッスル次男の相手もしなくてはいけない、これまた苦行な行程となりました。

 

via ANAマイルを求めて
Your own website,
Ameba Ownd