ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【JCBザ・クラス】東京ディズニーリゾートでの特典|JCBラウンジ



f:id:goutaro:20171022144929j:plain

 

JCB THE CLASS、正式にはJCBザ・クラスと言うカタカナ書きだと最近知った衝撃的な事実はさておき、日本が誇るMade In Japanのクレジットカードブランド「JCB」の最高峰、いわゆる「ブラックカード」です。

 

先月あるルートから突撃しまして、コツコツ実績を積むことなくゲットしました。

ANAのケンさん(id:mmmmfly)、いつぞやコメント欄でクレカバカをこっそりしているとお伝えした正体はコイツです。失敗したら内緒にしておくつもりでした^^;。

 

突撃ですのでもちろん「ポイントサイトを経由」などすることなく、得られるものはポイントではなく満足感です。

 

突撃の様子はすけすけの師匠が余すことなく伝えてくださっています笑。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

突撃(と言うわけではないですが)の様子からカードの詳細まで、いやはやそっくりそのままです。違うところと言えば、

・ワタシの方が早く申し込んだけど到着は遅かった|そのせいですけすけの師匠の記事を見て、ワタシは審査落ちしたんだ、と落ち込んだものです(^_^;)

・電話での本人確認がなかった

・収入証明の提出がなかった

・限度額が師匠より少なかった

と言ったところでしょうか。

 

限度額については、今までは限度額内でも高額な支払いは連絡して下さい、とAMEXでよく言われたものです。その慣習に従ってザ・クラスでも連絡したのですが、限度額以内でしたら何の問題もございません、とあっさりしたもの。信用なのか?大丈夫なのか?

 

今回はそんなJCBザ・クラスの話です。

 

目次

 

 

JCBザ・クラス|ブラックカード

世のザ・クラスファンには申し訳ないのですが、やはり一般的に見たらこのカードはクレジットカードの最高峰「ブラックカード」とは言えないのじゃないでしょうか?

 

すけすけの師匠が仰っていますが、とにかく年会費が5万円と他のプラチナカードやブラックカードと比較しても「おトク」過ぎます。サービスもプラチナと似たり寄ったりなので、やはり「プラチナ」との位置づけでの心構えの方が恥をかかなくて済みそうです。

 

ただ、JCBのプロパーカードでも「プラチナカード」を作るという噂が信憑性を増してきていて、その際は胸を張って「ブラックカード」と言えるようになるかもしれません。

 

matsunosuke.jp

 

ただ、やっぱり年会費の値上げは勘弁です(TOT)。

 

JCB、「プラチナ」「ポイント優遇」「女性向けサービス」をコンセプトに3種類のカードを新たに募集開始 | JCB グローバルサイト

 

その後ツイッターで頂いた情報で、JCBプラチナは本当のようで年会費は25,000円。ザ・クラスの値上げはなさそうで安心しました(^o^)。

 

JCBザ・クラス|マイル還元率は?

この辺りの話題になると、世に溢れかえっているのであえてワタシが詳細を記しても、増長な記事になるだけです。

 

card.aiyuri.com

 

なので簡潔にまとめてみます。マイル還元率というよりはポイント還元率ですね。JCBのポイントプログラムは「OkiDokiポイント」です。5年前ANA/JCBを解約して以来、久しぶりの名称です。

・普通は0.5%

・頑張れば0.8%、いいとこ年100万円決済しての0.75%

・OkiDokiランドを経由すれば1%にはなるかな

・特約店だともっと貯まるよ

と言ったところでしょうか。

 

どうあがいても他のクレカレベルかそれ以下のポイントしか貯まりません。Amazon利用でも貯まるのは助かりますが、それはVISAでも同じ。

あまりマイラーにお勧めでないカードなのも既知の通りです。

 

そんな残念なJCBザ・クラスですが、今までのどんなカードを入手した時よりも興奮しました。それは自力で頑張ったから、と言うのも大きいですが、やはりMade in Japanだからだと思います。

 

AMEXは格好良くて好きです、VISAはどこででも使える信頼感があります、ダイナースは最近は残念がちですが所有欲を満たしてくれます、でも、やはり「Japan Credit Bureau」=「JCB」、日本人としてどうしても応援したくなるカードなんでしょうね。

 

我が妻も、カード発行を報告すると今までで一番喜びました。小躍りしました。でもそれは「Japan」だからでなく、「ディズニーリゾートオフィシャルスポンサー」だからです!!

今回の本題は、そのJCBザ・クラスとディズニーリゾートの関係です。

 

JCBザ・クラスとディズニーリゾート特典

本題と言いつつも、この手の情報はネットでは溢れかえっています。今更ワタシが書いたところで、検索の100位にも入らないでしょう。今回の記事は、年明けの極寒のディズニーリゾートに初めて家族で行く予定の自分への確認記事、みたいなものです。

もちろんどなたかのお役に立てたら、と言う願望もブロガーとしてはありますけど。

 

jcb-the-class.com

 

今回はググると検索トップページに入る、Twitterでもフォローさせていただいている「jcb-the-class」さんの記事から勉強させて頂きました。

 

JCBザ・クラス発行初年度のワタシが受けれる特典は以下の通り・・・かな。

 

ディズニーランドのJCBラウンジ|スターツアーズ

jcb-the-class.com

 

う〜ん、参考になりまくりです。ただディズニーランドは成人してから2度しか行っておらず、それも10年以上前なのでまっっっったく覚えていません。場所もアトラクションも。

 

f:id:goutaro:20171022154733p:plain

www.tokyodisneyresort.jp

 

というわけでググってみました。地図の赤い星があるところですね。入り口から近そう。橙の星はファストパス入手所。

 

おっとよく見ると「102cm」以上限定の文字(TOT)。うちの次男は入れません。ちょっと可哀想過ぎる。まあ親のどちらかがラウンジに残るしか無いですね。

 

ディズニーシーのJCBラウンジ|ニモ&フレンズシーライダー

jcb-the-class.com

 

これまたありがたいレポートです。こっちは新しくて居心地が良さそう(^o^)。

  

f:id:goutaro:20171022160430p:plain

www.tokyodisneyresort.jp

 

場所はディズニーシーの左最奥ですね。こちらは90cm以上限定。これならば次男も何とか乗れそう。良かった良かった。お魚さん大好きだからきっと喜ぶでしょう(^o^)。

 

ディズニーリゾートJCBラウンジ招待券|申し込み

jcb-the-class.com

 

こちらも参考にさせていただいています。ありがとうございます。

f:id:goutaro:20171022160621p:plainMyJCBの「JCBザ・クラス会員」サービスにアクセスします。

 

f:id:goutaro:20171022160647p:plain

 

そして、メニューの「エンターテインメント」→「東京ディズニーリゾート」を選択します。

 

f:id:goutaro:20171022160944p:plain

 

するとこんな心躍るページに辿り着きます。今回のディズニーリゾート訪問は、ヒルトン東京ベイヒルトンセールの50%OFFで申し込んだことから始まったので、その他のホテルを絡めた優待は申し込めません。

 

JCBラウンジを利用するには「特別情報」を選択します。

 

f:id:goutaro:20171022161326p:plain

 

詳細はこちら。

まず電話して「招待券」を請求する必要があります。

利用予定日の1ヶ月前より受け付けが始まります。なので請求自体は早めでいつでもいいことになります。

当日は招待券とJCBザ・クラスを忘れずに持っていく必要があります。

 

注意点として

1枚で4名までOK。

利用できない時がある。

でしょうか。

jcb-tha-classさんの記事を見ると、利用する日と時間まで決めておく必要がありそうです。

これは難しい。3日間行くのですが、中日が朝から晩まで楽しめるわけです。その中日をランドにするかシーにするか・・・。また利用の時間も他のアトラクションの利用状況やファストパスの時間に思いっきり左右されそうです。

 

注意)招待状を申し込む際に発覚したのですが、この招待状は1年に1回、本会員のみが1枚だけ発行できるのです。つまり1枚しかない場合はランドとシー、どちらかのJCBラウンジしか利用できないことになります。

「本会員」とあるように、家族会員が別に発行することはできません。

ただ有効期限が1年あって、年度変わりの4月よりまた発行できるので、うまく発行時期を重ねれば1回の旅行で2箇所のラウンジを堪能できる、ことにはなります。

アメプラだったら恐らく家族会員もOKだったような気がする、これが「年会費」の差か・・・(-_-;)。

 

普通に考えたら、午後の方が疲れるしファストパスの待ち時間も長くなるので、とりあえず「午後」で「夕方」くらいを予定しておけばいいのかな?この辺のさじ加減は全く分かりません(-_-;)。

 

その他の特典|ザ・クラス・メンバーズ・セレクションのディズニー特典

その他には1年に1度送られてくるザ・クラス・メンバーズ・セレクションの中にディズニー特典として

噂のクラブ33抽選券

パークチケット詰め合わせ笑

などなどがあるようですが、まだ初年度なので無関係です。

何より男の子兄弟の我が一家、そんなにディズニーリゾートに好んでいくとは思えないので、利用するかどうかも謎、です。

 

まとめ

今の段階ではJCBザ・クラスのディズニーリゾートでの特典はJCBラウンジの利用だけですが、例えばオフィシャルホテルで支払いに利用したら何かいいことあったらいいのにな、と思う今日此の頃です。

 

ディズニーリゾートはレゴランドより遥かに考えることがあって頭がいたいです。

1ヶ月前といえば、レストランの予約もそうです。とりあえず期限があるものは早めに考えて、後はレゴランド後に計画したいですね。