ANAマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。陸マイラー系ブログ!




【福岡からハワイ旅行】2018年8月上旬編|なんでANAはこんなに高いんだ?



f:id:goutaro:20170918031304p:plain

 

福岡県からハワイへ家族旅行に出かけられる方も多いかと思います。日本の玄関口「成田・羽田」から遠く離れた場所では、国内移動も含めて色々と制約があります。

 

以前、来年8月の福岡からの子連れ家族ハワイ旅行を計画立てた際に下記のような記事を書きました。

www.goutaro.com

 

本来はワタシ在住の北九州市から出発したいのですが、北九州からのANA便と福岡からとANA便との比較で、値段が20万円近く異なることがあり北九州からは「高すぎる」と言う趣旨の記事でしたが、その際に福岡からホノルルへ向かう際の選択肢を航空会社を変えて検討もしました。

 

ただ、ANAだけが早めでその他の航空会社はまだ予約時期に入っていなかったので、別日程での検討となっています。今回、ワタシが最初に押さえたかった旅程が各キャリアでの予約時期に入ってきたので、今後のことも含めて再検討しました。

 

旅程は2018年8月4日(土)から2018年8月11日(土)です。想定家族は、親2人12歳以下2歳以上の子供2人、の4人家族です。

 

目次

 

 

羽田ー成田間移動|北九州を含めた福岡からホノルルを目指す時に避けては通れないもの

福岡だけでなく九州全域でハワイへ旅行をするとしたら、福岡空港を除けばまずは羽田空港を目指すことになります。羽田空港からのホノルル線はANAやハワイアン航空がありますが、ちょっとお高めで便数も少なめです。

 

なので必然的に羽田空港から成田空港、復路はその逆の移動が必要になることを想定しておかなくてはいけません。その場合の手段は主に3つです。リムジンバス、電車、タクシー、です。

 

ワタシは何度か「羽田ー成田間移動」をせざるを得ない経験をしておりますが、今のところタクシー一択です。各移動手段と子連れでの検討を簡単に羅列しますと・・・

 

・リムジンバス|数千円

メリット|安い

デメリット|渋滞リスク、乗れないリスク、バスの中で子供を静かにさせる負担

 

・電車|成田エクスプレス京急-数千円

メリット|安い、時間がある程度正確で読みやすい

デメリット|座れないリスク、空港内での移動が大変、乗り換えがある場合負担、子供を静かにさせる負担

 

・タクシー|2万円強

メリット|Door to Doorが一番ラク、予約しておけば待つこと無し、子供がいくら騒いでも大丈夫

デメリット|高い(が人数が増えても定額)、渋滞リスク

 

そこでワタシが一番重要視しているのが「子供を静かにさせる負担」です。ただでさえ長距離フライト内でその負担が待っているのに、他のところでも苦労するのは嫌じゃ!と言うわけです。

 

それに2万円弱の他の手段との差額も、正直高額な航空運賃と比較すると霞んで全く気にならなくなっちゃうのですよね。子供が成長すれば電車・バス運賃も必要になってくるので、差額も少なくなります。

 

タクシー(リムジンバスもそうでしょうけど)で移動する時は、スムーズなら1時間弱です。ただ国際線搭乗、そして到着時の様々な手続きの時間を考慮すると「4時間」は移動時の必要時間として確保しておくのが無難、と経験上お伝えしておきます。

 

ANA|福岡ーホノルル-エコノミー

f:id:goutaro:20170918032418p:plain

f:id:goutaro:20170918032424p:plain

 

ANAの国際線の場合は355日前から予約でき、他の航空会社より予約できる時期が早いです。JAL国際線は330日前からです。なので、すでに予約可能時期を大分過ぎていますが、まだ一番安値の成田空港発着便を予約することが出来ますね。復路日の8月11日は日本のお盆休みに差し掛かるので、値段が跳ね上がってきます。

 

f:id:goutaro:20170918032738p:plain

 

結果コレ。う〜〜〜ん、お高い!これは尋常じゃないお値段です。

 

f:id:goutaro:20170918033059p:plain

 

ちなみに北九州発にするとコレ。以前お怒りした程の値段の差はありませんが、実はこのフライト往復共に「羽田ー成田」間の自力移動が必要になります。その分のコストや手間は当然上乗せ。すでに「羽田ーホノルル」線が予約できなくなっているようです。さすがお盆の人気路線(^^ゞ。

 

JAL|福岡ーホノルル-エコノミー

f:id:goutaro:20170918033805p:plain

JALは「羽田ーホノルル」線から撤退したので、成田空港発着が必須です。その代わり関空や名古屋セントレアからもホノルル線を飛ばしているので、選択肢の幅が変なふうに広がります。

 

基本的に「福岡ー成田」線は予約できないものとして考えなくてはなりません。取れないのか、時間的に取らないのか・・・。今回検索した中では、復路が奇跡的に「成田ー福岡」線が取れているので、そこを含めてみました。

 

さすがJALで関西の選択肢も有りますが、伊丹ー関空の移動なんて経験もないしやってられません。

 

f:id:goutaro:20170918035732p:plain

 

合計がコレ。ANAよりは安い。そして復路に空港間移動がないのなら、特に航空会社にこだわりがなければ、この場合ANAよりはJALを選択していると思います。

 

f:id:goutaro:20170918040010p:plain

 

ちなみに北九州発着にするとコレ。ANAと違ってこっちの北九州発着の方が安い。その代わり往復共に羽田ー成田間移動が必須です。これはつらい。

 

追記)コメント欄で「ずんさん」にJALでの国際線予約時の国内移動用の国内線利用便変更方法をご指摘頂きました(^^)

f:id:goutaro:20170918104047j:plain

予約画面の獲得マイル数の下にある「国内線変更」を選択すれば、選択できる国内便がずらっと出てきました。JALビギナーとしては全く知りませんでした(^_^;)。ご指摘ありがとうございます(^^)。

 

ANAでも同じかと思ってみてみたけど、ANAは似たような仕組みは見当たらず。最終的には「電話」になるのでしょうか??

 

デルタ航空|福岡ーホノルル直行便-エコノミー

f:id:goutaro:20170918040256p:plain

 

福岡からハワイのホノルルへの直行便はデルタ航空一択です。上記日程ではコレ。はっきり言って安いです。デルタ航空は公式サイトの仕様で子供を選択できません。小児料金を適応するためには電話での予約になりますが、もちろん安くなります。恐らく60万円を切るんじゃないでしょうか。

 

f:id:goutaro:20170918041015p:plain

 

ちなみにデルタ航空のプレミアムエコノミークラス的なデルタコンフォートシートを選択してもJALANAより安い。小児料金適応なら60万円台です。この値段はDelta/AMEXゴールド所持によるゴールドメダリオンステータスだからこその値段なのですが、JAL/ANAのエコノミーよりデルタのコンフォートシートの方が安いんだったら、利用しない手は無いでしょう。

 

ハワイアン航空|羽田ーホノルル-エコノミー

f:id:goutaro:20170918041513p:plain

 

ハワイアン航空は羽田ーホノルルに3便飛ばしていて、1便の成田発より羽田空港の方が選択肢が多いです。なので、最初から羽田空港発着で検討します。一番安いのは上記のフライト。他の時間帯より1人3万は安いです。時間帯の関係でしょう。

 

なぜか福岡発着にすると検索できません。共同運航便の設定がないのかもしれないです。なので、羽田発の値段で調べています。

 

f:id:goutaro:20170918041842p:plain
f:id:goutaro:20170918041851p:plain
f:id:goutaro:20170918041859p:plain

 

値段がコレ。左が最安値。真ん中がエコノミーコンフォートにアップグレードした結果。安いようですが、この便では、復路に福岡まで帰れません。現実的な時間帯の便を選択すると一番右の値段。エコノミーでこの値段。さらに福岡ー羽田の往復はどう見繕っても時期的に15万円はします。そうするとANAに肉薄する値段に・・・。

 

スカイスキャナーで検討|種々織り交ぜれば、当然安くはなります

https://www.skyscanner.jp/

格安航空券検索サイトのスカイスキャナーで、他のルートや各航空会社を織り交ぜた値段を調べてみましょう。

 

f:id:goutaro:20170918043043p:plain

 

有りかな、と思うのがこの仁川国際空港を経由する大韓航空利用。ただ大韓航空を利用するならビジネスクラスじゃないと耐えられるか自信がありません。

 

f:id:goutaro:20170918043153p:plain

 

値段はコレ。やっす!子供に手がかからなくなってきたら検討の余地があるかもしれませんが・・・・。

 

その他にも、JALANA、ハワイアン航空を織り交ぜての経路だと今回ワタシが検討した値段より安くなることは当然有ります。ただハワイアン航空の便は、すべて日本の夜中に着くのでもう一泊羽田で必要となり現実的ではありません。現実的な時間で検討すると「韓国系」を利用しないなら、公式サイトから予約しても全然変わらない値段になります。

 

まとめ

以前、子供が生まれて後にハワイ旅行を検討した時は、直行便なのにデルタ航空が飛び抜けて高かったのです。また、その時更にANAJALも検討した結果、ANAが一番安かったんです。なので、直行便は魅力的だけどあまりに高いので、一番安いANAをこれから利用しようと決めた経緯がありました。ANAのゴールドカードを作ったのもこの時期です。

 

しかし今思えば、ANAが一番安かったのはユナイテッド航空というコードシェア便も選択肢に入っていて、そこを含めると一番安くなっていただけ、なんです。今は便数も増えて、ユナイテッド航空が検索結果に入ってこないと、実はANAが一番高かった、なんてオチでした( ;∀;)。

 

と言うか、スカイスキャナーで見ているとユナイテッド航空の方がさらに高くなっているし・・・。

f:id:goutaro:20170918043746p:plain

 

こう言う運賃は思ったよりも水物で、同じ時期でも調べた時によって値段が変わったり、毎年大きく変化したりするものなのかもしれません。まだまだ海外旅行初心者のワタシには分かりませんが、来年福岡からホノルルへ行くのなら、どう考えても「デルタ航空一択」になりますよね。以前高かったのは何だったんだ・・・。

 

でも、来年になったらANAの方が安いかもしれない。コレばっかりは分かりません。今回分かったのは、他の航空会社が330日前からの予約スタートで、ANAが355日前スタートとなると、どうしても焦ってANAを押さえたくなります。

 

でも、他の航空会社の予約スタートを待っていてもANAのエコノミーだったら十分予約できる可能性があるし、デルタ航空の方が安い可能性もある、と言うことです。

 

なので、今度予約する時はANAの特典航空券を狙わないのなら、焦って355日前にANAを予約しなくても良いことが分かりました。多分ですけど、保証はしませんが。

 

そしてデルタ航空がこのままの値段なら、デルタ航空利用が第一選択で、デルタアメックスゴールドも解約しないで頑張ってキープしようと思います(*^^*)。