ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【旅行記】+【ホテル記】羽田エクセルホテル東急|羽田空港第2ターミナル直結の超便利-2017年夏ハワイ島旅行



2017年夏、ハワイ島へ家族旅行に出掛けました。ハワイアン航空を利用したあんまりマイルに関係ない話ですが、皆さんオアフ島ばっかりに行くので、備忘録を兼ねて旅行記をお届けしています。

 

ワイ島へはJALが成田からの直行便就航をアナウンスしていますので、今後は「マイルを貯めてビジネスクラスでハワイに行こう!」のキャッチフレーズから無縁とも思えない島です。

 

今日はハワイ島とは関係ないけど、行程上利用せざるを得なかった、羽田空港第2ターミナル直結の羽田エクセルホテル東急のホテル記を紹介します。

 

目次

  

旅程|7泊

まとめ記事はこちら

www.goutaro.com

初日|福岡空港羽田空港ーコナ空港ーホテル

福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ|福岡空港ANAラウンジ、ハワイアン航空コードシェア便(ANA便)、羽田空港ターミナル間移動

羽田空港国際線ターミナル|食事と子連れ時間潰し-SKY LOUNGE ANNEXレポートも

羽田ーコナ|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-往路編

コナ空港|ハーツ・レンタカー

ホテル記|キングスランド・バイ・ヒルトン・グランドバケーションクラブホテル

 2日目|キングスランド滞在

ホテル記|キングスランド-プール三昧

 3日目|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ滞在

ホテル記|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

 4日目|キングスランド滞在

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからキングスランドへ移動

ワイコロアビレッジ|買い物、給油 

午後はキングスランドを満喫|夜のプール

 5日目|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン滞在

コハラコーストからヒロへ|TEX Drive IN, Akaka fall

ヒロの街|Big Island Candy, Miyos,ファーマーズマーケット

ホテル記|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン

 6日目|キングスランド滞在

ヒロからコハラコーストへ|キラウエア火山、プナルウ黒砂海岸、プナルウ・ベイク・ショップ

・キングスランド|夜のプール再び

 7日目:キングスランド滞在

キングスランド|第3期の新しいプール

HGVC説明会|やっちまいました

・キングスランド|最後のプールを満喫

 8日目|コナー羽田

最終日のドライブ|Coffee Shack、UCCコーヒー園

コナ空港の過ごし方

コナー羽田|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-復路編

ホテル記|羽田エクセルホテル東急

<ーーーこの辺の話

 9日目|羽田ー福岡

羽田空港ANAラウンジ |キッズスペース

 

羽田エクセルホテル東急|羽田空港第2ターミナルに直結-ANA利用時には特に便利

f:id:goutaro:20170911144156p:plain

www.haneda-e.tokyuhotels.co.jp

 

羽田空港の第2ターミナルに直結しているエクセルホテル東急は、第2ターミナルを主戦場にしているANAの利用者にとってはとっても便利な立地になっております。

 

f:id:goutaro:20170911145411p:plain

 

直結というか、もうターミナルそのものと言っても過言ではありません。ちなみにJALが主戦場の第1ターミナルにはファーストキャビンというホテルが直結していますが、利用したことはありません。ファーストキャビンはカプセルホテル+αと言うホテルですね。ただその分割安ではあります。エクセルホテル東急は普通に2万円以上します。正直高い!ただその分高級感がありますし、ホスピタリティもなかなかです(^^)。

 

なぜ羽田エクセルホテル東急を利用したのか|ハワイアン航空の羽田ーコナ直行便特有の事情

今回のハワイ島旅行にはハワイアン航空の羽田ーコナ直行便を利用しましたが、今回のホテル宿泊にはその運航便から来る理由があります。

 

f:id:goutaro:20170911150545p:plain

 

ハワイアン航空のハワイ島コナへの直行便は週3便の運行となっています。そして運航便の時間が上記のようになっています(発表時)。

 

一般サラリーマンが最も長期に休みを取りやすいのは、平日の5日間を休んで、土曜日ー日曜日の9日間になると思います。

 

運行の曜日を見ると、金曜日の23:55出発の便、そして日本到着は土曜日の22:05の便がその9日間の休暇に最も合わせやすくなります。これ、絶対に東京在住者を狙ってますよね?そこしか考えてないですよね??東京だったら、金曜日に仕事終わり後に出発できるし、土曜日遅く帰ってきても、自宅まで戻れますもの。

 

ワタシのような地方在住者は羽田への国内移動が必要なので、金曜日出発だったらもう1日休暇が必要だし、そして22時過ぎに着いたらすでに国内便など終わっているので羽田で1泊が必要になります。

 

これが今回エクセルホテル東急を利用せざるを得なかった理由です。ちなみに金曜日出発に関しては、今年は「山の日」の祝日が金曜日だったのでうまく絡められたのですが、あと何年かは無理でしょう。

 

まあそれでも土曜日到着ー宿泊ー日曜日国内移動なので、さらに仕事を休みにしなくては済みましたけど。

 

羽田空港周辺のホテル|その他の選択肢はなかったのか?

first-cabin.jp

 

羽田空港の第1ターミナルにはファーストキャビンがあります。カプセルホテル+αのホテルで、元々ビジネス客をターゲットにして作られたのではないでしょうか?子連れ家族4人で泊まれるようなホテルではありません。

 

羽田空港国際線旅客ターミナルビル内|ロイヤルパークホテル ザ 羽田|公式サイト

f:id:goutaro:20170911152043p:plain

 

羽田空港国際線ターミナルにも駅直結のロイヤルパークホテルがあります。値段で言えばエクセルホテル東急とどっこいどっこい。空港間移動がないぶん国際線到着時はこちらの方が楽でしょう。ただ次の日に空港間移動が必要になります。

 

f:id:goutaro:20170911152203p:plain

 

そしてその次の日の国内移動は、提携便のANAを利用することになるのですが、選択肢は6:30出発の便と、7:25出発の便しかハワイアン航空からは提示されないのです。福岡行きのANA便なんていっっっぱいあるので、他の便を選ばさせて下さい、とハワイアン航空に問い合わせたら、コードシェア便はその2便だけなので、どちらかしか選べない、と言うつれないお返事(T_T)。

 

遅い方でも7時25分。と言うことは、制限エリア内に7時には入らなくてはいけないことになります。それだけ朝が早いことを考えると、直結しているエクセルホテル東急の方が朝便利だろうと思い、こちらを選択しました。

 

何れにせよこの行程は「ハード」以外のなにものでもありません(^_^;)。子連れをしている親の方もそうですが、そんな夜遅くに朝早くに引っ張り回される8歳児と2歳児、サポートしてくれる妻、本当にありがたい存在でしたm(_ _)m

 

エクセルホテル東急|羽田-到着時・エントランス

f:id:goutaro:20170911153118j:plain

 

実はこれ出発時の写メ。どんだけ疲れていたのか、ものすごく画像が少ないんです。実はチェックインしたあと、長男がどうしてもお腹が減ったということで、12時を過ぎたターミナル出発口の空間を2人で歩いたのですが、ほとんど人はおらず、警備の人は室内着的な軽装の我々に疑惑の目を向けるし・・・。そんながら〜〜としている夜の羽田空港の写真・・・ありません( ;∀;)。

 

ちなみに、店などが閉まっているのは分かっていたのですが、食べ物の自販機が絶対にあった!と言う子供の言葉を信じて探したら、確かにあったんです(^^)。あのたこ焼きとかフライドポテトとかを温めて出て来る自販機が!そんなの誰も利用したことありませんよね・・・利用しました( ̄ー ̄)ニヤリ。いや、空港内で宿泊せざるを得ない悪天候時とかは実は活躍しているのでしょうか?

 

ちなみのその時のハワイ時間は早朝5時ぐらい。普通ならめっちゃ眠いはずなのですが、機内食をほとんど食べなかったので腹ペコで寝れないみたいなんです。子連れ旅行では機内食に期待したらダメですね。

 

エクセルホテル東急|羽田-宿泊したお部屋「スーペリアダブル」

f:id:goutaro:20170911154159p:plain

宿泊した部屋は「スーペリアダブル」。一番多い部屋である「ツイン」では、ベッドが狭くて子供が落ちちゃうので、なるべくベッドが広いダブルを選択しました。

 

小学生の子供は1名にカウントされるので、本来ならスーペリアツイン以上のエクストラベッドが入る部屋が必要なのですが、満室なのか予約できず。予約を大人2名子供1名にしたら部屋の空き室が全くヒットしないんです。なので大人2名だけで予約して、電話で泣く泣く事情を説明したら、「本来は小学生からは料金が必要だが、低学年では親の責任の元で添い寝同室可としている」と言うお返事を頂きました。

 

もちろんケースバイケースですので、常に小学生も添い寝なら無料になるとは思わないで頂きたいのですが、ワタシの場合は他に空室も無かったとのことで小学生も無料で同室宿泊をさせて頂きました。

 

それなのに、部屋には子供2人分のタオルとアメニティがちゃんと用意されていたんですよぉぉォォ(^^)。こう言うホスピタリティは本当に日本ならではと思いますし、だから日本が好きなんです!

 

実際のお部屋|羽田エクセルホテル東急-最上階滑走路側

f:id:goutaro:20170911153727j:plain

 

まずベッド。シッチャカメッチャカでスミマセン。子供が入るなりの暴れん坊後です。ダブルサイズなのでキングサイズですらありません。なので手前の赤い椅子をベッドにつけて子供の落下防止にしたり、ワタシは端っこで手がどうしてもはみ出るのでスーツケースを置いて、その上にはみ出る体を引っ掛けたりと涙ぐましい努力が必要でした( ;∀;)。

 

f:id:goutaro:20170911162230j:plain

 

ビジネスデスクやテレビ方面。もう完全な荷物置き場です。何と言ったて、海外旅行の荷物をすべて持ってきているのですからね。ちなみに子供たちは例の自販機「たこ焼き」を食し中(笑)。

 

f:id:goutaro:20170911162411j:plain

 

なんでこんな写真しかないのか・・・、お疲れだったんです。奥はクローゼットで大きなスーツケースを2つ余裕で置いておけます。ユニットバスは写真すら無かったですが、清潔できれいなところでした。

 

f:id:goutaro:20170911162618j:plain

 

ホテルの部屋から見る、滑走路向こうから上がる日本の日の出。素敵(^^)。朝の6時前でしたけど、ハワイではすでにお昼なのでどんなに寝不足でも結構起きれました。それは子供たちも一緒ですね。まあいわゆる「時差ボケ」ですわ。

 

この後、羽田空港ANAラウンジを初体験したかったので、6時過ぎにはチェックアウトしました。それはまた次の記事で・・・。

 

まとめ

羽田空港第2ターミナルに直結しているホテル「羽田エクセルホテル東急」に子連れで宿泊しました。地方在住で、ハワイアン航空の羽田ーコナ直行便を利用するには必須のコースなんじゃないかと思います。しかし基本的に「ビジネス客」を想定しているため、子連れ家族での宿泊でいる部屋が少な目です。3名までならいけるでしょうけど、小学生の子供が2名以上になると、宿泊できないかもしれません。予約はかなり早めに行うことをお勧めします。