ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【ヒルトン東京ベイ宿泊記】施設設備編|子連れ利用とかダイヤモンド会員特典とか



f:id:goutaro:20180115141549j:plain

 

今年に入って初めてのヒルトン宿泊は、東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルでもある「ヒルトン東京ベイ」です。

 

ワタシは修行(?)までしてヒルトンのダイヤモンド会員となっていてるので、宿泊先はなるべくヒルトンホテルを選択することにしています。

 

www.goutaro.com

 

今回は、ヒルトンが半年に1回ぐらいのペースで行っている50%OFFキャンペーンに便乗して予約しました。

本当はヒルトンニセコビレッジを狙ったのですが、対象外だったのか満室だったのか予約できなかったので、コッチに振り替えました。目的が雪山からディズニーに移ったわけです(*^_^*)。

 

f:id:goutaro:20180116164922p:plain

 

ヒルトン東京ベイ東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルなので、そこに宿泊するのなら目的はディズニーしかありません(私見)。

 

今回、初のヒルトン東京ベイ宿泊だったので感想なども交えてレポートさせて頂きます。

 

チェックイン

f:id:goutaro:20180116144553j:plain

 

ホテルには予定通り12時過ぎぐらいに到着しました。通常のチェックアウト時刻直後ぐらいです。なのでフロントはさほど混んでいません。が、フロント周りには旅行客がいっぱい溢れていました。

 

ヒルトンはダイヤモンド会員とは言えアーリーチェックインの特典はありません。ただ、あわよくばチェックインできないかと思って早速交渉です。

 

部屋のアップグレードについて

f:id:goutaro:20180116165642p:plain

 

予約したお部屋はセレブリオルームです。もっと安いヒルトンルームもあるのですが、キャンペーンでは選択できませんでした。

セレブリオルームは、「セレブリオ」「セレブリオセレクト|ラウンジアクセスつき」「セレブリオスイート」ルームがあるようですが、それ以上の部屋はなくセレブリオルームは、このホテルでは上級なお部屋です。

 

ただ今回は子連れだったので子供に楽しんでもらいたくて、申し込み時有償でファミリーハッピーマジックルームへの変更を依頼していたのです。

 

f:id:goutaro:20180116165933p:plain

 

確か1泊7,000円ぐらいだったと思いますが、2階建てベッドに憧れる子供たちにとっては大興奮が予想されたこのお部屋・・・・残念ながら空いていませんでした〜。到着時に空いていたら、と言う条件だったのですごすごと諦めます。

 

ただ、イロイロ調べてもらったら普通のハッピーマジックルームだったら追加料金無しで変更できる、とのこと。それならば!とお願いしてもらいました。

ただ後々考えると、元々予定していたセレブリオルームは最上階だったので、ハッピーマジックルームよりセレブリオルームの方が格上なんですよね。逆にダウングレードだったみたいな??ま、子供が喜んでいるので良しとします。

 

レイトチェックアウトについて

また、レイトチェックアウトもお願いしてみました。ダイヤモンド会員の無料特典では15時までが限界、とのこと。リムジンバスの出発が17時過ぎなので、荷物を部屋に置いたままギリギリまでディズニーで遊んだあと、部屋に一度帰って少しゆっくりしてから出発!と言うプランには使えません。

 

ただ、出発までラウンジでゆっくり過ごさせてもらえるような提案はして頂きました。なんかイロイロフロントで相談している時に、副支配人の方がいらっしゃって差配をして下さっていました。

フロントの方も、ダイヤモンド会員という事でイロイロ手配をしてくれて、清掃を早めさせてまでして本来はないアーリーチェックインも対応してくださいました。ヒルトンのダイヤモンド会員はさほど珍しくないとは思いますが、それでも感謝感謝です(^^)。

 

ただ、この日の夜にやはり17時までのレイトチェックアウトじゃないと計画的にどうしようもないと思って、「有償」でもいいから17時ぐらいまでチェックアウト時間を伸ばせないか交渉したところ、その日の宿泊費の25%ぐらいの値段、実際は6,000円強で17時のレイトチェックアウトに対応して下さるようになりました

 

6,000円でギリギリまでディスニーで遊べるのなら安いものです!ぜひにm(_ _)m、とお願いしました。これは結果的に本当に助かりました。

 

ディズニーっぽい造り

f:id:goutaro:20180116143257j:plain

 

フロントでイロイロ交渉したり、部屋の清掃が終わるまでちょっとだけ待ち時間があったのですが、さすがディズニーオフィシャルホテル、フロント前に立派なキッズスペースがありまして、家族に関しては何の心配もなし(^^)。

 

ただこの時間は正規のチェックアウトとチェックインの間の時間なのでこの程度のお子様たちですが、到着時はもっともっとカオスでした。

 

f:id:goutaro:20180116143319j:plain

 

ハッピーマジックルームがあるフロアはエレベーターを降りた辺りからご覧のように心躍る演出が待ち受けています。木の幹のANA、じゃなくて穴には何が見えるかなぁ〜(^^)。

 

ハッピーマジックルーム

f:id:goutaro:20180116143335j:plain

 

ワタシが宿泊したハッピーマジックルームはエクストラベッド1台つけて、さらにフロントでベッドを全部くっつけてもらうようにお願いしたので、広大なベッドスペースが出来ていました。そのおかげで、足の踏み場が減少しますが、広いベッドは我が家にとっては大助かりです。

 

ハッピーマジックルームは特別なお部屋に見えますが、ヒルトン東京ベイでは一般的な部屋の部類に入るみたいです。

 

f:id:goutaro:20180116143355j:plain

 

部屋は「リゾート側」と「オーシャン側」のどちらかが選べます。ホテルがコの字になっているので、内側になるリゾート側は若干部屋が狭くなります。

どっちがいいかフロントで迷いましたが、リゾート側にしてみました。こちら側だとディズニーラインのモノレールが見えるので、乗り物大好き次男にとっては良かったようです。またディズニーリゾートの夜景や花火も見れたので悪くありません。

 

オーシャン側になると想像するしか無いのですが、日の入りがきれいに見えたり飛行機が見えたりしていたのではないかと思います。

 

f:id:goutaro:20180116143411j:plain

 

窓側から見たお部屋。各部屋に小動物のコンセプトがあるようで、この部屋はたまたま「カエル」でした。次男が夜の暗い時に、部屋のドアにペイントされているカエルを怖がっちゃってちょっと困りました笑。まあ鹿とかに比べたら可愛くないかも。

 

あと他に部屋にもあるんでしょうけど、向かいの扉のペイント。開きはしないのですが、横にかかっている鍵を入れて回すとちょっとした面白いことが生じます。この辺りが遊び心なんでしょうね。

 

f:id:goutaro:20180116143548j:plain

 

感心したのがユニットバスのこのカーテン。通常仕切りのカーテンはバスの中に入れて、水が外に飛び散らないようにすると思うのですが、ワタシはカーテンがビシャビシャになるのが大っ嫌いなのです。

 

このカーテンはご覧のようにセパレートされていまして、水拡散防止用に内側のカーテンをバス内に入れても、外のカエルペイントのところは濡れないので非常に使い勝手が良かったです。

 

フィットネスクラブ|プール利用

ヒルトン東京ベイのフィットネスルームやプール、サウナ、お風呂はダイヤモンド会員とかではなく宿泊者なら誰でも利用できるようです。

 

今回のディズニーリゾート・ヒルトン東京ベイ旅行では、3日間ディズニーで遊ぶのは体力的に不可能と思って、到着初日はホテルでまったり過ごすことにしていました。

 

外はいい天気だし、すぐそこにディズニーリゾートがあるのに午後からプールで遊んじゃう罰当たり者です( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

f:id:goutaro:20180116143457j:plain

 

そこそこの広さがあるプールでした。ただ大問題だったのが、今までのヒルトンプールに併設されているような温水のジャグジーが無いのです。水温は流石に冷たくはないですが温かくもない。いつもならジャグジーと交互に入ることによって永遠とプールで遊び続ける我が家も、体が冷えてきちゃうので1時間しか遊べませんでした。

 

ミストサウナがあるので、そっちで休憩はできるのですが子供も薄暗いし息苦しいしで嫌がって子供の休憩所とはなり得ませんでした。

 

宿泊者なら誰でも利用できるだけあって、その後4家族ぐらいは浮き輪などを持って遊びに来ました。それでも大混雑ということはありませんでした(^^)。

 

お部屋からの夜景

f:id:goutaro:20180116143617j:plain

 

ハッピーマジックルームは、ヒルトン東京ベイではさほど特別な部屋ではありません。なので、部屋の位置も高層階ではないのですが、それでもディズニーリゾートの夜景はきれいに楽しめます。

予想通り、花火も見ることが出来ましたしね。

 

まとめ

初のヒルトン東京ベイ宿泊記「施設編」をお届けしました。今回はヒルトンの50%OFFキャンペーンに便乗した形なので、まずホテルありき、だったのです。

施設設備としてはさほど不満はなかったのですが、ディズニーリゾートありきで宿泊予定を立てるのなら、やはりリゾートに併設されている「ディズニーホテル」を選択すべきだと後々思いました。

 

ただそうなると何の会員特典もないので、それに慣れちゃった我が身が耐えうるか?