ポイントサイト

【ビックカメラの買い物で損をしないために!】ビックカメラSuicaカードでポイントを貯めてビックカメラにSuicaに活用しよう

ビックカメラと言えばPayPay、PayPayと言えばビックカメラと思い浮かぶぐらいにPayPayの100億円キャッシュバックキャンペーンが際立った2018年12月でしたが、元々PayPayのポイントバック率は0.5%とそれほどいいものではありません。

ビックカメラで利用する際に際立って優秀なクレジットカードと言えば、ビックカメラSuicaカードです。通常のビックカメラでの買い物でも現金払いと同様の10%ビックポイント還元に加えて、Suicaチャージでも1.5%のポイントが貯まるので、最終的に11.5%のポイント還元が得られます。

それが常にいつでも、と言うのが凄いところです。

そんなお得なビックカメラSuicaカードですが、さらにお得な発行方法がありますので、合わせてご紹介していきたいと思います。

ビックカメラSuicaカードのお得な発行方法

ビックカメラSuicaカードのお得な発行方法、それはズバリポイントサイトを活用することです!

ポイントサイトとは、成功報酬型の広告案件を中心に広告代理業を行うサイトのことで、お小遣いサイトとも言われています。

ポイントサイトに載っている広告案件を申し込んで、条件をクリアする形で達成すればポイントサイトのポイントが付与されます。

付与されたポイントはキャッシュアウト出来るので「お小遣い」サイトとも呼ばれるわけですね。そのポイントは広告主が出しているので、特段怪しいことはありません。テレビのCMと同じ企業広告の一つの形です。

たくさんのポイントサイトがありますが、ワタシのおすすめはちょびリッチです。

ぽい得サーチで検索してみても、クレジットカード案件に関してはちょびリッチはほとんどの案件で3位以内に入っていて安心して申し込むことができます。

ビックカメラSuciaカードを公式ページから申し込んでも、公式独自の特典しかもらえません。しかしポイントサイトを経由する【だけ】で、さらに現金にも他のポイントにもマイルにも交換できるポイントサイトのポイントが貰えます

なのでポイントサイトを経由しないだけで【損】です。クレジットカード案件に関しては特にワタシはちょびリッチさんをおすすめします。登録が必要なので、まずは下記よりご登録ください。
>>>ちょびリッチの登録はこちら

ビックカメラSuicaカード公式のキャンペーン

ポイントサイトを経由しても、申し込むのはビックカメラSuicaカード公式ページからになるのでご安心ください。そして公式ページでアナウンスされている特典やキャンペーンも問題なくもらうことができます。

現在ビックカメラSuicaカード公式で申し込むともらえる特典は以下のとおりです。

ビックカメラSuicaカードでは最大18,000円相当のビッグな新春入会キャンペーンが展開されています。

  • キャンペーン期間|2019年2月1日〜4月30日
  • カード発行期限|2019年5月31日まで

その他ポイント付与などのタイミングについては以下の通りです。

実際のキャンペーン内容を確認していきましょう。

対象付与ポイント
新規入会2,000JREポイント(もれなく)
オートチャージ3,000円以上利用500JREポイント(もれなく)
カード利用5万円以上(オートチャージ含)3,500JREポイント(もれなく)
JCBブランド指定2,000ビックポイント(抽選1,000名)
定期券購入(20,001円以上)10,000JREポイント(抽選1,000名)

JREポイントは1ポイント=1Suicaポイントに交換して電子マネーとして利用することができます

流石に抽選のポイントを獲得するのは難しいですが、それでも6,000円のJREポイントは無理なく獲得することができます

ポイントサイトを経由することで発行する4,000ポイントと合わせて、実質年会費無料のビックカメラSuicaカードを発行すると10,000相当のポイントがプレゼントされることになります。

ビックカメラSuicaカードの恐るべし還元率

店舗のビックカメラでの支払い方法は現金払いが10%ポイント還元ですが、クレジットカード払いでは8%に下がってしまいます。しかし電子マネー払いであれば、現金と同様に10%のポイント還元が受けれるのです。

そして忘れてはならないのが、ビックカメラSuicaカードからSuicaへのチャージで1.5%のポイント還元があることです(還元されるのはJR東日本のJREポイント)。

合わせると11.5%のポイント還元率となり、それがどんな時でも適応されるのでお得としか言いようがありません。

ネックはSuicaへのチャージ金額は1回20,000円が上限なので、それほど大きな買い物には利用できないところでしょうか。

ネット通販サイト「ビックカメラ.com」での利用時はどうするの?

ビックカメラの通販サイト「ビックカメラ.com」での支払いに電子マネーは利用できません。ただクレジットカード払いでも一律10%ビックポイント還元となっているので、その点はメリットがあります。

しかし店頭購入の11.5%には追いつきません。そう言うときに利用するのが再び登場の「ポイントサイト」です。

再度ぽい得サーチで、ポイントサイトのポイント還元率を確認してみます。

ポイントサイトのポイントは現金交換すると1ポイント=1円相当になるので、1.5%以上のポイント還元率があればビックカメラ.comの10%還元率と合わせて11.5%以上の還元を受けることができます

どのポイントサイトを利用してもいいのですが、ココでのおすすめはハピタスモッピーと言ったポイントサイトになります。それぞれ2.7%のポイント還元率なので、ビックカメラ.com利用の10%と合わせて、12.7%の還元率となります。店頭利用よりもいいですね!

そしてワタシ愛用のちょびリッチでも2019年2月からビックカメラ.comでの利用するときの還元率を2.0%のアップさせています。

ぜひちょびリッチの登録して利用してみましょう。

ビックカメラSuicaカードとビュースイカカードとの比較

Suicaにチャージするクレジットカードと言えば、誰もが思い浮かべるのがビュースイカカードです。なんと言ったってJR東日本が発行しているので、最強に決まっています。

【ビュースイカカード】考察|普通のビュースイカカードとビックカメラスイカカード-比較   ハピタスの「みんなdeポイント」にビックカメラSuicaカードの広告案件が出てきました。     これがSuicaカードにしては...

しかし実際に比較してみると、Suica定期券を利用しないのならSuicaチャージにおいてビックカメラSuicaカードとビュースイカカードとでは違いはないのです。

ビックカメラSuicaカードは年に1回でも利用があれば年会費は無料です。ビュースイカカードは年会費がかかりますが、年会費分のJREポイントがプレゼントされるのでその点もイーブンです。

それならばビックカメラをよく利用するヒトにとってはポイントを2重取りできるビックカメラSuicaカードの方がお得に感じますね。

まとめ

PayPayの異次元のキャンペーンを待たなくてもビックカメラSuicaカードさえあれば、常にビックカメラでのお買い物がお得になります

発行に際してはポイントサイトを経由するとさらにお得なので、ぜひ忘れないようにしましょう。

今ならポイントサイトのポイントとビックカメラSuicaカード公式のキャンペーンを合わせて最低でも10,000円相当のポイントが貰えますよ!

ポイントサイトで貯めたポイントは現金として銀行振り込みすることもできますが、おすすめはANAのマイルに交換することです。マイルを利用した特典航空券は1マイル=2円相当の価値がああるので、ポイントの価値も上がりますよ。

【ニモカルート|ANA/VISAnimoca】nimocaポイントをANAマイルに交換してマイルを貯めよう 「陸」で貯めたポイントを利用して各航空会社のマイレージプログラムの「マイル」を貯めている方々は「陸マイラー」と呼ばれています。「...

上記はワタシおすすめのニモカルートというポイント=マイル交換ルートですが、LINEルートというのもあります。

コメントを残す