【海外旅行時に持っておくべきクレジットカード】セディナカードJiyu!da!で初心者が初キャッシングに挑戦|ポイントサイト経由の発行でよりお得|ANAマイルとJALマイルを求めて
クレジットカード

【海外旅行時に持っておくべきクレジットカード】セディナカードJiyu!da!で初心者が初キャッシングに挑戦|ポイントサイト経由の発行でよりお得

海外キャッシングサービスはご存知だと思います。キャッシングと言うと「借金」みたいなイメージがあるのであまり利用したくないというのが正直な気持ちでした。しかし海外でいざ現金が必要になった時、海外のATMやCDですぐキャッシュを取り出せるという意味では非常に心強いときがあります

キャッシングなので、利用すると当然利息とともに、ATMやクレジットカード会社の手数料が必要なときがあります。しかしセディナカードはその手数料が「無料」になるため、海外旅行者の中でも人気のクレジットカードとなっています。

海外旅行時の強い味方「セディナカード」のお得な発行方法と、実際に超初心者が初めての空港で初めてのキャッシングにチャレンジしたことについてもご紹介します。

セディナカードについて

一般的なセディナカードは3つあります。

  • セディナカードJiyu!da!(自由だ!)|年会費無料
  • セディナクラシックカード|年会費1,000円
  • セディナゴールドカード|年会費6,000円

セディナカードはセブンイレブンやイオン、マルエツなどで利用するとポイントや割引が効くお得なカードです。

しかしそのポイント制度は、多々あるクレジットカードの中ではそれほどお得なものではありません

その他一般的な優待や旅行保険サービスも付帯していますが、いずれも目を引くものではありません

このクレジットカードを発行する目的は(陸マイラーと言うより海外旅行者ならば)「海外キャッシングサービスを利用するか否か」で考えていいと思います。もちろん日常使いでも、他のクレジットカードを所有していなければ便利なカードです。

しかしワタシは今まで何度か海外旅行をしていますが、大体は多少の両替と大半の場合利用できるクレジットカードで事足りていたので、キャッシングというワードへの抵抗もあり、利用してきませんでした。

しかしつい先日、ついに事足りない場面に遭遇してしまったのです。

セディナカードを持っておけばよかったと思った場面

2018年8月にハワイ諸島に接近したハリケーン・レインの現地体験談|オアフ島は難を逃れたがハワイ島は大雨による被害大 2018年8月下旬に、26年ぶりに大型のハリケーン・レインがハワイ諸島に接近しました。ハワイでは季節風と海水温の影響でハリケーン...

2018年の8月にハワイ諸島に接近したハリケーン・レインの影響で、街中のサービスは大半が臨時休業でクローズしました。そしてその中には両替商も含まれていたのです。

その頃ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊していたワタシは、ホテル敷地内の両替商が昼間からクローズしているのを見てしまいました。ほとんどの場合キャッシュは必要のない旅行をしていますが、この時点で次の日のチェックアウトから帰国にかけて必要な「チップ」の分のキャッシュまで底をつきてしまったのです(-_-;)。

もちろん手持ちのクレジットカードの中には海外キャッシングサービス対応のものもあったかもしれないのですが、利用したこともなく手数料がかかるとなるとどうしてもATMに足が向きませんでした。

結果、苦肉の策として日本円を置いてきてしまいました(;´∀`)。チェックアウト時のチップとしては多すぎかもしれない夏目漱石さんですが、両替の手間賃などを考えたらまさか小銭をジャラジャラ置くわけにもいかず、やむを得ない行為となってしまいました。

持っておこうセディナカード

ワタシはいくら両替商での手数料やクレジットカードの為替手数料などの方が高く海外キャッシングサービスの利払いの方がお得と分かっていても、キャッシングへの抵抗感やチップ支払いの簡便さ、現金を持ち歩かなくていい安心感、キャッシュが余る面倒くささなどを考え、基本的にクレジットカード支払いの少額両替で海外旅行を乗り越えるつもりなのは変わりありません。

しかし、どんな時にも不測の事態は起きうることを今回学んだので、海外キャッシングで手数料無料となるお得なセディナカードを1枚は持っておこうと決意しました。

セディナカードはそのまま公式サイトから申し込んでも入会特典はありますが、ポイントサイトを経由するとさらにおトクに発行することができます

例えば年会費無料のセディナカードである「セディナカードJiyu!da!」はちょびリッチと言うポイントサイトを経由して発行すると10,000円相当となるポイントをもらえます。セディナカードを発行はもちろんできるので、余計に10,000円がお小遣いとしてもらえるのです。やらない手はありません。

このカードで10,000円相当のポイントは経験上ほぼ上限です。ですので、セディナカードJiyu!da!の発行を考えているヒトはぜひこの機会にちょびリッチを経由して申し込みましょう。

ちょびリッチに登録していないと利用できないので、登録してない方は下記からまず登録して申し込みましょう。
>>>ちょびリッチの登録はこちら

もし案件が終了していたら、この案件の最大ポイント付与は10,000ポイントがどのポイントサイトでも大体の上限なので、再びそこに上がるまで待ちましょう。

どのポイントサイトがお得かな?そう思った時は、ポイントサイト横断検索サービスを利用するのがオススメです。

【ポイントサイト横断検索サービスを賢く利用】ポイントをお得に貯めるためには複数のポイントサイトを攻略せよ!|サイトの付加価値にも注目 陸マイラー系ブロガーと自称するワタシは、陸で貯めたポイントをマイルに交換して、特典航空券としてお得に飛行機に乗って旅行することを...

ワタシはハピタス経由で発行しました。しかしクレジットカード発行案件に関しては、ちょびリッチというポイントサイトは本当に強くて、ほぼ一番のポイント数になることが多いので、ぜひ登録してモニターしておくことをオススメします。

いずれの場合もクレジットカード発行でポイントが付与されるには「条件」や「注意事項」があります。申し込む前にポイントサイトの記載をきちんと確認してください。

セディナカードJiyu!da!を発行

ワタシは今回セディナカードJiyu!da!に申し込みました。他のセディナカードを所有していると、ポイントサイトのポイントが付与されない注意事項が大半なので、一発勝負です。どちらを発行するか迷いましたが、セディナカードはずっと所有する予定なので年会費が永年無料なjiyu!da!を選択しました。

このカードはリボ払い専用カードなので、月々の支払額を考えて利用しないと、毎月の利息が発生します。カードが発行できたら、カード利用額の上限までリボ払い設定額を変更しておけば、1回払いと同様に利用できるので気をつけましょう。ちなみにワタシはリボ払いの設定を50万円にしています。月に50万円を超えなければそれ以下の利用額では1回払いと同様の使い方ができます。

その他、セディナカード独自の入会特典もありますが、ワタシは積極的に特典を取りに行くつもりはありません。その辺りは「不労所得でマイル旅」poyaさんの記事をご参照ください。

海外キャッシングでのセディナカード利用の実際

セディナカードを発行しただけでは絵に描いた餅ですので、実際に利用しないと意味がありません。しかし述べたようにワタシは利用したことがありませんでした。

セディナカードを利用した海外キャッシングの実際は多くのブログで紹介されていますが、「マイルで参る」さんのが非常に参考になるのでご紹介しておきます。

そしてつい先日、シンガポールへ旅行したときについに海外キャッシングに手を出してみました。

場所はシンガポール・チャンギ国際空港でJAL利用時だったので第1ターミナルです。実は初シンガポール、初チャンギ国際空港だったのですが、少し迷いました。上画像のようにキャッシングするためのATMは案内は出ているのですが、到着口を出た直後では分からず多少ウロウロする羽目になりました。

JAL利用時に到着する第1ターミナル到着口のATMは、到着口を出て右に曲がってアライバルガーデンの方に向かって行き右手にありました。両替商はものすごく目立つところにいくつもあるのですが、ATMはかなりひっそりとしていましたね。案内も近くに行かないと見つからないので、初めて行く空港やターミナルだったら出発前に到着口のATMの場所を確認しておくことをオススメします(だいたい両替商の近くにあるイメージです)。

ATMは何台も並んでいるのですが、基本的にどれでもいいはずです。ただ銀行によっては手数料がかかることもあるらしいので、他の人が利用しているマシーンやブログで見たことがある銀行を利用した方が安心できます。

①ATMにセディナカードを入れます
②Englishを選択
③カードの暗証番号を入力します
④CREDIT CARDを選択します
⑤必要な金額を選択します
無事100シンガポールドルをゲット

初海外キャッシングでしたが、他の方のブログで予習していきましたのでワタシみたいなビギナーでもなんとか成功することができました。ビギナー向けのアドバイスとしては

  • PINコード(暗証番号|カード発行時に設定)をちゃんと確認しておきましょう|ワタシは覚えてなかったので、時間切れで1回やり直しを喰らいました
  • キャッシングする金額を決めておきましょう|100シンガポールドル(SGD)は円でいくら?とかは表示されませんので、為替相場を把握しておく必要があります、特に最初は空港なので空港からホテルまでタクシー移動するといくらかかるか?それ以上の額は最低でも必要です
  • 金額が小分けになりそうな金額を選択しましょう|ワタシはキリ良く100SGDとしたのですが、すると50SGD札2枚で出てきたので、いきなりチップを必要とする場面だと対応できません。80SGDにしておけばよかったかな、と思いました。

などです

実際は空港からの移動にGrabを利用したので最初にキャッシュは必要としませんでしたが、流石に無一文でクレジットカードだけで勝負するのは不安いっぱいだったので成功してよかったです。

【シンガポールでGrabを初利用】子連れ利用での注意喚起|本当はチャイルドシートが必要だった-正しい情報をご提示します Grabとは最近急速に利用が広まっている自動車配車サービスの1つです。世界的にはUberが有名ですが、東南アジアではUberのサ...

キャッシングを利用して4日後に、OMC Plusの会員専用インターネットサービスのページからキャッシングの返済を申し込むこともできました。

その際、多くのブログで読んだ内容とちょっと違ったので戸惑うことがありました。それはポイントサイトのポイント付与条件として「1回の利用」と言うのがあったので、キャッシング以外にも利用額の未払い分があったのです。その場合は「ご請求分を除く残高のご入金」を選択すると分かりやすかったです。

するとご覧のようなベージになるので、キャッシングで利用した分だけ繰り上げ返済をしましょう。利息が16円で手数料はナシとなっています。確かに一度利用してみると病みつきになる便利さと安さですね!

海外ではクレジットカード払いの方が現金を持ち歩かなくて安心と思っていましたが、下記記事のようなクレジットカード利用時の注意点もあり、キャッシングの方が安心なケースもあるので、持ってよかったセディナカード、ですね。

【情弱注意報】外国でクレジットカード支払い時に通貨を選択させ手数料をふんだくるトラップ|VISAとマスターカードは特に注意-アメックスは安全っぽい ワタシは来年の夏休みに初の香港旅行を予定しています。正直に言えば香港が楽しみなのではなく、JALのビジネスクラスに乗れることや香...

この記事で紹介させてもらったnoteですが、ホリエモンこと堀江さんですら「詐欺ですよね」とツイーターで反応しちゃうぐらいの反響のようです。ぜひとも一読をオススメします!

まとめ

今までに避けに避けてきた海外キャッシングサービスの利用ですが、避けては通れない場面に遭遇することもあることに気づきました。なので、せめてお得に利用できるよう、海外キャッシングでの手数料が基本無料のセディナカードを今回発行するに至りました

いざという時におトクに海外でキャッシングできるクレジットカードを保有しているのは大切だと思います。実際に1度でも利用してみれば、非常に便利なことがよく分かりました。

年会費が無料のセディナカードJiyu!da!を発行して10,000円相当のポイントが貰える今回のちょびリッチの案件はホントにお得と思いますので、ぜひご検討下さい。

ちょびリッチはG-pointというポイントサイトを経由すれば、最短4日で70%の交換率でANAマイルに交換することができる「ニモカルート」にポイントが流せるので、貯めておくと有利です。

【ニモカルート|ANA/VISAnimoca】nimocaポイントをANAマイルに交換してマイルを貯めよう 「陸」で貯めたポイントを利用して各航空会社のマイレージプログラムの「マイル」を貯めている方々は「陸マイラー」と呼ばれています。「...

約80%の交換率でANAマイルに交換できるLINEルートに流す時も、ニモカルートには及びませんが時間短縮になるので、いずれにせよおススメです。

コメントを残す