クレジットカード

【セブンカードプラス発行で10,000円相当のポイント(終了)】クレジットカード発行は慎重に|ECナビでも注意喚起

f:id:goutaro:20180312052233j:plain f:id:goutaro:20180312043336p:plain

 

ポイントサイトの「ECナビ」でクレジットカードの「セブンカードプラス」を発行すると期間限定「10,000円相当」のECナビポイントが付与されます。

 

ECナビは10円=1円の換算率なので、100,000ptで10,000円相当です。

 

f:id:goutaro:20180312043639p:plain

 

現在、セブンカードプラスの方でもオンライン入会限定キャンペーンを行っていて

  • オンライン限定で1,000nanacoポイント
  • オートチャージ利用で1,000nanacoポイント
  • JCBブランドで500nanacoポイント
  • 支払口座をセブン銀行設定で500nanacoポイント
  • リボ払いの「支払い名人」登録で500nanacoポイント

で、条件が揃えば合計「3,000nanacポイント」がゲットできます。

こんなおトクな条件でセブンカードプラスが発行できることはあまりありません。

 

ECナビに未登録の方は下記よりご登録の上ご利用下さい。

>>>ECナビへの登録はこちら

 

セブンカードプラスとは

f:id:goutaro:20180312044304p:plain

 

クレジットカード「セブンカードプラス」は名前の通り「セブン&アイ」ホールディングスが発行するクレジットカードで、メイン事業のスーパーであるセブンイレブンやイトーヨーカドーで利用すると100円につき3nanacoポイントが付与され、ポイント還元率は「1.5%」となります。

 

f:id:goutaro:20180312044459p:plain

 

その他の支払いでは、提携によりnanacoポイント還元率は1.5-0.5%程度です。

通常の利用では0.5%のnanaco還元率なので、できるだけセブンイレブンやイトーヨーカドーで利用しましょう。

 

f:id:goutaro:20180312044626p:plain

 

セブンカードプラスはnanacoチャージ時にポイントが貯まるクレジットカードの1つです。200円につき1nanacoポイントです。

 

f:id:goutaro:20180312044700p:plain

 

チャージしたnanacoを利用しても100円につき1ポイントのnanacoポイント還元なので、セブンカードプラスでチャージしたnanacoで支払いをすると合計「1.5%」のnanaco還元率となります。

 

セブンカードプラスはクレジットカードなので、クレジットでも支払いできます。

つまりクレジットで支払ってもnanacoで支払っても、「1.5%nanacoポイント還元」は同じなのです。

 

ただ例えばセブンイレブンで税金などの支払い時にnanacoで支払いすると、税金支払い時でもポイントが付与されるような感じになるので、その場合はnanacoで支払うとおトクになります。

ワタシはクレジット支払いによる信用を積み立てるため、通常利用時はなるべくクレジットで支払っています。

 

f:id:goutaro:20180312045859p:plain

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーでの利用でお得なセブンカードプラスですが、実は年会費がかかります。

初年度は無料なのですが、次年度からは本会員で500円年会費がかかります。ショッピング利用合計額が「5万円以上」ならば次年度も無料です。

セブンイレブンをよく利用される方にとっては1ヶ月に4,000円以上の利用でクリアなのでそこまでハードルは高くないですが、意外にクリアできないヒトもいるんじゃないでしょうか?

セブンイレブンはANAカード提携店(ANAカードマイルプラス)なので、ANAカードでクレジット決済すれば「200円=1マイル」のマイル還元が通常のクレジット支払い1%に追加されます。つまりマイル還元率は1.5%です。

nanacoポイントは500円で250マイルに交換できるのでnanacoポイント還元率1.5%=ANAマイル還元率0.75%になってしまいます。最初からANAマイルをメインで貯める方は、セブンカードプラスの次年度更新条件がクリアできそうもなければ、以後はANAカードで支払うことも考慮しましょう。

(注)ANAカードマイルプラスによって追加で付与される200円=1マイルは端数切り捨てなので、199円以下だと付与されません。コンビニって細々と買うときもあるので、一概にANAカードの方がおトクとまで言えない状況も生じます。

 

クレジットカード多重発行にご注意を

f:id:goutaro:20180312050551p:plain

 

今回目に付いたのは、ECナビのセブンカードプラス広告案件紹介で上記の記載があったことです。

「短期間でのクレジットカードへの連続申し込みは信用機関およびカード発行会社の審査にてポイント加算対象外になる可能性があります」

 

クレジット=信用」なので、クレジットカードを大量に短期間に発行依頼するヒトは、クレジットカードを利用しないで「ポイント目当て」と思われてカード発行会社から審査落ちを食らう可能性があります。

 

f:id:goutaro:20180312050858p:plain

 

現在奇しくも、同じコンビニのファミリーマート利用でおトクになる「ファミマTカード」も、同様の10,000円相当のポイント付与率でECナビが紹介しています。

 

こちらも年会費無料で大変オトクで便利なカードです。

(初年度)年会費無料のセブンカードプラスとファミマTカード発行で、ポイントサイトから20,000円相当のポイントをゲットしつつ、各クレジットカード独自のキャンペーンで数千円相当のポイントが貰えます

 

おトクすぎてワケワカリませんが、まとめて発行すると審査落ちとなり、さらにその後のその他クレジットカード発行時にも「審査落ち=信用落ち」として審査が通りにくくなる可能性があります。

 

ぜひ熟慮の上、クレジットカード発行については行って下さい。

 

ファミマTカード発行でもECナビはおトクなので下記よりご登録下さい。

>>>ECナビ登録はこちら

 

ちなみにファミリーマートはJALカード特約店なので、ショッピンマイルプレミアムに加入していれば、JALカード利用で100円=2マイル貯まるので、JALカード支払いの方がマイラーにとってはおトクかもしれませんね。

でもやっぱり信用情報を維持するために、ファミリーマートでの支払いはファミマTカードのクレジット支払いにしています。

 

ちなみに審査落ちをすると、下記のように欲しいカードがある時に発行に苦労することになりますよ。

www.goutaro.com

コメントを残す