クレジットカード

【セブンカードプラスを発行して独自のセブン路線を突き進め】PayPayもLINEPayも使えないそれでいて一番人気のコンビニにはセブンカードを

PayPayやLINE PayなどのQRコード決済型アプリの戦いが繰り広げられているコンビニ業界ですが、コンビニの雄セブンイレブンではいずれも利用することができません

【ついに始まるPayPay100億円キャンペーン第2弾】参加しないともったいないペイペイ祭りの2回目は末永く続きそうなまったり踊り|その攻略法を研究 日本に普及しつつあるQRコード型決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」は、2018年12月に100億円キャンペーンと銘打って行っ...
【LINE PAYもぺいぺいさせちゃう?】PayPay100億円キャンペーンに対抗してかLINEペイもファミリーマート限定で20%還元キャンペーン展開 本日2月12日の9時からPayPayの100億円キャンペーン第2弾が始まります。今回は第1弾のときのような激しい祭りになることも...

セブンイレブンは自社のポイント「nanaco」のみを愛し、それだけで突き進んでいます。しかしそれでも他のコンビニを圧倒して第一人気と店舗の展開をしているのだから、ホントに強いのはやはりサービス面で突出しているところなんだと感じさせます(具体的には弁当が一番美味しい)。

そんなセブンイレブンを愛するセブン愛好家たちが持つべきカードは、やはり独自のクレジットカード「セブンカードプラス」一択でしょう。

今回はそのセブンカードプラスをお得に発行する方法をご紹介します。

セブンカードプラスの新規入会キャンペーン

現在セブンカードプラスでは新規入会キャンペーンを行っています。

  1. オンライン入会で1,000nanacoポイント
  2. 入会時に「支払い名人」登録で1,000nanacoポイント
  3. 入会時にキャッシング枠設定で1,000nanacoポイント
  4. nanacoオートチャージ利用で1,000nanacoポイント
  5. 2ヶ月以内に5万円利用で1,000nanacoポイント
  6. 3ヶ月以内に10万円利用で1,000nanacoポイント
  7. 4ヶ月以内に20万円利用で1,000nanacoポイント

合計7,000nanacoポイントがプレゼントされるセブンカードプラス独自のビッグな入会キャンペーンです。

今回の入会キャンペーンは2月28日まで

過去の入会キャンペーンを紐解いても同じような条件でも3,000nanacoポイントぐらいだったので、今回はかなり多いですね。

しかもいずれもそこまでの高いハードルではありません。支払い名人はリボ払いの設定のことですが、設定額を高くしてそれ以内に利用すれば1回払いと変わりません。

セブンカードプラスはセブン&アイホールディングスでお得に利用できますので、セブンイレブンだけでは20万円利用するのは大変でも、イトーヨーカドーなどを利用すればよりポイントを貯めつつ20万円を利用できるのではないでしょうか?

もちろんショッピング利用だけでいいので、クレジットカードとしてありとあらゆるところで利用してもOKです。

新規発行のみ対象

セブンカードプラスとは

f:id:goutaro:20180312044304p:plain

クレジットカード「セブンカードプラス」は名前の通り「セブン&アイ」ホールディングスが発行するクレジットカードで、メイン事業のスーパーであるセブンイレブンやイトーヨーカドーで利用すると100円につき3nanacoポイントが付与され、ポイント還元率は「1.5%」となります。

f:id:goutaro:20180312044459p:plain

その他の支払いでは、提携によりnanacoポイント還元率は1.5-0.5%程度です。

通常の利用では0.5%のnanaco還元率なので、できるだけセブンイレブンやイトーヨーカドーで利用しましょう。

f:id:goutaro:20180312044626p:plain

セブンカードプラスはnanacoチャージ時にポイントが貯まるクレジットカードの1つです。200円につき1nanacoポイントです。

f:id:goutaro:20180312044700p:plain

チャージしたnanacoを利用しても100円につき1ポイントのnanacoポイント還元なので、セブンカードプラスでチャージしたnanacoで支払いをすると合計「1.5%」のnanaco還元率となります。

セブンカードプラスはクレジットカードなので、クレジットでも支払いできます。

つまりクレジットで支払ってもnanacoで支払っても、「1.5%nanacoポイント還元」は同じなのです。

ただ例えばセブンイレブンで税金などの支払い時にnanacoで支払いすると、税金支払い時でもポイントが付与されるような感じになるので、その場合はnanacoで支払うとおトクになります。

ワタシはクレジット支払いによる信用を積み立てるため、通常利用時はなるべくクレジットで支払っています。

f:id:goutaro:20180312045859p:plain

セブンイレブンやイトーヨーカドーでの利用でお得なセブンカードプラスですが、実は年会費がかかります。

初年度は無料なのですが、次年度からは本会員で500円年会費がかかります。ショッピング利用合計額が「5万円以上」ならば次年度も無料です。

セブンイレブンをよく利用される方にとっては1ヶ月に4,000円以上の利用でクリアなのでそこまでハードルは高くないですが、意外にクリアできないヒトもいるんじゃないでしょうか?

ANAマイラーには微妙なセブンカード・プラス

セブンイレブンはANAカード提携店(ANAカードマイルプラス)なので、ANAカードでクレジット決済すれば「200円=1マイル」のマイル還元が通常のクレジット支払い1%に追加されます。つまりマイル還元率は1.5%です。

nanacoポイントは500円で250マイルに交換できるのでnanacoポイント還元率1.5%=ANAマイル還元率0.75%になってしまいます。最初からANAマイルをメインで貯める方は、セブンカードプラスの次年度更新条件がクリアできそうもなければ、以後はANAカードで支払うことも考慮しましょう。

セブンイレブンでの買い物でマイルを貯めるための最適解を研究|今はANAカード決済しか無いかも 日々利用しているコンビニエンスストアの中でも、セブンイレブンは根強くナンバーワンの座をキープしています。そんなセブンイレブンでは...

ANAカードマイルプラスによって追加で付与される200円=1マイルは端数切り捨てなので、199円以下だと付与されません。コンビニって細々と買うときもあるので、一概にANAカードの方がおトクとまで言えない状況も生じます。

さらにセブンカードプラスをお得に発行する方法

今ならちょびリッチというお小遣いサイトでセブンカードプラスを発行すると、セブンカードプラス独自の入会キャンペーンとは別に、5,500円相当のお小遣いになるちょびリッチのポイントが貯まります。

貯まったちょびリッチのポイントはお小遣いとして銀行振込にすることもできますし、ワタシた利用しているお得な方法としてANAのマイルに交換してタダで飛行機に乗ることもできます。

いずれにせよ損をすることはないので、ぜひちょびリッチを通してセブンカードプラスを発行しましょう。

まとめ

日常的に利用するコンビニの中でも、セブンイレブンの人気は突出しています。セブンイレブンのポイントと言えばnanacoですね。nanacoを貯めるために最も効率のいいクレジットカードが、今回ご紹介したセブンカードプラスになります。

初年度年会費無料ですので、ぜひこの機会に発行して7,000nanacoポイントをキャンペーンで入手すると同時にnanacoを加速して貯めていきましょう。

気に入ったら次年度継続もありですが、その場合年間5万円以上の利用がないと次年度以降500円の年会費が必要になることだけは覚えておきましょう。

コメントを残す