ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




ANAの株主優待割引、裏技として2ヶ月前より早く予約できます!



f:id:goutaro:20170526100337p:plain

 

(注)この記事は弱小ブロガーがいわゆる「エース記事」を作ってみました(笑)的な内容です。ビギナーでなければ知っている事ばかりだと思われますので、お目汚し失礼します・・・(*ノω・*)テヘ。

 

皆さんSFCと言うANAの上級会員資格をご存知でしょうか?

 

SFC=スーパーフライヤーズカードの事で、ANAの上級会員資格の1つです。今回は、そのSFC資格を得るために行われる「修行」の際に役に立つ(かもしれない)情報をお届け致します。

 

最初は知っている人は知っていることばかりなので、SFC修行をご存じの方は最後の項目だけご覧下さい。

目次 

 

SFCとは何ぞや?

 

ANAのサイトには以下のように説明されています。

スーパーフライヤーズカードは「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーのお客様がお申し込みいただけるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。」

 

なるほどなるほど、ダイヤモンドって?と知らない人は知らないかもしれませんが、ここではメインの話題ではないのでANAの上級会員についてはANAの公式サイトを御覧いただきましょう。

 

www.ana.co.jp

 

プレミアムメンバーの中でもダイヤモンドとプラチナに到達した人が申し込める資格がSFCなのですが、何がすごいのかというと「一度資格を得ると、(カードの)年会費を払い続けさえすれば(今のところは)永遠に資格を保持し続けることができる」と言うところです。

 

上記のプレミアムメンバーに入るためには、毎年飛行機にいっぱい乗って「マイル」とは異なる「プレミアムポイント」を得る必要があります。

 

上級会員資格は毎年更新されるので継続したANAの利用が必要なのですが、SFCに限って言えば、一度条件をクリアすれば、次の年からは頑張らなくても資格を保持できる、と言う素晴らしい制度です。

 

SFCで得られる特典

 

では、SFCで得られるサービスは何でしょう。

 

www.ana.co.jp

 

ANAの公式サイトには下記のようなそそる特典が載っております。

 

◯ COMFORT:空の旅をゆったりと

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • ラウンジの利用
  • 座席クラスのアップグレード
  • プレミアムエコノミーへのご変更

 

◯ PRIORITY:ご予約を優先して

  • 国内線座席指定の優先
  • ご予約時の空席待ちの優先
  • 国際線特典航空券の優先

 

◯ PRIORITY:手続きをスマートに

  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量のご優待
  • 専用保安検査場のご利用
  • 優先搭乗のご案内
  • 空港での空席待ちの優先お取り扱い
  • マイカー・バレーのご優待(成田空港)
  • 羽田空港駐車場の優待予約
  • 香港国際空港の優先レーン

 

◯ DELIGHT

  • アップグレードポイント
  • フライトボーナスマイル
  • マイルからANA SKYコインへの特別倍率での交換
  • アップグレードポイントからANA SKIYコインへの交換
  • IGH・ANA・ホテルズグループジャパンでのご優待

 

◯ SELECTION:とっておきの贈り物を

  • スーパーフライヤーズ会員オリジナルネームタグ
  • プレミアムメンバー限定ANAセレクション
  • ライフスタイルマガジン「ana-logue」:年3回
  • 会員限定手帳・カレンダーのプレゼント

 

はっきり言って陸マイラー活動を始めて、SFCと言う存在を知らなければ全く意識してこなかったことばかりです。

 

その中でも、特に赤字の部分はSFC取得に動く際に強く意識したところです。他の部分は、最上級資格であるダイヤモンド会員には敵いませんし、夏休みや連休など繁忙期にしか動けない身には、そこまで恩恵を受けることができませんので。

 

SFC取得のためには?

 

まず大前提として「クレジットカード機能付・年会費有料のカード」となっていますので、何かしらの対応しているANAカードを有している必要があります。

 

www.ana.co.jp

 

必要なカードはこちらに載っています。「楽天ANAカード」とかではダメですよ。

 

そしてその大前提の元に、飛行機を乗りまくらなくてはいけません。しかも1月ー12月までの1年間に。そして飛行機を乗ることでしか貯まらない「プレミアムポイント」をある一定のレベルまで貯める必要があります。

 

www.ana.co.jp

 

公式サイトにはこう載っています。

プレミアムポイントは、お客様が1年間にご利用いただいたANAグループ運航便や、スター アライアンス加盟航空会社ご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。毎年1月~12月に獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用いただけます。」

 

つまり陸マイラー活動で貯めた「マイル」では通用しない、と言うことになります。

 

毎週のように飛行機を利用しているビジネスマンなどは意識せずともどんどんプレミアムポイントが貯まって、勝手にダイヤモンド会員になってしまうらしいです。

 

でも大多数の人は毎年毎年たくさん飛行機に乗ったりすることはまずありません。それでも、時々は利用する飛行機で上記のような特典を享受したい!、そう思ったときに目指すのがこの「SFC」になるわけです。

 

限定1年間だけ頑張って飛行機を乗りまくって、プレミアムポイントを50,000pt以上貯めれば晴れて「SFC」を取得でき、その後(制度の改定さえ無ければ)永続的にANAのプレミアムサービスを享受することができるのです。

 

そして、そのSFCを取得するために限定的に飛行機を乗りまくることを「SFC修行」といい、その人達は「SFC修行僧」と呼ばれています。

 

SFC修行とは?

 

プレミアムポイントを貯めるための秘訣は唯一つ、飛行機に乗り続けること、です。そういう意味では難しいことはありません。問題は飛行機を乗るためには運賃=コストがかかることです。

 

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

自分が乗る路線のプレミアムポイントは上記の公式シミュレーターで計算することができます。

 

例えば自分の主戦場である「福岡」を中心に考えてみましょう。な〜〜〜にも考えなければ、よく行くのはやはり東京の「羽田」になります。

 

f:id:goutaro:20170526110840p:plain

 

もらえるプレミアムポイントは1,250ptと出ました。

 

f:id:goutaro:20170526110933p:plain

 

運賃は、旅割でセールでも無ければ、どんなに頑張っても15,000円前後となります。

 

50,000ptを貯めるためには、ちょうど片道40回、往復では20回この路線を利用する必要があります。月に2回往復すれば十分余裕を持って行けますね。そのためのコストは60万!!!

 

ひょえ〜〜〜、高すぎる。このコストで生涯ANAの上級資格を得られるのが安いのか高いのか、それはその人の価値観によるところが大きいと思います。

 

しかし月2回の東京往復ぐらいなら、別にそこまで辛くないし「修行」と呼ぶほどでもないような・・・。なぜ「修行」と言う苦行とも思える言葉がつきまとうのかというと、このコストを下げるために安い時期に集中的に飛行機を乗ったり、少々無理な行程で海外に出かけたりするからなんですね。

 

例えばシーズンオフの沖縄は総じて運賃が安いです。特に1−2月ですね。運賃が安くてももらえるプレミアムポイントは同じなので、その分コストを下げることができます。

 

例えば便が多い羽田ー那覇路線では、1日に羽田ー那覇ー羽田ー那覇ー羽田など4回飛ぶことができて、普通席旅割でも1日に7,500プレミアムポイント(pp)を貯めることができます。これなら6回、6日頑張れば45,000pp貯まりますので、あと少しですね。

 

ただ1日に観光にも行かず空港からも出ずにひたすら飛行機に乗るだけの時間、見るからに苦痛そうです。なので「修行」と呼ばれてます。

 

また海外旅行バージョンでは、国際航空券の発券時には国内の移動を前後に1便ずつ無料、もしくは格安で引っ付けることができます。その引っ付けた搭乗便に関してもマイル、そしてプレミアムポイントが貯まるので実質無料でポイントを獲得できることになります。

 

なので総じて海外旅行バージョンの方がコスト(プレミアムポイント単価、PP単価と言います)が少なくて済みます。上手に利用している人はだいたい30万円を切る値段でSFCを獲得しているようですね。

 

修行に関しては、多くのブログレポートがありますのでググって下さればいくらでも出てきます。かく言うワタシも未だ修行の身。修行記は現在進行中。平日は休めないし、土日も休みじゃない日はいくらでもあるので、そんなに早く修行をこなすことはできませんでした。

 

もう一つ、より早くプレミアムポイントを貯める方法があります。

それは飛行機の上級シートを選択することです。

 

プレミアムクラスとプレミアムポイントの関係

 

航空機の上級シートと言えば、国内なら「プレミアムクラス」、海外なら「プレミアムエコノミー」や「ビジネスクラス」ですね。

 

www.ana.co.jp

 

プレミアムクラスの公式サイトは上記になりますが、要は国内線のビジネスクラス、と思って下さったら間違いないと思います。

 

そのサービスは・・・

  • プレミアムチェックイン
  • プレミアム専用検査場
  • 優先搭乗
  • ANAラウンジの利用
  • プレミアムなシート
  • 上質な機内食とアルコールまでの提供

などです。

 

f:id:goutaro:20170526113422p:plain

 

プレミアムな分、もらえるプレミアムポイントも増量されます。福岡ー羽田路線でも、1回600ppは増加しています。その分、少ない回数で修行を終わらせることができる、と言うわけですね。

 

f:id:goutaro:20170526113609p:plain

 

しかし値段もプレミアムでして、旅割からしたら倍近い値段がします。コストが倍になるとしたらエライことです。この路線はあんまりなコストですが、コストをあまり重視せずに少ない回数で修行を終わらせたい人向けの選択肢ですね。

 

実は福岡ー羽田は設定がないのですが、プレミアムクラスには普通席の旅割に対応する「プレミアム旅割28」と言う運賃設定があります。すべての行程にあるわけでもないですし、そもそもプレミアムクラスが設定してない機種もあるのでケースバイケースなのですが・・・。

 

f:id:goutaro:20170526114016p:plain

 

「プレミアム旅割28」は福岡ー那覇路線だと設定があり、通常の運賃や特割よりも少ない金額でプレミアムなクラスを利用することができて、さらにプレミアムポイントまでいっぱいもらえちゃう、と言うおトクな運賃なのです。

 

座席も限定数なこともあり、この「プレミアム旅割28」は修行像の間で取り合いになります。SFC修行僧の増加と共に競争率が跳ね上がり、人気路線では予約するのも一苦労、となっております。

 

その競争率が熾烈な航空チケットを確保するための「裏技」が実はANAには存在するのです。

 

ANA航空券予約の「裏技」とは?

 

これからは「プレミアムクラスの予約」に絞って話を進めていきます。普通席ではそもそもそこまで予約に苦労しませんので。

 

上述のように、特に人気の路線や時間帯になるとおトクなプレミアム旅割28はかなり夜予約がしにくい状況が続いています。

 

プレミアム旅割の予約は往路の「2ヶ月前」の9:30から、と現状のANAルールにあります。

 

もう一つ、復路の予約は往路の2週間後まで可能、と言うルールもあります。

 

この公式ルールを利用するのが、いわゆる「裏技」ですね。

 

www.goutaro.com

 

ちなみに一括りに言われる「2ヶ月前」と言うのもくせもので、単純に60日前ではありません。その辺りは上記をご覧下さい。

  

「5月26日」の2ヶ月後なら「7月26日」なので、そこまで予約することはできますが、それ以降ではエラーが出て予約できません。

 

f:id:goutaro:20170526135620p:plain

 

しかし「7月26日」に1便予約をしておくと、その14日後のフライトまで予約できます。

 

f:id:goutaro:20170526135906p:plain

 

7月26日の14日後は「8月9日」と言うことになりますね。ポイントは7月26日の予約は「捨て」予約なので、運賃解約料がかからない、しかもなるべく人様にご迷惑をおかけしない、便数が多くて絶対に席が余るだろう路線を選ぶのは暗黙のマナーです。

 

そして実際に「8月9日」の2ヶ月前の6月9日になったら「捨て」路線だけを解約します。手数料が430円程度かかりますが、得られるチケットとそのメリットに比べたら微々たるものです。

 

もし1泊予定だと、上記の8月10日はさすがに予約できないので、もう1日待つ必要があります。上記予約に「便追加」でくっつけられるのか、もう一つ裏技予約で手数料が余分にかかるのか、それはあまり報告がありません。

 

そもそもSFC修行は「修行」と言われるぐらいなので、基本的に日帰りになります。宿泊費みたいな余計な経費をかけないのも「修行」の一貫ですからね。なので、宿泊が絡むSFC修行は海外バージョン以外はあまり「宿泊時どうする?」みたいなことは話題に上がらないですね。ワタシは1回1泊を要する修行を敢行したことがありますが、上記「2ヶ月前の罠」にはまって、すでに14日前を過ぎていたので検証できなかったのです・・・。

 

と言うのが、プレミアム旅割予約の「裏技」ですね。しかしあまりにも知れ渡ったために、この方法を知らないとむしろ予約できないぐらいの状態になっています。手数料だけでもANAはそうとう儲かってそう。濡れ手に粟とはよく言ったものです。

 

プレミアム株主優待割引とは?

 

株主優待券は、ANAの株主になれば入手できるチケットで、基本料金のだいたい「半額」で航空チケットを購入することができます。それは普通席でもプレミアムクラスでも同じです。

 

f:id:goutaro:20170526142039p:plain

 

人気路線の羽田ー那覇だとプレミアム旅割は土日ともなると値段が上がっている夏の時期でもほぼ全滅。それに対してプレミアム株主優待割引の方はまだまだ余裕があります。

 

この株主優待割引の値段はシーズンと関係なく普通運賃のほぼ「半額」なのですが、プレミアム旅割の方はシーズンを通して値段が変動します。上記の沖縄はハイシーズンだと思いますが、そうなると株主優待割引との値段差は5,000円ぐらいに縮まっていますね。もっと値段が近接したり、株主優待割引の安くなってしまう路線もあります。

 

ただ株主優待券は、株主として入手しない限りは金券ショップなどで購入する必要があり、それがANAの場合は3,500円から4,000ぐらいするので、その分は計算に入れておく必要があります。

 

f:id:goutaro:20170526142534p:plain

 

またプレミアム旅割の設定がない場合は、株主優待割引が元々最安、と言う状況も生じます。

 

どうしてもその路線のその時間に乗らざるをえない、けど普通席じゃなくてプレミアムクラスにこだわりたい!という場合は、より確実に押さえる方法があります。それがこれからお伝えする「株主優待割引の裏技」です。

 

株主優待割引の裏技とは

 

まず大前提として株主優待券を入手する必要があります。

 

金券ショップ アクセスチケット

 

ワタシは上記で10枚セットを購入しました。1枚3,500円ちょっとだったので、相場としてはまずまずです。

 

株優.net | ANA/JAL航空券の株主優待券を激安で即納!株主優待番号をクレジットカード決済にてメールでお届けします。

 

めちゃくちゃ急いだ時は、上記を利用しました。4,300円ぐらいと高かったですが、メールで即時入手できたので便利でした。

 

次の大前提として、プレミアム株主優待割引の席が満席なることは、少なくとも2ヶ月前では滅多にありません。これは重要です。しかしどうしても1日1便とかしかなくぜっっっったいにその日時にプレミアムクラスを押えておく必要がある場合は、430円の手数料を払ってこれからご説明する裏技で安寧の心を手に入れることができます。

 

f:id:goutaro:20170526143943j:plain

 

例えばこんな状況です。2ヶ月前+14日の9:30にアクセスしたら、すでにプレミアム旅割は満席です!これは設定がないのではなく、元々2ヶ月前+14日の「6:30」から普通に予約できるダイヤモンド会員様に奪われた、それ以外に考えられない状況です。

 

しかしこの日はぜっっったいに8:40のフライトに乗る必要があります。座席数も少なそうだし、もしかしたらその他の席も取り合いになって2ヶ月前の普通に予約スタート時に出遅れたら、プレミアムクラスを押えられないかもしれない・・・・そんな恐怖と2週間戦うのは耐えられない!

 

そんな時にこの「裏技」です!!

 

f:id:goutaro:20170526144335j:plain

 

「捨て」路線も株主優待割引で予約することにより、14日後の本命を株主優待割引で予約することができます。

 

なぜそんなことをするのかと言うと、「株主優待割引は他の運賃とまとめて購入することができない」と言うルールが存在するからなのです。

 

f:id:goutaro:20170526144539j:plain

 

で、本命路線の2ヶ月前になったら「捨て」路線をキャンセルすればOKです。絶対に空いている2ヶ月+14日前に本命が押えられたので、これで一安心です。やったね\(^o^)/。

 

あれ、ところで株主優待券や株主優待番号は???

 

そう、それがこの予約の「」なのですが、

 

f:id:goutaro:20170526144834p:plain

 

株主優待番号とパスワードの登録は、搭乗手続きまでに入力すればいいのです。つまり予約時や購入時には入力する必要ありません。

 

株主優待券そのものを、つまりは飛行機に乗る時までに入手していれば予約時は手元になくても大丈夫、と言うことなのですが、それは上記のようにキャンセル時も番号は必要ない、と言うことになります。

 

つまり株主優待割引で「捨て」路線を予約→キャンセルをしても、株主優待券そのものは全く無駄にならない、と言うことなんですね。入力する必要がそもそもありませんし。

 

これとっても重要です!!!

 

と言うか、この株主優待券を無駄にしないでできる、と言うところだけが唯一宣伝できる話で、この記事の価値になるわけです。

 

まとめ

 

株主優待券が手元にあり、なおかつ絶対にプレミアムクラスで乗らなくてはならない路線でプレミアム旅割を押さえることができず、なおかつ2ヶ月前まで待てない、と言う時は430円のコストを払って、上記の方法で株主優待割引を予約することにより、心の平穏を手に入れることができます。

 

かなり限定している状況なんですが・・・それはそれです。

 

そもそも2ヶ月前の時点でプレミアム株主優待割引が満席になっていることはまず無いのですが、だからこそ諸先輩方もここに言及することは無いんでしょう。でも、ワタシはこの方法で平穏な予約ができましたし、せっかくなので紹介させて頂きました。

 

この記事がもしかしたら誰かの役に立つかもしれない、そんなことを願っています。

 

(後記)

初めて作ってみた「エース記事」は、元々「SFC修行とは?」や「プレミアムサービスとは?」みたいな他エース記事がないので、ある程度説明する必要があり、余計に疲れました。しかし「エース記事」のストックはそういう事の積み重ねなのかもしれませんね。他のエース記事を書くことがあったら、リンクを張り直すなどしてブラッシュアップして行きたいと思います。以上7800文字の戦いでした・・・。

 

疲れた( ;∀;)