ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【子連れレゴランド訪問記】中部国際空港ーヒルトン名古屋までの移動|特急ミュースカイ利用



f:id:goutaro:20171114151624p:plain

先日、名古屋にあるレゴランドジャパンに家族で遊びに行きました。

 

元々の目的地は、なんとレゴランドじゃなくて50%オフで予約した「ヒルトン名古屋」なのですが、せっかく行くのでどこか遊びに行こうと考えたら、レゴランドしか思いつきませんでした(^^)。

 

今回は中部国際空港からヒルトン名古屋までの移動をレポートします。

 

目次

 

 

旅程

福岡空港中部国際空港ANA

中部国際空港ヒルトン名古屋移動|ミュースカイ<ココのこと

ヒルトン名古屋宿泊記|初のヒルトン名古屋

レゴランドジャパン訪問記|子連れ訪問

レゴランドジャパンヒルトン名古屋移動について|リムジンバス、あおなみ線

ヒルトン名古屋中部国際空港移動|ミュースカイ

中部国際空港訪問記|時間なし

中部国際空港福岡空港ANA、無料でのラストフライト

 

中部国際空港駅

f:id:goutaro:20171114102025j:plain
f:id:goutaro:20171114102046j:plain

 

中部国際空港から駅へ向かう連絡橋を暴走する次男。荷物を運んでくれているのでしょうけど、駅の構内はめっちゃ広いのでキャリーを押しながら縦横無尽に走り回っていました(-_-;)、迷惑過ぎる!

 

すでに時間は9時過ぎていて、ミューチケットの窓口での購入の列もほとんど並んでいませんでした。ですので、だいちぃさんに教わった、改札内でのチケット購入裏技も利用しませんでしたm(_ _)m。

 

ちなみにミュースカイは、未就学児でも特急券が必要です。そして、通常必要ない乗車券も同時に必要になります。なので、なかなかの出費となりますが、もし特急券だけ後で買えば、改札自体は乗車券なしでも通過できますし、ミュースカイの中では特急券しかチェックしないので、もしかして未就学児の乗車券無しでミュースカイに乗る裏技的になる?なんて思ったりしました。

 

まあ誰もが考えることなので、そんな抜け道埋められていそうですが、名古屋の方は何かご存知でしょうか?

 

ミュースカイ乗車|夕ご飯処・・ではない

f:id:goutaro:20171114102733j:plain
f:id:goutaro:20171114102749j:plain

 

話は戻りまして、ミュースカイの出発時刻まで20分ぐらい有ります。もうどこかで外食する時間的余裕はないと判断し、夕食は中部国際空港駅ファミマで購入し電車の中で食べる事になりました。なんとわびしい・・・。

 

このファミマ、CAさんやその他もろもろで大混雑していました。そのおかげで、スーツケースを一つ置き忘れそうになったり・・・(^_^;)。

また次男はミートスパゲティをチョイス!電車内で臭いが強そうなのでやめて欲しかったけど、ひもじい思いをさせているのでダメとはいえず・・・やっぱりそれなりに臭いました、ごめんちゃいm(_ _)m。

 

ワタシはとんこつラーメンを食べたので、かわいいデザートで我慢ガマン( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

ミュースカイ内での次男は、電車好きでも有り興奮覚めやらぬでしたが、飛行機の中よりは閉塞感がないのでそこまでストレス無く過ごせました。本当に気を使いますわ。

 

名鉄名古屋駅からヒルトン名古屋

f:id:goutaro:20171114150717j:plain
f:id:goutaro:20171114150751j:plain

 

無事に名鉄名古屋駅に到着。JR名古屋駅に隣接してないんですよねぇ、本当に名古屋駅は複雑です。降りてからもエレベーターなしの階段ばかりで、子連れには優しくない仕様です。ホテルからのリムジンバスも無いし、地下鉄利用するのも疲れるので、ここはタクシー一択です。

 

タクシーから、名古屋マリオットアソシアホテルを見上げてココじゃない〜いと、と言いながらヒルトン名古屋に向かいます。

 

ヒルトン名古屋までのアプローチは一方通行やエントランスのエントリーの関係で、かなり大回りして向かうことになりました。おかげで、タクシー代も1,000円ぐらい。初乗りが450円と安かったので、まあ納得の金額です。

 

ホテルに着いたのは10時近く。2歳児連れてよくやるわい、と自分でも思います(;´∀`)。

 

まとめ

福岡からの子連れレゴランド訪問記、今回は中部国際空港から宿泊先のヒルトン名古屋までの移動をお届けしました。

 

最後のタクシー移動時に、名古屋の都会っぷりに長男が仰天していたのが印象的でした笑。確かに建物の高さも含めて、名古屋は見上げるような感じですね。