マリオット特集

【マリオットプラチナで無料朝食】ロイヤルハワイアンの朝食はサーフラナイで無料で頂きましょう

マリオットボンヴォイ参加ホテルであるハワイオアフ島のロイヤルハワイアンホテルに宿泊した時、マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上では朝食を無料で頂くことができます

ワタシはマリオットボンヴォイの隠れキャンペーンであるプラチナチャレンジをクリアして、プラチナエリートを獲得しています。

実際に2019年8月に宿泊したロイヤルハワイアンホテルにおける朝食無料の恩恵についてお伝えしていきたいと思います。

ロイヤルハワイアンホテルとは

太平洋のピンクパレスとして開業したロイヤルハワイアンホテルは、マリオットボンヴォイ参加ホテルとして正式名称はロイヤルハワイアン・ラグジュアリーコレクションリゾート・ワイキキとなります。

ワイキキビーチフロントに面している上に、ワイキキの目抜き通りであるカラカウア通りまで徒歩すぐ、ロイヤルハワイアンセンターとも接していて、ワイキキではまさに一等地にあります。

ロイヤルハワイアンホテルはロイヤルハワイアンセンターに接しているぐらいワイキキ中心に近く、食事をするところは朝晩に限らず困ることはありません

しかしわざわざ外に食べに出ていかなくても、ロイヤルハワイアンホテルには有名で素敵な朝食会場があるのです。それがレストラン「サーフラナイ」です。

レストラン「サーフラナイ」とは

サーフラナイはロイヤルハワイアンホテルの1階に位置するビーチサイドカフェです。

太平洋やビーチ、そしてダイヤモンドヘッドを眺めながら食事ができるオープンエア空間で、そこで食事をするだけで絵になります。

サーフラナイはロイヤルハワイアンホテルの敷地内でも1番ビーチ寄りにあり、マイラニプールの横にあります。レストランの入口はマイタイバーの方にあるので、マイラニタワーの宿泊者はそこそこ遠回りして歩いていく必要があります

ただマイラニプールの方に隙間があって出れちゃうので、帰る時はプールの方に出てあっという間にマイラニタワーに帰ることができました。

ご覧のようにオープンエアの席に座ると、ビーチとダイヤモンドヘッドというハワイらしい素晴らしい光景とともに食事を頂くことができます
※撮影時間は10時を過ぎていたのでだいぶザワザワしていますが…

【サーフラナイの営業時間】

  • 朝食|6:30AM〜11:00AM
  • ランチ|11:30AM〜2:00PM(最終着席時間2:00PM)

営業時間はご覧のとおりで、早めの方が静かなビーチと景色を楽しめると思います。朝食の予約はできません。

メニューは公式ページをご参照ください。朝食ビュッフェの料金は大人42ドル子ども(6−12歳)21ドルです。もちろんその他税金やチップが必要になります。

マリオットボンヴォイプラチナ以上で朝食が無料に

サーフラナイでの朝食はハワイに来たときの憧れの1つですが、なんとマリオットボンヴォイのプラチナエリート以上なら無料でサーフラナイの朝食を頂くことができます

ただいくつかの注意点があります。

プラチナエリート特典の1つに「ウェルカムギフトの選択」というのがあり、選択肢は以下の3つです。

  • ポイント
  • 朝食
  • アメニティ

ただしこの選択肢はホテルブランドによって異なります。

朝食はラウンジのみだったりレストラン会場もOKだったり、朝食もOKなのにポイントも付いたりといろいろです。

ご覧のように英語に四苦八苦しながらウェルカムギフトの説明をチェックイン時に伺いましした。ロイヤルハワイアンホテルでのウェルカムギフトは、ワタシが宿泊した2019年8月のその担当者さんの説明では以下の通りです。

  • ポイント|1,000ポイント
  • アメニティ|ワイン
  • 朝食|サーフラナイで2名分

英語で解読が難しく、今見ても「2DBB」の記載の意味が分からないのですが、確か2名分と言われたと思います。子どもはケイキメニューでも別途頼もうと思った記憶があるので。

どうしてもサーフラナイで食事をしたかったので、朝食2名分をチョイスしました。

説明はスタッフによって違ってくるのもよくあることなのであなたへは違う説明がされるかもしれません

ただ実際は大人2人はもちろん子ども2人も無料でした。チェックインのときの説明と違ったのでサーフラナイでさんざん確認したのですが、OKでした。

他の方のブログでも既出なことですが、無料朝食特典では朝食ビュッフェメニューの「ザ・ロイヤル・トリートメント」のチョイスメニューは選択することができません

有名なピンクパレスパンケーキが含まれているので、別途アラカルトで注文しましょう(16ドル)。

サーフラナイで頂いた朝食ビュッフェの実際

では実際にサーフラナイで頂いた朝食ビュッフェの様子をご紹介します。

ロイヤルブレッド
サラダやフルーツ
トーストやライス・味噌汁
色々ホットミール

ホットミールはスクランブルエッグやカリカリベーコン、ウインナーなどでした。

まんべんなくとりあえず食べてみる妻がチョイスしたプレートがこちらです。

フルーツジュースもコーヒーなどとともにフリードリンクとして無料で頂くことができました。

味?味ですか…サーモンとか大好きで嬉しいのですが特別美味しいかと聞かれたら「普通」としか答えようがありませんでした。
※個人的な感想です

たぶんザ・ロイヤル・トリートメントのメニューが格別なんだと思います、我が家はケチって注文しなかったですが。

ロイヤルブレッドが食べ放題というだけでも価値はあると思います。

ちなみにアラカルトを注文しないとホントにすべて無料なので、食事後のチェック(会計)がありません。伝票すら置かれないのです。でもテーブルを担当してくださったスタッフの方はいたので、スマートにチップを机の上に飛ばないように置いてから席を立ちました。コレ大事です。
※ワタシが利用したときのことで普通は無料でも伝票は置かれると思ってました

海鳥がめちゃくちゃ狙っているので離席時には要注意です

まとめ

ロイヤルハワイアンホテルの朝食を有名なサーフラナイで頂くことができました

チョイスメニューを選べませんが、マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上ならば無料で頂くことができます

ただ正直チョイスメニューがないビュッフェメニューは良くも悪くもアメリカナイズされていて特別に美味しいというわけではありませんでした(完全に個人的な主観です)。

子どもが好きなメニューも少ないですしね(ケイキメニューはあるらしいですが、少なくともビュッフェには含まれていません)。コレも偏食気味の我が家が悪いだけですが。

シチュエーションは最高です。ステータスがあれば頂くのもやぶさかではありません。ただステータスがなければ、外のお店に食べに行ってもいいかなぁ、とは思いました。

帰国日となる2日目も食べれたのですが、ANAラウンジで食べることにしてサーフラナイには行きませんでした。家族連れとしてはやはり子どもが食べやすいメニューがないと厳しいですね。

POSTED COMMENT

  1. MM より:

    自分が先に記事を書いてなくてすいません。朝食は雰囲気は最高、味普通に賛同です。ピンクパンケーキも色だけ。しかし、エッグベネディクトはモアナ、ハレクラニ、カハラの中でここが一番おいしかったので、エッグベネディクト単品オーダー推しです。モアナはわざわざ朝食会場別料金で払って1度トライしたのに、うるさくて雰囲気もサーフラナイのほうがよく、モアナの際には朝食はもうラウンジでしか食べておらず・・・という感じです。

    • ゴウタロウ より:

      なんと!それは確かに伺っておきたかったです。
      エッグベネディクト、たぶんオーダーしていたと思います笑。

      しかし過ぎ去りしロイヤルハワイアンはもう過去のこと…
      次なるマリオット宿泊計画を続けていきます。

      モアナはラウンジですね!メモメモ…

コメントを残す