ANAマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。陸マイラー系ブログ!




7月月始めの戦い!勝ち取りました( ̄ー ̄)ニヤリ、ドットマネーモールで大量マネーをゲット(万人にはおすすめできませんm(_ _)m)



7月1日、(スマホ版)ドットマネーモールでの月始めの戦い、戦い抜きました!

 

www.goutaro.com

 

6月の月始めは寝坊しましたからね・・・。この時もホテル修行で自宅の慣れた環境でもないし、夜にビールを飲んじゃったので10時前からウトウトしてしまったのですが、今回は強い意志があったのでしょうか?日付が変わる10分前に目が覚めました。恐るべしワタシの体内時計!

 

・戦い10分前

 

f:id:goutaro:20170702195624p:plain

 

10分前です。40,000円コースが上記の付与マネーなので、おトク度マイナスの状態です。

 

・日付変更、0時

 

f:id:goutaro:20170702200740p:plain

 

日付が変わると、付与ポイントがドカンと増えます。上記は50,000円コースのコンテンツで、支払いは税込み54,000円になりますので100%以上還元です。

 

f:id:goutaro:20170702201504p:plain

 

狙っていた「ケータイノベルズ」もありました。しかし詳細を確認すると、このコンテンツは「50,000円コース」だったのです。つまり全くポイントアップしていないことに。他のコンテンツもよく見ると、同様に100%以上還元になっているものとなっていないものが混在しています。

 

この時点で大混乱です。またシステムを変えてきたのか?気づかずに登録していたら、損をしていたのか??急いでいるのに、また新たなトラブルで焦ります。

 

・登録するコンテンツのチョイス

 

f:id:goutaro:20170702201739p:plain

 

とりあえず初見のコンテンツですが「歌の殿堂」をチョイスすることにしました。歌なら聞くかもしれないし。マネーのためだけのコンテンツなのですが、利用できるものなら利用したいと思っているのですよ?

 

f:id:goutaro:20170702201923p:plain

 

40,000円コースで111%還元です。還元率は大丈夫そうですね。

 

f:id:goutaro:20170702202016p:plain

 

急いでいても、急いでいるからこそ規約を確認します。特に「退会」のところです。ちゃんと記載はされていますね。

 

・登録手続き

 

f:id:goutaro:20170702202217p:plain

 

サイトにアクセスして申し込みます。当然「クレジットカード月額43200円」を選択します。解約し忘れたりトラブったら、来月に再度この金額が引き落とされるかと思うとゾッとします。まさにハイリスクハイリターン!

 

f:id:goutaro:20170702202418p:plain

 

格安SIMでは登録できなくてDocomo回線のスマホからじゃないと登録できないので(SIMが入っていればOK、登録はWiFi経由でも可能)、引き落としもケータイ払いかと思っていましたが、自分の好きなカードを選べます。まさにカードのキャッシング枠の利用、になっちゃいます。

 

f:id:goutaro:20170702203621p:plain

 

 登録はあっという間です。こういうサービスは入るに易し出るに難し・・・。

 

f:id:goutaro:20170702203728p:plain

 

登録が終わると会員番号やパスワードが表示されます。これもきちんとキャプチャしておきましょう。ちなみに登録が終わってもdocomoメールなどに「登録完了」のメールや、これら情報を記載した内容のメールも届きません。めっちゃ不安な仕組みです。まさにハイリスク!

 

・退会手続きの確認

 

f:id:goutaro:20170702203921p:plain

 

すぐさま退会の確認です。ログインした状態だと、下のメニューに「退会」の項目があります。

 

f:id:goutaro:20170702204012p:plain

 

解約のボタンが分かりやすく設置されています。とりあえず解約手続きの取っ掛かりだけは分かりました。マネーが付与されるまで解約してはいけません。とりあえず確認ということで、できることはここまでです。

 

・戦い始め15分後

 

f:id:goutaro:20170702204148p:plain

 

ドットマネーモールに戻ると、日付変更から15分が経過して軒並み消費税込の還元率は100%を切っています。本当にいつもギリギリだなぁ。

 

・ポイント付与

 

f:id:goutaro:20170702205334p:plain

 

(記事を書いている時、何故かドットマネーモールのサイト表示がテキスト表示になっていたのですが)、登録してから10分程度で無事にマネーが付与されていました。今回もマネー付与ではトラブルがなかったようでホッとしました。

 

・解約手続き

 

今回はいきなり解約せずに、次の日にちょっと使ってみました。「歌の殿堂」なので有名楽曲をmp3ファイルでダウンロードして聞けるのですが、聞いてみるとかなり微妙。よく見ると「カバーソング」を聞ける、と言うサービスで、アーティスト自身の声じゃないんですねぇ。いったい誰得?のサービスです。得体が知れないことこの上もありません。それで万単位の月額課金とは・・・。

 

なので、一曲聞いただけでもう絶対利用しないと思ったので解約手続きに入りました。

 

f:id:goutaro:20170702210902p:plain

 

まずはサービスサイトにアクセスします。登録したサイトはスマホChromeでブクマしておきます。いつでもアクセスできるように。

 

前回から時間経っているので、再ログインが求められます。さて問題です。「会員ID」って?前に確認したのは「会員番号」です。もちろんその事だと思って「会員番号」と「パスワード」を入力しますが、ログインできません。

 

実は、送られてきたメールにそう言う必要な情報が載っていたこともあったのですが、今回はメールすら受信してません。焦ります。と言うのも、こうやってログインの状態で混乱させるのも「手」だったりするからです。何のために?知りません(・_・;)。とにかく何だかんだと手続きを煩わしくするのがよくあるパターンと感じています。

 

結局今回は下メニューの「ページトップ」を選択したら特に何を入力することなくログインしてました。Docomoのケータイ情報をどっかから吸い上げているのでしょうか?本当に謎です。

 

f:id:goutaro:20170702211418p:plain

 

無事にログインできたら、下のメニューに「退会」の項目が出てくるので、それを選択して解約手続きに入ります。この「退会」と言う言葉と「解約」と言う言葉の違いもちょっと気になるんですよねぇ・・・。

 

f:id:goutaro:20170702211534p:plain

 

すぐに退会フォームに入ります。「登録解除」ボタンも分かりやすい位置です。一応下までスクロールしてみましたが「罠」はなさそうです。

 

f:id:goutaro:20170702211647p:plain

 

あれ?コレで終わり???退会しにくくする仕掛けはないのでしょうか?逆に不安です。

 

本当に解約できているのか確認するには、再度ログインを試みることです。

 

f:id:goutaro:20170702211814p:plain

 

トップページに「カバーした楽曲の提供」と載っていますね(笑)。キャッシュをクリアにしたり、時間をおいてサイドログインを試みても、ログインできません。会員登録を選択すると、再度同じコースが選択できるので、恐らく月額利用の解除はできていると思います。

 

今までもこのパターンで大丈夫だったので今回も大丈夫と思いますが、解約手続きがあまりにもあっさりしていたので逆に不安です(^_^;)。

 

・まとめ

 

ドットマネーモールの100%還元コンテンツはハイリスクハイリターンのおっかな案件です。他のショッピングによる還元案件と違い、手元には何も残りません。サービスそのものも一体誰が利用するのか?と疑ってしまうものばかりです。どこか特定の層を狙っているのか、「個人情報狙い」なのか分かりませんが、いつでも怪しさいっぱいです。

 

なので万人にはとてもお勧めできません。ご利用には十分な吟味と覚悟が必要です。ワタシはもちろん責任を負えません。

 

昨年ぐらいまではこの案件の記事も時々見かけましたが、今ではワタシの守備範囲のブログでは全く見かけなくなりました。ポイントサイト友達がいっぱいいればもちろんこんな案件に手を出す必要はありませんし、そうでなくても利用には勇気が必要です。

 

今回は、いつも1日に増量するサービスが、増量したりしなかったりとランダムになっていて、またさらに利用しにくくなったような気がします。今回で5回目の利用ですが、いつまでも利用し続けれるとはとても思いません。

 

とりあえず、来月はチャレンジせずに休憩しようと思います。やっぱり心臓に悪い案件なんです(TOT)。ただ、ブログ記事にすることによって、反面教師でも構わないのですが、こんな奴もいると思ってくれるだけで幸いです。