ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートにゴールドアンバサダーとして泊まってきました



f:id:goutaro:20180414163149j:plain

2018年の春に沖縄の「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」に家族旅行で宿泊しました。

 

このホテルを選んだ理由は

www.goutaro.com

春でもプールで泳げそう、とか

 

www.goutaro.com

春でも海で泳げそう、とか

そんな理由があったのですが、もう1つ、IHGの会員ステータス「ゴールドアンバサダー」を継続する価値があるのかを見極めるためです。

結果として、サイコーのホテルでした(^^)。

 

IHGゴールドアンバサダーとは

IHG(インターコンチネンタルホテルグループ)は世界最大のホテルグループの1つです。

f:id:goutaro:20180415045849p:plain

グループの中には上記のようなホテル群が含まれており、日本で馴染みがあるのはIHGの中でも最高級のブランドである「インターコンチネンタル」と「クラウンプラザホテル」では無いでしょうか。

 

そしてIHGにはポイントプログラムであるリワーズクラブがありまして、登録するだけで得られるクラブ会員から、最上級のスパイアエリートまで分かれています。

f:id:goutaro:20180415045809p:plain

f:id:goutaro:20180415050149p:plain

会員ステータスの獲得方法は上記のようになっています。

会員特典は正直ショボくて、皆さんが最もベネフィットを感じるラウンジ(クラブ)アクセス権や朝食無料などは上級ステータスでも付帯していません。

 

しかし上記のIHGリワーズクラブステータスとは別に、最上級のインターコンチネンタルホテルでは別のリワードが存在します

それが「インターコンチネンタルアンバサダー」です。

入会方法は簡単で

  • 初年度|200ドル or 40,000ポイント
  • 次年度更新|150ドル or 40,000ポイント

です。

インターコンチネンタルアンバサダーになると、IHGリワーズクラブのゴールドステータスが付与されます。結果として

ゴールドアンバサダー

と言うステータスになるわけです。

 

f:id:goutaro:20180415051235p:plain

インターコンチネンタルアンバサダーは、上記のIHGリワーズクラブ特典とは別に、独自の特典を提供しています。特におトクなのが

  • ウィークエンド無料宿泊
  • 客室アップグレード保証
  • プライベートチェックイン&チェックアウト

です。

解説は本記事での主目的ではないので簡単に説明しますと

「ウィークエンド無料宿泊」

アンバサダー週末料金(対象料金が決められています)で週末(金ー土)に連泊すると、1泊が無料になるクーポンが付帯してます。

「客室アップグレード保証」

予約した部屋よりワンランクアップを「必ず保証」されます。ただ高層階になるとかシティービューがパーシャルオーシャンビューになるだけどか、その程度も含まれます。

「プライベートチェックイン&チェックアウト」

特に大きなポイントは、16時までのレイトチェックアウトを(ほぼ)保証してくれることです。

 

ワタシはインターコンチネンタルアンバサダー会員になってインタコに宿泊したのは1度のみです。

www.goutaro.com

 

その時の体験がそれほど良くなかったので、あと数ヶ月に迫ったアンバサダーの更新をどうするか悩んでいました。

そこで、再度インターコンチネンタルアンバサダーの特典は更新するに値するか確認するため、今回沖縄旅行に合わせて「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」に宿泊してきました。

 

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートとは

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、世界最大のホテルグループ「IHG」に所属するホテルの1つです。

2009年にリブランドを行い、IHGの中でも最高級ホテルの代名詞「インターコンチネンタル」名を冠するホテルとなりました。

IHGのメンバーであれば、ステータスに合わせた特典を受けることができます

 

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのアクセス

f:id:goutaro:20180410165905p:plain

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、沖縄の有名な景観地である「万座毛」と湾を隔てた反対側の半島に位置します。

 

f:id:goutaro:20180410170052p:plain

交通アクセスは主に自動車になりますが、タクシーやレンタカーで高速道路を利用した場合、公式では「約50分」となっています。

実際にレンタカーで高速道路を利用して移動しようとすると、高速道路の入り口までの渋滞がひどく、1時間以上はかかると思って間違いないと思います。なかなかに遠い。

 

チェックイン

この日は那覇空港に18時前に到着しました。天皇皇后両陛下が空港を利用するタイミングに当たったので、空港出口が封鎖されたりして出発に時間がかかり(美智子様にお会い出来て逆に幸せでしたが(^^))、レンタカーを借りてから那覇中心の渋滞を抜けるのにも時間がかかり、到着は8時過ぎでした。

 

インタコ万座の駐車場はとっても広いんです。ただその分、遠くに停めたら大変だなぁと思っていたら、なんと「バレーシステム」でした。係の人に車を預けて停めてもらい、乗る時は持ってきてもらう、外国でよく見るアレですね。その代わり1,000円かかります。

 

車を預けて名前を伝えると、なんと「クラブラウンジ」でチェックイン手続きをしてくれると言うではないですか!

f:id:goutaro:20180415174257j:plain

シークワーサージュースを頂きながら、ゆったりチェックインさせて頂きました。ここでチェックインできるということは「クラブフロア(正確にはプレミアムフロア)」へのアップグレードが確定ということです!(←違うかもしれません)やったね(^^)。

と言っても、奥に見えるクラブラウンジへのアクセス権はつかないのですが・・・この辺IHGは厳密です。なのでどこかのホテルのように、ラウンジが混雑していることもありませんでした。

 

f:id:goutaro:20180415180023j:plain

クラブフロアはホテルの最上階なので、クラブラウンジから出て見渡す光景も天井が近し!

 

お部屋

f:id:goutaro:20180415180408j:plain

正直ほぼ初めての宿泊でいきなりクラブルームなので、他の部屋との区別が分かりません。奥にソファがあってそこで団欒したりベッドでゴロゴロしたり、必要十分な広さはありました。

 

f:id:goutaro:20180416231128j:plain

お風呂はシャワーブースが別になっていることもなく一体型のタイプです。使用に不満があるわけではありません。

このホテルはプールからほぼ直結している大浴場があるので、プール帰りでも海帰りでもそちらを利用したため、コッチは利用しませんでした。

 

f:id:goutaro:20180416231250j:plain

特筆すべきは、ご覧のように洗面台がお風呂の部屋から外に出ているということです。コレは本当に便利で女性にはウケが良いんじゃないでしょうか。

ちなみに入口の床は、プールなどから濡れて帰ってもいいように少し吸収性のある素材でできていたので、洗面台からの水ハネは気になりません。

 

f:id:goutaro:20180416231455j:plain

ラナイから外の夜景を眺めます。風が強すぎず気持ちいいです。

このラナイは、椅子やテーブルが用意されてはいません。洗濯物がかけられるロープがあらかじめセッティングされていて、その使い勝手はとても良かったです。

 

f:id:goutaro:20180416231708j:plain

アンバサダー特典の1つとしてフルーツが置いてありました。こう言うのはあんまり食べないことも多いのですが、今回はガッツリいただきました。トゲトゲしているのがドラゴンフルーツでしょうか?とても美味しかったです。

 

外の風景

f:id:goutaro:20180416231948j:plain

一夜明けた外の風景。まだ早朝なのでどんより見えますが、晴れてくると対面の万座毛まできれいに見えます。

 

f:id:goutaro:20180416235520j:plain

下まで降りてみると、とてもきれいな海が目の前に!もちろん入ってみましたけど、冷たすぎず気持ちいい(^^)。ちなみに遊泳はココは禁止です。

 

朝食

朝食会場は何箇所かあるのですが、やはり和洋ビュッフェ形式のレストランが人気でした。

f:id:goutaro:20180417145051j:plain

多分一番混んでいる時間でしょうが、ココから30分近く待ちました。IHGステータス専用のレーンなどありません。みんな平等に大人しく待ちましょう(ToT)。

 

他の会場はガラガラです(^_^;)。でも子供が好きそうなものはココにしか無さそうなので、あえて待ちました。

 

f:id:goutaro:20180417145718j:plain

待った甲斐もあって、窓際のなかなかいい席に案内されました(^^)。

大家族が使いまわした後なので、床はそんなにきれいじゃないし大きな会場としてはこんなものかな、と言う雰囲気です。

 

f:id:goutaro:20180417150320j:plain

食事の方は可もなく不可もなく、と言う感じです。これは前評判通りですね。

 

そして初のエッグベネディクトを体験することができました。上にかかっているのはチーズで下にバケットがある、そう言う食べ物ということを初めて知りました。

 

今回のプランは朝食付きにしたのですが、ANAインタコ万座は小学生まで添い寝OKでリゾートホテルにしては珍しい仕様です。ただ朝食は6歳までは無料ですが、小学生の長男は添い寝にした場合朝食代が必要になります。大人の半額、1,300円前後を支払いました。

www.goutaro.com

 

 

f:id:goutaro:20180417151954j:plain

こっそりクラブラウンジの朝食風景を拝見したのですが、コレだけです。品揃えはかなり少なく、しかも狭い。ココのクラブラウンジの評判は決していいものではないようです。

 

www.ryoko-net.co.jp

ただ今年の6月17日に新ラウンジをオープンするらしく、コチラは広くて素晴らしそうです。アンバサダー資格やプレミアムフロアへのアップグレードだけではラウンジに入れませんが、新ラウンジを記念してIHG/ANAホテルズでは記念のプランが出ています。

 

f:id:goutaro:20180417152956p:plain

バカ高いですけど、いかがですか(^_^;)。

 

f:id:goutaro:20180417160837j:plain

チェックアウト後にアンバサダー特典でもらったフリードリンクチケットを利用して、ロビーでコーヒーを頂きながらスイーツを食しました。スイーツは自腹ですが、ANAダイナース/SFCカードで何気なく支払ったら、10%OFFになりました。IHGホテルはANAカード/SFCで支払うといいことあるかもしれません。

 

インターコンチネンタルアンバサダーとしての享受できた特典

さて、今回はアンバサダーを継続するかどうかの試験的な宿泊でもあったのですが、どのようなおもてなしを頂けたのでしょうか?

  • 客室のアップグレード
  • クラブラウンジでのチェックイン
  • レイトチェックアウト|15時まで
  • ウェルカムフルーツ
  • フリードリンクチケット

でした。

特典は問題なく頂けたのですが、それよりちょっとしたスタッフの気遣いが随所に見られて、非常に満足しました。

 

マリオットのSPG統合の結果はあんまり満足いける内容ではなかったので、それをふまえてIHGのアンバサダーは継続維持しようと決意しました。

 

まとめ

春休みでプールで遊ぶとか海で遊ぶとか、インターコンチネンタルアンバサダーの価値を確かめるとか、いろいろな理由でANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに宿泊してきました。

 

朝食会場はそこまでオススメできませんが、子連れ宿泊としては十分満足できるホテルでした。何より小学生まで添い寝OKはリゾートホテルとしては希少です。

 

また泊まりたいなと思えるホテルでした(^^)。