IHG特集

子連れのANAインターコンチネンタルホテル別府宿泊はどんな感じ?素晴らしいホスピタリティをご紹介

ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパは世界最大級のホテルグループであるインターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)の中でも最高峰のブランドであるインターコンチネンタルを冠するホテルです。

日本の大分県別府市に2019年8月にオープンし、別府の温泉を楽しむことができ名だたるIHG好きホテラーを唸らせてるホテルでもあります。

高級ホテルの一角を占めるインターコンチネンタルブランドのホテルなので子連れでの宿泊では色々と制約があるように感じます。

今回はあえて家族4人(子ども10歳と5歳)プラス義母の5人で、そのANAインターコンチネンタルホテル別府に宿泊してきました。

果たして子連れでも目一杯楽しむことができるホテルなのか?ホスピタリティはどんな感じだったのか?全力でレビューしていきたいと思います。

ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパについて

ANAインターコンチネンタルホテル別府は大分県の別府市の山間に位置するIHGブランドのホテルです。

ホテルの詳細は、冬のプール情報全開のこちらの記事の前半に載せているのでご参照ください。

【冬のホテルプール】ANAインターコンチネンタルホテル別府の屋外プールは冬でも泳げるのか? ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパは2019年8月にオープンした新しいインターコンチネンタルホテルグループ【I...

キッズスペースがあったりキッズが楽しめるアトラクションがあるわけではありません。キッズが遊べる(楽しめる)のは温泉とプールのみです。

今回はこのホテルの子連れ宿泊記として、子どもへのホスピタリティについてまとめていきたいと思います。

インターコンチネンタルホテルグループ(IHG)のステータスとインターコンチネンタルアンバサダーについて IHG(インターコンチネンタルホテルグループ)は世界最大級のホテルグループの1つです。 グループ内最高峰がインター...

子連れ宿泊にあたってはIHGのステータスであるインターコンチネンタルアンバサダーやIHGプラチナ・スパイアは必須ではありません。

しかし子連れで宿泊を満喫するためには、クラブラウンジを利用することができるクラブインターコンチネンタルルームの予約は必須、とお伝えしておきましょう。

安い部屋からクラブルームにすると1泊で25,000円程度値上がりします。

25,000円あれば美味しいディナーも食べれるかもしれないし、他のホテルにもう1泊ぐらいできるかもしれません。

しかしココはあえてクラブルームに宿泊する前提で子連れでのホテル宿泊体験をお伝えしていきます。そのぐらい満足度が高かった。

ANAインターコンチネンタルホテル別府の子連れ添い寝条件

ホテルの添い寝条件は時々によって変わるので都度確認することをお勧めしますが、ワタシが宿泊した時はこんな感じでした。

  1. 小学生以下は添い寝無料
  2. 保護者1人に付き添い寝児童1人OK
  3. ②条件により、ベッドはキングは不可でツインルームを選択
  4. 添い寝の子どもは部屋の利用上限数に含まれない

子どもは小学生以下が添い寝で無料宿泊できますが、保護者1人に付き子どもが1人添い寝するというイメージなので、ツインルームを選択する必要があります。

まあこの辺は絶対的なものではなく、予約時にはそうしてください、と言われるぐらいです。

ビックリしたのは添い寝の子どもは客室の宿泊上限数に含まれなかったことです。

外国を含めて厳しいホテルは、消防法の関係で添い寝の子どもも宿泊者数に含めていることが多かったのです。

ANAインターコンチネンタルホテル別府は電話でしつこく確認してしまったのですが、添い寝の子どもは客室利用者数に含まないとのことでした。

このホテルのクラブルームツインは上限4名までなので、最大で大人4名添い寝子ども2名の6人まで泊まろうと思えば泊まれることになります。
※もちろんエキストラベッドが入れるかどうかなど他の条件もあるとは思います

実際にワタシはその条件を確認してから義母を招待して、大人3名添い寝子ども2名の5人でクラブインターコンチネンタルツインルームに宿泊してきました。

ちなみに大人の追加料金はクラブルームでは以下の通りでした。

  1. エキストラベッド|1台8,000円
  2. クラブルーム大人1人追加料金|10,000円

合わせて18,000円の料金で、追加の大人もクラブルームとしてのサービスをすべて享受することができるのでなかなかリーズナブルだと思っています。

添い寝子どもへのサービス

添い寝宿泊で追加料金がかからない子どもでも色々なサービスを提供してくれました。今回はクラブルーム利用時のサービスをご紹介していきます。

部屋のアメニティ

お部屋のアメニティはバッチリ写真を撮ることを忘れてしまったのですが、洗面所の歯ブラシや子ども用の浴衣と下駄など、きちんと用意してくれていました。

プールや温泉など

このホテルで利用できるプールや温泉などの設備は宿泊者は無料で利用できますが、添い寝の子どもももちろん無料で利用できます

アフタヌーンティー(14:00〜16:00)

クラブルーム利用の場合はクラブラウンジでのアフタヌーンティータイムを楽しむことができます。

こんな感じのアフタヌーンティーセットを頂くことができます。もちろん添い寝の子どもも利用することができるし頼めば人数分もらえるとは思います。ただお子さま向けではないですよね。

じゃあ子どもは何も食べれないのかといえばそうではなく、ビュッフェ台に用意されているチョコチップクッキーやポップコーンや果物のバナナなどをパクついていました。
※メニューは都度変わると思います

クラブラウンジでの飲み物は注文制なのですが、ジュースやソフトドリンクが揃っているのでお子様も大満足です。

ちなみにホットチョコレートは砂糖を2つぐらい入れたら子どもも飲めました。

イブニングカクテル(17:00〜19:00)

12歳以下の子どもはアルコールが提供されるイブニングカクテル(17:00〜19:00)とおやすみ前の癒しタイム(19:00〜20:00)はクラブラウンジを利用することができません

子どもは17時以降クラブラウンジ利用不可

でも大丈夫です。代わりに4階にあるレストラン「エレメンツ」を利用することができます

エレメンツでの飲み物は、元々制限なく飲めるクラブラウンジの代わりという位置づけなのでメニューに載っているジュースとソフトドリンクは飲み放題です。
※もちろん付き添いの大人もメニュー上のアルコールは飲み放題です

そして子どもには、クラブラウンジで注文できる食事の代わりとして画像のキッズプレートを1人1つ用意してくれます。フライドポテトは子どもは大好きだし、唐揚げも美味しかったです。

また利用しているのはビュッフェレストランのエレメンツなので、提供してもらえる食べ物や飲み物の他にビュッフェやアラカルトを同時に注文して頂くことができます(もちろん有料)。

我が家はビュッフェは頼まずに、子どもたちのためにビーフバーガーをアラカルトで注文しました。

大人用メニューなのでマスタードなど辛そうなものを利用していたら省いてもらうようにお願いして、備え付けのポテトとともにパクパク食べてくれました。

そうこうしていたら本来のクラブラウンジの利用時間20時を過ぎていたのですが、だからといってレストランで飲み物の無料提供が終わるわけじゃないのでこっちの方がゆっくりできて良かったと思います。

ちなみにこのWagyu Beef Burgerはご覧のお値段でまさに高級ホテルの真骨頂ですが、ANAのスーパーフライヤーズカードプランで予約していれば10%割引が受けれます。株主であれば株主優待の割引券も利用することができます。

朝食タイム(8:00〜11:00/エレメンツは6:30〜10:00)

クラブルーム宿泊の場合はクラブラウンジまたはビュッフェレストランのエレメンツで朝食を頂くことができます
※それぞれ営業時間が異なるので要注意

どちらも1品注文+副菜ビュッフェというスタイルですが、クラブルームではクラブルーム限定の1品料理がある代わりに、副菜ビュッフェとしてはレストランの方が豊富となります。

クラブルームに添い寝宿泊している子どもがクラブラウンジで朝食に選べるメニューは「卵料理」と決まっています。

ただ卵アレルギーなど特別な事情がある場合は他のメニューも選択させてくれるようです。

我が子達はアレルギーはなくても卵料理を好んでは食べません。朝食べるものと言ったら「ウインナーとライス」です。

この卵料理メニューには副菜としてウインナーやベーコンがあるので一応合格です。

念の為ビュッフェ会場も見に行ったら、ビュッフェメニューにウインナーやベーコンがあったのでこっちなら食べ放題だからレストランの方がいいかも、と思いました。

しかしクラブラウンジで確認したところ、備え付けのウインナーなどはおかわりOKとのことだったので、大人用オーダーメニューが充実していたクラブラウンジで朝食を頂くことにしました。

卵料理はどうせ食べないので、大人が食べたいスクランブルエッグとオムレツにしてみました。

このウインナーをケチャップにつけてライスといっしょに食べれば、子どもはいっちょ上がりです。

お子さんにも色々好みがあるでしょうから、クラブラウンジのスタッフに相談したらかなり親身に相談に乗ってくれます。ホスピタリティに溢れたとても気持ちの良いラウンジでした。

飲み物に関してはクラブラウンジの営業時間中ずっと注文できる上画像のメニューが選べるので、心配ご無用です。
※大人が朝からビールもOKですw

まとめ

大分県の別府市に2019年8月にオープンしたANAインターコンチネンタルホテル別府の子連れ宿泊について、子どもへの対応についてお伝えしました

今回のまとめはクラブルーム宿泊が前提となっているので、クラブラウンジが利用できない宿泊だとまた違ってくると思います。

クラブルームを選択すると宿泊費が跳ね上がりますが、その分の満足度はかなり高いです。添い寝子どもが2人もいれば、十分ペイするサービスとホスピタリティだと思います。

別府温泉「杉乃井ホテル」とはこんなところ|子連れなら楽しさ100倍の温泉ホテル 別府杉乃井ホテル、その名はワタシが関東にいる30年前から知っているぐらい別府を代表する温泉を楽しめるホテルです。現在では大人も子...

子どもは温泉とプールが充実している杉乃井ホテルが大好きでしたが、1泊しただけで次はコッチがいいと子どもに断言されました笑。

ANAインターコンチネンタルホテル別府のクラブルームは料金が高いと思いますが、実は杉乃井ホテルの宿泊料金は一人あたりの金額となるので人数が増えるだけ倍々になっていきます

また杉乃井ホテルは3歳から料金がかかるようになってしまったので、週末や繁忙期に限れば家族4人の宿泊料金だとインタコ別府(子ども添い寝)と杉乃井ホテルはほとんど変わりません

それでいてトータルのホスピタリティはインタコ別府のほうがはるか空の上にあるので、子どもでも満足しちゃうわけです。

とても良いホテルです。ぜひ子連れでの宿泊もご検討ください(^^)。

上記の情報は2020年2月のものです。ホテルのサービス内容や食事のメニューは都度変わってくるものですのでご注意ください。

コメントを残す