別府温泉「杉乃井ホテル」とはこんなところ|子連れなら楽しさ100倍の温泉ホテル|ANAマイルとJALマイルを求めて
ホテル記

別府温泉「杉乃井ホテル」とはこんなところ|子連れなら楽しさ100倍の温泉ホテル

別府杉乃井ホテル、その名はワタシが関東にいる30年前から知っているぐらい別府を代表する温泉を楽しめるホテルです。現在では大人も子ども楽しめる一大エンターテイメント施設として君臨していますが、そうなったのもここ最近で、色々紆余曲折があったようです。

民事再生法を適用申請するに至るまでの波乱をなんとか切り抜け、今では特に小さな子どもを連れた家族連れや団体客には大人気のホテルとなっています。

ワタシも20代の頃は、もっとオシャレな旅館や秘湯などにばかり行って杉乃井ホテルには目も向けていなかったのですが、子どもが生まれて一度行ってみたら、子どもでも大人でも楽しめるホテルで、毎年必ず行くリピーターと化してしまいました。

そんな杉乃井ホテルに今年の9月連休に行ってきましたので、ご報告します。

杉乃井ホテルとは

九州にいて杉乃井ホテルのことを知らないヒトもなかなかいないとは思いますが、全国的には知られてないかもしれないので、一応杉乃井ホテルの情報を。

杉乃井ホテルについて

・1944年開業
・2001年に民事再生法の適応申請、オリックスグループに
・2003年以降、順次施設を更新
・2003年棚湯を新設
・2010年アクアガーデン新設

・大分県別府市の別府八湯のひとつ観海寺温泉
・客室総数は647室で2,914名の宿泊が可能
・宿泊施設|14階建て「本館」、13階建て「Hana館」、7階建ての「中館」
・娯楽施設|大展望露天風呂「棚湯」、水着で楽しめる屋外型温泉「ザ アクアガーデン」、ゲームコーナー、ボウリング場

・所在地|〒874-0822 大分県別府市観海寺1
・TEL|0977-24-1141(代)
・無料駐車場|1400台
・チェックイン14:30/チェックアウト11:00

杉乃井ホテルはご覧のようにマンモスホテルです。ワタシが宿泊できる時は土日しか無いのですが、そんなマンモスなのに多くが満室になっています。それでも温泉やアクアガーデンや更衣室があんまりにも人が多すぎて閉口する、という事はありません。レストランが10−20分待ちになる程度で、大人数に対応できるようになっています。

杉乃井ホテルは東九州自動車道の別府インターチェンジ下りて、車で10分程度でアクセス良好です。別府駅からもシャトルバスが出ています。ワタシが利用することはないのですが、大分空港からでしたら高速バスで別府駅まで向かい、そこからホテルのシャトルバスを利用することになります。

杉乃井ホテルの温泉|棚湯

杉乃井ホテルと言えば最も有名なのは展望露天風呂の「棚湯」だと思います。

流石に写真は撮れないので、公式ページから有名な写真を拝借してきました。この光景は多分男湯からの景色だと思います。インフィニティ露天風呂とも称する景色は絶景で、子どもたちも大好きでいつも特攻していきます笑。水温は少し熱めで、子どもによってはゆったり浸かれないかもしれません。

下に見える別府の街並みは東側なので、特に朝日をきれいに見ることが出来ます。どの季節でも日の出前にはオープンするので、薄暗い中朝日を見るために結構な人数が温泉に向かって歩いていきます。

これは棚湯から撮った写真ではないのですが、こんな感じの日の出を楽しむことができます。

オールシーズン水着で入ることが出来る温泉ガーデンプール|アクアガーデン

子どもたちが最も好きな施設が、温水ガーデンプールであるアクアガーデンです。むしろコレがあるからこそ杉乃井ホテルに子連れで行っていると言っても過言ではありません

アイキャッチ画像にも使っているこの写真がアクアガーデンです。温泉水を利用した温泉プールでして、この規模の温泉プールはなかなか無いのではないでしょうか?水温はある程度一定に保たれているので、真冬でも真夏でも利用できます。

しかし真夏だと特に日中は直射日光を避けることが出来ないので、とにかく暑いです。そして眩しいです。ただ別府は西の方角に高い山がそびえ立っているので、日が暮れるのも早く、日が陰ってくると苦行も少しは和らぎます。

そして真冬でも入れます。真冬で屋外プールを堪能する機会はなかなかないと思います。しかし温水から外に出ている部分(主に顔でしょうが)はめちゃくちゃ寒いです。もちろん雪が降っても入れます。寒いのに温かいという訳のわからない異常体験を楽しむことができます。

どの季節がいいかと言われると、春夏秋冬オールシーズン入りましたが、どのシーズンでも楽しむことができます。ただ最初は春秋の程よい暖かさが残る季節を選んだほうがいいかもしれません。

日が落ちるとレーザー&噴水ショーが始まります。田舎の温泉街っぽくて俗っぽいですが子連れならば楽しめると思います。1回見れば十分ですが・・・。

レーザー&噴水ショーは水着になって泳がなくても見ることができます。

昼間の光景ですが、連休中日でもこのぐらいの混雑具合です。棚湯のように少し階段状になっており、そこを行き来するのも楽しいです。その他ジェットバスやバブルバス、迷路のような構造なども遊び心を掻き立てます。何より、普通は泳いじゃダメな温泉でめいいっぱい泳げるという体験、コレが非常に楽しいのです。

奥の三角錐の中は塩分濃度が高いプールになっていて、その強力な浮力と癒やしの音楽を聞きながらプカプカ浮かんでリラックスすることができる空間となっています。子どもは入れません。

反対側から見るとこんな感じです。少し迷路みたいな作りになっていて泳ぐのも楽しいです。でも、水温が普通のプールより高めなので、ハッスルすると簡単にのぼせます。ちなみに矢印のところのビーチチェアはオールシーズン置いてありますが、寒くなったら絶対に寒すぎて利用できません。でも置いてあります笑。

小さい子供でも楽しめるような浅いプールもあります。冬はぬるすぎてめっちゃ寒いので、利用者はほとんどいませんが、今回みたいな夏だと気持ちよくてワタシも子どもに紛れてゴロゴロさせてもらいました。

別府の景色を眺めながらのんびり楽しむことができます・・・と言いたいのですが、水温が高めなのでのぼせやすく、意外にゆったりと浸かるという感じにならないのが面白いところです。

温水プール|アクアビート

杉乃井ホテルには併設する温水プール施設のアクアビートがあります。以前は夏季にしか営業してなかったのですが、今年リニューアルして、4月から10月の終わりまで利用できるようになりました。

今までは暑い時期の温泉プールがキツイので夏の時期に杉乃井ホテルを利用するのを避けていたこともあってアクアビートも利用したことがなかったのですが、今回利用期間が伸びたこともあって、夏季から少しずれた宿泊でもアクアビートを利用することができました。

ちなみにこんなところです。いかにもバブリーな時代に造られた感が漂っています。アクアビートについては下記記事をご覧ください。

別府杉乃井ホテルのアクアビートをレビュー|一度は子連れで行く価値あり-大人もそこそこ楽しめます 別府杉乃井ホテルは九州在住ならほとんどの人は知っているだろう温泉ホテルで、大分県の別府温泉にあります。その特異性は宿泊・温泉・食...

キッズランド

杉乃井ホテル内を部屋から歩いて棚湯に向かっていくと、その途中にキッズランドがあります。

このスペースがすっごく広くて子どもにとっては天国なスペースなのですが、30分600円と言う、親にとっては地獄のスペースでもあるのです。子ども2人連れなら最初の一発で1,200円です。さすがにお高いのか、これだけ子連れが溢れているホテルでもいつもガラガラです笑。さすがのワタシも30分でいつも切り上げさせます。

朝食・夕食ビュッフェ

杉乃井ホテルはビュッフェスタイルの大人数対応レストランの割には美味しいと、九州では評判のビュッフェレストランがあります。

しかし別料金で支払うとこのぐらいの値段がするなかなかお高いビュッフェです。今年から3歳児以降から料金がかかるようになったので、宿泊料コミコミの値段でもかなり割高感が強かったです。そんな杉乃井ホテルの食事についても別記事でご紹介します。

利用した部屋について|本館海側

利用した部屋については「本館」「中館」「Hana館」と3つある建物の中の「本館」です。本館が一番オーソドックスでお安くなっております。そのオーソドックスなお部屋は以下のような感じです。

和洋室タイプで、広さは十分です。和室だけのお部屋ももちろんあります。和室があると温泉宿に来たという感じがします。この辺は「いかにも」と言う感じで、おしゃれな感じは皆無ですね。ただ高級な「中館」辺りを選ぶと、それなりにおしゃれなお部屋ももちろんあります。

Hana館も中館も泊まったことがありますが、中館だけは特別な部屋でしたね。家族4人で朝夕食事付きにすると、連休は一番安くても5-7万円ぐらいはするので、より値段が高い中館を利用することなんて無理でした。

3年前に中館に泊まったときの写真を見つけてきました。この時は泊まれたのですが、次男にも料金がかかるようになり、もうお高くて泊まれないかも知れません(ToT)。

まとめ

別府にあるマンモス温泉ホテル「杉乃井ホテル」に宿泊してきたので、まずは大人でも子供でも楽しめるメイン施設をご紹介しました。杉乃井ホテルそのものは古いホテルでもあり、宿泊施設自体はところどころに古さを感じさせます。

しかしリニューアルを重ねることにより新しいものを取り入れ、よく利用するスペースは快適に利用することができます。

このホテルのアピールポイントは「棚湯」と「アクアガーデン」そしてそこからの別府の絶景だと思います。チェックアウト後も棚湯やアクアガーデンは利用することができるので、1泊で遊びに来るにはちょうどいいと思います。宿泊者でしたらすべて無料で利用することができます。子連れだったら子どもが喜ぶことは間違いないですし、子どもが喜んでくれると大人もゆったりと温泉を楽しむことができます。そういう意味では子どもにとっても大人にとっても楽園だと思います。

ただ夫婦2人や恋人同士で来ても楽しめるかと言うと・・・それは保証しません笑。もちろん楽しめないことはないと思いますが、2人旅でしたら別府・由布院ではそれこそ無限の選択肢があると思いますので(^_^;)。

コメントを残す