IHG特集

【IHGのクラブフロアは最高】ANAインターコンチネンタルホテル別府のクラブフロア宿泊特典まとめ

2019年8月に新規オープンしたインターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)のANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパに宿泊してきました。

とてもとても宿泊料金が高いホテルなのでどの客室プランを選択するか迷ったのですが、クラブフロアに泊まらないとインターコンチネンタルホテルの意味がないとまでツイッターでアドバイス頂いたので、素敵な宿泊体験を期待してクラブルームを予約しました。

今回はANAインターコンチネンタルホテル別府のクラブフロアに宿泊した際の特典をまとめていきたいと思います。

ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパについて

ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパについては、宿泊した2月の寒そうなホテルの屋外プールレポートとともにホテル概要を載せている下記記事をご参照ください。

【冬のホテルプール】ANAインターコンチネンタルホテル別府の屋外プールは冬でも泳げるのか? ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパは2019年8月にオープンした新しいインターコンチネンタルホテルグループ【I...

ホテルの宿泊料金は宿泊プランと時期によるフレキシブルレートで変動しますが、概ねこんな感じです。

  • インターコンチネンタルルーム|5万円台
  • クラブインターコンチネンタルルーム||7万円台
  • スイートルーム|9万円台
  • パノラマスイートルーム|20万円超え

スイートルームは贅沢すぎますが、ちょっと贅沢にANAインターコンチネンタルホテル別府を満喫したいのならクラブルームがおすすめです。

なぜならクラブルームのラナイには天然かけ流しの露天風呂があるからです。

ワタシはクラブインターコンチネンタルツインルームを予約して、アップグレードして頂きJrスイートルームに宿泊してきました。

【IHG確実アップグレード】ANAインターコンチネンタルホテル別府のJrスイート宿泊記 ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパは2019年8月に大分県の別府市に新規オープンしたインターコンチネンタルホテ...

Jrスイートルームもクラブルームとしての特典を利用することができます。

今回はクラブルーム宿泊者として利用してきた下記のサービスなどをご紹介していきたいと思います。ほぼクラブラウンジ利用に関するサービスです。

【クラブルーム宿泊特典】

  1. クラブラウンジでのチェックイン・チェックアウト
  2. アフタヌーンティー|14:00〜16:00
  3. イブニングカクテル|17:00〜19:00
  4. おやすみ前の癒し|19:00〜20:00
  5. クラブラウンジでの朝食|8:00〜11:00

※12歳以下の子連れは、イブニングカクテル(17時)以降は利用不可

サービス内容や時間は2020年2月現在のもの

クラブラウンジでのチェックイン・チェックアウト

ANAインターコンチネンタルホテル別府では通常エントランスを入ったところにあるフロントラウンジでチェックイン・チェックアウトの手続きを行います。

フロントロビーには目に見えるフロントカウンターはなく、壮大な別府の景色を楽しみながら優雅にソファーに座っての手続きを行うことができます。

クラブラウンジの予約客は、最初のスタッフがその旨を共有しすぐにクラブラウンジでチェックイン手続きをするために他のスタッフが来てラウンジに案内されます。

ANAインターコンチネンタルホテル別府のクラブラウンジはそれほど広くないのですが、ご覧のような素敵なラウンジに案内され座ってウェルカムドリンクなどを頂きながら手続きを行うことができます。

ちなみにラウンジ利用資格がある宿泊者総数がそれほど多くないので、広くないラウンジですがどの時間帯でも混雑で座れないということはまずなさそうでした。

チェックインの正式な時間は15時からですが、その時間はクラブラウンジでアフタヌーンティーが行われているので、手続き中はアフタヌーンティーを頂きながら優雅に過ごすことができます

そしてチェックアウトもラウンジに入ってその旨を伝えれば、ラウンジで座ってフリードリンクを頂きながら手続きをすることができます

正式なチェックアウト時間は11時ですが、ステータスなどによりレイトチェックアウト対応してもらった場合、チェックアウトを14時〜16時の間にするなら再度アフタヌーンティーを頂くことができます

チェックアウト時にもアフタヌーンティーが利用できるかどうかは、当然と思わず尋ねたほうが無難とは思います。ホテルによってはNGのときもあります。

ちなみにチェックアウト手続きをしてのんびり過ごしている間に荷物はフロントまで運んでくれていたりして、ホスピタリティは最高です。

ラウンジでいただける飲み物は画像の通りで、ラウンジがオープンしている午前8時からクローズする午後8時までアルコールを含めていつでも頂くことができます

ちなみにフロントフロアがある2階の「ザ・ラウンジ」でもお金を払えばアフタヌーンティーを食べることができます。3,300円です。

アフタヌーンティー|14:00〜16:00

お伝えしたとおりですが、クラブルーム宿泊者は14:00〜16:00に間はクラブラウンジでアフタヌーンティーを頂くことができます

アフタヌーンティーは飲み物メニューから選ぶことができて、提供される食べ物はワタシが宿泊した時は以下のものでした。

提供されるアフタヌーンティーのお菓子はちゃんとメニューに載っていてご覧のとおりです。

ラウンジのスタッフの方は一つ一つのメニューをちゃんと分かっていて、お願いすれば説明してもらえます。

男性目線でもとても美味しかったです。

子ども目線ではあまり好んで食べれなさそうなメニューですが、ビュッフェカウンターにも簡単なスナック菓子や果物も用意しているので何かしらは好んで食べてもらえるのではないかと思います。

イブニングカクテル|17:00〜19:00/おやすみ前の癒し|19:00〜20:00

今回の宿泊は小学生以下の子連れだったので、17時以降のラウンジサービスであるイブニングカクテルとおやすみ前の癒しには参加できませんでした

メニューにはイブニングカクテルの内容は以下のように載っています。

食べ物はホットカナッペとコールドカナッペは注文しないと内容は分かりません。

アルコールメニューはかなり豊富になるので、飲むのがメインとなる感じです。

ちょっとだけ様子をのぞかせてもらったのですが、ビュッフェ台に乗っているメニューは豊富とは言えず、ほぼほぼおつまみメニューのようでした。

12歳以下の子どもがいる場合は、保護者ともどもレストランのエレメンツを利用することができます

クラブルーム宿泊者のディナー時のエレメンツでの提供サービスは、食べ物はディナーコースの前菜から1人1品を選ぶことができます。

ワタシが選んだ牛肉のタタキがこちらです。ちょっと控えめですね^^;。

飲み物に関してはメニューに載っているものが飲み放題となります。ラウンジの方が日本酒などもあり飲み物は豊富ですが、シャンパンもあるしそんなに不満はありません。

エレメンツでディナーのコースやアラカルトも同時に注文できるので、ガッツリ食べたい場合はクラブラウンジではなくレストランのエレメンツを選択してもいいかもしれません。

なによりエレメンツは17−19時までというイブニングカクテルの時間制限なくアルコールを飲み続けることができますよ(^^)。

イブニングカクテルの後にあるおやすみ前の癒しタイムにも参加できなかったので、メニューだけご紹介しておきます。

ちょっとワタシには分からないハイソサエティな雰囲気を感じさせるメニューとなっています。一度は利用してみたかったかもです。

クラブラウンジでの朝食|8:00〜11:00

クラブフロア利用客はクラブラウンジでもビュッフェレストランのエレメンツでも朝食を無料で頂くことができます

クラブラウンジでもエレメンツでも提供のスタイルは1品オーダー+副菜ビュッフェとなっています。

ただクラブラウンジのスタッフはぜひラウンジで朝食を、とお勧めしてくるのですが、それはラウンジ限定のメニューがあるからです。

以上はクラブラウンジでしか提供してない朝食メニューで大分【愛】に溢れていますね。

ワタシと妻は迷わずアンガス牛のサーロインステーキを選びました。評判がいいとの噂も耳にしていので。

小ぶりですが朝食にはふさわしい量で、柔らかくてとても美味しかったです。

義母は大分名物のだんご汁をオーダーしました。このボリュームですから、朝食としてはお腹いっぱいになったみたいです。

クラブラウンジでもビュッフェレストランのエレメンツでもオーダーできる1品料理はご覧の通りです。

添い寝の子どもは2個の玉子料理しか基本的に選べないことになっているのは以前にお伝えしたとおりです(もちろん例外はあります)。

メニューは2020年2月のもので移り変わっていきます
エレメンツ

副菜として用意している食材はレストランのエレメンツの方が豊富ではありますが、オーダーできる1品メニューがかなり重要なので、クラブルームに宿泊してクラブラウンジを利用できるなら朝食はクラブラウンジで頂いたほうがいいと思います。

まとめ

ANAインターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパのクラブルームに宿泊した際の特典についてまとめました

特典はほぼほぼクラブラウンジを利用できることに集約されてしまっていますが、IHGはインターコンチネンタルロイヤルアンバサダーという超超特別なステータスホルダーでもない限り、IHGの最上級ステータスであるスパイアでもラウンジを利用することができません。

つまりマリオット・インターナショナル系列のホテルやヒルトン・ワールドワイド系列のホテルと違って、ホテルランジ利用者がかなり限られるので混雑することもなく非常に快適に利用することができます

インターコンチネンタルホテルのクラブラウンジを利用するためにはクラブルームへの宿泊が必要で料金は高いですが、とても満足の行く宿泊だったことをお伝えしておきます。

コメントを残す