IHG特集

インターコンチネンタルホテルグループ(IHG)のステータスとインターコンチネンタルアンバサダーについて

IHG(インターコンチネンタルホテルグループ)は世界最大級のホテルグループの1つです。

グループ内最高峰がインターコンチネンタルで、IHGリワードエリートステータスとは別のインターコンチネンタルステータスが用意されています。

その他はクラウンプラザホテルホリデイ・インなどは日本で馴染みのあるブランドではないでしょうか?

今回はIHGのリワーズプログラムとインターコンチネンタルアンバサダープログラムについて解説していきたいと思います。

IHGリワーズプログラムとは

IHGではリワーズクラブ会員に様々な特典を用意しています。

世界各地のIHGホテルでインターネットが無料になったり、会員限定料金で公式サイトから予約できたり、無料宿泊特典も宿泊実績のカウントになったり、上位のエリートだと宿泊数が繰り越したりです。

IHGのエリートステータスの獲得条件は以下の通りです。

  1. クラブ|登録のみ
  2. ゴールド|10泊または10,000獲得ポイント
  3. プラチナ|40泊または40,000獲得ポイント
  4. スパイア|75泊または75,000獲得ポイント

IHGのステータスは1暦年での宿泊数、または、エリート資格対象となるポイント獲得数で決定します。

IHGはキャンペーンやセールでもエリート資格対象ポイントになることも多く、宿泊数よりはポイントでステータスチャレンジしている人が多い印象です。

IHGのステータスはIHGに並ぶホテルグループであるマリオットやヒルトン・ワールドワイドの上位ステータスに付帯する「ラウンジ(クラブ)アクセス」や「朝食無料」などの特典はありません

お得な特典とすれば

  1. ゴールド|レイトチェックアウト(一般的に14時まで)
  2. プラチナ|ゴールドに加えて客室アップグレード(空室があれば)
  3. スパイア|プラチナに加えてアーリーチェックイン(10時より空室があれば)

ぐらいでしょうか。

しかし海外の知見は無いのですが、国内のIHGホテルでゴールド以上のステータスで宿泊すると、フリードリンク券がもらえたり有料施設が無料で使えるようになったりなど、細かい会員サービスを享受できたりします

インターコンチネンタルアンバサダーとは

IHGにはIHGリワーズクラブのステータスとは別に、最上級ブランドであるインターコンチネンタルホテル専用のリワードが存在します

それがインターコンチネンタルアンバサダーです。

アンバサダー会員になると、世界各国のインターコンチネンタルホテルズ&リゾートでIHGリワーズステータスとは異なる独自の特典を享受することができます。

入会は非常に簡単で以下の通りです。

  • 年会費|200USドル

その特典内容に比べたら「たった」200USドルで申し込むことができるので、非常にお得なプログラムです。

その主な特典内容は以下の通りです。

  1. 客室アップグレード保証
  2. 午後4時までのレイトチェックアウト
  3. レストラン&バーの最大20USドル相当の飲食クレジット
  4. ウィークエンド無料宿泊
  5. IHGリワーズクラブプラチナエリートステータス

⑤を除けばインターコンチネンタルホテル限定の特典ですが、それでも年会費に比して素晴らしい特典内容です。

  1. 客室のアップグレードは保証(平→角部屋程度でも)|無理な時はポイント加算(らしい)
  2. IHGステータスを超える午後4時までのレイトチェックアウト
  3. ウィークエンド無料宿泊は週末の2泊目無料と同義なのでとてもお得

上記のように、200USドルでは格安とも思える特典ばかりですが、その中でも素晴らしいのはIHGリワーズクラブのプラチナエリートが同時に付帯されることです。

IHGのプラチナエリートは40泊または40,000ポイント獲得によって得られるステータスですが、それが200USドルで手に入っちゃうのです。

お得すぎますね。

1年で1−2泊でもインターコンチネンタルホテルに泊まる予定があるのなら、200USドルを払ってアンバサダー会員になっておいた方がいいと個人的には思います。

→インターコンチネンタルアンバサダープログラム入会は公式ページから

アンバサダー会員は200USドルか40,000ポイントで更新できます。今はあまりIHG系のホテルを利用してないのですが、ステータス維持としては安価なのでついつい毎年更新しています^^;

まとめ

インターコンチネンタルホテルを含むIHG系のホテルはラウンジアクセスや朝食無料といったホテルステータスで重要視する特典が付かないので、盛り上がりに欠ける部分もあります。

しかしアンバサダープログラムは非常にお得なので、入会を検討する価値はあるでしょう

コメントを残す