ANAマイルとJALマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。今はJALマイルがメイン。陸マイラー系ブログ!




【旅行記】羽田空港国内線ANAラウンジ子連れ利用|キッズスペースありそして福岡へ-ハワイ島旅行2017年夏



2017年夏、ハワイ島へ家族旅行に出掛けました。ハワイアン航空を利用したあんまりマイルに関係ない話ですが、皆さんオアフ島ばっかりに行くので、備忘録を兼ねて旅行記をお届けしています。

 

ワイ島へはJALが成田からの直行便就航をアナウンスしていますので、今後は「マイルを貯めてビジネスクラスでハワイに行こう!」のキャッチフレーズから無縁とも思えない島です。

 

今回は、2017年ハワイ島子連れ旅行最終章「羽田空港国内線ANAラウンジ利用レポート」をお届けします。

 

目次

 

 

旅程|7泊

まとめ記事はこちら

www.goutaro.com

初日|福岡空港羽田空港ーコナ空港ーホテル

福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ|福岡空港ANAラウンジ、ハワイアン航空コードシェア便(ANA便)、羽田空港ターミナル間移動

羽田空港国際線ターミナル|食事と子連れ時間潰し-SKY LOUNGE ANNEXレポートも

羽田ーコナ|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-往路編

コナ空港|ハーツ・レンタカー

ホテル記|キングスランド・バイ・ヒルトン・グランドバケーションクラブホテル

 2日目|キングスランド滞在

ホテル記|キングスランド-プール三昧

 3日目|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ滞在

ホテル記|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

 4日目|キングスランド滞在

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからキングスランドへ移動

ワイコロアビレッジ|買い物、給油 

午後はキングスランドを満喫|夜のプール

 5日目|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン滞在

コハラコーストからヒロへ|TEX Drive IN, Akaka fall

ヒロの街|Big Island Candy, Miyos,ファーマーズマーケット

ホテル記|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン

 6日目|キングスランド滞在

ヒロからコハラコーストへ|キラウエア火山、プナルウ黒砂海岸、プナルウ・ベイク・ショップ

・キングスランド|夜のプール再び

 7日目:キングスランド滞在

キングスランド|第3期の新しいプール

HGVC説明会|やっちまいました

・キングスランド|最後のプールを満喫

 8日目|コナー羽田

最終日のドライブ|Coffee Shack、UCCコーヒー園

コナ空港の過ごし方

コナー羽田|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-復路編

ホテル記|羽田エクセルホテル東急

 9日目|羽田ー福岡

羽田空港ANAラウンジ |キッズスペース

<ーーーこの辺の話

 

ANAラウンジ|利用基準

f:id:goutaro:20170911171444p:plain

 

本当に今更なんですが、ANAラウンジの利用基準です。

 

まずANAグループ運航便・コードシェア便の搭乗券が必要です。「ANAの便名」が付いていればOKと言うことです。今回の旅行では、羽田ー福岡の往復ではハワイアン航空の共同運航便に設定されてあったので、利用できました。

 

この時点でSFC修行を終わらせてANAプラチナに達していたのと、妻にもSFCの家族カードを発行できていたので、合わせて家族4人がANAラウンジを利用できます。本来はこのハワイ島旅行はANAで計画を立てていたので、そのためのSFC修行でもあったのですが、その後ハワイアン航空に鞍替えしてしまったのです(^_^;)。でも、共同運航便が「ANA」だったので無駄にならなくて良かったです(^^)。

 

ANAラウンジの場所|羽田空国内線第2ターミナル-2つあり+ANAスイートラウンジ

f:id:goutaro:20170911172105j:plain

 

羽田空港第2ターミナルは、基本的に北側は東京より北方面に向かう便の搭乗口、南側は南方面に向かう搭乗口と大雑把に分けられています。ワタシが向かうのは福岡なので南寄りに搭乗口はあるのですが、宿泊した羽田エクセルホテル東急が一番北にあるので、北側からアプローチします。

 

上図のように、羽田空港第2ターミナルにはANAの上級会員が利用できるプレミアムチェックインが北と南に1箇所ずつ、超上級会員が利用できるスイートチェックインが1箇所あります。

 

そしてそれに合わせて、ANA上級会員が利用できるANAラウンジが南北のプレミアムチェックインに合わせて1箇所ずつ、超上級会員が利用できるスイートラウンジが1箇所あります。

 

実はワタシ、北九州空港ができてからはその便利さにすっかり虜になってしまったので、SFC修行を始めるからもそれ以前も福岡空港から東京に行くことは最近ほとんど無かったのです。

 

f:id:goutaro:20170911174523p:plain

 

北九州空港からはスターフライヤーANAの共同運航便として羽田空港に数多くの便を飛ばしていますが、ご存知の通り到着ターミナルは第1ターミナル。つまり何が言いたいかというと、第2ターミナルを利用するのはほんと〜〜〜〜に久しぶりだったと言うことなのです。

 

そして昔利用していた時は、目に入るANAの「プレミアムチェックイン」も当然無関係なものと思って眼中になく、つまり出発口に2箇所も存在することなんて知らなかったのです。

 

なので、一番北寄りのホテルを出発して、最初に目に入った北側のプレミアムチェックインのスペースに足が向いたのもしょうがないことなんです(いや別に、制限エリア内で南に移動すればいいだけなので、どうでもいいことなのですが・・・)。もう1箇所あるなんて知らなかったんです(*ノω・*)テヘ。

 

f:id:goutaro:20170914193210j:plain

 

昨晩は真夜中に着いたので気づきませんでしたが、すでにお盆の連休に日本は突入していました。朝の6時過ぎだと言うのに、とんでもない人出でマジびっくりです。もう一度お伝えしますが、朝の6時過ぎです!お盆に大移動したことなんて無いので、心底びっくりです^^;。

 

 ANAプレミアムチェックイン|ステータスによって利用できる同伴者の有無が変わる

f:id:goutaro:20170914192348p:plain

 

国内線のANAプレミアムチェックインを利用できるステイタスは上記のようになります。重要なのはプラチナ以上のステータスが必要なこと、そして原則「本人のみ」と言うことでしょう。

 

ワタシは我が物顔して家族全員で利用していますが、実はそれはANAのスタッフの「ご厚意」なわけです。これを忘れちゃならないですね!

 

我が一家の場合、ワタシと妻はSFC持ちなので大丈夫なのですが、子供たちは同伴者なので本来は利用できません。しかしこの件について以前プラチナデスクに問い合わせたことが有るのですが、「原則同伴者は利用できません」との事ですが、現場で「子供がいるので利用できません」と追い返される事はまずは無く、現場の判断に任されている、と言うのが実情のようです。感謝感謝でございます。

 

f:id:goutaro:20170914235447j:plain

 

初の羽田空港プレミアムチェックインカウンターです。福岡と違ってちゃんと区切られている(笑)。

 

ワタシが入った時は3名ぐらい並んでいる程度でしたが、ワタシが手続きをしている間にあれよあれよとヒトが来て、20人近い行列ができてしまいました。さすがにお盆の時期だとプレミアムカウンターも混雑するようです。

 

ワタシが、ハワイアン航空で発券した今回のANA便のマイルを家族4人分につけてもらおうと余計なお願いをしてしまったので、手続きに時間がかかりました。そのせいで行列が悪化したのかと思うと申し訳なく、写真取ること出来ずそそくさと併設されている手荷物検査場に向かいました(-_-;)。

 

羽田空港ANAラウンジ|北-第2ターミナル

f:id:goutaro:20170916065730j:plain

 

プレミアムチェックイン先のメンバー専用の手荷物検査場を抜けると、すぐにANAラウンジへのエスカレーターが。多くの人にとっては見慣れた光景でも、羽田空港初見参のワタシにとっては憧れの光景!眠くても疲れていてもテンションアップ\(^o^)/。

 

さっそくANAラウンジで搭乗券を見せて入室手続きを行いました。怪獣次男坊も走り回って嬉しそう・・・それはいいんだが静かにさせられるかかなり不安。受付のお姉さんに騒がしくてスミマセン、と伝えたら、なんともう1つラウンジがあって、そちらはキッズスペースがあるということを教えてもらいました。全く無知のお上りさんです(*ノω・*)テヘ。善は急げと、中をのぞくこともなくそそくさと退散しました(^^)。

 

羽田空港ANAラウンジ|南-第2ターミナル

f:id:goutaro:20170916065921j:plain

 

そしてやってきました羽田空港ANAラウンジ「南」。こちらにはANAスイートラウンジが併設されているので、ダイヤモンド様専用のエスカレーターが続いています。ワタシがダイヤモンド様になることは一生ないので(断言できます!)、こちらは家族旅行ではまず利用しないでしょうね。迷惑だろうし。

 

と言うわけで、左のANAラウンジカウンターで手続きします。そして初の羽田空港ANAラウンジ、つまり日本一のANAラウンジに足を踏み入れると・・・・

 

f:id:goutaro:20170916070631j:plain

 

ひろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!奥が全然見えません〜〜〜〜ん(^_^;)。

 

f:id:goutaro:20170916070722j:plain

 

反対側からの風景。どんだけぇ〜〜〜〜。今までのANAラウンジの経験を覆す驚異的な広さです。さすが日本一!那覇空港は恥ずかしくないのか(笑)。

 

f:id:goutaro:20170916070842j:plain

 

んが、どれだけ空いていてもワタシがそちらを利用することはなく、ラウンジ中頃にあるこちらのキッズスペースに入ります。今はスター・ウォーズ仕様となっていますね。

 

f:id:goutaro:20170916071006j:plain

 

朝の7時前。さすがに貸切状態です。広い、とは言えませんが騒ぐ子供を封印してくれるスペースが有るだけで大歓迎です\(^o^)/。

 

ここに、子供たちはコカコーラを、親はコーヒーなんぞを持ち込んで、10分少々満喫させて頂きました・・・・みじかっ!早朝便だから仕方がないのです(T_T)。

 

北九州在住のワタシは、特に値段に大きな差がなければより便利な北九州空港からANAの共同運航便であるスターフライヤーを利用します。スターフライヤーの利用ターミナルはなぜか「第1ターミナル」。もちろんANAラウンジなどありませんし、代わりにサクララウンジが利用できるなどのサービスもありません。

 

誰もが思っていることなんですが、なんでスタフラは「第1ターミナルなんだ??」。今年の10月29日から福岡からの羽田行きスタフラも今の第2ターミナル利用から第1ターミナル利用に統一されるみたいなんですが・・

 

なんで「第2ターミナル」で統一しないんだ???

 

これがLCC(厳密には違って、スターフライヤーはサービスはJAL/ANAと同等で、機体は普通席ならそれらよりも快適という立派なフルキャリアです)の宿命なのか(T_T)。

 

ANA羽田ー福岡|ラストフライト!

f:id:goutaro:20170916072713j:plain

 

7時過ぎには搭乗が始まりました。2歳児がいる我々は、ダイヤモンド様より早い搭乗です。その恩恵も11月までなのですが・・・。席は、なぜかダイヤモンド様ご優遇の普通席の一番前。プレミアムシートの真後ろでした。いわゆるバルクヘッド席。

 

普通だったら両手をあげて喜ぶところですが、この位置は前に後ろに横に上級会員様御用達の場所。つまり子供がぎゃんぎゃら騒いだら、普通以上にプレッシャーを感じる場所なのです(^_^;)。他のお子ちゃまたちの近くに座った方がよっぽど気楽で、子連れだとそういう事まで考えているのです。

 

寝不足ではあるが、ハワイ時間ではまたまだ真っ昼間の時間帯。長男はとっても静かですが、いつものように飛行機にテンションマックスの次男坊。外の景色がお気に入りなのですが、静かに見るんじゃなくて、むしろ興奮するようになっちゃったからますますコントロールが難しくなってきました(TдT)。

 

f:id:goutaro:20170916073343j:plain

 

次男に悪戦苦闘している時に流れる、機長の富士山ご案内アナウンス。ワタシは今までA席に乗って明るいうちに羽田空港から飛びだったことがないので、実は羽田−福岡(北九州)線での初富士山だったりします。雲の中に浮かぶ富士山の頭頂部。いいものを見れました\(^o^)/。

 

f:id:goutaro:20170916073613j:plain

 

そして見えてきました我が街「北九州」。皿倉山洞海湾が見えます。ついでに、先日遊んできたゴルフ場も見えます(笑)。10日ぶりですね。ただ、ここは通り過ぎて福岡に向かいま〜〜す。

 

f:id:goutaro:20170916073804j:plain

 

そしてランディング(^^)。何とか無事に福岡に帰ってくることが出来ました。「スリランカ」に行くような緊張感あふれる冒険旅行ではありませんが、子連れと言うだけで、色々なことに気を遣いました。特に「静かにさせること」を中心に(笑)。

 

今回も何とか乗り切った感満載です。長男の静かさを見れば、次男坊もいつか手がかからなくなってくるのでしょうが、それはいつのことになるでしょう・・・。

 

まとめ

実は初めてだった羽田空港国内線ANAラウンジの子連れ利用記と、福岡への帰り(「帰福」と言います)の搭乗記をお届けしました。

 

これにて長かった2017年夏ハワイ島子連れ旅行記も終了です。自身の思い出づくりも兼ねているので、自己満足な部分がかなり占めますし、細かく色々お届けしました。もしどれかの記事がどなたかのお役に少しでも役立てば幸いです(^^)。