ANAホノルル線の家族連れエコノミー搭乗を徹底紹介|夜便と昼便の様子をお伝えします|ANAマイルとJALマイルを求めて
ANA/AMC

ANAホノルル線の家族連れエコノミー搭乗を徹底紹介|夜便と昼便の様子をお伝えします

2018年の夏にANAの成田ホノルル線を利用してハワイ旅行に行きました。陸マイラーブログを謳っているワタシですが、夏休み時期にハワイ路線の特典航空券が取れるわけもなく、当然有償チケットです。そうなると選べるのは一番安いエコノミーシートという事になります

エコノミーの搭乗記などどこに重要が有るのかと思いますが、最も一般の方が利用しているのは間違いないわけで、ワタシの旅行記も兼ねてまとめてみました。

成田国際空港ーホノルル国際空港のANA夜行便

どの航空会社も、大体午前中にホノルルに着くように出発は夜になり深夜便となります。眠っている間に着くという感じですが、時間的には5時間(+1日戻り)進んでしまうのでまあ寝不足です。夜の3時ぐらいに朝になっているイメージですから。

我が家は恐らく一生最初で最後のANAスイートラウンジを利用してきて、シャワーを浴びてさっぱり、お腹もいっぱい状態で寝る気満々のスタンバイOKな状態で乗り込みます。

ワタシは2017年にSFC修行を終えてスターアライアンスのゴールドメンバーとなっています。なのでビジネスクラスじゃなくてもビジネスクラスのラインに搭乗時に並ぶことが出来ます。

国際線の優先搭乗の威力はかなり大きいと思います。SFC修行して良かったです。ただ妻が「SSSS」を食らって、赤矢印のところでセキュリティチェックを受ける羽目になっちゃいましたが笑。近くで待ってようと思ったら先に行けとスタッフに促されるので、妻を置いて子どもたちと搭乗しました。

ANAのボーイング789です。めちゃくちゃカッコいいです。この青のシュッとしたラインがいいですね(*^_^*)。

ブログで散々見せつけられてきたANAのビジネスクラスやプレエコシートは当然素通りしてさらにその奥に向かいます(ToT)。

ゴールドトラック利用で優先搭乗のエコノミーなので、まだ誰も乗り込んでいない機内です。今回ワタシが選択した席は、エコノミーの前方席で後ろに席がない赤で囲った位置4人分です。ワタシは有償でかなり早くチケットを購入したので、プラチナステータスもあり席は選び放題でした。そんな中、この席を選んだのには理由があります。

本来なら足元広々のバルクヘッド席を選択する方がベターだったかもしれませんが、あえて選択しないのには理由があります。

  • 機内エンターテイメントの画面を肘掛けから引っ張り出さないといけない
  • 肘掛けが跳ね上がらないので子どもが横になって寝れない
  • 足元に荷物が置けない(離着陸時だけではある)

そしてエコノミーでも画像の位置を選んだのにも理由があります。

  • 背もたれを遠慮なく倒せる
  • ギャレーやトイレが近い
  • こっち側の窓際は後ろにトイレがないので、その音の影響が少ない

などです。結果的に選択は間違ってなかったと思います。

特に機内エンターテイメントについては席についてすぐにスイッチを入れ始めた子どもたちを見た時に、ホントにコッチで良かったと思いました。安定飛行になるまで我慢させるのは大変そうですから。

足元の広さも、大人ならともかく子どもならエコノミーでも十分な広さになりますからね。

そして子ども2人と大人1人が窓際の3席に座って、もう1人の大人が真ん中席の通路側に座ります。コレで何があってもすぐ対応できるし、コミュニケーションも簡単に取ること出来ます。

コレがエコノミー席ですよ〜皆さん思い出してください〜笑。ワタシが生息している陸マイラー界隈とエアライン修行界隈は、飛行機に乗るならビジネスやプレミアムエコノミーばかりなのでエコノミーシートはなかなか新鮮な絵面です(実際はわざわざエコノミーの記事を書いていないだけとは思いますが)。

いつものことですが、ワタシがひとりぼっち席に弾き飛ばされました。大人が座ると足元狭狭です。コレがエコノミー席です。出発当日まで隣席が空席だったのでそのままだったら超絶ラッキーだったのですが、残念ながら埋まってしまいました。チクセウ。

1番騒ぐだろう次男は昼寝をあまりさせないで乗り込んだので、すぐに寝入ってくれました。肘掛けが上がるので横になって寝れます(^^)。

一方長男は元気いっぱい。いつもゲームに口うるさい親が、飛行機の中なら何も言わないのを分かっているので嬉しくてしょうがないみたいです。

長男の足元に置いてあるアイテム(赤矢印)が以前子ども用に購入したエアクッションです。足が下に届かないけど、あぐらをかくにはエコノミーは狭すぎると言うぐらいの子どもにピッタリのアイテムで、今回も持ち込みました。

下ろした足が冷えないので、長男お気に入りです。ホントは2個持っているのですが、コレがまとめてもそれなりの大きさなので、今回は1個にしました。

お楽しみの機内食は、鶏唐またはハンバーグで、なかなかのラインナップ。貧乏性のワタシは、ラウンジでお腹いっぱいだったけど一通り頂きました。予想以上に美味しかったです(^^)。

成田発便だけ、キッズメニューにご覧のオリジナルスプーン・フォークセットが付いていました。これはめちゃくちゃ嬉しくて、旅行先でも重宝しました(^^)。

ハワイに到着する1時間前ぐらいになると機内も明るくなり少しざわざわしてきます。軽度の朝食としてマフィンなどが配られます。ハワイ時間では8時ぐらいで朝なんですが、日本時間で言えば5時間戻って夜中の3時ですからそりゃ眠いです

ワタシは2時間ぐらいは寝れたような気がしましたが、妻は子どもたちのダブル膝枕を提供していたため身動きとれす一睡もできなかったそうです。これがTheエコノミーのホノルル線です。

ホノルル国際空港ー成田国際空港|ANA昼便

ホノルルから日本・成田に戻るときは夕方に成田に着くようにお昼前後にホノルルを出発する便が多いです。お昼にホノルルを出て、成田に着くのがだいたい夕方の5時(+1日)ぐらい。日本到着時はハワイ時間だと+5時間で夜の10時なので、体内時計的にはもう寝る時間になるわけです。ただその程度なので、ホノルル線の復路は全部起きていることも多いし、子どもも寝ない可能性があることを念頭に計画しなくてはいけません

復路のホノルル出発時もSFCのパワーを生かして優先搭乗をします。ギリギリまでラウンジにいたのですでにダイヤモンド会員の搭乗が終わったあとでしたが、間に合って良かったです。

オークションで落選したプレミアムエコノミーを往路同様素通りします。しかし14席しか無いんだから、もっと増やしして欲しいです。

復路でも選んだのは、往路と同じでエコノミーの前方でトイレじゃなくギャレーが後ろにある後方座席です。背もたれを遠慮なく倒せるし、トイレの騒音から多少避けれるところを狙っています。ホントは往路と同様に通路を挟んだ反対側(赤矢印)にもう1席を取りたかったのですが、残念無念です。窓側の通路席を取ると、3席の窓側には他の方がいるので、その方々が席を立ちたくなった時にお互いに遠慮するので、ちょい不便です。

今回声を大にして伝えたいのは、往路でも復路でもエコノミー席のお客さんは驚くほど席を立たなかったということです。飲む量をコントロールしてまでトイレに立つのを我慢しているようにまで思いました。

ワタシは往復とも、内側のヒトがトイレに行きやすいように様子を見ては席を立ち、立ったまま家族とコミュニケーションをして、どうぞトイレに遠慮なく行ってもいいんですよオーラを出していたのですが、全く行かないです。1回も行かない人もいるし行っても1回です。ワタシなんで5−6回は行きましたよ。遠慮なく席を立てるから我慢なんてしません。エコノミー症候群とはよく言ったもので、結構怖いです(;´∀`)。

そうは言ってもワタシも中の席になったらトイレは極限まで我慢すると思います。エコノミー席は殺人的ですね(ToT)。

エコノミーでも子どもにとっては十分なスペースがあります。うらやましい。ちなみに離陸前ですでに機内エンターテイメントONです。バルクヘッド席だとこうはいきません。大人だけだったらバルクヘッド席でいいんですけどねぇ。

離陸時には椅子の上に上げている足は下ろすようにCAさんの指導が入ります。いざというときの安全姿勢が取れないということが要因とは思います。3才児は足プラプラだし背もたれも届かないので、余計に危険なんじゃないかなぁと思いつつも、保安要員のCAさんの仰ることにはもちろん素直に従います

まだまだハリケーンの影響で波が高そうなホノルルを出発します。出発前2−3日は全く青空が見えずハワイらしくない気候だったこともあるし、ハリケーンで飛行機が飛べない可能性もあったのに定時で出発できたので、いつもみたいにハワイから帰りたくな〜〜いと言う気分が全くありませんでした(^_^;)。

往路でも活躍したエアークッションは、復路でも大活躍です。奥の3歳次男は椅子の上だけであぐらをかけるので必要ないのですが、8歳長男ぐらい大きくなった時が1番重宝しますね。サイズはMとLがありますが、当方は足元に置くことを前提としてLを購入したような気がします。

機内食は、まず昼食的位置付けで出てきます。シーフードカレーとなんかのお肉笑。お肉の方は味付けが濃いので、子どもに好評でした。

キッズミールもかなり美味しそうなんですが、コッチはワタシに流れてきました。ケチャップベースのメニューなんて最高に美味しいと思うんですけどね。もちろん残さず頂きました。

長男は機内エンターテイメントでビデオを見るのも好きなんですが、次男は持ってきた(+空港で買わされた)おもちゃで遊ぶほうが好きなのです。子供の趣味趣向もそれぞれで、色々予測して用意していかないと、7−8時間の飛行時間を潰せません(^_^;)。

着陸前の軽食はジャージャー麺(?)でした。今回の往復ANA機内食はいずれもなかなか美味しかったですが、これだけは流石に微妙でした。まあ残さず頂きましたけど(^^)。

海側からアプローチして大きく旋回しながら成田空港着陸に向かいました。向こう側に見えるのは多分筑波山かな?

なんとか長時間のフライトを子どもと妻と乗り切った最後に、沖止めリムジンバス輸送を喰らいました。日本はハワイよりも暑いし、JALの第2ターミナル側に駐機したので、エアコンが効かないリムジンバスで長距離第1ターミナルまで輸送されるし、最後の最後でマジでやられました。

コレばかりはビジネスクラスもエコノミーでも関係なくみんな平等でしたけどね(ビジネスクラスは早く降機できるから、バスに座れるか座れないかの違いぐらいあります)。

まとめ

ANAを利用して成田からハワイ・ホノルルまで旅行をしたので、利用したエコノミークラスの搭乗記をまとめてみました。

ビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスの搭乗記は数あれど、誰もが利用するエコノミークラスの搭乗記はそんなになさそうなので、皆さんに初心を思い出してくだされば幸いです笑。

ホノルル線の特典航空券はまず取れないと思っているので、これからも有償発券が続くことでしょう。

【福岡ーホノルル線】福岡(北九州)からハワイ・ホノルルへの航路検討|8月下旬編 福岡県からハワイはホノルル空港への旅程を何度か検討してきました。やっと、ワタシがANAで予約した旅程が、他の航空会社でも検索でき...

以前ホノルル線を色々検討しましたが、燃油サーチャージが上昇していることもあって、家族4人で来年2019年8月のホノルル線を検索すると50-70万円ぐらいしちゃいます。せめて全部とは言わなくても半分ぐらいは下記のような方法でマイルで補いたいところです(ToT)。

ANAだけはすでに来年の8月いっぱい航空券の販売が始まっています。特典航空券の予約も始まっていますが、当然すべて満席です。有償チケットも、数時間おきに見るだけで最安値のタイプが無くなっていき値段も上がるし良いシートも無くなっていきます。今回ワタシが予約したシートもかなり埋まっていました。

エコノミーだったらANAマイルをスカイコインにして有償購入してもそれほどダメージは大きくないので、予定が決まっているならばチケットは早めに購入しちゃいましょう。ただ、最近子どもの夏休みが短くなる傾向で、いつも旅行する8月最後の週が来年は2学期に入っちゃっている可能性もあるので、決断しにくいのも確かです。ますます予定が立てづらくなりました(TOT)。

ワタシのANAマイルは「ニモカルート」で貯めています。

【ニモカルート|ANA/VISAnimoca】nimocaポイントをANAマイルに交換してマイルを貯めよう 「陸」で貯めたポイントを利用して各航空会社のマイレージプログラムの「マイル」を貯めている方々は「陸マイラー」と呼ばれています。「...

POSTED COMMENT

  1. ケン より:

    言及ありがとうございます!なんだかゴウタロウさんの所から流入があるなぁ~と、思って来ちゃいました( ̄▽ ̄)
    お子さんの椅子(枕)いいですね!我が家もそんな感じのモノを買おうか話していました!参考になります!!
    夏休みもう短くなっている所もありますよね~。良いのか悪いのか分かりませんが、一緒に旅行に行く機会が減るのは残念です。子供はすぐ大きくなって一緒に旅行に行ってくれなくなりそうですもんね~。賢くなってくれるんなら良いですけど(^^ゞ

    • ゴウタロウ より:

      ふふふ、ケンさんのブログを言及したりブクマしたりすると気づいてもらえることに気づいたので、ストーカーのように積極的にアプローチしています( ̄ー ̄)ニヤリ。

      ケンさんがハワイに行くとしたら夏休みを避けるんでしょうかね?でもぜひ8月の特典航空券をゲットしたという武勇伝を聞きたいものです(^^)。

コメントを残す