年会費無料カード

エポスカードをインビテーションでゴールドに!選べるポイントショップを選ぶ

クレジットカードのエポスカードをインビテーションでエポスゴールドカードにランクアップできた。

通常年会費がかかるエポスゴールドカードも、インビテーションでのランクアップの場合年会費無料。

ワタシは数多くのゴールドカードやプラチナ級カードを利用していて、クレジットカードとしてのメリットはエポスゴールドカードより上回るモノも多いです。

ただし重要なのは「年会費無料」という点。

数多いゴールドクレジットカードでも年会費無料になるのは、そう多くないわけです。

将来年会費を払うのにも苦労してクレジットカードを断舎離しまくっても、年会費無料ならば残しておけます。

そしてゴールドカードとしての特典はそのままに…ということで、2020年1月にエポスカードを発行してからネットの情報を頼りにゴールドカードのインビテーションをもらうべく決済修行していました。

期間は6ヶ月、利用は40万円ぐらい。毎月継続して支払いをしていました。

1月から6ヶ月経ってもインビテーションが来なかったのでちょっと焦りましたが、引き落としとして6回目になった8月にインビテーションが届きました。

巷では20万円ぐらいでもOKとか、携帯電話の支払いで登録したら6ヶ月未満でも届いたとか色々情報が転がっていますが、ワタシの場合は典型的なパターンだったようです。

エポスカードは2020年9月からリボ払いを設定したうえでの繰り上げ返済技でポイント還元率が倍(0.5%→1%)になる技を潰しに来ました。

なのでクレジットカードとしてのメリットは激減してしまったのですが(0.5%ポッチじゃ他のカードを使ったほうがマシ)、「選べるポイントショップ」という仕組みでポイントを最大3倍にできるサービスは続いているので、その辺を中心に使っていきたいと思います。

選べるショップは何でもいいわけではなく、エポスネットに載っている対象サービスのみです。

選んだサービスを利用すれば、ポイントが最大に、つまり0.5%が1.5%ポイント還元となるわけです。

選べるのも3つ限定で、3ヶ月は変更できません。

ただかなり日常的に利用するサービスが対象なので、3つぐらいならすぐに決められると思います。

1つは鉄板のモバイルスイカです。エポスゴールドカードからのモバイルSuicaチャージでポイント還元率1.5%です。コレは悪くありません。

他にはAppleストアを選びました。iTunesストアからの楽曲購入が対象になればいいな〜ぐらいの気持ちで選択です。

もしかしたらAppleストアとiTunesストアは別物で対象にならないかもしれませんが、その時はその時です。

もう1つはいざというときに取っておこうと思います。

他に楽天Edyチャージでもポイントが貯まる数少ないカードのひとつなので、選べるショップとは関係ありませんが、Edyの設定も変更しました。

このカードは使ってうれしいと言うより持っててうれしい、というカードなので、あとは基本的に放置ですね。一生よろしく(^^)。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す