ハワイ旅行

【ハワイアン航空は何曜日に飛んでるの?】ハワイに行くために必須のハワイアン航空就航日(曜日)を調査

ハワイ、それは日本人が愛してやまない常夏の楽園…

日本からハワイに行くためには一般的には飛行機を利用するしかありません。そして多くの人が日本の航空会社であるANAやJALを利用することになるでしょう。

ただもちろんその他にも韓国系、中国系、LCCなども選択肢としてあげられますが、第3の選択肢としてあげられるのがJALと業務提携をしたハワイアン航空になると思います。

ハワイアン航空は実はANAやJALと同程度に日本ーホノルル路線を就航させていて、フルサービスキャリアとしてその乗り心地にも定評があります。

【旅行記】ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記|羽田ーコナ-子連れハワイ島旅行2017年夏2017年夏、家族旅行でハワイ島に訪れました。今回は、ハワイ島に行くためにハワイアン航空の羽田ーコナ直行便を利用したのでご報告します。 ...
【旅行記】コナー羽田|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記復路編-子連れ2017年ハワイ島旅行2017年夏、ハワイ島へ家族旅行に出掛けました。ハワイアン航空を利用したあんまりマイルに関係ない話ですが、皆さんオアフ島ばっかりに行くの...

しかしハワイアン航空は毎日就航していない路線もあったりして、出発日によっては選べないこともあります。

特にワタシのような地方からの乗り継ぎがあるとハワイからの帰国日は1日ずれるので曜日の選択は結構重要です。

【旅行記】+【ホテル記】羽田エクセルホテル東急|羽田空港第2ターミナル直結の超便利-2017年夏ハワイ島旅行2017年夏、ハワイ島へ家族旅行に出掛けました。ハワイアン航空を利用したあんまりマイルに関係ない話ですが、皆さんオアフ島ばっかりに行くの...

そこでハワイアン航空のハワイ路線(ホノルル・コナ)の就航日や時間をまとめてみました。

今回のハワイアン航空のダイヤ調査は2019年8月(夏季)と2020年1月(冬季)で行っています。

飛行機による移動は偏西風の影響を受けて、特に冬期にその影響が大きくなります。

日本からハワイに向かう場合では、冬季では往路のフライト時間が短縮され復路のフライト時間が延長します。

それに合わせて、ハワイアン航空ではひと月毎に往路の到着時刻と復路の出発時刻を変更させてダイヤを組んでいます。

ご提示する出発・到着時間はあくまで夏季8月のものである点をご注意ください。

ハワイアン航空|日本ーハワイ路線まとめ

まずはハワイアン航空の日本ーハワイ路線の運航日をまとめたいと思います。

路線フライト番号日本出発日本到着運航日
成田ーホノルルHA822-82121:0018:30(+1)毎日
成田ーホノルルHA824-82321:2519:25(+1)毎日(夏季のみ)
羽田ーホノルルHA458-45721:2019:25(+1)毎日
羽田ーホノルルHA856-85523:5522:00(+1)週4日
羽田ーコナHA852-85123:5522:00(+1)週3日
関西ーホノルルHA450-44920:4518:45(+1)毎日
千歳ーホノルルHA442-44119:4517:00(+1)週4日/週3日
福岡ーホノルルHA828-82719:5517:55(+1)週4日(11月〜)

今の段階でのハワイアン航空のダイヤでは日本の出発時間と日本の到着時間は決まっています。あとは季節ごとの偏西風の影響で、ホノルル(コナ)到着時間とホノルル(コナ)出発時間が1ヶ月毎に変動する感じです。

東京や関西なら毎日就航する便が必ずあるので心配はないのですが、ワタシが住んでいる福岡のように地方在住だと、直行便にせよ乗継便にせよハワイアン航空の就航曜日を考慮しなくてはいけません。

以後は各路線の詳細を提示していきますが、土曜日ー土曜日や金曜日ー金曜日などなら心配なさそうです。

ハワイアン航空|成田ーホノルル路線

ハワイアン航空の成田ーホノルル線は1日2便毎日就航しています。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA82221:009:457時間45分毎日
HA82421:2510:157時間50分毎日

復路のホノルルー成田線も同様に1日2便です。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA82115:1018:30(+1)8時間20分毎日
HA82316:1019:25(+1)8時間25分毎日

しかしこのスケジュールは繁忙期の夏季のみで、10月1日よりHA824便は就航せず、HA822便のみになります。復路もHA823便は10月以降お休みです。

またフライト時間は偏西風が強くなる冬季になると、往路が1時間前後短縮すると同時に復路は1時間以上長くなります。

ハワイアン航空|羽田ーホノルル路線

ハワイアン航空の羽田ーホノルル線は1便が毎日就航し、1便は週4日で運航しています。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA45821:2010:057時間45分毎日
HA85623:5512:507時間55分月/火/木/土

ハワイアン航空の羽田発ホノルル行は1便が曜日限定となります。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA45716:0519:25(+1)8時間20分毎日
HA85518:3522:00(+1)8時間25分月/火/木/土

復路も同様に1便は曜日限定となります。

ハワイアン航空の羽田ーホノルル線は夏季でも冬季でも同様のダイヤで就航していますが、復路はフライト時間が1時間長くなるのに合わせてHA855便は出発が1時間早くなるなど、時間の変更がありますので注意が必要です。

ハワイアン航空の特徴は日系航空会社と異なり、ハワイの到着時間が遅めで、日本の帰国時間も遅め、という点です。

特に復路は日本国内を乗り継ぎには絶望的な時間となり(可能な路線もなくはないですが)、利用するとなると日本での1泊を余儀なくされるので利用しにくいと言えば利用しにくいです。

ハワイアン航空|羽田ーコナ線(ハワイ島)

ハワイアン航空のハワイ島に向かう直行便である羽田ーコナ線は曜日限定で就航しています。JALは成田発ですが毎日就航しているという違いがあります。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA85223:5513:058時間10分日/水/金

ハワイアン航空のコナ線の出発は日・水・金曜日の週3就航しています。ハワイ島のコナ空港はオアフ島のホノルル空港より遠いので、フライト時間は少し長いです。

冬季だと出発時間は同じですが、到着が1時間早くなります。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA85118:2522:00(+1)8時間35分日/水/金

コナ線の復路も同じ日・水・金の週3運航です。

冬季だとフライト時間が1時間半も長くなり10時間超えとなります。それに合わせて出発時間も16:55となり、だいぶ異なりますので注意が必要です。

利用するとなると金曜日出発ー金曜日帰国、が丁度いいと思います。

ハワイアン航空|関西ーホノルル線

ハワイアン航空は関西国際空港からもホノルルに直行便を毎日飛ばしています。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA45020:4510:058時間20分毎日

関空発のホノルル行は毎日就航しています。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA44914:4018:45(+1)9時間5分毎日

冬季になると往路は出発は同じですが到着が1時間以上も早くなり、復路は偏西風に負けて1時間40分もフライト時間が延長するので、ホノルル出発が13:00になります。

ハワイアン航空|新千歳ーホノルル線

ハワイアン航空は新千歳空港からもホノルルに直行便を曜日限定で飛ばしています。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA44219:458:207時間35分日/火/水/金
9月頃〜日/水/金

新千歳空港からは週4の運航となっていて、出発は日・火・水・金曜日となっています。ただ9月以降は週3の運航となっています。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA44113:4017:00(+1)8時間20分月/火/木/土
9月頃〜火/木/土

復路も週4ですが、曜日が異なりまして月・火・木・土曜日の運航となっています。

ハワイアン航空のダイヤを調べると、週4なのは夏季の繁忙期のみのようで9月からは週3の運航となっています。新千歳空港だと冬休みが長い北の大地の方々が冬にハワイに行くので1月も繁忙期になるような気がするのですが、予定では週3便のままでした。

ハワイアン航空|福岡ーホノルル線←NEW

2019年11月から新たに福岡ーホノルル線が曜日限定で就航予定です。あくまで予定ですがまず間違いないでしょう。来年8月のダイヤがまだ不明なので、1月のダイヤで運航予定を確認してみます。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA82819:558:307時間35分日・月・水・土

福岡からは週4で就航予定となって、運航日は日・月・水・土曜日となっています。

フライト番号出発到着フライト時間運航日
HA82711:2517:55(+1)11時間30分日・火・金・土

復路の福岡への直行便は往路と曜日が微妙に異なる就航となっています。そして冬季の時間なので復路が11時間30分と調べた中でも最長路線となっています。

11時間30分のエコノミーはかなりきついです。できればビジネスクラスを確保したいものです。まあ無理なんですが…

ハワイアン航空を運航日で使用するなら何曜日?

ハワイに行くとしたら3泊4日?5泊6日?ワタシはだいたい6泊から7泊します。それはヒルトン・グランド・バケーションというタイムシェアを保有していて、その利用権利が1週間だからなのですが、それに合わせて飛行機も予定を立てます。

1週間なら最初にお伝えしたように、金曜日ー金曜日や土曜日ー土曜日の利用が長期休暇と合わせて利用しやすそうです。

注意すべき点は、ハワイアン航空のホノルルやコナからの帰国便は到着時間が遅めなので、日本国内で乗り継ぐ場合は当日の乗継便がつながらずもう1泊必要になるということです。

ワタシは福岡在住なので、ハワイアン航空を利用する場合のパターンは固まりました。

  • ホノルルに行くなら「土曜日ー土曜日」|東京利用時は到着日に1泊して帰宅は月曜日
  • コナに行くなら「金曜日ー金曜日」|到着日に1泊して帰宅は日曜日

ハワイアン航空の予約は330日前からになります。来年のお盆を含めた長期休暇を取るなら2020年8月8日土曜日からとなりますが、その330日前は2019年9月12日です。360日前から予約開始のJALや355日前から予約開始のANAはすでにチケット争奪戦が始まっていますが、ハワイアン航空はまだまだです。計画を立てておきましょう。

まとめ

日本人が愛してやまない常夏の楽園「ハワイ」に行くには、ハワイアン航空もかなり便利です。

しかしJALやANAと違って毎日就航している路線もあれば曜日限定の路線もあります。今回はハワイアン航空の日本からハワイ(ホノルル・コナ)への就航路線について調べました

ハワイアン航空はそこそこ安価な値段で気に入っていたのですが、JALと業務提携をしてから運賃をJAL並に上げてきたような気がします。必ずしもお得とは言えないのですが、ハワイに行く第3のエアラインとしてチェックしておきましょう。

コメントを残す