マリオット特集

【マリオットボンヴォイのシーズン制は複雑怪奇】どうやらマリオットのシーズンの決め方は固定制ではなく料金連動の流動性?

ワタシは今マリオットホテルグループの宿泊にハマっています。元々はヒルトン族なのですが、国内でも海外でも旅行の機会が増えてくるとマリオット系ホテルの種類の豊富さが際立ってくるのです。

よりマリオットグループを満喫しようと思い、マリオットのプラチナステータスを獲得する隠れキャンペーン「プラチナチャレンジ」まで参加してマリオットのリワードプログラムであるマリオットボンヴォイのプラチナエリートとなっています。

そんなマリオットホテル、そのメリットの1つにお得なポイント宿泊という制度がありました。

獲得したポイントで宿泊してプラチナステータスでアップグレードやラウンジなどの特典を享受する、コレすなわち最高の贅沢なのです。

しかし2019年9月14日からマリオットボンヴォイのポイント宿泊に3シーズン制度が導入されることとなりました。

マリオットのポイント宿泊の中でも便利な制度として「ポイントアドバンス」と言う制度があります。いわゆるポイントの前借りで、宿泊までに必要なポイントを貯めておけばOK、と言う制度です。

このポイントアドバンスと3シーズン制度導入に至るこの時期特有の問題が生じ、ワタシも巻き込まれそうな感じです。確認できたことを共有したいと思います。

ググってもあまりヒットしなかったので記事にしましたが、既知の内容なら失礼しましたm(_ _)m

あくまでカスタマーサポートのお一人のスタッフから伺った内容という点にご留意ください

マリオットボンヴォイのポイントアドバンストは

マリオット系列のホテルは公式ページからポイント宿泊を選んだとき、予約に必要なポイントが足りないときはその場でポイントを購入するかポイントアドバンス」を選択することができます。

マリオットのポイントは1,000ポイントに付き12.5米ドルで購入することができます。上記のワタシの予約では24,000ポイント足りないので、300ドルで購入しその場でポイント宿泊を確約することができます。

為替の影響を思いっきり受けて、SPGアメックスカードを利用すると32,607円が必要になります。時期によっては1泊分以上の料金です。

もう1つはの「ポイントアドバンス」を選択すれば、宿泊日まで予約はキープしつつも必要なポイントを獲得するまで決済を待つことができます

不足分のポイントは滞在日までに獲得すればOKと言う、なかなか太っ腹なサービスとなっています。

ただ予約の15日前になってもポイントが足りない場合は、マリオットリワードがその予約をキャンセルする権利を留保します、的な注意書きがあるので、あまりギリギリまで粘らないほうが吉ではあります。

マリオットボンヴォイのポイント宿泊シーズン制度の導入について

便利でオトクなマリオットボンヴォイのポイント宿泊についてですが、2019年9月14日から今までの定額制でなく3シーズン制度が導入されます。

ホテルカテゴリーオフピークスタンダードピーク
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00085,000100,000

現行ではどの時期でもホテルカテゴリーに合わせたスタンダードのポイント数が必要ですが、今後は「オフピーク」「スタンダード」「ピーク」の3シーズン制度が導入されます。

オフピークならより少ないポイント数で泊まれますし、ピーク時ならより多くのポイントが必要になります。
※マリオットボンヴォイ参加ホテルのカテゴリーと必要ポイント数はこちら→

例えば北海道にあるマリオットボンヴォイ参加ホテルのカテゴリーはご覧のようになっています。

ウェスティンルスツリゾートならカテゴリー7なので、1泊60,000ポイントで現行なら予約できますが、9月14日以降にピーク時に予約しようとすると1泊70,000ポイントが必要になるわけです。

じゃあそのシーズンっていつなのよ?と言う話ですよね。

マリオットボンヴォイのポイント宿泊シーズン制度のシーズンは料金連動性

これからの内容はワタシが必要に応じてカスタマーセンターに問い合わせたときのお返事の内容です。確定かもしれませんが、公式ページに載っているわけでも有りませんのでご注意ください。

マリオットボンヴォイのシーズンの判断はその時の宿泊料金で決まる

マリオットボンヴォイのポイント宿泊に必要なシーズンの判断は、予約した段階でのホテルの有料宿泊料金から判断される、との話でした。それは以下のような感じです。

例えば冬の北海道、年末年始や連休では当然宿泊料金が上がるので「ピーク」になることが予測されます。

宿泊料金が安くなる平日なら近い時期でも「スタンダード」かもしれません。

しかしもし3連休が大吹雪でキャンセルが続出してホテルの料金が下がったら、同じ日程でも直前にオフピークになる可能性もある、とのことでした。

予約した段階では「スタンダード」だったのに、その後有名アイドルのコンサートが近くで予定されることが決まるとホテル代が高騰して後から「ピーク」になることも有りえます。

つまりシーズンの判断アルゴリズムは最初はユーザーから分かりづらく、しかも変動するので同じ日に宿泊するのに予約した時期によって必要なポイント数が変わる、と言うことなのです。

これは特に大量のポイントが必要となるカテゴリーが高いホテルほど影響を受けます。

あくまでカスタマーセンターのお一人のオペレータの方から伺った内容です

少なくとも間違いなくピークだろうと思う時期の宿泊が決定しているのなら、9月14日前にポイント宿泊を入れておくことが妥当とは思います。

シーズン制が始まってよくよく見たら、予約した日程がオフピークでお得に泊まれるのを発見したら予約をし直す、ということが必要かもしれません。複雑で面倒ですね。

必要ポイント数が減ったら自動的にポイントバックされて、増えても変わらないという仕様ならいいのに…

ちなみにヒルトンは完全に料金連動性のポイント宿泊となるので、ポイント宿泊がお得になることはなかなか有りません

ポイントアドバンスとポイント宿泊シーズン制の影響

では9月14日以前に確保したポイントアドバンスの宿泊に必要なポイント数はどうなるのかというと、9月14日以前に必要なポイント数が足りていて宿泊を確定させておけば現行のポイント数(スタンダード相当)で宿泊できます

9月14日までに必要なポイントを集めれないと、必要なポイント数は宿泊予定日のシーズンに左右されるようになります。

ワタシの場合、今年明けにカテゴリー7のホテルを宿泊する予定です。必要なポイントは60,000×3で18万ポイントなります。

そのホテルはキャンセル不可の料金でも3泊で23万円、キャンセル可のプランだと28万円以上するので、まごうことなきピークシーズンが予測されます。

今でさえ足りないマリオットボンヴォイのポイントがさらに1泊10,000、3泊で30,000ポイントが追加されるとなると絶望的ですし、有料はあまりに高額ですから、できれば9月14日前までに確定させたい予約の1つとなります。

足りないマリオットボンヴォイポイントを補う方法

足りないマリオットボンヴォイのポイントを補うには、クレジット決済によるポイント補充(毎月17日頃)が期待できなければ、どこかからポイント移行という形で補充してくるか、マリオットボンヴォイ公式サイトで購入することができます。

今は特にキャンペーンもないので、マリオット公式ページでのポイント購入には1,000ポイント=12.5米ドルが必要です。基本的にマリオットボンヴォイのポイントはアメックスのポイント価値に当てはめれば1ポイント=0.3円相当なので、1,000ポイントは3−4ドルで買いたいところなんです。

非常にもったいない買い方ですが、ポイントが足りないと1泊コミコミで7万円近い出費を強いられるので致し方なしといったところです。

アメックスのポイントも、メンバーシップ・リワード・プラス(通常3,000円+税)に申し込んでいれば1,000ポイント=990ボンヴォイポイントという交換レートで交換できます。

アメックスポイントは1ポイント=1円前後の価値があるので、1ポイント0.3-0.4ポイントの価値しか無いマリオットポイントにほぼ等価で交換するのは非常にもったいないです。

ただあと少し足りないときはやむを得ない、という事になります。

ワタシは現在確保しているポイントアドバンスの予約を、シーズン制導入後でより多いポイント数が必要になったり高額な有料宿泊で支払う羽目になるぐらいなら、24,000ポイントを定価で買うほうがベターなのかも、と思っています。

まとめ

ワタシはポイントアドバンスでマリオットボンヴォイ系列のホテルに予約を入れるのは初めてだったのですが、そんなときに限ってポイント宿泊のシーズン制度が導入され、どちらかと言えば悪影響を受けることが予測されました。

24,000ポイントと言えば、マリオットボンヴォイのポイントを貯めるに特化した非常に有用なSPGアメックスカードでも80万円のクレジットカード決済が必要です。

今のところ9月14日までポイントを補充する手段は限られていて、ポイント購入することで決着をつけざるを得ないでしょう。

もしマリオットボンヴォイポイントがいっぱいあって、ピークシーズンになる可能性が高い日程にポイント宿泊をする予定があるのなら、今のうちに予約を入れておくことをおすすめします。

シーズンの流動性は公式にはアナウンスされていませんのであしからず

ワタシは決済とマリオットボンヴォイ参加ホテルの宿泊だけでポイントを貯めています。それでも15万ポイント以上貯まっているのは、最初のSPGアメックスカード発行時に36,000ポイントのボーナスがあったからです。

【クレジットカードならコレ1枚でもOK】ホテルに飛行機にお得に利用できるSPGアメックスカードの恐るべきメリットとお得な取得法を解説 スターウッドプリファードゲストアメリカンエクスプレスカード(SPGアメックスカード)は、スターウッドプリファードゲスト(SPG)...

SPGアメックスカード会員からの紹介で発行すれば、10万円利用すればどなたでも36,000ポイントは貯めることができます(紹介じゃないと30,000ポイント)。興味のある方はご連絡ください

POSTED COMMENT

  1. 東京とんぼ より:

    ゴウタロウさんに救われました!

    昨年、1泊6万Ptの時に最上級カテゴリホテルを2つ予約し、ポイント精算は後日にしていました。

    ゴウタロウさんの記事を読みチェックしてみると、6万で予約をしていたにもかかわらず、すでに8.5万Ptに変わっていました

    慌ててカスタマーサポートにTEL
    9月14 日前だったので、手動で引き落としてもらえました。

    ゴウタロウさんに感謝です!
    本当にありがとうございましたm(_ _)m

    • ゴウタロウ より:

      東京とんぼさん

      お役に立てて何よりです(^^)。
      ポイント王者ならそんなに心配いらないのでしょうが、
      ポイントが少ないとやりくりに苦労しますよね^^;。

      今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す