マリオット特集

【クアラルンプールの宿泊は便利なル・メリディアンで】KL Sentral駅直結で修行がはかどります|マリオットプラチナチャレンジホテル宿泊記

世界最大のホテルグループであるマリオットグループのエリートプログラム「マリオットボンヴォイ」のプラチナステータスを目指す「プラチナチャレンジ」を行っています。

申し込み月+3ヶ月間に16泊をすればすぐにプラチナステータスを獲得できる「プラチナチャレンジ」マリオットホテルにある程度まとまって泊まる予定があり、プラチナになった後はレジャーやリゾートでマリオットホテルに泊まる予定がある人にとってはチャレンジする甲斐があるプログラムです。

【マリオットボンヴォイプラチナエリートを目指す道2019】ヒルトン族のワタシがプラチナチャレンジを行う理由|ANAダイヤモンド修行との相性良し マリオットボンヴォイとは世界的なホテルグループ「マリオットグループ」のロイヤリティプログラムのことです。 世の中の様々なサ...

今回はANAダイヤモンド修行で訪れたクアラルンプールの宿泊でよく利用しているル・メリディアンクアラルンプールの宿泊記をお届けします。

ル・メリディアンの宿泊記は以前にもお伝えしました

今回はプラチナチャレンジのまとめ用として記事を書いているので特に目新しいことはありませんのであしからず。

ル・メリディアンクアラルンプールへのアクセス

ル・メリディアンクアラルンプールはクアラルンプール国際空港から特急KLIA Ekspresの到着駅でクアラルンプールの中心駅であるKL Sentralに直結するマリオット系列ホテルです。

KLIA Ekspresの到着口からは徒歩で10分程度の距離で雨が降っていても濡れずにチェックインできます。

KLIA Ekspresは時間が正確だけど割高だからかいつも空いているので、クアラルンプールに到着したら好んでKLIA Ekspresを利用し、KL Sentralに直結しているヒルトンクアラルンプールやル・メリディアンクアラルンプールをよく利用しています。

このホテルの料金は8,000円〜10,000円/1泊程度なので、非常にリーズナブルです。

ワタシの利用パターンだと朝7時過ぎにチェックイン、次の日早朝4時半にチェックアウトとなります。朝7時過ぎのアーリーチェックインサービスは流石にありえないので、2泊予約して朝の7時過ぎでもすぐにチェックインできるようにしています

もったいないかもしれませんが、マリオットのプラチナチャレンジで宿泊数を稼ぐには結構効率の良いパターンなのです。

ル・メリディアンクアラルンプールのチェックイン

ANAのダイヤモンド修行で羽田空港を深夜に飛び立った場合、クアラルンプール国際空港には6時過ぎに到着します。

KLIA Ekspresに乗ってKL Sentral駅には7時過ぎに到着します。薄暗いですが、危険な感じはありません。

ル・メリディアンクアラルンプールのロビーには7時前に到着です。予約時に到着時間を伝えてあるので部屋もちゃんと確保してくれています

電話で早朝に到着することを伝えてもいいのですが面倒なので、予約画面の「部屋の特長を選択」の画面で「特別な要望や必要なサポートはありますか?」のところに英語で「xx日の7:00am頃に到着します」的なことを記載しておけばOKです(日本語でもOK)。

というか多分、そんなことをしなくても7時ぐらいのチェックインならノーショー(連絡なしのキャンセル)にはならないとは思います。

ちなみにヒルトンでは日付を超えないと1滞在とはカウントしても1宿泊とはカウントしない(デイユースの場合などを想定しているのでしょうが宿泊時でも同じ)と言われましたが、マリオットは1泊分の宿泊料金を支払えば日付を超えてなくてもちゃんと1泊にカウントしてもらえます

余談ですが「1滞在」か「1宿泊」かはホテルステータスを維持する上で重要なので、この点は非常に注意すべき点ではあります。

チェックインした客室の紹介

チェックインされた客室は前回と同じで各フロアに4室しか無い角部屋でした。

コーナーの4室だけ浴室から外が見えるのでそれなりに特別な部屋なんだと思います。一応SPGアメックスカードで得られているマリオットボンヴォイゴールドエリートのアップグレードサービスと思っています。

やはりお風呂から外が見えると気持ちがいいです。ホテルゆったりステイなので、お風呂も重要な要素ですから。

お部屋はいつものワンキングベッドルームです。奥のテーブルの上にクッキーが入ったギフトが置いてあります。

デスク周りはコンセントが充実しているし、デスクチェアがこれまた座り心地がいいので仕事(ブログ?)が捗ります。

ル・メリディアンクアラルンプールの場合、外の景色はKL Sentral駅か植物園かどちらかになります。景色はやはり植物園の方がいい感じです。

ただお隣のヒルトンクアラルンプールより目の前の建物が近いので、ライトの具合い次第では丸見えかもしれません^^;。

ホテル修行はトレーニング

マリオットプラチナチャレンジ中はステータスがゴールドエリートなのでラウンジも利用できませんし朝食も無料ではありません。それを逆手に取り、何も食べずにジムでトレーニングするダイエットホテル修行を敢行しています。

ル・メリディアンクアラルンプールのジムはお隣ヒルトンクアラルンプールとの共用なので、プールがある8階まで降りてからプール沿いにヒルトンの方向へ向かう必要があります。

ジムのフロントでタオルを借りることもできます。

朝の7時にチェックインしてすることもないので、日中と夜と2回エクササイズしました。基本早めのウォーキングと筋トレです。それでも1日トータルで16,000歩ぐらいなので大したことはありません。まあラウンジで飲んで食べて部屋で寝っ転がるよりは健康的ですかね。

程よく運動をして早く就寝し、次の日は4時に起きて4時半チェックアウトして5時始発のKLIA Ekspres(transitはもっと始発は早い)に乗るべく行動します。

ちなみにそんな早朝でもこの始発に乗るためにチェックアウト時には他に1組ぐらいはお客さんがいることがあるので、あまりギリギリのチェックアウトはおすすめしません。

どうせ始発のEkspresは10分前ぐらいには乗り込めるので、ゆったり過ごせますからね。

まとめ

マリオットプラチナチャレンジのために利用したマレーシアのル・メリディアンクアラルンプール宿泊記をお届けしました

クアラルンプールには他にも複数のマリオット系列のホテルがあるのですが、KLIA Ekspres始発駅のKL Sentral駅に直結するル・メリディアンクアラルンプールは使い勝手が抜群です。

他にKL Sentral駅近で便利なマリオット系列ホテルにはセントレジスクアラルンプールとアロフトクアラルンプールセントラルがありますが、前者は値段が高く、後者はホテルグレードが落ちてしまいます(安いですけどね)。

その他のホテルだと朝7時台にクアラルンプールを出発するANA便を利用するためには、色々移動に頭を悩ませなくてはイケないので手が出ません。

これからもクアラルンプールを利用したANAエアライン修行を続ける限りお世話になり続けるホテルになることでしょう。

コメントを残す