ANAマイルを求めて

一般人的なポイントサイトやマイルの活用法を紹介。ANAがメインだけどJALも好き。陸マイラー系ブログ!




【旅行記】福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ|旅始めからトラブル多発!-ハワイ島旅行2017年夏

2017年の夏、夏季休暇を利用してハワイ島へ家族旅行に行きました。今回は福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ移動するまでをお届けします。

 

東京の方には分からないかもしれませんが、けっこう大変なんですよ・・・(ToT)。

 

目次

 

旅程|7泊

まとめ記事はこちら

www.goutaro.com

初日|福岡空港羽田空港ーコナ空港ーホテル

福岡空港から羽田空港国際線ターミナルへ|福岡空港ANAラウンジ、ハワイアン航空コードシェア便(ANA便)、羽田空港ターミナル間移動

<ーーーこの辺の話

羽田空港国際線ターミナル|食事と子連れ時間潰し-SKY LOUNGE ANNEXレポートも

羽田ーコナ|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-往路編

コナ空港|ハーツ・レンタカー

ホテル記|キングスランド・バイ・ヒルトン・グランドバケーションクラブホテル

 2日目|キングスランド滞在

ホテル記|キングスランド-プール三昧

 3日目|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ滞在

ホテル記|ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

 4日目|キングスランド滞在

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジからキングスランドへ移動

ワイコロアビレッジ|買い物、給油 

午後はキングスランドを満喫|夜のプール

 5日目|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン滞在

コハラコーストからヒロへ|TEX Drive IN, Akaka fall

ヒロの街|Big Island Candy, Miyos,ファーマーズマーケット

ホテル記|グランド・ナロニア・ホテル・ヒロ・ダブルツリーバイヒルトン

 6日目|キングスランド滞在

ヒロからコハラコーストへ|キラウエア火山、プナルウ黒砂海岸、プナルウ・ベイク・ショップ

・キングスランド|夜のプール再び

 7日目:キングスランド滞在

キングスランド|第3期の新しいプール

HGVC説明会|やっちまいました

・キングスランド|最後のプールを満喫

 8日目|コナー羽田

最終日のドライブ|Coffee Shack、UCCコーヒー園

コナ空港の過ごし方

コナー羽田|ハワイアン航空エクストラコンフォート搭乗記-復路編

ホテル記|羽田エクセルホテル東急

 9日目|羽田ー福岡

羽田空港ANAラウンジ 

 

福岡空港チェックイン|搭乗まで

福岡空港までは大きなスーツケース2つ、子供スーツケース2つを持って向かいます。電車で行くなんて想像がつきません^^;。もちろん自家用車で福岡空港まで向かいます。

 

SFC修行中は時間的効率を考えて福岡空港の駐車場を利用していました。しかし今回はなんだかんだで10日間預けることになります。1日2,400円X10・・・、流石に高額です。

 

www.taka-parking.com

 

そこで今回はパーキングサービスを利用しました。利用したのは上記「タカパーキング」。なんでかと言われると、最初に使ってずっと利用しているから、としか言い様がないのですが、パーキングサービス自体は5社以上は有ると思います。タカパーキングでは10日以上利用で長期滞在割引なるものもありまして、最終的に7,500円の出費で済みました。

 

今回のフライト予定はハワイアン航空の「羽田ーコナ直行便」がメインになります。国内の移動は、ハワイアン航空のコードシェア便をハワイアン航空から予約して利用することになります。

 

ハワイアン航空はANAスターアライアンス加盟航空会社ではないのですが、ANA便名がついているコードシェア便の場合は、ANAのプレミアムサービスが利用できます。電話で確認しました。

 

f:id:goutaro:20170821100332j:plain

 

平日の夕方でしたが、そこまでの混雑は見られません。ただ手荷物預け場はそれなりに並んでいたので、やはりプレミアムチェックインサービスは重宝します。

 

ANAでない航空会社で予約する国内移動のためのANA便は、当初座席指定ができません。当日のチェックイン時に相談して下さい、と言うのが基本的なスタンスになります。しかし、家族4人、子供までバラバラになるのは遠慮したいところです。国際線は数ヶ月前から予約しますが、国内線の予約対応はあまりに前だと何も決定できません。なので、その辺を見計らって、出発半年前ぐらいにハワイアン航空に国内区間の予約に関しては問い合わせてみます。

 

その辺の紆余曲折は省きますが、ハワイアン航空に問い合わせたら「ANA便なのでANAで聞け」と言われるし、ANAに問い合わせると(問い合わせ先は「国際線」の方になります)「こっちじゃ決められないのでハワイアン航空に聞け」とたらい回しされます。以前、他航空会社の時もそんな感じでした。

 

再度ハワイアン航空に問い合わせて「ANAの予約番号」をゲットして、ANAにそれを引っさげて問い合わせると、どこそこの座席が空いている旨を教えてもらえるので、再度ハワイアン航空に連絡してその情報を持って座席指定をしてもらえた、と言う流れでした。面倒なことこの上もない手続きです。

 

ただ、その後搭乗便が微妙に変更になって(出発が5分ずれたぐらいの影響でしたが)、その際にWeb上で確認できる予約情報では座席指定が「要確認」になってしまったのです。ただ、直前にWebで確認したら再度座席指定が確定になっていたのでまあ大丈夫かな、と思っていました。

 

そうしたら「大丈夫じゃなかった」のです。このプレミアムチェックイン時にそのことが判明しました。結局バラバラにはならずとも、中央4人席の真ん中2席の上下2列、と言う2歳の子連れにはなかなか過酷な席を選択せざるを得ませんでした。

 

コードシェア便の座席指定は本当に「クセ」があります。ちゃんと電話で確認すべきでした(T_T)。その際は、ハワイアン航空とANAとの間でたらい回しをされますが、最終的な確認窓口は「ANA」になります。担当者に強くそう伝えれば対応してくれるはずです。復路の国内線座席指定も不安になったので、羽田空港についてからANAに問い合わせたのですが、最終的にANAで確認できましたので。

 

もう一つ、ハワイアン航空の国内ANA便座席指定時にANAに「国内のコードシェア便ANAのマイルに登録できないのですか?」と問い合わせしたら「ハワイアン航空のマイレージサービスに登録している時はできません」と言われたのです。

 

それで諦めていたのですが、チェックイン時に再度確認してみたら普通にできました。なんなんだ!という事で、座席指定やら4人分のANAマイル登録やらでチェックインに相当の時間を要してしまいました。後ろの方々、ごめんなさい。

 

福岡空港ANAラウンジ|南ラウンジ

正直福岡空港ANAラウンジはSFC修行時に腐るほど利用してきましたが、家族全員で入るのは初めてなのです。感無量(T_T)。

 

f:id:goutaro:20170821103425j:plain

 

気を取り直してチェックインが終わったらすぐに制限エリアに入ります。時間もないことだしANAラウンジを利用したかったのです。ワタシはプラチナメンバーとして、妻はSFCの家族会員としてそれぞれ1名ずつ同伴できるので、家族が増えなければ今後ずっと利用できることになります。SFC修行バンザイ。

 

子供たちもコーラがタダで飲めるのでラウンジは好きなのですが、次男坊がすぐに迷惑な走り回りを始めたので早々に退散です。いつものことですが・・・。

 

搭乗|ハワイアン航空コードシェアANA便

国内では2歳以下の次男坊がいるので、ダイヤモンド会員に先駆けた優先搭乗ができます。まあその優越感もあと数ヶ月までなのですが・・・。

 

f:id:goutaro:20170821103816j:plain

 

座った座席はこちら。ワタシは予定計画、事前予約、座席指定バッチリ・・・しか経験ないのでこんな席に座ったことはいまだかつてありません。しかもよく考えたら、プレミアムクラス限定だったSFC修行後初のフライトなので、久しぶりの普通席。狭い狭い狭い・・・。しかも隣の男性の横幅が広くて、そのくせ足も肘も境界線をはみ出してくるお方だったので、余計に肩身が狭くなりました(自分の体格を見て少しは気遣いできないものなのですか??)。

 

1時間強のフライト、長男は問題ないですが飛行機大好き次男をなだめすかしておくのが本当に大変でした。次男は窓際じゃないとダメなんですよ・・・・(ToT)。なので、羽田空港に着いたらすぐにANAに電話したのです。もう終わったことにクレームなんて入れないけど、復路の座席指定だけは絶対に確保しておきたかったので。

 

羽田空港到着|国際線ターミナルまで移動

 

f:id:goutaro:20170821104650j:plain

 

ナントナントなんですが、ターミナルが離れているにも関わらず預けた荷物は国際線ターミナルの搭乗便まで届けてくれる、とのことだったんですよ!以前北九州からスターフライヤーANAコードシェア便)→羽田国内線→羽田国際線ANA便と言う乗り継ぎ時にはしてもらえなかったのに!これには感動しました。

 

しかも、そのうち1つだけは羽田空港で必要なので受け取りたいと伝えたら、そんな風に分けて対応もしてくれました。日本だからか?普通なのか?とにかく「鬼の」子連れターミナル間移動が荷物が少なくて済んで非常に大助かり。ただ羽田空港での荷物受け取り、今思い出すとプライオリティタグが付いてなかったですな。忘れたのか!忘れたのか!ハワイアン航空にまで預ける荷物にはタグは付けれないから、ついでにこっちもつけなかったのか??旅初っ端から色々あって、ブログのネタに事欠かないなぁ、とすでに達観していました。

 

f:id:goutaro:20170821104756j:plain

 

そして更なるトラブルが。何と金曜日夕方の大渋滞により、国内線と国際線間のシャトルバスが全く動かない状態になっている、とのこと。どうするんじゃい?と思ったのですが、その場合は京急線でもモノレールでも使える乗車券を貰えるので、そっちを利用することになるのですね。ふむふむ・・・。

 

どっちでも同じなのですが、今回はモノレールを選択しました。最も大きいポイントは、モノレールは地上に出るので景色が楽しめること。地上に出ているので地下駅の京急と違って階層の移動が少なそうなこと。他には、ANAの第2ターミナルは「始発」になるのでゆっくり座れること、もポイントです。

 

f:id:goutaro:20170821105839j:plain

 

東京では実家へのアクセスが京急の方が便利だったので、モノレールを利用するのは久しぶりです。あの席の配置が特別感があって、飛行機乗るんだとワクワクしたものです。

 

f:id:goutaro:20170821110855j:plain

 

というわけで、何とか羽田空港国際線ターミナルに到着しました。着いた先は「到着口」。おしい!出発口だったら完璧だったのですがね(笑)。ここまで自宅を出発して4時半かかりました。東京在住の人にとってはすごく長い時間のような気もしますが、福岡からと考えると新幹線とかではありえないスピードですよね。飛行機ってすごい!

 

さて、出発まであとさらに4時間以上あります。子連れでどうやって時間を潰したのか、次は羽田空港国際線ターミナルでの子連れ時間の潰し方、をお届けする予定です。

 

まとめ

子連れで福岡空港から羽田空港国際線ターミナルまで移動する過程をご紹介しました。いろいろあって、すでに疲れています。それでも、スーツケースが最終到着地まで届けてもらえるとは思わなかったので、その点はすごく良かったです。