ハワイ旅行

【チャーリーズタクシーでクレジットカードが使えない】しかも現金を持ち合わせてない場合の対処法|日本円でも交渉次第では乗り切れる

チャーリーズタクシーはご存知でしょうか?ハワイを訪れる観光客の強い味方、ハワイはオアフ島で主に営業しているタクシーの1つです。

このタクシーが日本人観光客にとって馴染み深いのにはわけがあります。それは空港ーワイキキホテル間の送迎を定額で行っているからです(コナリオ地区にも行っています)。

なおかつ日本語のホームページから事前に申し込むことができ、現地でも日本語専用ホットラインまで用意されているので、日本人としても安心して申し込むことができます。

ハワイと言えばUberも移動の選択肢に挙げられますが、大きなスーツケースがある空港ホテル間送迎ではしっかりとしたトランクが用意されているチャーリーズタクシーの方が安心感が高いと思います。Uberは時間帯による金額の変動があったり、小さな子どもがいてチャイルドシートの取り扱いがグレーになる点などが少し利用しにくいと思っています。

先日ハワイを訪れた際も、空港間送迎はチャーリーズタクシーを利用したのですが、今回利用は2度目ということもあってさらなる経験値が上がる事態をいくつか体験しました。

  1. ホノルル空港到着時のチャーリーズタクシーへの連絡はやはり必要だった
  2. 空港ホテル間送迎は往復で申し込めるが、帰国時の予約についての注意点
  3. 十分なキャッシュがないのにクレジットカードが使えない時は?

などの体験を今回お伝えしたいと思います。

チャーリーズタクシーについては下記記事もご参照下さい。

ハワイでチャーリーズタクシーは本当に気軽に利用できるのか?|ビギナーを惑わす罠がいっぱい-英語ダメダメなワタシの初挑戦 常夏の楽園ハワイに来ています。ハワイに着いたらまずすることは「ホテルまで移動すること」だと思います。ホテルまで移動するには、レン...
チャーリーズタクシーを利用しての空港送迎は超便利|大きな荷物があるときはUberよりおすすめ ホノルル空港とワイキキ周辺のホテルを行き来する際、様々な交通手段が考えられますが、先日初めてホテル前に待機していたチャーリーズタ...

1.ホノルル空港到着時のチャーリーズタクシーへの連絡はやはり必要だった

以前の記事で、初めてチャーリーズタクシーを利用したときの苦労話をお伝えしました。

その苦労とは、ホノルル空港に到着時チャーリーズタクシーに到着した旨をTELするミッション、でした。

実に苦労しましたし、チャーリーズタクシーの乗り場に行けばどんどんタクシーが来るから「電話しなくても大丈夫じゃね?」と思ったのも事実です。

そこで今回は到着時の電話連絡をせずに同じチャーリーズタクシーの乗り場に向かってみました。すると上画像のように前回と違ってタクシーは1台もいない。そこにいるスタッフに、電話してませ〜ん(in English)で伝えてみたら、No good!ちゃんと戻って電話して下さい、と怒られてしまいました。

やっぱりチャーリーズタクシーを予約して空港ホテル間送迎を申し込んでいる時は、到着時の電話連絡はした方が良さそうでした。公衆電話まで戻るのは面倒だったので、ドコモのパケットパック海外オプションを利用して使えるようにしてあった手持ちのスマホからピッピッピとその場で連絡してミッションクリアーです。

空港の公衆電話からかけるとfreeなのに、ドコモのパケットパック海外オプションを利用すると海外通話料が普通にかかるのでお高いですが、背に腹には変えられませんでした。

皆さん、面倒ですがちゃんと連絡しましょうね^^;。

2.空港ホテル間送迎は往復で申し込めるが、帰国時の予約についての注意点

チャーリーズタクシーの定額空港ホテル間送迎を申し込む時は「片道」か「往復」かを申し込めます

帰国時のホテル出発時間を決めていて、帰りもチャーリーズタクシー定額送迎を利用する予定だったら同時に前もって予約しておくことが可能です。

ヒルトンハワイアンビレッジとアウラニディズニーリゾートだけは、待機しているチャーリーズタクシーを使って下さい、と言うことになっています。それ以外のホテルではホテルの何時にどこそこに迎えに行くので待機していて下さい、と言う内容のメールが予約すると届きます。

今回は5分位遅れてタクシーが到着したのですが、やはり予定時間にも着いてないのと余計な心配が増えるので、迎えに来てもらう時間は多少余裕を持って設定しておいた方がいいと思います。

また平日7:00-9:00ぐらいのワイキキは通勤ラッシュがスゴイので、その分も計算に入れる必要があります。土日だと30分もしないでワイキキエリアからホノルル空港には到着するので、その辺も考慮しておきましょう。ちなみに今回ワタシが利用したチャーリーズタクシーの運転手さんはかなり飛ばす方で、日曜日だったこともあり20分で到着しました^^;。

今回身をもって体験した1番の注意点は、送迎を依頼した時は乗るタクシーは選べない、ということです。次のNo.3につながることだったのですが、クレジットカード決済がNo Goodなタクシーだったので結構困りました

3.十分なキャッシュがないのにクレジットカードが使えない時は?

チャーリーズタクシーといえばクレジットカード決済ができる点が非常に便利だと思っています。なので、ホノルル空港到着時にドルを全く持ってなくてもとりあえずホテルまで行くことができます

そこからキャッシングなり街中の安い両替商を利用するなりしてキャッシュを手に入れればいいのです。

今回は帰国時でホノルル空港に戻る時にチャーリーズタクシーを利用したときにも、クレジットカードで支払う気満々で、ホテルの部屋にチップも払って手持ちは数ドルしかなかったのです。

そしていざ乗り込む時にタクシーのクレジットカード決済端末を見て一抹の不安を覚えました。

チャーリーズタクシーに乗り込む時に、クレジットカード決済端末は上画像のように鎮座しています。ワタシは利用するとき、必ずコレを見て「クレジットカード、OK?」と尋ねることにしています。

今回乗り込んだチャーリーズタクシーのクレカ決済端末は上画像のように反対を向いていたのです。不安になって「Credit Card, OK?」と訪ねてみると「No good!」というじゃないですか。

しかしCredit Card OKなタクシーを再度呼んでもらうのも大変だし、「I have no cash」と伝えると「Do you have yen?」と聞かれたので、「Yes」と答えたら、「It’s OK」と言われました。

つまりcashがないならyen、つまり「円」で払ってもいいよ、と言うことです。

この辺はタクシーの運転手の裁量に任せられているのでしょうけど、そう言う柔軟な方法を選択をしてくれる運転手さんがいるということも覚えておきましょう。

ちなみに支払いはかなり適当です。

チャーリーズタクシーの空港ホテル間送迎の料金は29ドルです。だいたいチップを含めて35ドルを支払うことが多いのですが、この時の為替レートが1ドル=110円ぐらいです。運転手さんも計算機をタッターン叩いて、「OK, 4,000yen」(ちょっと高い)と言われたのですが、ワタシ千円札は1枚しか無くて残りは1万円札しかなかったのです。

すると運転手さんはもう面倒になったのですが、1万円札を見せているとIt’s OKと言って、20ドル札をお釣りに3枚ワタシに渡して、1万円札を受け取って去っていきました。

お釣りに受け取った60ドルは6,600円ぐらいなので、結局支払ったのは3,400円、ドルにすると31ドル弱ぐらいです。35ドル支払うつもりだったので、少なくなっちゃって申し訳なかったです。

No.3の体験から得られた今回の教訓は

  • 帰国時までそこそこな額のドルは残しておきましょう
  • チャーリーズタクシーは円でのやり取りができるときもある(完全にドライバー次第)
  • タクシーに乗り込む時はクレジットカードが利用できるかは必ず確認しましょう

と言ったところでしょうか。

まとめ

ハワイ旅行時に日本人観光客の強い味方となるチャーリーズタクシーについて、ホテル空港間送迎利用時の新たな体験をお伝えしました

  1. ホノルル空港到着時の電話連絡はちゃんとしましょう
  2. ホテルから空港の送迎を申し込む時は、タクシーに迎えに来てもらう時間は色々考慮して設定しましょう
  3. クレジットカード決済ができないチャーリーズタクシーもいる可能性を覚えておきましょう

No.3についてはその時々の為替レート次第でしょうか、おそらく4,000円あれば円での支払いも受け付けてくれるかもしれないので、頭の片隅に入れておくとなにかの役に立つかもしれませんよ^^;。

2019年に入ってすぐに旅行に行っていたため、ブログのスタートダッシュに乗り遅れた感があります。またネタをハワイで仕込んできたので、これから頑張っていく所存です。今年もよろしくお願いします(^^)。

コメントを残す