ヒルトンハワイアンビレッジとシェラトンワイキキのプール対決!|どちらが充実しているのか?|ANAマイルとJALマイルを求めて
ホテル記

ヒルトンハワイアンビレッジとシェラトンワイキキのプール対決!|どちらが充実しているのか?

家族でのハワイ旅行でホノルルに訪れる場合、子どもが小さいときはホテルのプールは非常に重要な要素です(もちろんそうじゃないアクティブなご家族もいっぱいいますが)。ホノルルのワイキキの周辺で、ファミリー向けプールが有名なホテルは「ヒルトンハワイアンビレッジ」と「シェラトンワイキキ」です。いずれもスライダーを備え、複数のプールを整備しています。

ワタシはヒルトン族なので、今までヒルトンハワイアンビレッジにばかり宿泊していたので、シェラトンワイキキのプールが非常に気になっていました。先日、SPG/AMEXの継続無料宿泊特典を利用してついにシェラトンワイキキに宿泊する機会を得ることができたので、ヒルトンハワイアンビレッジとシェラトンワイキキのプールを比較してみたいと思います。

シェラトンワイキキにSPG/AMEXカードの継続特典で無料宿泊|新マリオットゴールドの特典はどうだったのか 2018年の夏にSPG/AMEXというクレジットカード継続の無料宿泊特典を利用して、シェラトンワイキキに宿泊してきました。201...

シェラトンワイキキのプールは大人用とファミリー用の2つ

シェラトンワイキキはスライダーが併設しているファミリー向けプールの「ヘルモアプレイグランド」と16歳未満は利用できない大人のプール「インフィニティ・エッジ・プール」があります。家族連れの我が家の目的はもちろんヘルモアプレイグランドです

海側からの光景。ジャグジーが2つ、スライダーが大小1つづつ。ちびスライダーはただの通路程度で、滑りも悪いです。

上からの光景。子ども向けの浅いプールもあります。ココからの光景はフォトジェニック推奨でして、ヒルトンと異なりどこからでもダイヤモンドヘッドの光景を楽しめるのが、この地をいち早く押さえることが出来たシェラトンワイキキならではの光景です。

スライダーはそれなりの距離と高さがあって、大人でもそこそこ楽しめる規模でした。子どもは90cm以上の身長なら、腕浮き輪を装着すれば利用できます。

ファミリー向けプールであるヘルモアプレイグランドはプールとして家族で十分楽しむことが出来ますが、何日も楽しめるほどではありません。

シェラトンワイキキで利用できるもう1つのプールは、16歳以上からしか利用できないインフィニティエッジプールです。

この水平線と一体化した景観が売りのインフィニティプールは、今でこそ世界各国に見られますが、その先駆けはこのインフィニティエッジプールと思われます。ハワイの素晴らし青空と溶け込む水平線が最高の景観を作り出します

プールのエッジからはダイヤモンドヘッドを一望でき、それはそれはため息が出るほどの光景です。ダイヤモンドヘッドの反対側を見るとサンセットまで楽しむことができるのですが、今回はその時間帯に利用することはできませんでした。

たぶんこの方向にサンセットが見えるはずです。

8月だとギリギリかもしれませんが・・・^^;。

ヒルトンハワイアンビレッジのプールを紹介

次にヒルトンハワイアンビレッジのプールを紹介します。ヒルトンハワイアンビレッジ内には、その広大な敷地を生かして多くのプールが散財しています。

プールがあるのは上記のような場所で、さらに海とプールの中間のようなディークカハナモクラグーンまであります。赤矢印はスライダーの位置、青矢印はジャクジーがある位置を示しています。ハワイは意外に寒いです。風が強めなので体が思ったより冷えるんです。冬はさらに寒いことが予測されますので、ジャグジーは思ったより必須な施設です。

監視員はパラダイスプールだけはスライダーがあることもありかなり厳しいですが、他のプールの監視員はいないか、いてもゆるゆるです。

スーパープール

ヒルトンハワイアンビレッジのメインプールとなるスーパープールは、メインロビーから一番近くカハナモクビーチにも近く、ホテルの中心と言っても差し支えない場所にあります

メインプールと少し浅いキッズプールが1つづつあります。広さは1番ですが、それ以外に売りがないプールです。ジャグジーはなくシャワー設備もありません。

このプールは景観は最高なのですが、ただ広いだけでこれと言った特徴がないのが特徴です。ビーチチェアが何重にも張り巡らせていて、素晴らしいハワイアンな景色を見ながらのんびり過ごすのがメインな利用法なのかもしれません

スーパープールから1段降りた海側にキッズプールとして水深が90cm程度と浅めのプールがあります。しかしこれ1つでも、他のプールだったらメインプールになっちゃうかもしれないほどの広さがあります。かと言って、やはり何か心躍る仕掛けがあるわけではありません。

昔長男が1人だけのときはコッチのスーパープールでも十分楽しめたのですが、長男も次男も簡単に泳げるようになると、ただ泳ぐだけのプールだとあんまり楽しめないらしく、あまり長居ができるプールでは無くなってしまいました。海から帰ってきた後の海水流し的な位置づけかも(・_・;)。

ヒルトン前のカハナモクビーチにアプローチするには最も近いプールです。

パラダイスプール

パラダイスプールはラグーンタワーやディークカハナモクラグーンの近くにある、最もファミリー向けプールです。トンネルスライダーが1つ、オープンスライダーが並んで2つ、ちびスライダーが1つ、そしてジャグジーが2つもあり、このホテルの売りと言っても差し支えないプールです。

シャワー設備もあり、ディークカハナモクラグーンなどから入ってくるときに砂を落とすことができます。入るにはホテルのカード型ルームキーが必要です。

パラダイスプールの下流は、広い階段状のスペースが有り浅いので小さい子供でも自力でプールを楽しむことができ、昔から重宝していたスペースです。

その下流側と一段高い上流側を結ぶのがちびスライダーです。傾斜が甘々なので十分な滑りができずただのトンネルですね。でも他のスライダーを滑れないちびっこ達には大人気ではあります。

オープンスライダーは2つ。しかし大体右側のスライダーは休止していることが多いです。壊れていると言うよりサボっている感じです。オープンスライダーとしてはシェラトンワイキキのスライダーの方が長くて楽しいと思います。大人は1回滑れば十分ですね。5歳以上の制限が書いてありますが、腕の浮具を付けていて親が下で受け止めるのならば3歳時でも利用させてくれました。年齢よりも90cmと言う身長の方が重要な制限ポイントなのかもしれません。

一番上流にトンネルスライダーへの入り口があります。子どもが暗いスライダーを怖がるので今回も利用できませんでした。以前利用したときの感想は、暗すぎて何が何だかよく分からない、でした。スライダーだけ取れば、1本しか無いシェラトンワイキキの方に軍配が上がるかもしれません

タパプール

タパプールは、タパタワーやダイヤモンドヘッドタワーに囲まれた場所にあります。横にはタパバーという遅くまで営業しているバーがあって、夜の雰囲気は比較的アダルトです。

しかしこのプールは浅い場所から深い場所まで階段状になっていて、浅い場所は赤ちゃんでも入れるのでファミリー向きでもあります。滝のような設備があり、その滝に打たれることができるのもここだけです(滝はパラダイスプールにもありますが、近づくのはNGです)。シャワー設備もあり便利が良いため、狭いこともありいつも混んでいる印象です。ビーチチェアはスペースが少ないので少なめです。

手前の浅いところはジャグジーのように下から泡が出ています。

唯一入ることができるウォーターフォールです。下は座れるようにベンチになっているので子どもが立ち上がることもできます。

アリイタワープール

アリイタワーのプールは、ヒルトンハワイアンビレッジで唯一アリイタワーの宿泊者しか入れません。後述するグランドアイランダーやカリアタワーのプールもそのタワー専用のように思われますが、実際はホテル宿泊者なら入れます。

カハナモクビーチに最も近く景観は最高ですが、2Fなので直接アプローチはできません。プールはかなり古く、これと言った特徴がないプールでもあります。他のプールがだいたい1.1M-1.2Mの水深なのに、ここだけ1.3Mとちょっとだけ深いです。

アリイタワーに宿泊したときはハリケーンが迫ってきていた時なので、ヒルトンハワイアンビレッジ内の他のプールは軒並みクローズ。そんな中でもアリイタワーのプールは利用できたため、少なくともアリイタワー利用者は家族連れで大挙して訪れたと思われ、恐らくこのプールにしてはありえないカオス状態となっていました。バーもクローズ、タオルカウンター内も含めてスタッフがいなかったので、みんなやりたい放題でした。よくもまあオープンしたものだと感心しました。

ジャグジーも、とても全体を写真に撮れないほどの利用者数で、常に入るのに待ちが必要なぐらいでした。一応ヒルトン前ビーチはご覧のように見えています。

全体を見るとこんな感じです。この日はハリケーンに備えて片付けていたビーチチェアを利用者が勝手に引っ張り出して利用しているのでこんな雑然としていますが、本来はビーチチェアとビーチパラソルが整然と並んでハイソサエティな雰囲気を醸し出しているはずだったんです(^_^;)。

グランドアイランダープール

グランドアイランダーはヒルトンハワイアンビレッジ内で最も新しいタワーで、オープンは2017年なので他のプールと比較しても群を抜いて新しいです。足首程度の浅いところが比較的広く作ってあるので、子どもも安心して遊ぶことができます。

グランドアイランダーの宿泊者がチェックイン前や後にも利用できるように、ロッカーやシャワートイレ設備が完備されています。

グランドアイランダーのプールの特徴は、浅いところが広いことだと思います。ここが子どもが遊ぶのに、そして子どもと遊ぶのにかなり便利で楽しんです。鬼ごっことかしやすいんですね。このプールもスライダーなど楽しい設備はないのですが、このスペースが有るだけで子どもは大喜びです。

ジャグジーも完備してます。ホントに新しくてすべてが綺麗で気持ちよく利用できました。水質管理のシステムはすべて一緒だとは思うのですが、タイルなどが新しいためこのプールの水も他のプールと比べても遥かにきれいに見えて、利用していて気持ちよかったです。

しかしこのプールにも弱点があります。それは場所が高層ビルに囲まれた風の通り道だったので、めちゃくちゃ風が強いんです。なのでホントに寒いです。ジャグジーがなかったら耐えられない寒さです。そんなわけで、奇しくも26年ぶりにハワイにハリケーンが迫っている中では、ヒルトンハワイアンビレッジの中で最も早くプールがクローズしました。

各ホテル群に囲まれているので、景観が良いわけでもありません。風を遮ることができるビーチチェアスペース(赤矢印)が5つあり、無料で早いもの勝ちです。ある家族は朝一番に荷物を置いて、その後一日中置きっぱなしにしてスペースをキープしていましたね。もちろんプールにはずっといません。あ〜やだやだ・・・・。
上記の画像から水質の良さが伝わるでしょうか(^^)。

もう1つのこのプールのメリットは夜の10時まで利用できることです。タパプールやアリイタワーのプールも夜まで利用できますが、やはり利用しているホテル直結のプールが遅くまで利用できるのは子連れには大変助かります。

カリアタワープール

カリアタワーのプールは、実は唯一ワタシは入ったことがありません。カリアタワーはヒルトンハワイアンビレッジ内の他ホテル群からのアクセスが最も面倒なため、わざわざそこまでプールに入るためだけにアプローチすることが無いからです。ですので、カリアタワー専用のプール的な位置付けもあり(実際はセキュリティ無く入れます)、比較的空いていて過ごしやすいとの評判です。ジャグジーもありますし。

カリアタワーはリーズナブルに泊まれるのに景観や設備は整っているとの評判なので、いつか泊まってみたいと思います。

シェラトンワイキキvsヒルトンハワイアンビレッジ、プール対決の結果は?

今回、ファミリー向けプールとしてヒルトンハワイアンビレッジの他に候補に上がるシェラトンワイキキも利用したので、実際にどちらがファミリー層にオススメのホテルかを、ワタシの独断と偏見で結論づけたいと思います。

結論は・・・・ヒルトンハワイアンビレッジですーーーー!!!

まあ正直プールの規模も数もぜんぜん違うから、初めてシェラトンワイキキに泊まったのですが比べ物にならないというのが正直な感想です。

シェラトンワイキキはインフィニティエッジプールがあるので、大人向けなプールとしてカウントすれば少し評価は変わりますが、あのプールはプカプカ浮かんでいるだけなんですよね。そこで優雅にお酒飲んだりスマホ見たり恋人同士で語らったりするのなら有意義なんでしょうけど、ワタシなんてすぐ飽きそう。

しかしそんな結論でもまたシェラトンワイキキに泊まりたいと思いました。1つは、そのプールも1日は絶対に楽しめるということ。もう1つはワイキキビーチへのアクセスが最高だということです。

シェラトンワイキキのプールからビーチに出ると数歩でこのように絵に描いたようなワイキキビーチで泳ぐことができます。ヒルトンハワイアンビレッジ前のビーチではダイヤモンドヘッドまでの距離も有るし桟橋も有るしで、ココまで美しい景色の下泳ぐことはできません。

しかもかなり遠浅なので、簡単に波で楽しむことができるんです。このワイキキビーチと一体化したシェラトンワイキキのプールは、それだけで非常に価値があります。プールだけで言えばヒルトンハワイアンビレッジの勝っているということが分かっていても、再度このホテルに泊まりたくなるのはそういう理由です。

ワイキキビーチは人が多くてきれいでもなく泳ぐ価値がないという意見もあるでしょうが、子連れにはこのぐらいがちょうどいいんです。すぐにプールに戻れるしジャグジーも有るし。

もちろんヒルトンハワイアンビレッジ前にもビーチはありますし、デューク・カハナモク・ラグーンという半海半プールみたいな場所もあります。

この上記画像はホノルルにハリケーンが迫っている時に、ラグーンへの給水を止めているため水位が下がりに下がっているかなりレアな写真です。ここの潮位は隣のビーチと連動していると思っていたのですが、想像以上にプールに近い設備だということが分かりました。ラグーン内にいるお魚たちは鳥に狙われ放題でした(^_^;)。

その様な素晴らしいビーチやラグーンはありますが、ダイヤモンドヘッドを間近で見ることが出来る素晴らしい景観という点では、ヒルトンハワイアンビレッジはシェラトンワイキキには勝てないでしょう

まとめ

我が家は子どもがまだ小さいので、ハワイに行っても楽しむのはホテルのプールやホテルに近いビーチがメインになります。ヒルトン族としてヒルトンハワイアンビレッジばかりを利用してきたワタシですが、SPG/AMEXカードの継続特典としてシェラトンワイキキに1泊した際に、シェラトンワイキキのプールと海も堪能してきました。

そしてどちらがより楽しいかを比較してみたのですが、「プールならヒルトンハワイアンビレッジ」「ビーチならシェラトンワイキキ」と言うのがワタシの結論です。

シェラトンワイキキはワイキキの中心にも近いため、素敵なお店にアプローチするのも容易です。我が家でもすっかり気に入ってしまったので、これからもSPG/AMEXの特典とゴールドエリートを利用して宿泊してみたいと思います

コメントを残す