ANAサービス

【特典航空券まつり】ANA国際線2020年夏ダイヤ決定|新規就航路線予約の一斉開始は特典まつり

2020年3月29日から羽田空港の新飛行経路の運用を開始し、国際線が1日50便増設されます。

ANAは増設枠のうち13.5枠を獲得し、成田空港からの移管する路線と新規就航路線が含まれます。

ANAの2020年3月29日からの新ダイヤ発表とともに、増発された路線の予約・購入の開始日時が決まりました

その日時は【2020年1月27日(月)の10時】です。

最大355日前からの枠一斉発売なので、陸マイラーの目指すところの特典航空券枠も取り放題になることが予測されます。

乗り遅れないように今から計画を立てておきましょう。

ANA国際線羽田増発枠スケジュールについて

ANA国際線の羽田発着便の成田空港からの移管と新規就航路線は上画像のとおりです。

羽田空港増発枠利用開始に伴い羽田空港第2ターミナルの国際線エリアも利用開始となります。

【ANA国際線変動】新しいANAの羽田空港国際線の出発ターミナル振り分けが決定|ANAのメインは第3から第2へ ANAが主に利用している羽田空港第2ターミナルは2020年3月29日から国内線と国際線の共用ターミナルとなります。 それに...

合わせて表にすると下記のとおりです。

路線/出発ターミナル第2ターミナルから第3ターミナル
北米路線ワシントンDC(移管)
ロサンゼルス(移管)
シアトル(移管)
ヒューストン(移管)
サンノゼ(移管)
サンフランシスコ(新規)
欧米路線モスクワ(新規)
イスタンブール(新規)
ストックホルム(新規)
ミラノ(新規)
アジア・オセアニア路線シドニー(増発)
青島(新規)
デリー(移管)
深セン(新規)

今回の新規就航路線をマッピングするとご覧のようになり、欧米路線への新規就航路線が目立つことが分かります。

新規就航・増発時は特典航空券枠の大開放が予想

今回のように新規就航路線や路線枠増発時はマイルで獲得できる特典航空券の枠が大開放されます。

その日時は有償チケット販売と同じで下記のタイミングです。

2020年1月27日(月)の10時より

平日の10時ですね。ヨーイドンの勝負では、ちょっと普通の仕事人には厳しい日程かもしれません。

【これが最後?】ANAのお得な国内線チケット最後の一斉販売スケジュール発表【SFC修行でも重要】 飛行機のチケットというのは非常に高額なイメージがあります。しかし日本が誇るフルサービスキャリアのJALやANAは条件付きですがお...

しかも2020年1月27日と言えば、ANAのお得な国内線運賃であるスーパーバリューが発売される日程とガチでかぶっています

  1. 1月27日9時半〜|ダイヤモンドメンバー国内線先行予約
  2. 1月27日10時〜|羽田新規・増発国際線一斉販売
  3. 1月27日11時〜|ダイヤ以外のプレミアムメンバー国内線先行予約
  4. 1月27日14時〜|ANAカード会員国内線先行予約

などのように時間が進んでいきます。

JALと違いANAのサーバーはちょっとやそっとでは落ちないのですが、流石にこれはトラブル頻発の予感です。

しかも特典航空券枠ともなると電話でも確保に走るでしょうから、大混乱の極みですね。

サーバーが落ちるのは対応不可ですが、どんな時も対応できるように欲しいチケットの予習だけは綿密にしておく必要がありそうですね。

【ANAの新規就航路線「成田=パース」はなぜ盛り上がらない?】SFC/ダイヤモンドステータスをめざすエアライン修行に使えないかを検討してみました 2019年9月1日から就航予定のANA東京(成田)=パース線の予約が2月7日から始まりました。ANAは路線拡大戦略に出ていて、2...

ただ実際問題、2019年9月に新規就航したANAのオーストラリア西地区パース路線なんてしばらくは特典航空券空きまくっていたので、人気がある路線以外はそこまで焦らなくても大丈夫じゃないかなぁ、と思っています。

モスクワとかイスタンブールとかストックホルムとか中国各地とか、ホントに旅慣れた旅好きじゃないといきなり行こうと思わないでしょう。

特にモスクワ線は機材がB767-300のフルフラットにならないビジネスクラスを抱える古い機材ですし…

1月27日の一斉発売は355日後の2021年1月15日までの予約が可能になるので、GW・夏休み・秋の連休・年末年始のすべてを含む

羽田空港ANA国際線増枠の狙い目はどこか

ワタシも旅慣れてないビギナートラベラーですが、それでも今回の羽田空港ANA国際線増枠での狙い目路線は想像がつきます。

  1. サンフランシスコ(新規)
  2. ミラノ(新規)
  3. シドニー(増枠)

この辺はやっぱりメジャーですよね。

往路復路
羽田ーサンフランシスコ
(5/25〜毎日運航)
HND22:55ーSFO16:25SFO1:45ーHND5:00
羽田ーミラノ
(7/20〜毎日運航)
HND0:55ーMXP6:20MXP12:10ーHND7:00
羽田ーシドニーNHD8:45ーSYD19:10SYD12:00ーHND20:30

ワタシの場合は子連れが基本なので、ミラノにはとても興味がありますが出発時間がちょっとキツめです。

羽田ーシドニーは今ある便が共に深夜便なので、今回の増枠は往復ともに日中便となります。

もしビジネスクラスを満喫したいのなら日中便は悪くないダイヤですが、往復ともに寝れる元々の深夜ダイヤの方が好きかもしれません。

いくら機内サービスが充実しているビジネスクラスでも、ずっと起きているのは結構きついです。

ヨーロッパまでの特典航空券を獲得するのに必要なマイル数(往復)は以下のとおりです。

シートクラスとシーズンによって必要マイル数は変わりますが、往復で20万マイルまであれば繁忙期のヨーロッパに2人でビジネスクラスで往復することも可能です。

20万マイル?ポイ活を利用して大量に貯めましょう。

【マイルが大量に欲しい人向け】お小遣いもポイントもマイルも貯めるならモッピーで! 世の中には色々なお得情報が転がっていますが、今回はモッピーというポイントサイトを利用したお得技をご紹介したいと思います。 ...
【マイルを貯める方法】ANAマイルが大量に貯まるTOKYUルートの魅力と実力を確認|TOKYU POINTと新たなANAカードを紹介 2019年6月6日、この日はワタシが愛してやまなかったANAマイルを貯めるための「ニモカルート」の命日として、ワタシの心の中で残...

まとめ

2020年3月29日より羽田空港国際線のありようが大変革します。

そのうちの1つがANAの新規就航・増発路線や羽田空港第2ターミナルの国際線供用開始です。

ANAのマイルはやりようによっては大量に貯めることができるので、新規就航に伴う特典航空券枠大開放は狙い目でもあります。

同時にANA国内線の予約も特典航空券も含めて開始されるので大混乱が予想される1月27日月曜日ですが、綿密な計画を立てておきましょう。

POSTED COMMENT

  1. MM より:

    確かにミラノに人気が集中しそうですね!ストックホルム狙おうかな。コペン行った時に、エアラインの欠航でいけなかったのもあるんです。ちなみに、はてはブログが重くて今年はWPブログやってみようかと思案中です笑。

    • ゴウタロウ より:

      狙うとしたらやっぱりミラノですよね〜。

      子どもたちにプールと海以外の海外旅行を体験させて上げたいですw
      ただたぶんマイル足らずです…

      MMさんがWPに来られる可能性があるということで\(^o^)/
      スターなしの寂しさも待っていますが笑

コメントを残す