SFC修行

株主優待チケットでも裏技が使えるのか?→使えました!

 

SFC修行で効率よくプレミアムポイント(PP)を稼ぐにはプレミアム旅割28の利用は必須と言っていいでしょう。しかし、故にその争奪戦は熾烈を極め、特に人気路線ともなると競争率は天井知らず!(SFC修行僧の天井がどこかは想像だにつきませんが)

 

そういう時に用いられる航空券予約の裏技があるのです。これは知る人ぞ知るなのですが、ANAマイラー、そしてSFC修行僧の中では当たり前すぎて裏技と言っていいのか怪しいぐらいです。ちょうどまとめてくれているサイトを発見しました。

 

 

この記事は初めて見たのですが、私の知らない裏技もあってもっと奥が深かったことに関心しました。有名な裏技は予約が始まる2ヶ月前より2週間早くどこかしらの便を抑えることにより、+14日の本来の目的日の予約が取れるようになる、と言うものですね。

 

デメリットは、+14日用に抑えたチケットの解約手数料430円がかかってしまう、と言うことですが、プレミアム旅割28のメリットに比べればささいな金額です。

 

問題は自分が欲しいチケットの競争率が高いかどうか分からない、という事です。ゆえに、私はすべての便でその裏技を使ってプレミアムシートをおさえに行っています。

 

しかし、紹介の記事に載っていたようにダイヤモンド会員様はそんなことをしなくても、さらに3時間早くチケットを予約することができるので、彼らが本気を出したら到底太刀打ちできません。

 

そして以前、私は4月の修行用チケット「名古屋ー那覇」をおさえるのに敗北したのでした・・・。

 

 

 

 

しかしめげていてはいられません。仕事に絡めているので、その便はどうしても乗る必要があります。そして効率を考えたらプレミアムシート以外にありえないのです。もしプレミアム旅割28を取り損ねたら、次なる手はプレミアム株主優待割引しかありません。

 

プレミアム株主優待割引の航空券はどの路線、どの時間帯でも正規料金の半額、となっております。なので、プレミアム旅割28がとってもお得な時は見向きもされず、予約スタート期日を遥かに過ぎていても結構残っています。ただ、人気路線ではやはりそちらもすぐに売り切れになります。

 

で、この路線はどうしても欲しい。予約期日になってプレミアム株主優待割引のチケットが取れるかどうかも保証がない。そこで、実は試したことがあるのです。それは先の裏技でプレミアム株主優待割引チケットを予約する!という事です。

 

株主優待割引チケットは、他の種類のチケットと組み合わせて購入できません。なので+14日のチケットを普通運賃にして本命を株主優待割引チケット・・・と言う選択肢は不可能なので、+14日のチケットも株主優待割引でおさえる必要があります。

 

 

こんな感じですね。本命は4月15日で4月1日が捨てチケットです。株主優待予約のメリットは、便の変更やキャンセルの自由度が普通運賃と同じ、という事です。日にちも時間も変え放題だし、キャンセルも日数の制限とかはありません(ただし430円の手数料はかかります)。そして、入力した株主優待の番号は、また他の便で期日までなら使いまわせると言うことなんです。

 

ここでポイントなのは、必要な株主優待番号は、発券までに入力すればいいことになっているのですよ。で、ふっと思いました。キャンセルができる期日まで入力しないでおけば、番号自体を無駄遣いしなくていいんじゃね?( ̄ー ̄)ニヤリ

 

しかしこれは賭けです。ざっとぐぐってみても、株主優待割引を用いた裏技を使っている記事が見当たらないのです。なので、もしかしたらキャンセルしようとしたら番号を入力しろと出たり、最悪キャンセルできなくなっちゃう可能性もあるのです。まあ、その時は番号を入力してからキャンセルして、番号を残りの修行に回すだけなのですが・・・。

 

ちなみに、どうなるかをANAに問い合わせたりはできません。イレギュラーな予約の仕方だし、コミュ障だし・・・。で、今日からキャンセルできる期日。つまり本命日から2ヶ月前。意を決してANAのサイトに突入しました!!!

 

 

するとなんだかできそうだぞ!できない時は、下の「次へ」のボタンがアクティブにならないからです。で、キャンセル手続きを続けたら・・・・、特に株主優待番号を要求されることなく、通常の手続きでキャンセルできちゃいました!!!

 

 

元々株主優待割引自体が、旅割と比較するとお得でないためこれを検証したり試す人はかなりレアなのですかね?ANAパパさんのところでも紹介されてなかったような気がします。これは第一人者になれたかな?????\(^o^)/

 

元々SFC修行でプレミアム株主優待割引を使う事自体コストが高いので「アホじゃね?」とか「興味な〜〜い」と言われてもしょうがないのですが、今回のようにど〜〜〜しても押さえなくてはいけない路線で競争に負けた場合、ほぼ確実におさえる裏技として紹介してもいいんじゃないかと思うのですよ。

 

 

しかしこの路線、私が裏技でアクセスした瞬間からこのようにプレミアム旅割は満席になっていましたが、座席指定を見ると1席しかおさえられてないのです。それは2週間前から今日まで変わりません。もちろん購入だけして座席指定をしていない可能性も否定できませんが、普通しますよね?つまりこの路線の少なくともこの期日は、プレミアム旅割の設定は1席だけという可能性も・・・(プレミアムシートは8席ある便です)。それは競争に負けるわ〜〜〜(ToT)

 

ちなみに上記は今日の画像なので、裏技を使わなくても株主優待割引は余裕で予約ができました。でも安心感はお金で買えません!!!!(負け惜しみ・・・)。

 

(本当かどうかは分かりませんが)その1席をおさえた人の座席は分かっています。優先搭乗をするのならダイヤモンド会員の人は分かるので、入っていったダイヤモンド会員の1人がそこに座っていれば、到底敵わない勝負に挑んでいたということになります。残念!(なんだか嫌なストーカですね(*ノω・*)テヘ)

 

今回は株主優待割引が2ヶ月+14日の裏技でお得に予約できるかを検証しました。結果、できました。しかも優待番号をムダにすることなく。株主優待割引はコストがかかると言ってもそれはケースバイケースで、人気路線ゆえに元々の運賃自体が高いことも多々あるので、株主優待割引の方が安い路線が実は存在したりします。ちなみに今回の航路ではプレミアム旅割とプレミアム株主優待割引の差額は3千円ぐらいです。それに株主優待券が3500円位かかるので、そりゃ取れれば旅割の方がいいに決まっていますが、そこまで悲観する金額差でもありません。

 

SFC修行が苛烈を極める中、ぜひ頭の片隅にぐらいは入れておいていい知識でした(^.^)/~~~

 

via ANAマイルを求めて
Your own website,
Ameba Ownd

コメントを残す