ANAサービス

【ANA改定】ANAのバリュー・スーパーバリューが355日前から予約可能に|修行計画を考えるのがちょっと大変に

ANAのお得な国内線の割引運賃であるANAバリューとANAスーパーバリューが2020年2月7日(金)予約分より、予約・販売期間が拡大されます。

具体的には355日前の午前9:30から予約可能になります。

【JALの国内線申込方法が大変動】365日計画を立て続けないと競争に乗り遅れる恐れアリ|特にエアライン修行は常に戦場 日本が誇るフルサービスキャリアのJALやANAは年がら年中航空チケットを販売しているように感じますが、実は国内線に関しては半期ご...

JALは一足先に国内線は330日前からの予約が可能となっています。ANAはこれに追随する形になったということになりました。

遅かれ早かれこうなることは予想されていました。

【さようならANAスーパーバリューアーリー】355日前から国内線でも予約できるANAの新運賃SuperValueEarlyは確かに安心材料でした|高いけど 2018年8月の新ダイヤから採用されたANAの新運賃「スーパーバリューアーリー(SuperValueEarly)」は、国際線と同...

元々ANAには対象者限定ですが国内線を355日前から予約できるANAスーパーバリューアーリーという運賃がありました。

この運賃は早期予約できるメリットが有りましたが、その分運賃は高めでした。

ただ55日前までは払戻手数料だけでなく取消手数料も無料という設定だったのです。一度支払いは生じますが気軽にキャンセルが入れれるので、とりあえずの便を押さえておく、という安心にもつながるものでした。

しかしJALの国内線が330日前から予約できるようになり、それに対抗せざるを得ずANAスーパーバリューアーリーの料金が日時によってはスーパーバリュー並みに安くなってきたのです。

それならばスーパーバリューを355日前から予約できるようにし、数百円の払戻手数料を獲得したほうがお得じゃん?JALにも対抗できるじゃん?

そうなるのは当然の結果でしたね。もう少し詳しく見ていきます。

ANAバリュー・スーパーバリューの予約・購入期間拡大について

ANAバリュー・スーパーバリューは半期に一度(8月下旬・1月下旬)運航ダイヤ確定後に一斉発売をしていました。

それが2020年2月7日(金)より、ANAバリューとスーパーバリューは355日前の午前9時半から予約可能となります。

正直上画像のようにスーパーバリューアーリーがすでにスーパーバリュー並みに安くなっているので(おそらくJALに対抗するため)、今更な感じがあります。

むしろスーパーバリューにすることにより払戻手数料をゲットできる可能性があるので、こちらの方がいいに決まっています。

ANAスーパーバリューアーリーは当然のごとく、2020年12月20日搭乗分をもって廃止となります。

重要な点は以下の2点です。

  1. プレミアムクラスの割安運賃の発売はダイヤ発表ごと
  2. いっしょにマイル割・特典航空券の発売はダイヤ発表ごと

①に関しては、JALはファーストクラスやクラスJまで330日前から予約できるようになったのとは対照的です。

ANAのプレミアムクラスは355日前から予約できますが、普通運賃のみなので高い、という違いがあります。

②に関してが最も異なるところで、JALは330日前から特典航空券を含めてすべての運賃を330日前から販売します。

それに対してANAはいっしょにマイル割と特典航空券はダイヤ発表の半期ごとの発売のままにしました。

どちらがいいかの評価は難しいですが、ANAの特典航空券は発売前にユナイテッド航空のマイルで刈り取られているので、それに対抗するように早く予約できるようにしてほしかったですね。

予約は355日前からできるけど、運航ダイヤ確定後に色々変更が発生する可能性がある。

2020年2月7日以降のANAバリュー・スーパーバリューの利用条件

新しい2020年2月7日以降のANAバリュー・スーパーバリューの利用条件ですが、これは今までと同様に所定の手数料(払戻手数料と取消手数料)がかかります。

ただ搭乗日55日前までは取消手数料はかかりません

しかし明確に記載されていませんが、おそらく今までの運用といっしょで払戻手数料は必要となるのでしょう(現在は440円/1区間ごと)。

ANAスーパーバリューアーリーは払戻手数料もかからなかったので、ココもANAが攻めたかったポイントっぽいです。

気軽に予約できないのは困りますが、とりあえず押さえておく技が横行すると、上記のように便数が少ない路線は1年後でも満席だったりして困るのです。なので、ワタシとしては悪くない改定かなとは思います。

今までの先行販売はどうなるのか?

JALの場合はすべての運賃と特典航空券が330日前から予約可能となったので、半期に一度のダイヤ確定後一斉発売は実質無くなりました。

しかしANAの場合プレミアムクラスの割引運賃といっしょにマイル割・特典航空券は運航期間ごとの一斉発売は継続します。

まだ2020年1月下旬の日程はすべて発表されていませんが、そのうちにアナウンスがあると思います。とりあえず一般販売は2020年1月29日(水)の9時半からのようです。

普通席のスーパーバリューとプレミアムクラスの販売タイミングが異なると、値段を比較して予約することができなくなるので、マイレージ修行的にはちょっと難しくなりそうです。

【ANA/SFC修行のすべて】ANAのプレミアムポイントを求めたANAのSFC/ステータス修行総解説 ANAのプレミアムポイントとは、1年間に利用したANAグループ、またはスターアライアンス加盟航空会社運航便の搭乗分において、マイ...

まとめ

ANAの国内線割引運賃であるANAバリュー・スーパーバリューの販売期間変更のアナウンスが有りました。

JALに対抗するために追随した形になりますが、まだ一部の運賃は半期に一度の発売は続けるようです。

個人的には現在ユナイテッド航空のマイルでANAの国内線特典航空券がANAの販売期間より先に予約できてしまうので、ANAの国内線特典航空券の確保が非常に難しいケースがあります。

できればJALのようにANAの国内線特典航空券も355日前からの予約ができるようにして欲しかったなと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す