ホテル記

ヒルトン沖縄北谷宿泊記|発展著しい沖縄県北谷に君臨するリゾートホテル-ダイヤモンド会員の特典は?

f:id:goutaro:20180618125441j:plain

沖縄県の北谷にある「ヒルトン沖縄北谷リゾート」に初めて宿泊してきました。ダイヤモンド会員の特典も含めて、ヒルトン沖縄北谷リゾートの初ホテル記をお届けしたいと思います。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾートとは

ヒルトン沖縄北谷リゾート|ヒルトン・ホテルズ&リゾート

沖縄本島中部に位置するアーバンリゾートホテル

沖縄本島の中部に位置するヒルトン沖縄北谷リゾートは那覇空港から車で約40分。機能的で広々とした客室からは、透明感が美しい北谷の海やウォーターフロントの街が一望できます。館内ではスイミングプール、フィットネスセンター、スパ、地元の食材を生かした料理が楽しめるレストラン・ラウンジを完備。ビジネスにも便利な宴会場、会議室、ビジネスセンターなど充実した設備を完備。 ホテル周辺には美浜タウンリゾート、アメリカンビレッジなどショッピングやマリンスポーツなど、子供から大人まで幅広い年代の方々が楽しめるリゾートスポットです。那覇市内の観光はもちろん、美ら海水族館、世界遺産へのアクセスにも便利。グローバルに展開するヒルトン・ワールドワイドの洗練されたサービスと沖縄ならではのホスピタリティーで快適な滞在をお約束します。

ヒルトン沖縄北谷リゾートは、沖縄本島の中部に位置するリゾートホテルです。多くのリゾートホテルはもう少し北側に多く位置しており、このホテルは那覇中心部からそれほど遠くなく、北谷という発展している街の中にあるアーバン(都市型)リゾートホテルとして、宿泊はもとより利便性も優れているホテルです。

目の前の海に入ることは基本的にはできず(海上アスレチックがあるので入れないわけではない)、 プールを楽しんだり周りの観光を楽しむ拠点になるホテルだと思います。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾートのアクセス

f:id:goutaro:20180619125330p:plain

アクセス|ヒルトン沖縄北谷リゾート|ヒルトン・ホテルズ&リゾート

那覇空港

・沖縄西海岸道路で約40分。 沖縄自動車道「沖縄南IC」から県道23号(国体記念道路)北谷方面へ約15分。
・那覇空港~ホテルまでのアクセスマップ>>  
※マップコードは 33 525 773 となります。

<路線バスでお越しのお客様>
那覇空港から120番を利用し、『桑江』で下車、徒歩15分。
所要時間約1時間。

<有料リムジンバスについて>
ヒルトン沖縄北谷リゾートと那覇空港を結ぶ有料リムジンバスが運行しています。
乗車券は、空港到着ロビー内のリムジンバス案内センター、もしくはヒルトン沖縄北谷リゾートで販売しております。
リムジンバスご利用はこちらから>> 

那覇空港からのアクセスは、基本的にはレンタカーを利用した車移動になるかと思います。那覇市内からの出発だと、高速道路はかなり遠回りになるので58号線を利用して北上していくことになると思います。

58号線は、ほぼ片側3車線の状態で北谷まで続いていますし、空港からは58号線を避けて湾岸道路を利用することも可能です。

ワタシもそう思っていたのですが、空港までの帰路については「日曜日、夕方4時」と言う環境だったのですが、58号線は非常に渋滞していました。高速道路に迂回しても、高速道路を降りてから那覇市内(のレンタカー屋)に行くのにも混雑するので、素直に58号線を南下するしかありませんでした。58号線の渋滞は計算に入れて行動する必要があると思います。

 

チェックイン|ダイヤモンド会員としての特典は?

f:id:goutaro:20180619130121j:plain

今回はなるべくホテルを満喫したかったので、今まで運任せだった二つのことをお願いしたく事前にホテルに連絡しました。

  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト

レイトチェックアウトは部屋の空き次第ですし、アーリーチェックインについてはできたらラッキーぐらいのサービスではあります。しかし最近レイトチェックアウトが1時間程度しかもらえないことが多いので、ダメ元で連絡してみました。

 

ヒルトン・オナーズ会員様向け最新情報(2018年版)| 新しいポイント獲得方法

ヒルトンダイヤモンド会員の特典を再確認しておきます。宿泊時に確認できるのが・・・

  • 無料WiFi
  • レイトチェックアウト
  • 部屋選択
  • ウォーターボトル2本/1滞在
  • 部屋アップグレード|スイートを含む
  • コンチネンタルブレックファースト
  • エグゼクティブラウンジアクセス

と言ったところです。一つ一つチェックしていきます。

 

無料WiFi

「名前」と「部屋番号」を入れるタイプです。接続に全く問題ありませんでした。よく考えると、ホテルのWiFiで不満がないのはヒルトンだけですね。他のホテル(と言ってもマリオット、シェラトン、IHGぐらいしか最近泊まってませんが)では必ず速度や接続精度に不満が出ることがあるのですが・・・。これもダイヤモンドパワーでしょうか(関係ないと思いますけど)。 

レイトチェックアウト

ワタシがホテルステータスで最も重要視する項目ですが、結果は・・・13時半まででした(ToT)。前もって連絡したのも生かされず。エグゼクティブフロアにアップグレードしてもらっていたのですが(実際は元々の予約でした)、アップグレードしなくてもいいから15時まで、贅沢を言えば規定を超えて16時までレイトチェックアウト可能な部屋が良かったな、と思いました。

おかげで中途半端に潰さなくてはいけない時間が発生してしまいました(;´∀`)。

部屋選択

f:id:goutaro:20180619143305j:plain

事前のヒルトンアプリですでにエグゼクティブルームにアップグレードされていたので(元々の予約でしたが)、PICK ANOTHERを選択せずにそのままにして、その部屋にアサインされました。

しかし宿泊後に考えると、同じフロアでも泊まる部屋というのは非常に重要だと気づきました。それはこのホテルが南北に長いホテルだからです。

f:id:goutaro:20180619144247j:plain

南北に長いこのホテルは、ホテルの端の部屋になればなるほどエレベーターから遠くなり不便に感じます

また一つのホテルのようで、実質は真ん中から北タワー南タワーに分かれています。そしてエレベータもそれぞれのタワーにあるわけです。

特徴として

  • 北タワーエレベーター|室内プールやスパ、スライダーがある子ども向けプールが近い。2基しかない(エレベーター混雑時には不利)。北駐車場に近い。
  • 南タワーエレベーター|レストランや売店、大人向けプールに近い、エレベーターが3基ある。南駐車場に近い。

などの注意ポイントがあります。ダブルツリーバイヒルトン北谷に移動するのも南タワーが有利だと思います。

 

我が家は北タワーのそこそこエレベーターから離れたところの部屋に宿泊しました。我が家はプールを中心とした楽しみ方をするし、レストランは何回も行くわけではないので北タワーで良かったとは思いますが、いかんせんエレベーターから遠すぎるのです。

子連れ家族の宿泊としては、選べるのなら北タワーのなるべく真ん中に近い部屋にすることをおすすめします。

ウォーターボトル2本/1滞在

エグゼクティブルームはダイヤモンド会員関係なくウォーターボトル2本が無料で置いてありますので、特典かどうかは微妙なところです。

f:id:goutaro:20180619152047j:plain

ダイヤモンド会員特典(?)のギフトを後から持ってきて頂きました。しかし、ぶどうは酸っぱく、茶色のクッキーは美味しくなく、マカロンは甘すぎて、小石みたいなチョコレートは食べれなかったけど美味しくないらしいです。残念、頂けるだけありがたいことではありますが。

部屋のアップグレード

前出のように、宿泊前からエグゼクティブルームが確定していてアップグレードされたのだと思っていました。しかしこの記事を書いている今この時点で、再度予約確認メールをチェックしてみると・・・

f:id:goutaro:20180619152510p:plain

ヒルトンの50%OFFフラッシュセールで、エグゼクティブルームしか選択できなかったので、最初からエグゼクティブルームを予約していたみたいですwww(さやさんすみません、嘘つきました笑)。

エグゼクティブルームしか予約できなかったのですが、その割には安いなと思って予約しました。しかし今思うとアップグレードを期待して、フラッシュセールじゃなくていいのでもっと安い部屋でも良かったかな、と思います。次の日もエグゼクティブルームは満室だったのでアップグレードされなかった可能性もありますが、部屋が狭すぎなければそんなに不満はありませんもの。

コンチネンタルブレックファースト

ヒルトンの朝食無料サービスは「同伴者1名までコンチネンタルブレックファースト」がデフォルトですが、エグゼクティブルーム宿泊の場合は同室者全員に朝食無料は付きます。アメリカ(ハワイ)以外では、今のところコンチネンタルオンリーということはなく全メニューOKなビュッフェを頂けています。

f:id:goutaro:20180619153031j:plain

メニューをすべて紹介するのは他のブログにお任せしますが、沖縄料理メニューが絶品でした。もずく食べ放題も素晴らしかったです。全般的に満足なメニューでした。

唯一、ちょっと覗いたエグゼクティブラウンジの朝食にあったサーモンがビュッフェには無かったのが残念です。

f:id:goutaro:20180619153323j:plain

ヒルトンホテルの好きなところは、朝食会場でヒルトンオナーズ優先レーンがあることです。ホテルによっては無いところもありますし、ヒルトンオナーズ会員全員OKのレーンもあります。ヒルトン沖縄北谷リゾートでは、「ゴールド」と「ダイヤモンド」会員が優先レーンを利用することができました。ありがとうございますm(_ _)m。

エグゼクティブラウンジアクセス

元々ダイヤモンド会員はエグゼクティブラウンジを利用することができます。今回は最初からエグゼクティブルーム宿泊予定だったので、スタッフからエグゼクティブラウンジでのチェックインを案内されました。

f:id:goutaro:20180619153658j:plain

シークワーサージュースのさんぴん茶割りなどでホット一息。

 

f:id:goutaro:20180619153948j:plain

イブニングカクテルタイムは17-19時となっていました。「食前酒」と言う位置付けで、お酒はあるけど食べ物はラウンジコジコジとして満足できる量・質では無かったと思います。ちなみに18時過ぎに行ったら10分ぐらい待ちました(;´∀`)。

食前酒の位置付けを正確に理解して、ビールいっぱい飲んだら下のレストランにご飯を食べに行きました。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾートのラウンジスタッフは非常に優秀で気持ちのいい対応をして頂きました。ディナーが食べれるレストランのメニューもちゃんと置いてあって、食前酒をラウンジで頂きながらレストランやメニューを選ぶことができ、もちろん予約もしてもらえました。

次の日、ランチのメニューも置いてあって、今までコンシェルジェとしてラウンジをまともに利用したことがなかったのですが、対応できることはすべて対応してもらえるサービスだったんですね(^^)。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾート独自の特典

上記のようにダイヤモンド会員はそのステータスに応じて特典を受けることが出来ますが、他のホテル独自の特典もあります。

f:id:goutaro:20180622190912j:plain
  • 朝食時優先案内
  • フェーヌショッピングプラザ(1Fの売店)500円割引券
  • イタリアンレストラン「コレンテ」30%割引
  • アマミスパ20%割引券
  • フレッシュコネクション500円OFF券(ダブルツリーバイヒルトン北谷の1Fにある売店)

売店の割引券などは必ず利用したいと思う特典ですよね。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾートの宿泊紹介

ココからはダイヤモンド会員特典とは関係なく、実際の宿泊での出来事をご紹介していきたいと思います。

 

エグゼクティブルームに宿泊

宿泊した部屋は「キングエグゼクティブルーム」です。

f:id:goutaro:20180619161448j:plain

本来は広いのかもしれませんが、エクストラベッドが追加されちゃってソファーがそれに使われてしまっているので、普通の部屋にしか見えません(^_^;)。

 

f:id:goutaro:20180619161909j:plain

浴室はワンルーム独立式で、シャワーも中にあります。自宅のユニットバスと同じで一番使い勝手が良いタイプです。大好きな天井シャワーも付いています。

妙に新しいと思ったら、ヒルトン沖縄北谷リゾートは建ってまだ4−5年しか経ってないのですね。もっと古いかと思っていました。

 

f:id:goutaro:20180619162127j:plain

アサインされた9階はこのホテルでは最上階。ご覧のような眺望です。すべてを入れるために斜め撮りになっています。左奥に見えるのが今年6月にオープンしたダブルツリーバイヒルトン北谷です。最初は眺望の邪魔なんじゃないかと思っていましたが、実際は高い建物ではないので景色にうまく溶け込んでいる感じです。

ヒルトン北谷とダブルツリーバイヒルトン北谷はお互いのプールを行き来できるのですが、その間には専用通路などはなくご覧のように普通の一般道路を渡らなくてはイケません。この辺はどうにかして欲しかったところです。

 

ヒルトン沖縄北谷リゾートのプール紹介

f:id:goutaro:20180619162554j:plain

プールは2つあります。子供向けの浅瀬やスライダーがあるラグーンプール

 

f:id:goutaro:20180619162656j:plain

アダルティーなカスケードプールです。こちらは別に大人オンリーというわけでなく、子供でも利用することはできます。

ただラグーンプールで遊んだ後だと、子供はコッチは全く楽しくないらしくて、すぐにラグーンプールに戻りました。

 

この日は台風一過で、雨水がプールに入っています。水質に問題があるかもしれないとのことで、晴れては来ていたのですが屋外のプールは使用禁止となっていました。

 

そして多くのヒトが子供を連れて屋内プールにやってきた結果・・・

f:id:goutaro:20180619163030j:plain

ざっと数えた時は60人はいたと思います。カオスです(^_^;)。泳ぐヒト用に区切ってあるコースにも関係なく子供が溢れています笑。まあしゃあないでしょう。

 

f:id:goutaro:20180619164931j:plain

次の日は天気もよく屋外プールも無事にオープンしました。子どもたちは2時間遊びっぱなしで、もっと遊びたがっていました。

問題は奥に写っているスライダーです。このスライダーは身長120cm以上、体重120kg以下、二人滑り禁止という制限があります。しかし監視員はいないんです。なので無法地帯でした。明らかに幼稚園児と思われる子どもたちもいっぱい滑っていましたし、チビと父親が二人で滑っているのもいっぱい見ました。

我が家は次男が身長制限にかかるのですが、スライダーは大好きなんです。なのでゲフンゲフン・・・まあ監視員がいなくて助かりました。すべて自己責任ですけどね。

 

夕食ディナー|ビュッフェレストラン「ユリスン」

ラウンジコジコジの夕食ではとても子どもたちを満足させることはできません。ヒルトン沖縄北谷リゾートは近くにアメリカンビレッジがあるので、外食には困らないのですが出かけるのが面倒なので、ホテル内で完結させることにしました。

向かったのは、3階のビュッフェレストラン「ユリスン」。

f:id:goutaro:20180619165648j:plain

しかしビュッフェは注文せずに、子供が食べれそうなものをアラカルトで注文しました。キッズメニューから選んだのですが、元々ビュッフェは元が取れるぐらい満足に食べてくれないので、コレぐらいでちょうどいい感じでした。美味しかったし。奥がボロネーゼパスタ、手前がチビヒルトンバーガーです。

ただ案内された席はビュッフェカウンターの目の前だったので、座っても何も食べれずちょっと拷問チックな感じになってしまいました笑。

 

ランチ|イタリアンレストラン「コレンテ」

チェックアウト時間が13時半と中途半端だったので、ラウンジでチェックアウト手続きをしてもらい、その後ラウンジスタッフに予約を入れてもらって、1階のイタリアンレストラン「コレンテ」でランチをしに行きました。

ココは最初から狙いを定めていたお店なのです。なぜならANAマイレージ情報館のさやさんおススメのお店で、我が家が大好きなカルボナーラスパゲッティが美味しいとの話を伺っていたからです。

 

ちなみにメニューを見ると、気取ったお名前のカルボナーラメニューがありますが、そちらではなく「キッズメニュー」に載っている方です。

f:id:goutaro:20180620152632j:plain

はっきり言って美味しいです!!!ただめちゃくちゃ少ない(;´∀`)。ゆえに長男、なんと二人前をペロリンチョと平らげていました。

 

f:id:goutaro:20180620152808j:plain

ワタシの分のカルボナーラを奪われたので、もう一つのスパゲッティメニューを注文しました。トマトソースベースのカルボナーラ(?)なのですが、コッチもめちゃくちゃうまい!!!いずれもリピートしたくなる味でした。

 

f:id:goutaro:20180620152957j:plain

大人メニューのピザも注文しました。コレまた旨い!!コッチは次男が次々と平らげていきました(^^)。

 

とっても美味しい食事でしたが、ホテルのレストランなのでお値段もそれなりにします。キッズメニューは1品1,100円です。消費税・サービス料で+13%。量を考えるとやはり割高です。

しかし今回は手出し「なし」でした(^^)。

 

【クレジットカード語り】ヒルトンオナーズVISAプラチナ|ヒルトンダイヤモンド会員資格を簡単にゲット – ANAマイルとJALマイルを求めて

なぜなら、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードを発行した時に同時入会となったヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の特典「5,000円券」を利用したからです。

すべてコミコミで5,004円という完璧な計算!ただHPCJの他の特典であるレストラン10%OFF(チェックアウト後だったので10%、チェックアウト前で部屋付けすれば20%OFF)も併用できちゃって、実際の支払いは4,500円。5,000円券はお釣りが出ないので、そのまま支払うとちょっと損になりますが、ココで1枚使うと決めて来たのでそのまま支払いに利用しました。

チェックアウト前にレストランを利用して、20%OFFにして部屋の精算時に5,000円券を使うのが最もリーズナブルだったのかもしれませんが、宿泊の支払いには「HPCJ」経由での予約しか使えない、との文言あります(実際は知りませんが)。今回はフラッシュセールでの予約だったので、部屋の支払いに使う予定は元々なかったのです。

 

まとめ

ヒルトンダイヤモンド会員として初めて沖縄の「ヒルトン沖縄北谷リゾート」に宿泊してきました。

ホテルそのものは非常に満足の行く宿泊となりました。アメリカンビレッジが近くにあるので観光には有利な場所かもしれませんが、我が家のようにプールにビーチに楽しみたい旅行での利用ではちょっと不便な開発地域にあるホテルという感じです。

f:id:goutaro:20180620161218j:plain

夜の8時半頃ちょっとした花火が上がるのでお見逃しなく(^^)。

 

那覇市内から高速道路を利用しなくても30分程度で着きますが、時と場合の渋滞が非常にひどかったのも印象的です。

我が家のリゾートスタイルに合わせるのならば、高速道路を利用してもっと北部のホテルでステイするのが幸せかもしれないと思いました。

 

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートにゴールドアンバサダーとして泊まってきました – ANAマイルとJALマイルを求めて

そう言う意味では、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは非常に満足度が高いホテルでした。

 

www.sasamiler.net

でもたぶんルネッサンスリゾートオキナワの方が楽しそう!なんちゃってマリオットゴールなのでベネフィットは少ないかもしれませんが、子供が楽しいのが一番ですからね(^^)。

POSTED COMMENT

  1. さや より:

    ゴウタロウさんのヒルトン北谷の宿泊記楽しみに待っていました!
    元々エグゼでの予約だったとは。ヒルトン半額セールはエグゼ以上しか対象になっていませんでしたね。
    夕食にスリユンでアラカルトメニューを注文するならラウンジでルームサービスを頼んでもよかったのでは?と思ったり。
    写真にあるヒルトンミニバーガーやパスタはルームサービスにもありますし、ラウンジならドリンクは無料でいただけますから。
    我が家はそうして夕食を済ませることが多いです。
    コレンテのランチメニューもおいしそうですね。
    息子さんパスタを2人前食べるとは食欲旺盛ですね。うちの息子は半分しか食べないんです。
    ヒルトンダイヤの特典でコレンテ30%OFFはありましたか?
    ゴウタロウさんの宿泊記で夏に一度は宿泊しに行きたくなってしまいました。

  2. goutaro より:

    さやさん、ヒルトン沖縄北谷リゾートについに見参してきました!
    やはりホームヒルトンではないと抜けがいろいろあることが、さやさんのアドバイスでよく分かります。
    ラウンジでルームサービスをオーダするという発想もなかったのですが・・・、何よりコレンテの30%OFFは完璧に忘れてました(TдT)。
    30%OFFになってもHPCJの5,000円券が使えたのならば、ピザをもう一枚は頼めましたね。すっごく悔しいので、まだ訪れてみたいと思います!!!!
    スタッフも言ってくれたらいいのに(TдT)。
    ブログには書かなかったのですが、コレンテのスタッフサービスがものすごく悪くてちょっとイライラしていたので、思いつきませんでした(TOT)。
    今回はチェックアウト後に利用したので、そういう抜けが生じちゃったのかもしれません。
    とにかく良さを引き出すためにはまた行かないといけませんね(^^)。またアドバイス、よろしくお願いしますm(_ _)m。

  3. lucamileagelife より:

    お天気が大変でしたね。飛行機は大丈夫でしたか?HPCJはチェックアウト後にランチで20%適用させるなら、部屋だけクリアにして清算をランチ後にしてもらうと部屋付けにしてもらえると思います。

  4. goutaro より:

    ヒルトンマスターのルカさん、アドバイスありがとうございます(^^)。
    精算をランチ後にお願いするのもコンシェルジェにお願いすれば確かにできそうでしたね(;´∀`)。
    こう言う失敗を生かして、次のリベンジに活かしたいと思います(-_-;)。
    台風は暴風圏がなかったためか、欠航もなく元気に離着陸していました。凄かったです(-_-;)。

コメントを残す