マリオット特集

【1泊じゃなくて4泊で199ドル??】マリオットコオリナビーチクラブに格安に泊まる驚きの方法とは?|懲りずにバケーションクラブの罠に飛び込みます

マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブはハワイはオアフ島西のコオリナ地区に位置するマリオット系列のホテルです。

マリオットボンヴォイの公式サイトから予約できますしツアーでも利用できますが、基本的にはマリオット・バケーション・クラブというタイムシェアシステムでオーナーが利用するホテルです。

オーナーでない人は通常のホテルと同じように宿泊料金を支払って泊まることができます。その値段はキャンセル可のプランで考えると1泊5万円から10万円程度とかなりお高い部類に入ります。

それは元々がタイムシェアという滞在型コンドミニアムタイプの客室となっているからです。客室は広いしキッチン・洗濯乾燥機・大きな冷蔵庫など設備が充実している分当然高くなります。

しかしその1泊最低でも5万円前後するそのホテルを4泊5日でたったの199ドルで泊まることができる技があるのです。

種明かしすればマリオット・バケーション・クラブを通した体験宿泊という方法を利用するのですが、今回はワタシがその4泊199ドルプランを耳にしたきっかけや申し込むに至った経緯などをお伝えしていきたいと思います。

マリオット・バケーション・クラブとは?

マリオット・バケーション・クラブとはヒルトンバケーションクラブやディズニー・バケーション・クラブと同様に「タイムシェア」と呼ばれるシステムを管理・販売するサービスです。

「タイムシェア」とは分かりやすく言えば、ホテルの所有権や所有できるポイントの一部を購入して利用するシステムです。だいたい1週間分の権利を所有することができます。

メリットとしては

  • 所有権は必要なだけ購入できる
  • 同じバケーション内なら同じポイントシステムで利用できるので場所に縛られない
  • チェックインの日は自由に選べる
  • 維持管理をしてもらえるので管理が楽
  • 様々な部屋タイプを選択できる

などでしょうか。

デメリットとしては

  • 初期投資費用が大きい
  • 年会費・管理費がかかる
  • ホテルまでの移動手段が必要
  • グループ内のホテルに縛られる
  • ポイントや権利を失効させないために旅行に行き続けなくてはならない

などだと思います。

気になる初期投資費用は300万から1,000万円台まであり、毎年必要な管理費や年会費などの維持費も10-20万円は必要です。

マリオット・バケーション・クラブのお得な説明会とは?

マリオット・バケーション・クラブに興味がある場合、アプローチ方法は2つあります。

  1. 販売説明会に参加する
  2. 体験宿泊プランを利用する

販売説明会とはマリオット・バケーション・クラブ・アジア・パシフィックのセールスギャラリーで行われる販売担当者によるセールスの場であり、東京の港区にあるセールスギャラリーまで行く必要があります。

参加特典としてマリオットボンヴォイのポイントが20,000ポイントもらえるキャンペーンがだいたい行われていて、そのポイント欲しさに参加することもよくある話です。

体験談はこめっとさんをどうぞ。

マリオット・バケーション・クラブの詳しいシステムや販売説明会の内容もよく分かると思います。

体験宿泊プランとは、実際にマリオット・バケーション・クラブのタイムシェア物件であるオアフ島のマリオット・コオリナ・ビーチ・クラブまたはハワイ島のワイコロアビーチマリオットリゾートを4泊5日という日程でオトクな料金で泊まることができるプランです。

1泊5−10万円からする宿泊料金のホテルを4泊5日で899ドルで泊まることができ、公式ページから申し込むことができます。

マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブで行われた体験宿泊やホテルの実際の様子は、pharmbさんの記事をご参照ください(①だけでなくも参考になります)。

今回ワタシがお伝えする4泊199ドルという驚きの宿泊プランというのは、この体験宿泊プランのディスカウントセールスになります

マリオット・バケーション・クラブ4泊5日199ドル体験宿泊プランとの接触

マリオット・バケーション・クラブから4泊で199ドルという破格な体験宿泊プランの話を聞いたのはハワイはオアフ島に旅行しているときでした。

しかも旅行中に2回も話を伺う機会がありました。1回目はロイヤルハワイアンセンター内のH.I.SのLeaLeaラウンジでお茶をしているときです。

2回目はロイヤルハワイアンワイキキリゾートホテルの日本語コンシェルジェに、宿泊時にもらえる5ドルのベーカリークレジットを貰いに行ったときです。

LeaLeaラウンジで担当者にセールスされたときは疲れていたこともあったし、同じようなヒルトンのタイムシェアであるヒルトン・グランド・バケーションの説明会に何度も参加したことがあるのでどうせ裏があるだろうと思って興味を示しませんでした。

しかしロイヤルハワイアンホテルのときはたっぷり時間もあったので思わず聞き入っちゃったのです。そうしたらやはりどう考えてもマリオット・バケーション・クラブの物件に4泊5日で199ドルというのは破格の値段だと思いました

鋼の意志を持って参戦すれば、鬼のセールスマンのセールストークもなんとか切り抜けられるかなぁ、と思って申し込んじゃったのでした。

ちなみにロイヤルハワイアンホテルでの話なのですが、5ドルのベーカリークレジットを申し込めるのは日本語コンシェルジェデスクのみとなっていました(2019年8月現在)。

なんでそれ以外の場所では不可なのか不思議だったのですが、それはこのマリオット・バケーション・クラブのセールスを5ドルに釣られた日本人にするのが目的だったのかなぁ、と思いました。

ちょっと卑怯ですよね(5ドルに釣られたワタシが言うのもなんですが…)

マリオット・バケーション・クラブ4泊199ドル体験宿泊プランについて

このマリオット・バケーション・クラブの4泊199ドルという驚きの体験宿泊プランについて、確かに非常に破格のお得さとは思います。普通は1泊5万円前後はするホテルが4泊で199ドルですからね。

そして恐らくですが、そのお得な体験宿泊プランを提示されるのはハワイに旅行中のことが多いようです。その際にこのように言われます。

  1. 通常は599ドル
  2. 大体299ドルにディスカウントされる
  3. 今だけ更に199ドルになる
  4. 199ドルにまでなるのは今までに経験がない
  5. ここで今申し込んだ時だけのお得プラン
  6. 一生に一度しか申し込めない

などなどと言うセールストークが繰り広げられると思います。

ただまあ大体嘘ですね。ネットでざっと調べるだけでも、上記のpharmbさんのブログを見ても分かるように、数年前から199ドルですから。一度しか申し込めないというのだけはホントかもしれませんが、それ以外は眉唾です。

LeaLeaラウンジでも「今!ここだけのお得なプラン!」とか言っていたのに、ロイヤルハワイアンでもすぐに耳にしましたし笑。

ネットで調べるとアラモアナセンターで引っかかった人が多かったようです。

この宿泊プランの特徴は以下のとおりです。

  1. 泊まれるのはアイランドビューゲストルームの狭い部屋
  2. 年収750万円以上を対象
  3. 60ヶ月以内にプロモーションに参加した人は対象外
  4. 宿泊中に120分のタイムシェア販売説明会への参加が必須
  5. 前払いパッケージでキャンセルは不可
  6. 申込みから24ヶ月以内(2年)以内に完遂する必要あり
  7. 交通費・駐車料金・チップその他の費用はすべて含まれない
  8. 1ヶ月前までなら予約変更可能(1ヶ月以内だと29ドルの手数料)
  9. 今回は50ドルのリゾードクレジット付き

実際に泊まれる部屋はpharmbさんの記事で分かると思いますが、誰もが想像するコンドミニアムタイプの広い方ではなく、ゲストルームの狭いほうです。

申込みの際とりあえず199ドルの支払いが生じますが、旅程を決めるのは2年以内の猶予があります。申込みは宿泊旅程の10ヶ月前から申し込むことができます。

繁忙期でも閑散期でも値段は変わらないので、繁忙期を狙って宿泊できると大変オトクですね。

もし広いコンドミニアムタイプの方を宿泊希望するなら、600ドル前後でアップグレードが可能らしいです(空室次第でしょうが)。

アップグレードしてしまうとお得度が落ちてしまいますが、部屋の快適さが全然違いますからね。それに4泊5日を10万円以内でコンドミニアムタイプに泊まれるのなら、やはり破格なお得さだと思います。逆にアップグレードできないなら申し込む気はさらさら無かったのです。

タイムシェア販売説明会への罠を知りつつも申し込んだわけ

今回ワタシはロイヤルハワイアンホテル内で話を聞いた際にこの4泊199ドルのマリオット・バケーション・クラブ体験宿泊に申し込んでしまいました

ヒルトン・グランド・バケーションの販売説明会で散々痛い目に合っていながらです。

それは色々な理由があるのですが、

  1. マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブにはいつか泊まるつもりだった
  2. 泊まるつもりで申し込むつもりだった部屋は広いコンドミニアムタイプだったけど繁忙期ということもあり1泊10万円していた
  3. アウラニ・ディズニー・リゾート宿泊直後だったのでコオリナラグーンの楽しさが身にしみていた
  4. 24ヶ月以内なら確実にハワイに行くと思われた
  5. 最悪199ドル程度なら捨て金になってもいいかも

などなどです。

この話を聞いたときのハワイ旅行(2019年8月)でもマリオット・コオリナ・ビーチ・クラブに2泊するプランも考えていたのですが、1泊10万円は普通にしていたのです。それが4泊で10万円以下(アップグレードした場合)なんて、やはり販売説明会の罠が控えているとしてもあまりにお得かなぁ、と感じたのです。

そしてあまり良い考えではないですが199ドル程度なら、最悪宿泊プランを利用する機会に恵まれなくて捨て金になってもそれほどダメージは大きくないかな、と思ったのです。
※営業の人にも捨て金の話をしましたが、特にペナルティについては言及されませんでした。その人が知らないだけの可能性も大きいですが。

また十分に準備して販売説明会に挑めるので、今までのようにその場の雰囲気に流されないように予習もできますからね(^^)。

実際に耳にしたマリオット・バケーション・クラブについての感想

ネット上で検索した上でのマリオット・バケーション・クラブについての感想ですが、個人的には申し訳ないですが「なし」ではあります

それはマリオット・バケーション・クラブのシステムやマリオットのホテルに魅力がないというわけではなく、すでにヒルトンのタイムシェアを所有しているからです。

これ以上タイムシェアを所有してもまず泊まりに行けません。タイムシェア罠の一つなのですが、何より交通費が非常に高額になります。子どもが大きくなってきて色々な費用が大人料金になりつつある中、タイムシェアを2件も所有して毎年のように消費するのが諸費用を考慮しても無理があります。

交通費に関してはマイルを貯めればなんとかならないこともなくもないです。ご参考ください。

【さらばLINEルート】ANAマイルが大量に貯まるTOKYUルートの魅力と実力を確認|こんにちはTOKYU POINTと新たなANAカード 2019年6月6日、この日はワタシが愛してやまなかったANAマイルを貯めるための「ニモカルート」の命日として、ワタシの心の中で残...

まあその辺のワタシの事情に凄腕セールスマンがどう切り込んでくるのか、今から戦々恐々ではありますが…。

せめてクラブポイントからマリオットボンヴォイポイントへの交換レートを1クラブポイント=40マリオットボンヴォイポイントから5倍ぐらいに引き上げてくれたら価値はあるのですが…そんな美味しい話はないですね。

まとめ

マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブと言うオアフ島のコオリナ地区にあるラグジュアリーなコンドミニアムタイプのホテルに4泊5日199ドルという破格の料金で泊まれるお得なプランの存在をお伝えしました

マリオット・バケーション・クラブの販売説明会は20,000ポイントにつられて日本で参加したかったのですが、東京のギャラリーに夫婦で行かなくてはいけないという条件がハードル高めで泣く泣く断念していました。

しかしマリオット・コオリナ・ビーチ・クラブを4泊5日20,000ポイントで宿泊することは絶対に無理なので、今回の体験宿泊のほうが遥かにお得なので良かったとは思います。

もちろん泊まりたいときに泊まれない罠、そこまでの交通費を含む諸費用がかさむ罠、セールストークに陥落する罠など色々なリスクが有るのは承知していますが、その辺を頑張ってクリアしてお得宿泊をゲットしていきたいと思います。

POSTED COMMENT

  1. MASA より:

    ゴウタロウ様

    やっちゃいましたね(笑)

    でも、、、俺もマリオットは興味が無いか,と言われれば嘘になっちゃうので、ゴウタロウ様のマリオット説明会体験談楽しみにしております!!

    • ゴウタロウ より:

      まだやってしまってはないです笑。

      ホントの勝負は凄腕セールスマンとお会いしたときですね。
      ドキドキ・ワクワクです。

MASA にコメントする コメントをキャンセル