【コレは便利-アメックスのポイントフリーダムを活用してみた】お得とは言えない活用法だけどポイントの1つの利用法としてはあり|そっとしておきたいキャンペーンあり?|ANAマイルとJALマイルを求めて
クレジットカード

【コレは便利-アメックスのポイントフリーダムを活用してみた】お得とは言えない活用法だけどポイントの1つの利用法としてはあり|そっとしておきたいキャンペーンあり?

アメリカンエクスプレスカードはそれなりの年会費を必要としますが、それに見合ったメリット(特典)とステータスを得ることが出来る素敵クレジットカードです。

例えば、他の方の例ですが持っているだけでお守りになったりもしたりして・・・

まさに「持っててよかったアメックス」ですが、その特典の1つにメンバーシップ・リワードと言う便利なポイントプログラムがあります

アメックスのポイントプログラムは基本的に100円=1ポイントで、100円以下は切り捨てです。1決済ごとに切り捨てられるので、一月の利用総額に対してポイントが付与されるパターンよりはちょっと損をします。

メンバーシップ・リワードで貯めるだけならそのままでいいのですが、利用するに当たってはお得に利用するためには年間参加費3,000円+税を支払ってメンバーシップ・リワード・プラスに申し込む必要があります

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ポイントを利用するケースで未登録の時と比較してよりおトクにポイント活用ができます

リワードプラス 登録 未登録
航空会社で利用 1ポイント=1円 1ポイント=0.3円
ホテル・旅行代理店 1ポイント=0.8円 1ポイント=0.3円
旅行関連以外 1ポイント=0.5円 1ポイント=0.3円

また、おそらく最もおトクにポイントを利用する方法は各航空会社のマイレージプログラムに交換することですが、その場合もメンバーシップ・リワード・プラスに登録済の方がはるかにおトクに交換することができます。

リワードプラス 登録 未登録
ANAマイルに交換 1,000ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
提携航空会社ポイントに交換 1,250ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル

メンバーシップ・リワード・プラスについてのお得な利用法は下記記事をご参照ください。

アメックスのメンバーシップ・リワード・プラス+ボーナスポイントプログラムでポイントもマイルもザクザク貯めよう アメックスのメンバーシップ・リワード・プラスに登録の方限定で「ボーナスポイントプログラム」がアナウンスされています。特定のサービ...

またアメックスプラチナカードを所有していると、複数枚アメックスカードを持っていてもメンバーシップ・リワード・プラスの年間参加費が無料にすることもできますので、下記記事をご参照ください。

【おトクな裏技かも|要アメプラ】アメックスゴールドカードでメンバーシップリワードプラスの年間参加費を無料にする方法|プロパー2枚持ちで生じたトラブルの解決法もご紹介 クレジットカードのアメックスカードはおトクなポイントプログラムを展開しています。そしてよりおトクにポイントを貯めたり利用したりす...

今回はメンバーシップ・リワード・プラスに登録の上で、ポイントをクレジットカードの支払いに当てるポイントフリーダムに焦点を当てたいと思います。

アメックスのポイントフリーダムとは

ポイントフリーダムとは、保有しているポイントをカード利用額の支払いに利用できるプログラムです。

3,000ポイントから利用でき、1円単位で充当できます。支払いの1部のみに当てるのも可能です。ポイントの換算レートは前述のように下記のとおりです。

リワードプラス 登録 未登録
航空会社で利用 1ポイント=1円 1ポイント=0.3円
ホテル・旅行代理店 1ポイント=0.8円 1ポイント=0.3円
旅行関連以外 1ポイント=0.5円 1ポイント=0.3円

利用方法は非常に簡単です。

アメックスのオンラインサービスに入り、TOPページが表示されたら(複数枚カードを所有している時は利用するカードを選択して)「ポイントでお支払い」を選択します。

ポイントフリーダムの支払い画面では、分かりやすく換算レートが表示されているので、確認しながらポイントを充当することができます。

対応する換算レートは自動で判断しているようで、HGVCは宿泊ではなく年会費の支払いだったのですが、ホテル・旅行代理店等での利用に分類されていますね。

GROUPONはマイルの購入ですが、その他の項目になっています。

支払いの際はご覧のようにスライダーを利用して、すべてをポイントで支払うことも一部を支払うことも可能です。ただ3,000ポイントからの利用となるので、上記の画像の利用ポイント数では実際には支払うことができません

また支払いの場面でアメックスカードを選択した時、そのサービスが対応していればその場でポイントフリーダムを適応させることが可能です。

例えば航空チケットの支払い場面でポイントフリーダムを利用できるアメックスカードでの支払いを選択すると

アメックスのSafeKey支払い画面に入ります。ここで「30秒以内」にポイントを支払いに利用するかどうかを選択しないといけません。30秒ってかなり短いです。

ポイントで支払うことを選択すると、次の画面で利用するポイント数を選択することができます。

実際にはアメックスのオンラインサービスで後からでもポイントを充当させることも可能なので、ここであえて利用しなくてもいいとは思います

ポイントフリーダムで支払いにポイントを利用する意義

ポイントフリーダムでは最大でも1ポイント=1円でのポイント利用となります。しかし航空会社のマイレージプログラムに移行すれば、例えば特典航空券確保に移行したポイント=マイルを利用できれば、最低でも1ポイント=2円の価値ある使い方ができるのでポイント有効活用という点では微妙なプログラムです。

ANAマイルの場合1,000ポイント=1,000マイルに交換して、ANA1,000マイルをANAスカイコインに交換すれば、1,600-1,700円相当のコインに交換できます。1,000ポイントを1,000円で利用するよりよほどお得な利用法です。

最低でも1ポイント=1円で利用すべきで、航空会社への支払い以外で利用する場合は、ポイントが余って余ってしょうがないというポイント長者だけでしょう。

ワタシはポイント長者ではないので、ポイントフリーダムを利用する機会はまずありません。しかし、上記の航空チケット支払画面は実はANAのチケットでもったいない使い方なのですが、ポイントフリーダムを「初めて」利用しました。その理由はこちらです。

コレ、Web上で全然喧伝されてませんよね。山分けなので利用者は少ないほうがいいからでしょう笑。なのでワタシも何も語りません・・・「初めて利用」・・・。

まとめ

アメックスカードのポイントを支払いに利用するポイントフリーダムについてご紹介しました。なかなか微妙なプログラムではありますが、ポイントをたくさん貯めることができるのならばポイントを有効活用するという意味では、1つの方法になると思います

アメックスのポイントはアメックスユーザーからの紹介で入会すると最大の入会ポイントを得ることができます。ワタシからもアメックス各種カードをご紹介することが可能なので、ご希望の場合は下記ボタンよりご連絡下さい。

コメントを残す