マイルの貯め方

ポイントサイトのポイントが失効?|再度各ポイントサイトの有効期限や期限を延ばす方法を確認しましょう

最近ポイントサイトのポイントを失効しましたと言う話を耳にするようになりました。以前からも耳にはしている話ですが、2018年4月からドットマネー→ソラチカ→ANAマイルというドットマネーを経由するソラチカルートが閉鎖したことや、その影響かポイントサイトでの活動意欲が低下してきているのが原因かもしれません。

今回は各ポイントサイトの有効期限や、有効期限を延長するのに有効な方法などを検討してみたいと思います。

ハピタスポイントの有効期限

ハピタスのポイントには有効期限がありません。ただし12ヶ月間ログインをしなかった場合、ハピタスのアカウントが失効するに合わせてポイントも使えなくなります。

ログインするだけで有効期限を延ばせるのだから良心的です。ハピタスがポイントサイトの中でも長く信頼を寄せられているのも分かります。

モッピーポイントの有効期限

モッピーのポイントの有効期限というのは設定されてないのですが、ポイント獲得が6ヶ月以上確認できない場合は、会員資格の停止とともにポイントも没収となります。

6ヶ月というのは長いようで短いです。2018年4月からちょうど半年経って、ソラチカルートのドットマネーからの交換閉鎖からちょうど半年ぐらい経ったので、ポイ活を全くしていないと失効しかねない時間です。

有効期限を延ばす方法は簡単です。スマホからでもPCからでもできるモッピーガチャを思い出した時に回しておけばいいだけです。ただ時々だとそれすら忘れちゃうだろうから、ワタシのように1円2円のために毎日回すことをおすすめします

ポイントインカムのポイント有効期限

ポイントインカムのポイント有効期限は180日間となっています。つまり約6ヶ月となっています。180日に到達する前にメールで連絡をくれるという親切仕様となっているようです。

半年間に数ポイントでも獲得があればOKなので、電子書籍の購入や楽天市場での買い物をポイントインカム経由でするのが無難です。

ポイントインカムにもゲームなどで獲得できるポイントはありますが、そのようなサービスはすぐにできることが重要なのです。モッピーではトップページのすぐアクセスできるところにガチャへのリンクがあるので手軽に利用できますが、すぐにアクセスできないところにあるゲームなどは、ポイントの有効期限を延ばすために利用するのは適当とは言えません

ちょびリッチのポイント有効期限

ちょびリッチのポイント有効期限も設定はありません。しかし1年間新たなポイント獲得がない場合はポイントの抹消処理が行われます。

ちょびリッチもポイントが失効する1ヶ月前にメールで連絡くる親切仕様です。

ポイントを失効しないためにちょびリッチのポイントを簡単に稼ぐにはガチャが一番です。

注意点はスマホからしかできないことと、ポイントがつかないこともあるということです。上記リンクに載っているガチャのページをブックマークに入れておき、そこからちょびリッチにアクセスするようにすれば手間が省けます。

ハズレのときもありますが、そこそこの頻度で当たるのでちょっとしたポイント稼ぎにも有効とは思います。

ECナビのポイント有効期限

ECナビのポイント有効期限は獲得した月から1年を過ぎた時点で3ヶ月毎に有効期限を迎え、古い方から失効します。つまり獲得から1年3ヶ月がポイントの有効期限です。他のサイトと異なり、1年後に一気に失効するとかではなく古いポイントから失効するというシステムになっています。

ECナビの場合は、いずれにせよポイントは順次失効していくので獲得順にPeXにポイント移行しておくしか対策はないと思います。ポイント移行には最低ポイント数があるので、それに満たないポイント数だと諦めるしかありません。

ライフメディアのポイント有効期限

ライフメディアのポイント有効期限は、最後にポイントを獲得した時点から1年間となっています。1年経過後古いポイントから失効していきますが、その際は別途メールで連絡が来ます。

ライフメディアのポイントも1年間という有効期限がきっちり定められているので、獲得してから貯め込まずにPeXに移行してしまうのが有効ですが、やはりポイント交換の最低ポイント数があるので、それに満たないポイントは諦めるしかありません。

その他のポイントサイト

ワタシは利用していませんが、その他の有名なポイントサイトのポイント有効期限は以下の通りです。

ポイントタウン最後に獲得した日から12ヶ月
GetMoney最後に獲得した日から6ヶ月
すぐたま最後に獲得した日から1年間
ファンくる獲得したポイントごと180日間

基本的には日々利用していれば、ポイントを失効することはありません。しかし多くのポイントサイトに手を広げすぎると、利用できないときもあるでしょう。気をつけないといけません。

モバトクというポイントサイトはログインするだけでポイントが貰えて、そのポイントで期限を延命できたので日々アクセスしていたのですが、残念ながらサイト・サービスが閉鎖することになってしまいました(ポイントは姉妹サイトのモッピーに移行できるみたいなのでダメージはありません)。

ポイント交換・中継サイトのポイント有効期限

各ポイントサイトのポイントをポイント交換・中継サイトに移行させると、そのポイントの有効期限を伸ばすことができます。

ドットマネーマネーの獲得した月の6ヶ月後末
アプリ・スクラッチのマネーは翌月月末
PeXログインしてから12ヶ月後
ネットマイル最後に獲得してから1年後
Gポイント最後に獲得してから12ヶ月後

ポイント中継サイトはあくまで中継するだけなので、ココに貯め込むことはそこそこにして早くマイルに交換してしまうことをおすすめします。PeXはログインするだけで有効ですが、その他はポイントの獲得・交換が必要になりますので、こまめに利用するしか対策はありません

GポイントはBIGLOBEモバイルを利用しているとその利用料金に応じたGポイントが獲得されますので、ほっておいても有効期限は伸びていきます。

日々のポイントサイト活動について

今回紹介した各ポイントサイトやポイント交換サイトはアンケートやゲームなどでも日々ポイントを獲得できるので、それらを継続的に行っていればポイントを失効する心配もなくなります

しかしガチャぐらいならともかく、煩わしい手続きやゲームなどで時間を要するものになると毎日するのも億劫になります。

なので気軽にガチャぐらいでポイントを獲得できるモッピーちょびリッチはオススメのポイントサイトですし、マメな性格ではない限り多くのポイントサイトに手を出すことはオススメしません。少ないポイントは交換もできずに失効していくだけですしね。

まとめ

ポイントサイトの失効と有効期限については多くのブログで紹介されていますので今更感があるのですが、自分のために再度まとめてみました。

まめまめしくポイントを管理できるヒトならともかく、ワタシのようにポイント失効経験があると、時々有効期限を確認しつつ利用するポイントサイトも絞ったほうが無難と感じました。

コメントを残す