ランニング

ランニングに骨伝導ヘッドホンを導入しました、これはいい!

ランニング中に音楽を聞くことに賛否両論はあると思いますが、ワタシは気をつけながらイヤホンを使っています。

利用しているのはみんな大好きAirPodsです。

両耳につけてノイズキャンセリングをONにしてランニング中に利用すると、歩道を走っているとはいえ車両の音がほとんど聞こえなくなるのでとても危険です。

だいたい左側を走って自動車は右側を通るので、ワタシは左耳だけに着用してランニングしています。右耳で交通状況を確認し続けるというわけです。

しかしAirPodsと言えば「AirPods, 耳かゆい」とかで検索すると分かると思うのですが、人によっては外耳が痒くなったり腫れたり皮膚がぼろぼろになったりするんですよね。ワタシもランニングを始めて数ヶ月、結構なかゆみを自覚しました。

AirPods(Pro)純正のシリコン製イヤーピースが合わないという説が有力なので、評判が良かったイヤーピースに交換して利用していました。

これに交換してから耳のかゆみは無くなったのですが、外耳の皮膚がボロボロになるのは続いていました。

まあそれもそのはず、走っていれば蒸れるし汗が流れ込むし、どうしても爽やかな環境とは言い難いわけです。

しかもこれから夏本番。ますます状況は悪くなってくるだろうと思い、ついに評判の骨伝導ヘッドホンを導入しました。

いざ使ってみたのですが、評判通りの使い心地でした。

まず当然ですが外耳は完全に開放されていて爽やかそのものです。

また今まで片耳だけで確認していたのが両耳で確認することになるので、自動車の音を中心とした交通状況の確認が走りながらもより容易になりました。

肝心の音に関しては、片耳だけのAirPodsProの方がまだいいかなと思う程度ではありますが、走っているときにそこまでの音質は求めてないので及第点です。

静かなときは音楽はよく聞こえていても自動車音などが近づいてきたらはっきりと認識することができます。その分音楽は聞きづらくなるのですが、安全のためにはむしろいいことでしょう。

ワタシは値下がりしていたので前モデルを買いましたが、もし安くなってなければ選ぶなら最新型のOpenRun/OpenRun Miniですかね。

唯一気になることは充電コードが専用のもので汎用性があるUSBではないということですが、それを考慮して2本入っているし事足りそうです。

またヘッドセットはもみあげの辺りにセットされるのですが、そこって頭皮からの汗が流れ込んでくる場所なのでそれなりに濡れます。防水性なので問題はないのですが、ちょっとだけ気になるといえば気になりますね。

ちなみにより高性能のOpenRun Proも出ていますが、あえてProである必要はないとはネット上でよく言われています。

本日6月10日は楽天市場の楽天マラソンでSPUが重ねて重ねて重なっているので買うなら今日がベストですね。それではよいランを!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す