ホテル記

【ヒルトン・ワイキキ・ビーチ宿泊記】リーズナブルで立地最高のホノルルのヒルトンはホントに最高だったのか?|ダイヤモンドの特典も合わせてご紹介

ヒルトン・ワイキキ・ビーチはハワイのオアフ島ワイキキの一角にあるヒルトングループのホテルです。オアフ島にヒルトンは10棟近く(ヒルトンハワイアンビレッジ内のホテルをバラバラにカウントすれば)あるのですが、その1つです。

場所はワイキキの中でも動物園寄りでクヒオ通り沿いクヒオビーチにも徒歩数分、ワイキキストリートにもアクセス抜群のヒルトンホテルです。

ヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)オーナーとして、いつもはヒルトンハワイアンビレッジ内のホテルにしか泊まらなかったワタシですが、今回はHGVCのポイントが足りずに他のヒルトンホテルを選択しました。

HGVCとは関係なくヒルトンダイヤモンドステータスのワタシが初めて利用したヒルトン・ワイキキ・ビーチの宿泊記を、ダイヤモンド特典と合わせてご紹介します。

ヒルトン・ワイキキ・ビーチの立地

ヒルトン・ワイキキ・ビーチはワイキキ全体の東端、ホノルル動物園に近い方に位置しています。立地はワイキキストリートから1本内に入ったクヒオストリートに面していてます。

様々なトロリーバスが通る上に、ホテル前が停留所になっているので大変便利と言えます。トロリーに乗って1停留所で新しくなったインターナショナルマーケットプレイス、2停留所でTギャラリアの裏手に泊まります。

1番華やかなワイキキ通りからは離れていますが、クヒオ通りは一方通行ではないためアクセスにも何かと便利なことは忘れてはいけません。

一番近いクヒオビーチにもストリート1本だけで行くことができます

ホテル前のクヒオアベニューを渡って
Lilli’uokalani Aveを直進
アロヒラニリゾートワイキキビーチの横を通り
クヒオビーチ前交差点に到着

(画像はクリックで拡大)ヒルトンワイキキビーチホテルから最寄りのクヒオビーチまでは、交差点の待ち時間がなければ賞味3分ぐらいの行程です。

ヒルトンハワイアンビレッジ内のビーチから離れているホテルからビーチに行くまでよりよほど近いと思います。

ホテルでタオルを借りてから出発、帰りもタオルを羽織って歩いて帰ってきても全く違和感ないウォーキングでした。ただ冬の場合、日陰になっているこのストリートを濡れ鼠状態で歩くのは少し肌寒かったです。

【年末年始のハワイは泳げるのか!】1月にオアフ島のプールと海(ビーチと沿岸)の実地体験からのレポート|ワイキキビーチは問題なし 年末年始、1月のハワイに行く時に気になることの1つは「泳げるのか?」と言うことです。 常夏の島ハワイと言えども赤道直下にあ...

ヒルトンワイキキビーチ|フロント

安定のチャーリーズタクシーを利用して空港からヒルトンワイキキビーチに到着しました。

ロビーに入るとそこはまだクリスマスモードを残す1月2日です。ただこの日の午後にはツリーは片付けられましたが^^;。

今回の宿泊はヒルトンオナーズポイントを利用したポイント宿泊です。実際は4泊だったのですが、4連泊すると5泊目が無料になるという特典を利用して到着前日から予約を入れていました。自力アーリーチェックインのためですね。

実際ホテルに到着したのも朝の9時前だったので「目論見通り!」と思ったら、なんとホテルのシステムがダウンしているということで20-30分周辺で遊んできて、なんて言われる始末(TOT)。

ここで何が問題だったかと言うとキャッシュが全然ない!と言うことなんです。外に出るということはポーターさんに荷物を預けるということで、そうなると彼らに払うチップが必要になります。

しょうがないのでポーターさんに預けてATMを探しに外に出るも、ありそでなさそなATM。結局ホテル内に見つけて利用することにしましたが・・・

場所はエレベーターホール手前
手数料$3.95(´゚д゚`)

なんとホテル内のATMでキャッシングを行うと3.95ドル必要という表示が出てくるではないですか!やはりホテル、お高いっす。背に腹は変えられずそのまま手続きをしました・・・。ホントはホテルに部屋までキャッシュは利用しなくてもいいような導線にしていたのですがねぇ。

システムダウンでチェックインできないってどういうことよ!!!

ヒルトンワイキキビーチの室内紹介

ヒルトンワイキキビーチの室内紹介は動画をご覧ください。

特にアップグレードされること無く、予約どおりのシティービューでした。なんかダイヤモンド会員として認識されていないような雰囲気を感じましたね(TOT)。

ヒルトンワイキキビーチのプールを紹介

ヒルトンワイキキビーチのプールは10階にあります。今回は1月に利用したので、日の差し込みの方向などは1月のものと思って下さい。

タオルは10階にあるプールサイドと、ロビーフロアのエレベーターホール近くにタオルスタンドから借りることができます。ロビーフロアのタオルスタンドはビーチに行く人用ですが、別にどっちがどっちということもありません。

通常の4基あるエレベーターの他に、ラウンジに降りる階段(後述)の横にも10階までのエレベーターが設置してあり、駐車場利用者とは別にビーチとプールを行き来するときにも便利に利用できます。

実際のプールの様子は動画をご参照下さい。

この動画は1月のものですが、その時期だとちょうどビルとビルの間に日が落ちていくのですが、夏に近づくに連れてだんだん右にずれていくと思います。

ヒルトンワイキキビーチのラウンジ

ヒルトンワイキキビーチにはラウンジがありますが、少し分かりにくいところにあります。ロビーフロアから階段を降りたところなのですが、そちらは動画に載せています。

【ヒルトンワイキキビーチのラウンジ営業時間】

  • 営業時間|午前6時〜午後10時(平日)・午前7時〜午後10時(土日)
  • 朝食|午前6時〜午後9時(平日)・午前7時〜午後10時(土日)
  • イブニングオードブル|午後5時〜午後7時(毎日)

ヒルトンワイキキビーチのラウンジの営業は上記のとおりです。アルコールはなくて、アルコール飲料の持ち込みも禁止となっています。

朝食時間帯は座る場所に困るぐらい混雑していましたが、イブニングタイムは比較的空いていたと思います。

まずは動画をご覧ください。

かなり細切れで申し訳ありません(-_-;)。

朝食は混んでいる上にそれほど美味しいとは言えませんでした。しかも食器の片付けとか食べ物の補充とかも追いつかず、エグゼクティブではないラウンジと言えます。

イブニングタイムはワタシが好きそうなものもあったのですが、同行した長男が食べたいものがないと駄々をこねたので、試食すらできませんでした(ToT)。まあそれほど魅力的ではないということですね。

ヒルトンワイキキビーチのダイヤモンド会員特典

ヒルトンワールドワイドのダイヤモンド会員が受け取ることができる一般的な特典で気になるのは以下の通りです。

  • 部屋のアップグレード|ゴールド、ダイヤモンド
  • コンチネンタルブレックファースト(朝食無料)|ゴールド、ダイヤモンド
  • エグゼクティブラウンジの利用|ダイヤモンド
  • レイトチェックアウト|すべてのオナーズ会員

最近ざわざわしているマリオットステータスの変動とヒルトンへの浮気心を持つ方々に向けて書いた記事がありますので、ご査収ください。

【ヒルトンホテル&ヒルトンオナーズゴールド&ダイヤモンドのすべて】マリオットボンヴォイゴールドに不満があってヒルトンへ利用を移そうと考えているあなたへ ヒルトンワールドワイドは世界最大級のホテルグループです。世界最大級のホテルグループと言えばマリオットやIHGなども名前に上がりま...

上にも載せたような気がしますが、特にハワイ(アメリカ圏)ではヒルトンダイヤモンドの威光は日本や東南アジアほどには感じません

今回のヒルトンワイキキビーチでもダイヤモンドステータスの優遇があったのかと言われると・・・

  • 部屋のアップグレード|なし
  • コンチネンタルブレックファースト|ラウンジであり、でもホントのコンチネンタルで満足感は皆無
  • エグゼクティブラウンジ|ただの食堂でエグゼクティブ感なし
  • レイトチェックアウト|適用なし

とこんな結果でした。

ラウンジのショボさ(内装も内容も)もさることながら、部屋のアップグレードはせめて海側にぐらいはして欲しかったなぁと思います。

ポイント宿泊だったし5連泊だったりしたので難しかったのかもしれませんが・・・。

何より今までのホテルと違って「このホテルのダイヤモンド特典はこちら」みたいな用紙を渡されることもなく、説明されることもありませんでした(もちろんワタシの応対をしたスタッフが外れだけだったのかもしれませんが)。この経験はハワイのヒルトンではよくあることで、こっちが聞かないと何もしてくれない、なんてこともあります。

ブログのためというのもあったけど、あまりにも何もないのでフロントでつたない英語で聞きに行っちゃったのですが、どうやら上の画像に載っている1泊ごとにもらえるウォーターボトルorジュース1本プレゼント券がダイヤモンド特典の1つらしいです(そう言えば部屋にもウォーターボトルを置いてなかったな)。

このウォーターボトルはロビーフロアのショップですぐに引き換えてもらえるので助かると言えば助かるのですが、それ以外のサービスがあまりにもしょぼくてしょぼくて

ちなみにルームキーパーのレベルもかなり低かったです。チップの額に応じてサービスが上がっていく節もあるし(質が一定して高くない)、チェックイン時のトラブルもあったし、このホテルの今回の宿泊体験は最悪に近かったです。

ただビーチにはホントに近くて、よく泊まるヒルトンハワイアンビレッジでは利用しづらかったクヒオビーチに何度も遊びに行けたのは良かったです。

まとめ

ハワイのホノルル・ワイキキのクヒオアベニュー前という便利な立地にあるヒルトンワイキキビーチに宿泊してきました。今回はヒルトンワイキキビーチの紹介とヒルトンダイヤモンド特典についてまとめてみました

立地はホントに良いホテルで、クヒオビーチにもすぐ行けるしワイキキ中心地まで歩くことも容易ですし、目の前がトロリーバスの停留所なので、ワイキキトロリーでもOriOriトロリーでもLeaLeaトロリーでも利用し放題です。

ただ肝心のホテルの中はというと、そ〜〜〜んなに立派なものではありません。冷静に考えればシェラトンワイキキの安めの部屋と変わらないのですが、ダイヤモンド特典としてのアップグレードを受けれなかった、湯船がない部屋だった、とかがワタシの印象を悪くしているのだと思います。

立地の割には安めのホテルなのでヒルトン族としては使いやすい面もあるのですが、ワタシとしてはよっぽどのことがない限りもういいかな、と思います。

ヒルトンダイヤモンドステータスの嬉しさと言えば、朝食やエグゼクティブラウンジですよね。でもこのホテル程度のレベルならそんなサービスにすがるより、すぐ横のマリオットワイキキビーチにゴールドステータスで泊まった方がマシかな、と思います。

コメントを残す