JCBカード

年会費支払ったら悔しかったのでついにJCBのスマリボに手を出してしまった…超簡単だった

JCBが発行するクレジットカードのリボ払いシステムが「スマリボ」です。

リボ払いをまともに利用しようとするととんでもない金利負担がのしかかり、知らないうちに支払いが膨れ上がり消費者庁でも注意喚起しているぐらいの極悪システムなのですが、クレジットカード会社からすると大切な収入源の一つとなっています。

クレジットカード社会のアメリカではリボ払いが一般的となっているぐらいです。

しかし日本ではそうは行きません。それでもリボ払いを勧めたいカード会社。そのせめぎ合いで登場するのが、リボ払いをすると色々な特典が得られるキャンペーンです。

今回はJCBのスマリボの特典を利用してJCBクレジットカードの年会費を安くしてしまおう、という話です。

スマリボとは?

スマリボとは、JCBが設定する「国内・海外問わず、ショッピング1回払い利用分が自動的にショッピングリボ払いになる支払い方法」です(公式ページ)。

スマリボには利用残高に応じて支払金額が変更になる残高スライドコースが2つ用意されています。

  1. 「ゆとりコース」:5,001円以上の利用で手数料(利息)発生
  2. 「標準コース」:10,001円以上の利用で手数料(利息)発生

実際には残高スライドコースなので、利用金額が増えると毎月の支払い元金も増えていきます。

クレジットカードの利用額が増えちゃったけどすぐに全部は支払えない、そんなときに設定した元金+手数料を支払って、支払いを次に繰り越しちゃおうという方法です。

しかしそんなにうまい話などあるわけもなくクレジットカード発行会社の収入源ともなる手数料(利息だろ!手数料という言葉でごまかしているだけ)は実質年率で15.00%です。

支払いに対する手数料(利息!)は月に10%かそれ以上にもなる鬼畜仕様で、明らかなメリットがないならこんな支払い方法は利用すべきではありません

そんな慎重なユーザーをリボ払い地獄に誘うメリットというのが「おトクな特典!」です。

JCBのスマリボ利用時のおトクな特典

JCBのリボ払い「スマリボ」に登録するとおトクな特典が満載です…らしいです(公式)。

  1. 年会費をキャッシュバック
  2. Oki Dokiポイントが2倍
  3. ショッピングガード保険(国内)を自動付帯
  4. キャンペーンの抽選口数が2倍

以上がスマリボ登録者の享受できるメリットです。

1.年会費をキャッシュバック

スマリボでの利用分を含めて年1回以上、ショッピングを利用するとカード年会費の全額または一部金額をキャッシュバックする優遇が適応されます

優遇対象は以下のとおりです。

  1. 本会員のカード年会費
  2. 一般カード・ゴールドカードの年会費|ザ・クラス、プラチナカードは対象外
  3. 次年度のカード年会費|初年度は対象外
  4. カード年会費請求のあるカード

キャッシュバック金額はカードグレードと年会費に応じて決まります。

カードグレード年会費(税込)キャッシュバック金額
一般1,375円以上1,375円
1,375円未満年会費と同額
ゴールド5,000円以上5,000円
5,000円未満年会費と同額

一般カードやゴールドカードの平均的なカード年会費を考えると、だいたい半額程度になる計算です。

2.その他の優遇特典は繰り上げ返済が前提

今回のテーマはあまり使わないJCBカードの年会費を安くすることなので、その他の特典にはあまり意味がありません。

特にOkiDokiポイント2倍は対象のクレジットカードをたくさん使ってなんぼ、の特典だからです。

たくさん使えば当然リボ払いの手数料(利息!)が発生します。

少し解説しておくと、高額な手数料を回避するための手段としてリボ・分割・スキップ払いの「まとめ払い(繰り上げ返済)」があります(公式)。

このまとめ払い(繰り上げ返済)を行って月々の支払いをスマリボの設定額(1万円or5千円)以下にすれば、手数料の発生を防ぐことができます。

またその際に少額でも手数料が発生するように繰り上げ返済をすれば、OkiDokiポイント2倍の優遇を受けることができます。

ただ手数料を無しにするためにはカード利用締日の毎月15日から20日までの間に、銀行やコンビニのATMで必要な額を振り込まなくてはいけません

これはメンドクサイ。ネットではその期間の繰り上げ返済はまだ対応していません。

なのでココでは繰り上げ返済のことには詳しく言及せずにスルーしたいと思います。今回の記事の本筋ではありませんから。

ショッピングガード保険の自動付帯やキャンペーン抽選口数が2倍などはスマリボの登録さえしていれば対象となるので、深く考える必要はないでしょう。

手持ちのJCBカード年会費を半額以下に!

ワタシが思わず普通に年会費を支払ってしまった(別に悪いことではないのですがw)クレジットカードがこちらです。

ANA ToMeCARD PASMO/JCBです。通称ソラチカカードと呼ばれるマイルとメトロポイントを貯めることができるナイスなクレジットカードです。

メトロポイントを90%の交換率でANAマイルに交換することができ一世を風靡したクレジットカードなのですが、メトロポイントを大量に貯めるメソッドが塞がれてしまったため、今ではメトロ利用者を中心に愛用されています。

さてこのクレジットカードの年会費は2,200円(税込)です。

そして年会費更新のたびにANAカード継続ボーナスとして1,000マイルが獲得できます。

2,200円で1,000マイルもらえるのなら十分だな、と思っていたのです。スマリボのことも知っていたのですが面倒だしスルーしていました。

ただいざ年会費が2,200円請求されると…めっちゃ悔しい!!!

もしこのカードでスマリボを設定し年に1回以上ショッピング利用すれば、2,200円の年会費から1,375円が割引され825円になるのです。

825円で1,000マイル…これはコストパフォーマンスが最高です。

なので、やっと重い腰を上げてスマリボを設定することにしました。

設定はかんたんです。

スマリボを設定したいクレジットカードのMyJCBから「リボ・分割払い&キャッシング」タブの「スマリボ(登録型)の登録・変更」から申し込みます。

お支払コースは、残高スライド標準コース一択でOKです。支払額を考慮する使い方ではないですからね。

リボ払いと聞いて抵抗があったのであえて設定せず通常の年会費を支払っていたのですが、手続きがこんなに簡単だったとは…やっておけばよかった!

これで制度に変更がなければ、1年に1回以上の利用で次回の年会費割引が受けられるはずです。爆益ですね(^^)

まとめ

JCBのクレジットカードで年会費の割引を受けることができるからくりをご紹介しました。

メインとしてハードに使っているカードではちょっと抵抗が高い方法ですが、サブカードとしてあまり使っていない年会費がかかるJCBカードでは非常に有効な方法です。

手元に年会費が必要なJCBカードがあったら検討してみてはいかがでしょうか?

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す