マスターカード

【ラグジュアリーカード紹介プログラム結果報告】アメプラより重いメタルなラグジュアリーカードの紹介制度はアメックスと比較してどうだったのか?

ラグジュアリーカード、それは日本に10年前に上陸したMastercard最高峰の「World Elite Mastercard」を冠するハイステータスなクレジットカードです。

日本にはクレジットカードの5大国際ブランドのトップとなるクレジットカードが揃っていますが、実はマスターカードだけは無かったのです。

  • VISA|三井住友VISAプラチナカード
  • Amex|アメックスプラチナカード
  • Diners|ダイナースプレミアムカード
  • JCB|JCBザ・クラス
  • Master|??→ラグジュアリーカード

※Amexのセンチュリオンカードなど一般人の手に届かないVIPカードは除く。

ハイステータスなクレジットカードは入会にもそれなりの高いハードルとなる審査が行われます。またカード会社側からのインビテーション(招待)でしか入会できないカードもあります。

上記のハイステータスカードの中でカード会社からのインビテーションでしか入会できないクレジットカードはJCBザ・クラスであり、その他のカードは直接申し込めたり既存ユーザーからの紹介で入会申込みができます。

※ラグジュアリーカードの最高峰ゴールドカードもインビテーションからしか申し込めないカードです。ラグジュアリーカードはプラチナ・ブラック・ゴールドとありますが、すべてがWorld Elite Mastercardブランドとなっています。

特にアメックスカードはお得な紹介プログラムを展開しており、紹介者にとっても被紹介者にとっても非常に有意義なプログラムです。

【改訂】アメックスの紹介プログラムを解説|紹介ポイント上限設定やらアンバサダープログラムやらの情報先もご紹介 アメリカン・エキスプレス・カードはクレジットカードの5大ブランドの1つで、その信用力は群を抜いているカードです。基本利用に対して...

ダイナースプレミアムカードも紹介制度はあるのですが、被紹介者にとってあまり美味しい制度ではなく、利用は限られてしまいます。

ラグジュアリーカードも日本に登場してからしばらくは紹介制度がなかったのですが、2018年後半に入り紹介プログラムがスタートしました。

今回はラグジュアリーブラックカードユーザーのワタシが活用したラグジュアリーカードの紹介プログラムについてご紹介します

ラグジュアリーカードの紹介プログラムについて

ラグジュアリーカードは2018年8月から2019年1月までの期間限定で、初めての紹介プログラムをスタートさせました。

【アメックスプラチナより重いラグジュアリーカードはいかが?】ラグジュアリーカード紹介プログラムスタート|まずは最大2万円相当の4,000ポイントをゲット 名前からして魅力的なクレジットカードである「ラグジュアリーカード」、Mastarcard Eliteの名を冠するマスターカードの...

詳細は上記記事にまとめましたが、内容としては

  • ブラックカード|4,000ポイント(2万円相当)
  • チタンカード|2,000ポイント(1万円相当)
  • 2019年1月31日までに登録、2019年2月28日までに入会された方が対象

となっていました。進呈されるポイントは紹介者・被紹介者とも同等です。紹介者が紹介できるのは10名までとなっていました。

特典として付与されるポイントは2019年3月中旬とされていたのですが、先日ポイント付与のお知らせがメールで届きました。

期間中にお知り合いになって頂いた方にラグジュアリーカードを紹介しまして、おかげさまで4,000ポイントが付与されました。ありがとうございます。

このポイント数ということは、ブラックカードを1枚かチタンカードを2枚発行できたということになり、おめでとうございます。ラグジュアリーカードはハイステータスカード故に厳格な審査もあるので、ご紹介したからといって入会できるわけではありません

お一人かお二人の方が発行できた計算ですね。しかし問い合わせはもう少し頂いていたのですが、ワタシの紹介を妨げるお邪魔虫が登場したのです。

ラグジュアリーカード初年度年会費半額キャンペーンで失速

ワタシの力不足からかラグジュアリーカードのニーズはそれほど高くないからか、紹介プログラムを紹介してからも実際にお知り合いになってラグジュアリーカードを紹介することはほとんどありませんでした。それなのによりによってラグジュアリーカード側から紹介プログラムを邪魔するキャンペーンが展開されたのです。

【Mastercard最高峰!ラグジュアリーカードの年会費を半額にする方法】LuxuryCard10周年記念初年度年会費半額キャンペーンが期間延長! ラグジュアリーカードは日本で唯一の「World Elite Mastercard」を冠したMastercardで、いわゆるステー...

ラグジュアリーカード入会初年度年会費半額キャンペーンがそれでして、チタンカード50,000円の年会費が25,000円に、ブラックカード100,000円の年会費が50,000円になるという大盤振る舞い。いくら初年度だけとは言え、インパクトはかなり大きいです。

チタンカードだと2,000ポイント、ブラックカードだと4,000ポイントがもらえる紹介プログラムですが、ラグジュアリーカードのポイントは1ポイント=5円換算とされていますので、ポイントのキャッシュとしての価値を考えても年会費半額キャンペーンのお得です。

このキャンペーンの影響でラグジュアリーカードの知名度があがったからかもしれませんが、その後ラグジュアリーカードの紹介依頼もいくつか頂きました。しかしさすがに年会費半額キャンペーンのことを伝えずに紹介するわけにも行かず、紹介と年会費半額キャンペーンのどちらでも申し込むことができるのでお好きな方で申し込んでくださいとお伝えしてきました

まあワタシだったら年会費半額キャンペーンで申し込みますね。当たり前です。コンニャロメ。

ラグジュアリーカード紹介プログラムの今後

ラグジュアリーカード紹介プログラムについてラグジュアリーカード側に問い合わせたことはないのですが、2019年1月31日までの紹介、2月末までの申込期限となっていたプログラムはその後延長されていません

しかし年会費半額キャンペーンの方は2019年3月末までだったのが5月末までに延長されたので、よほどこちらのキャンペーンは好調だったのでしょう。紹介プログラムのことは忘れ去られた感がありますな(;´Д`)。

ラグジュアリーカードも使い勝手が良かった特典が改悪され、よりラグジュアリーカードな特典を増やしたりと試行錯誤中でしょうから、また年会費半額キャンペーンが終了したぐらいで紹介プログラムが復活することを期待しています

【またまた改悪か】ラグジュアリーカードの度重なる特典改悪に継続するかどうかが難しいカードに大変身|ワインバー優待終了はショック大 ラグジュアリーカード、それはいかにもラグジュアリーなカードという名前ですが、実際にハイステータスなクレジットカードです。 ...

まとめ

ラグジュアリーカード紹介プログラムのとりあえずの終焉とワタシの成果をご報告しました。

あまりにささやかな成果だったので紹介するのにもためらいは無かったのですが、いずれにせよ10人までしか紹介できないのでアメックスカードの紹介プログラムのように流行らないのは想定されていました

ただ細々と続けるにはちょうど良かったし、どれだけお得じゃなくて解約予定だと言っても、やっぱり手放し難いラグジュアリーカードをキープし続けるモチベーションにもなるので、ぜひ紹介プログラムも継続していただきたいと思います。

ラグジュアリーカードはその重厚な金属感と余計なお飾りが一切ないシンプルで飽きが来ないデザインなので、手にしたらヤバイですよ。Masterブランドということもあり、海外で利用するクレジットカードとしてはナンバーワンと思っています。

ちなみに入会ポイントも紹介ポイントもない中ラグジュアリーブラックカードを発行したワタシが発行後10ヶ月で積み上げたポイントは1,000ポイントに満たない数値です。5,000円相当で、マイルにすると3,000マイルぐらいです。やはりラグジュアリーカードのポイント制度が弱しです(自分がめちゃくちゃ使っていないことは棚に上げています)。

コメントを残す