気になる成田空港第1ターミナル国内線から国際線乗り継ぎエリアを利用してみた|空いていれば超便利|ANAマイルとJALマイルを求めて
ANA/AMC

気になる成田空港第1ターミナル国内線から国際線乗り継ぎエリアを利用してみた|空いていれば超便利

ANAで国内線から国際線へ乗り継ぐ際、国内線の到着口に向かう時に国際線への乗り継ぎエリアを見かけると思います。いつもいつも気になっていたのですが、国際線のチェックイン手続きや制限エリア外のショップやレストランを利用するためにいつもスルーしていました。

しかし、今回福岡空港からANAのホノルル線に乗り継ぐ際にこちらを利用できそうな条件が揃っていたので、意を決して利用してみることにしました。はたして便利だったのでしょうか?

成田空港第1ターミナルの成田空港国内線→国際線乗り継ぎについて

ANAを中心とするスターアライアンスメンバーの成田空港メインターミナルは第1ターミナルとなっています。その成田空港第1ターミナルでは、制限エリア外に出る前に国内線から国際線に乗り継ぐことができる専用エリアが存在します。

2008年にできた施設で、コレにより国内線から国際線への最低乗り継ぎ必要時間が45分となっています

利用するためには、以下の条件が必要です。

  • 成田空港乗り入れ国内線の利用(伊丹、中部、千歳、福岡、仙台、小松、広島、沖縄空港)
  • 出発空港で国際線までの搭乗手続きを完了させている事(国際線の搭乗券を所有している)
  • 預け荷物が到着地までスルーで送られること(国内線到着時に預け荷物の受け取りがないこと)

これらの条件は同じスターアライアンスメンバー同士の乗り継ぎならばだいたいクリアーできますが、出発空港でチェックイン時に確認が必要です。と言うか、NGならばGSさんが「成田空港で再度チェックインカウンターに寄って下さい」などとアナウンスしてくます。

JALのホームターミナルである成田空港第2ターミナルでも同じような施設はありますが、第2ターミナルでは一度制限エリア外に出て、チェックインカウンターに向かう通路の途中にあったと思います。

成田空港第1ターミナル国内線から国際線乗り継ぎの実際

成田空港の国内線はほとんどの場合沖止めとなり、リムジンバスで送られて到着口に向かうことになります。エスカレーターを上ったすぐ先にこのような案内があるのをよく目にすると思います。

非常に気になっていたのですが、チェックインカウンターに寄る必要があったり、制限エリア外の施設でショッピングや食事を行うためには、ココに入らずに先に進む必要がありました。

しかし今回はラウンジをなるべく長く利用したいという強い願いと、ショッピングも食事も必要ないため、制限エリア外に出ずにこちらの施設を使用してみることにしました。

中に入ると、それほど広い空間ではありません。この入ったばかりの場所は戻ることができます。ANAの案内員の方も一応配置されていますが、簡易的なものでした。

そして一応GOLD TRACKが存在するので、ANAのプラチナメンバー以上ならば利用することができます。

混雑具合は国内線の到着便に完全に依存していて、集中していれば混雑するし、そうじゃないときは1人もいない時間帯もありそうです。今回の利用時はどの程度の混雑具合かは分からなかったのですが、GOLD TRACKを利用したので、手荷物検査の待ち時間はほぼゼロでした。

手荷物検査をクリアしたら、すぐに出国審査場の列に並びます。ココが落とし穴でした。「NO PHOTO」エリアなので画像がないのですが、審査場は5つありオープンしていたは3つでした。そこはGOLD TRACK関係なく並ぶことになり、保安検査手前で入場をストップするほど並んでいたのです。

結局出国審査場を突破するのに15分以上はかかりました。まだ自動化ゲートも設置されておらず、ココの混雑は予想外でした。

通常の南ゲートも同じぐらい混んでいるのかと思いましたが、制限エリアに入って内側から覗いてみたところ、待っても10分以内程度の行列に見えました。なのでココを利用するかどうかは、保安検査場の混雑具合よりもその先の出国審査場の混雑具合を見て決めるといいと思います。ちょっと入って奥の方を覗いてみれば、普通に見えますのでチェックは簡単です。

出る場所は第5サテライトの目の前になります。

外に出るとすぐ右手には第5サテライトにあるANAラウンジの入口となり、便利はいいと思います。

まとめ

ANAのホームターミナルである成田空港第1ターミナルの国際線乗り継ぎエリアを初めて利用してみました。

動線としては非常にスムーズで途中まではとても便利が良いと感じていましたが、奥の方に有る出国審査場にヒトが集中するため、国内線の到着便が集中してしまうと非常に混雑します

幸い中に入って混雑具合をチェックすることができるので、奥の列が並んでいて手荷物検査がストップするほどの状態(列を作るスペースが狭いので一定の人数しか並べない)だと、突破するのに20分近くかかります。

その場合は、GOLD TRACKを利用できるようなメンバーならば通常の南ゲートに向かった方が早いかもしれません。しかし、繁忙期はゲートの手荷物検査の方が非常に混雑するので、ステータスなしならばこっちの方が早い場合もあります。

とにかく中に入って見てみる価値はあるエリアでした(^o^)。

POSTED COMMENT

  1. nanami より:

    いつもツボを押さえた参考になる記事、ありがとうございます。
    よく成田も利用されているゴウタロウさんにお伺いしたいのですが、
    福岡から成田空港までの直行便は、ほとんどないですよね?
    福岡で当時1時まで仕事して成田発22:05の国際線に乗りたいとか、
    ありえますか?・・・無謀ですよね(+_+)
    福岡から羽田に飛んで成田に移動してチェックインを済ませるまで、
    何時間見たらよさそうですか?

    • ゴウタロウ より:

      お〜、nanamiさん、こんにちは。

      福岡ー成田はJAL系列LCCのジェットスターはそこそこ選択肢があるのですが、
      JALやANAだとホントに便数が少ないし、それ故満席率も高いです(^_^;)。

      羽田ー成田の移動は、利用する交通手段や平日のラッシュなども考慮しなくてはならないのですが、
      約1時間半を見ています(超スムーズなら1時間です)。

      国際線でチェックインを早めにし無くてはならないことを考慮すると
      成田出発の3時間前までには最低でも羽田を出発したいところです。
      つまり19時ですね。

      余裕を見て羽田着を18時にすると、余裕が出てきます。
      羽田18時着の福岡発は16時ぐらいですよね。

      という事は、13時に仕事を終わらせてから福岡を出発しても
      結構余裕があるのではないかと思います。

      ただ我々は東京首都高の交通渋滞の具合がピンとこないので、
      その辺がリスクファクターかなとは思います。

      本当に渋滞していると、リムジンバスはさっさと海ほたるの方へ迂回していくので、
      逆に迂回路の方に最初から行って欲しいぐらいです。

      電車は時間は正確ですが、ラッシュの時間帯に大きな荷物を持って移動するのは
      かなり大変です。

      リムジンバスは、羽田ー成田は予約ができるので、時間に余裕をもたせれば
      値段的にも1番オススメだと思います。

      エクストリーム出発、最高じゃないですか!
      レッツトライです(^^)。

      • nanami より:

        お返事ありがとうございます。
        なるほど、羽田を3時間前には出発したらいいのですね。
        ジェットスターはLCCですよね?遅れたり欠航したら・・・と思うと、理想は同じアライアンスでつなげたいですね。
        で、よくよく乗りたい飛行機の成田発の時間を見たら22時ではなく20時でした!
        これはさすがに無理ですね・・・(T_T)

        • ゴウタロウ より:

          仕事が終わってからどのぐらいで福岡空港に行けるのかが分からないのですが、
          14時台の便に乗れるのならば、結構行けそうですが・・・。

          少し遅れ気味でも、航空会社に伝えておけば大丈夫なことも多いですし。

          もちろんムリをする必要はありません!
          ただそう言うチャレンジも楽しそう・・・(^_^;)。

          • nanami より:

            短い休みを有効に使うには土曜の深夜便が一番いいのですが、子供もいるので危ない橋はわたりにくいですね・・・。福岡国際空港も、もう少しいろんな都市に飛んでくれればいいのですが(^^ゞ
            では、アドバイスありがとうございました!

コメントを残す