エアラインサービス

【困ったぞ!家族バラバラのハワイ旅行の可能性】困ったときの外資系!航空券の片道発券は外資系で決まり|LCCもあり

楽しい楽しい海外旅行、それもハワイともなると1ヶ月も前からテンションが上りまくります。しかし直前で事情があり、妻だけが出発できない可能性が出てきました。

我が家の家族構成はワタシ・妻・長男(おとなしい)・次男(怪獣)となっています。

素直にハワイ旅行自体をキャンセルしてもいいのですが、ホテルのキャンセル料が十数万単位で発生するタイミングですし、航空券のキャンセルも国際線・国内線が別切りのため十万円近く発生します。

そこでワタシと長男、そして怪獣の3人だけで先に行って妻が後から追いかけて出発するというプランも候補に上がりました。

その場合、帰国時は一緒に帰れるので問題は別々となる出発便です。JALやANAの国際線の片道発券はものすごく高額になることは知っていたのですが、そこにこだわらないで外資系を探すと国内航空会社より遥かにリーズナブルです。

本記事では国際線有償航空券の片道発券についてを話題にしています。

特典航空券の場合はANAは片道発券できませんがJALはできます。ただ繁忙期のホノルル線なので、まあ確保は絶望的です^^;

国際線の片道発券の注意点

国際線の片道発券の際には注意点があります。コレは有償航空券でも特典航空券でも同じです。

  • 日本→外国の片道チケットは基本的に怪しい

コレですね。外国に入国するにはビザが必要ですが、国々によってその要件は異なります。要件の1つに「ビザなし滞在可能期間」が存在します。

日本国旅券(パスポート)を持つ旅行者が入国する際、査証(ビザ)の取得が免除で滞在できる期間のことです。その期間は国によって異なります。

日本から外国へ行く航空チケットを片道で購入すると、ビザなし滞在可能期間内で帰ってくるのか外国にトンズラするんじゃないのかなにか怪しい目的があるのじゃないか、などなどと怪しまれます。

そう言う怪しい人は出国させないに限ります。なので片道発券チケットしか無い場合は、日本の出国審査で通らないことがあります(航空会社がチェックインNG)。本来のリスクは渡航先で入国できないことなのですが、その場合は出国させた航空会社の責任で帰国させなくてはイケないので、出国させないのが無難なのです。

なんだか怖い話ですが、要は帰国便や渡航先からの乗継便を確保していることを示せばいいだけです。

ちゃんと帰ってくることを示せれば片道発券も問題なし

ワタシはANAダイヤモンド修行時クアラルンプール出発の海外発券を利用しています。すると日本→マレーシアが復路になるので、日本出発時の予約情報には帰国便の情報がありません

(ANAの人も分かっているくせに)チェックインカウンターで「クアラルンプール在住ですか?」といつも聞かれます。でも帰国便となるeチケットをプリントアウトして見せれば、すぐに問題なしと判断してもらえます。(福岡の話で、慣れている羽田や那覇だと違うのかもしれませんが…)

海外→日本の片道発券したチケットは日本パスポート保持者だったらなんの問題もありません

ANAやJALはそのような片道発券はなるべくしてほしくないのか、日本から出国する際の国際線航空券の片道発券ではお得な値段はなくかなり高額になります。今回はその一例を示していきたいと思います。

調べたのは1週間後、お盆休みも真っ只中で通常でも有償航空券の値段がかなり高い時期となります。そして航路はワタシが予約せざるを得ないかもしれない日本→ホノルルです。

以下に提示する運賃はある特定の日のもので、料金は需要とバランス、分かりやすく土日と平日だけでも大きく変わりますので、ご参考まで、と言う点にご注意くださいm(_ _)m

ANA|福岡ーホノルル片道発券「486,240円」

まず今回の旅行で利用予定だったANAの福岡ーホノルル片道有償航空券の料金を確認します。

486,240円です。

コレはエコノミークラスの片道の料金ですからね。料金プランはFull Flexに限られているので、エコノミークラスですが手数料無しで予約変更可・払い戻し可・アップグレート対象となっています。

要はエコノミークラスの「普通運賃」です。コレは混雑時で安い運賃が売り切れているわけではなく、片道発券ではこの予約クラスしか購入できないのです。エコノミークラスの普通運賃は本来このぐらいお高いのです。

JAL|福岡ーホノルル片道発券「446,630円」

次にJALの福岡ーホノルル航路の片道有償航空券の料金を確認します。

430,000円+もろもろで446,630円です。

JALのエコノミークラス片道有償国際航空券もANAと同じように安い運賃は選択できず、非常に高額です。この片道分の料金で、時期によっては家族4人ハワイ往復(エコノミークラス)できちゃいます。

ハワイアン航空|福岡ーホノルル片道発券「125,030円」

次はJALと提携しますます日本からハワイに行くのに便利となったハワイアン航空で、ホノルル行き片道発券の料金を確認してみます。

125,030円です。

いきなり安くなりました。このお盆の時期の片道料金だとおおむねそのぐらいの金額だろうという料金です(つまり往復料金の半額)。

もちろん全く安くはないですが、緊急事態と思えば手を出せないこともない、そう言う値段です。ただ満席ばかりですが…^^;

デルタ航空|福岡ーホノルル片道「198,330円」

では福岡からは撤退してしまったので、ホノルルに行くには日本国内を乗り継がなくてはならないデルタ航空のいかがでしょう。

198,330円です。

デルタ航空の片道発券はちょっとお高いです。それでもANA・JALよりは遥かにリーズナブルです。

ちなみにデルタ航空の場合、仁川国際空港を経由する大韓航空を利用すれば87,130円、そして中国東方航空を利用して中国上海の浦東国際空港を経由するという遠回りをすれば46,290円と激安となっています。

緊急事態で安くなるなら仁川国際空港経由でも浦東国際空港経由でも構わないと言えば構いません。一応フルキャリアですしね。

エアアジアX|関西ーホノルル片道発券「47,694円」

大韓航空や中国東方航空が出てくるならLCCでもいいじゃないか、と言うことで、関西国際空港からホノルルに就航しているLCCのエアアジアXも調べてみましょう。

47,694円です。

この料金はプレミアムフレックスで受託手荷物が20kgまでOKになったり座席指定可能になるサービスを選択できるちょっとお高いプランですが、それでもなかなか安いです。オプション無しなら36,294円です。

安いか高いかと言われれば、この料金でホノルル往復しようとすれば10万円近くするでしょうし、安くはないかもしれません。でもお盆の時期としてはそれほど高くはないかもな、と言う印象です。

緊急時にどうしても片道発券をしなくてはならないとき、ANAやJALと違って安めの運賃を選択できるのは非常に心強いです。

ちなみにエアアジア、最繁忙期でも空席ありまくりでした^^;。福岡の場合は「福岡ー関空」で余計にチケット代が必要になるので、それを合わせるとあんまり安くないかもしれません。

そもそもなぜ片道有償航空券の金額でコレほど差があるのか?それはLCCの台頭で往復割引的な料金体系そのものが過去のものになりつつあるから、と言われています。

LCCの料金体系はご提示したとおり片道ずつの料金(往復だと片道x2の値段)になることが多いので、他のキャリアも同じような料金にしないと太刀打ちできないのかもしれません。

日本でこれだけ料金に差をつけているということは、まだLCCはそれほど驚異と思われていないのかもしれませんね。

往路は乗らずに復路だけ乗ることは可能なのか?

そもそも今回の片道発券の検討は、ハワイ旅行で確保した航空券で往路は別になるけど復路は一緒に帰ることを想定しています。しかしそもそも購入した航空券は往路は乗らずに復路だけ乗ることは可能なのでしょうか?

結論としては「不可能」です!(※ANAの話です)

今までの議論は何だったのかと言いたくなりますが、それがルールでした。

乗らずに座席を確保し続けることは可能です。ちゃんと連絡すればペナルティもおそらく無いでしょう。

ただチケットのルールとして往復ともに搭乗すること、という条件があるので往路に乗らなかったら復路にも乗れません。往路だけ乗って復路に乗らない(捨てる)ことはまあ無くもないですしできちゃいます。

ANAダイヤモンド国際線デスクでの確認

座席は乗らなくてもコストを払えば確保できますが、往路には乗らず復路にだけ乗ることは不可、と言う結論なので、往路だけのホノルル行き片道発券を検討する意味は無かったですね。

1人分をキャンセルして往復で別チケットを用意するのは繁忙期に提示される金額として現実的ではない料金になるので、結局「行くか行かないか」と言う結論に達しそうです。

妻が行かないとなるとワタシ1人で長男と怪獣の2人息子を連れてハワイに行くのか…不安しか無いっす。

まとめ

諸事情によりハワイへの片道航空券が必要になるかもしれないと思い調べてみました。

ANAやJALが高いのは知っていたのですが、その他の外資系エアラインはフルキャリアでも思いのほか高くないことに驚きました。ハワイに行くならハワイアン航空は最高かもしれません。

それにもまして安いのはLCCですね。家族旅行ならともかく大人1人ならLCCでも十分のような気がします。

ただそもそも確保した航空券の、往路に搭乗しないと復路だけは搭乗できなというルールを知らなくて恥ずかしかったです。

色々計画を建てるつもりでしたが、結局行きだけ別切りチケットというのは現実的ではないと思い知らされました。

もし手持ちの航空券をキャンセルする場合は、出発時刻前までなら規定の範囲内の払い戻しを受けれます。

今回は出発当日に妻が行くか行かないかを判断することになるので、キャンセルするとしたら出発時のANAチェックインカウンターですることになるでしょう。

POSTED COMMENT

  1. MASA より:

    ゴウタロウ様

    お久しぶりです。MASAです。
    丁度、私もマイルで片道だけビジネスで片道だけを航空券買ってって思って色々見てみたらあまりにも高くてビックリしてたところです。(笑)なのでいっちゃん安いエコノミーの往復を買って片方は捨てる。ってのも考えてたのですが。。。ダメだったんですね(悲)丁度同じ時期に同じ様な事を考えてたので少しビックリしました。(笑)
    ちなみに私の次回のヒルトン使用は来年の1月です。

    • ゴウタロウ より:

      お久しぶりです(^^)。

      航空券のルールは国をまたぐために難解な部分がありますよね。

      復路を捨てる方法は、航空会社的にはして欲しくないでしょうが、できちゃうのですが
      往路を捨てるのはNGと知ってワタシもビックリしました。

      何事も怪しいのはダメ、ということでしょうか。
      どうにか台風がとっとといなくなってくれることを願っています。

  2. MM より:

    片道はJAL(ハワイアン航空)マイルがありがたいです。エアアジア発が夕方?か遅めなので、短い滞在しか取れないときにはありかなあと思ったりしてます。ちなみに、ANA世界一周特典航空はひと区間でも乗らないとそれ以降が全部無効になる恐ろしい券ということを今更知ったりしている@バチカンです笑

    • ゴウタロウ より:

      やはりJALの国際線特典航空券の片道発券はホントに便利ですよね。

      激戦区のハワイ路線を予約するのにも極めて便利です(^^)。

      世界一周は20年後ぐらいにチャレンジしたいと思います^^;

コメントを残す