ANA/Diamond

【ANAダイヤモンド修行2019まとめ】キャンペーンポイントでダイヤ修行解脱する荒業も計画通り|今後のダイヤ修行も考察してみる

ANAのダイヤモンドステータス、それは日本が誇るフルサービスキャリアANAのプレミアムメンバーの中でも最上級ステータスとして君臨しています。

ANAのプレミアムサービスはよく利用する顧客向けのサービスで、元々はビジネスマン囲い込み政策の一環でもありました。

【憧れのANA上級会員】ANAのSFC修行やダイヤモンド修行で得られるANAプレミアムメンバーサービスを徹底解説 ANAの上級会員ってなんだろう?ANAのプレミアムメンバーってなんだろう?なぜ高橋真麻さんは空港で素敵なラウンジを利用することが...

上記のような素晴らしいプレミアムサービスをどうしても体験したいという飛行機好きが目指す先が、エアライン修行です!

【ANA/SFC修行のすべて】ANAのプレミアムポイントを求めたANAのSFC/ステータス修行総解説|2019年ANAステータス修行対応版 ANAのプレミアムポイントとは、1年間に利用したANAグループ、またはスターアライアンス加盟航空会社運航便の搭乗分において、マイ...

ワタシは2017年にスーパーフライヤーズカード(SFC)獲得のためのSFC修行を行いました。しかしどうしてもANAダイヤモンドを体験したくて2019年にANAのダイヤモンド修行を行っています

【ANAダイヤモンド計画2019発動】ANAの最上級ステータス「グループ1」のダイヤモンドを目指す旅の始まり|計画を公開して自分を追い込みます ANAのダイヤモンド会員、それは日本が誇るフルサービスキャリア全日空の最上級ステータスの代名詞です。一般人として目指せるステータ...

今回はANAダイヤモンドステータス修行のまとめ記事となります。

ANAダイヤモンドステータスまでの軌跡

まずワタシのANAダイヤモンド修行の軌跡を並べてみたいと思います。

時期経路プレミアムポイント
3月クアラルンプールー東京ー福岡(C/片道)
旧ビジネスクラスの残念シート
7,792
3月福岡ーシンガポール(C)
子連れビジネスクラスの苦悩
7,822
4月福岡ー東京ークアラルンプール(C)
憧れの初ANAスタッガードビジネス
15,584
5月福岡ー東京ークアラルンプール(C)
ビジネスクラスでステーキ三昧
15,584
5月福岡ー那覇ー関西
久しぶりの国内ピストン修行でプラチナへ
6,104
6月福岡ー東京ークアラルンプール(C)
ステーキなしの残念ビジネスパターン
15,584
6月福岡ー羽田ーシドニー(PY)
プレエコからビジネスへ嬉しいアップグレード
17,656
7月福岡ー成田ークアラルンプール(C & Y)
ビジネスクラスエコノミークラス乗り比べ
12,089
7月プレミアムポイントキャンペーン2019夏3,040
28レグ101,255

※C: ビジネスクラス, PY: プレミアムエコノミー, Y: エコノミークラス

気になるトータルコストですが、ザックリ10円=1PPです。全くお安く飛べていませんが、今回はコストよりも効率重視で計画を立てました。

その結果として選んだのが、クアラルンプール出発の海外発券ビジネスクラスを中心とした計画です。

【大激変】SFC修行やステータス維持修行に大きな影響があるプレエコ種別「クラスN」の存在感|どうするプラチナ修行? 2018年12月5日にANAのプレミアムエコノミークラスが国際線特典航空券で予約できるようになりました。最初だけかもしれませんが...

本来なら最もコストパフォーマンスが優れているのはクアラルンプール発海外発券プレミアムエコノミー「クラスE」だったのですが、マイル積算率が70%となるプレエコ「クラスN」が設定され、一時期コストパフォーマンスが激落ちとなっていました。

しかし現在はクアラルンプール発のプレエコクラスNとクラスEの値段差はそこまで大きくなくなっているので、2020年に向けてクアラルンプールを中心とした海外発券はまだまだANAエアライン修行の中心地となっていきそうです。

ANAダイヤモンド解脱!10万プレミアムポイントに到達の儀

ANAダイヤモンド到達はどのフライトでもなく、対象者限定だった「ANAプレミアムポイントキャンペーン in2019夏」のキャンペーン加算を狙っていました。

元々はもうワンフライト入れるか予定に入っていた家族旅行でダイヤモンド到達するつもりだったのですが、このキャンペーンの対象者になったことで予定を変更してプレミアムポイントを「あと1,785ポイント」と言う10万プレミアムポイント直前ですんドめさせていました。

このプレミアムポイントキャンペーンは期間内に搭乗した国際線なら10%国内線なら5%分のプレミアムポイントが搭乗した次の月の下旬に加算されます。

加算が「下旬」としか分からないので、解脱フライトの時と違っていつ加算されてダイヤモンド基準に到達できるか全く予測できません。それ故に毎日毎日ANAアプリを開いては確認する日々だったのですが…

思ったより早い22日にキャンペーン分の3,040ポイントが加算されました。

キャンペーン分のポイントが加算され、計画通り10万ポイントを突破しANAダイヤモンド基準に到達しました。

そして日付が変わると無事にANAダイヤモンド会員の仲間入りをさせていただきました!

アプリの表示もダイヤモンド色に変わりまして感無量です。

PCサイトの表記もダイヤモンド色になりました。

ANAダイヤモンド色としてアプリの淡いピンクはよく目にするので知っていたのですが、PCサイトのダイヤモンド色は濃い赤というかえんじ色で、こっちの方は知らなかったのでこれまた感無量の変化でした。

これにてワタシのANAダイヤモンド修行2019も無事に終えることができました。

3,000プレミアムポイントは2-3万円ぐらいの価値はありましたね

早速のダイヤモンドサービスを満喫

ワタシがANAのダイヤモンドに到達したら真っ先にしたいことがありました。それはANA国際線特典航空券の空席待ちを入れることです。おダイヤ様の実力を図るにはコレが1番の方法と思っていたのです。

狙っていたのは2019年9月から新規就航するオーストラリア・パース線です。希望はビジネスクラスで空きはあるのですが、特典航空券では空席待ちとなっていました。

必ず3コール以内で繋がるANAダイヤモンドデスクに電話でシンプルに福岡ー成田ーパースでビジネスクラス特典航空券を希望日程で確認してもらいました。結果、国内乗り継ぎ区間は空席はあるも、成田ーパースでは空席なしの状態でした。

まあ行けなくてもいいので、とりあえず空席待ちで予約依頼をして、その手続完了メールを受け取ったのがその日の[11:56]でした。

その後間髪入れずに届くANAからのメール…いつものようにDMだと思って開いたら…

なんと「空席待ちの座席が確保できました」と言う内容でした。いわゆる「落ちてきた」と言う状態で、おダイヤ様はよく使うのを目にしていたフレーズなのです。そのメール受信時刻は[12:10]となっています。

つまり空席待ちを入れてから15分でANAビジネスクラス特典航空券が落ちてきたということに…(・・;)。

実際に電話をして予約を入れますね!と言われたのが[11:15]頃なので、ANAビジネスクラスの特典航空券空席待ちを入れて1時間程度で「落ちてきた」ことになります。

コレがダイヤモンド会員のパワーか…マジすごいっす!

ただワタシみたいなおダイヤビギナーではない複数年おダイヤマスターの方々からのツイッターのコメントでは、流石に早すぎる・経験がない、などと仰っていたので、人気がない路線の人気がない日程での「たまたま」だった可能性は大きいです。

それでも空席待ちというのは基本的におダイヤ様のために優先的に確保しておくので、プラチナステータスやSFCではそんな短時間に空席待ちが落ちてくることは期待できません。

たった1回の経験だけではなんとも言えないことは分かっているのですが、それでも「ダイヤモンドサービス」デスクとの気持ちいいやり取りなども含めると、ダイヤモンドステータスを仕事とは関係なく修行的に乗り続けて維持している方々の気持ちもすこ〜しだけ分かりました

ANAダイヤモンド修行今後の展望について

まずANAとJAL、どちらのダイヤモンド修行を続けるのかと言われると、今のところ気持ちはANAです。

理由はいくつかあるのですが、1番の理由はANAのSFCサービスがだんだん先細っていく感じがする不安感からでしょうか(根拠は何も全くありません)。

あとJALの修業をするとどうしてもFOP2倍月キャンペーンに頼って国内ピストン修行になるのでしょうけど、もう国内ピストンを繰り返したくないなぁ、と言う想いもあります。

※JALでもクアラルンプール海外発券での国際線修行は可能ですが、成田発着オンリーなので福岡まで国内乗り継ぎするためには常に成田ー羽田移動を復路で強いられるので面倒なんです。

ただANAのダイヤモンド修行の費用って、普通に家族4人プレミアムエコノミーを利用したハワイ往復航空チケットを購入できるぐらいの金額なんですよね〜。

すこ〜しだけ旅行中の最も素晴らしいサービスの享受を我慢すれば(ダイヤじゃなくSFC)、年に1回ハワイ家族旅行ができちゃうと思うと流石にアホかもしれんと思わざるを得ません

さらに子どもも大きくなってきて、教育費がかさんできてます。自分の趣味のためだけのお金を毎年つぎ込んで行くのにも罪悪感があります。

またまた義母の体調の問題やら何やら…とにかく並べ立てれば、1度だけANAダイヤモンドステータスを享受したところで満足するのが1番賢い考え方だと分かっているのです。

でもしたい、ど〜してもしたい…飛行機に乗ることそのものが楽しいのです。ワタシのストレス発散方法と言ってもいいでしょう。ゴルフもやめた、ガジェットも買わなくなった、カメラにも全く見向きもしなくなった、なので飛行機ぐらいは乗りたい…。ま、妻は理解してくれているので家族に迷惑がかからない範囲で楽しんで続けていけたらなぁ、とは思います。

ホントは弾丸トラベラーさんのように様々な旅程を楽しみつつANAダイヤモンドを継続するのが正しい道だとは思うのですが、流石に土日+1日しか休みが取れない中では厳しいです。

せめてクアラルンプールの路線とホテルのマスターぐらいにはなっておこうかな^^;

まとめ

ついにANAのプレミアムポイントが10万ポイントを突破し、ANAのダイヤモンドステータス基準に到達しました。コレにてANAダイヤモンド修行2019のまとめとさせていただきます。

月1修行で約半年、随分と早くあっという間だったような気がしますが、それはコストを掛けているからなんですね。その分時間を節約しています。

ワタシは2017年にANASFC修行を行い2018年はANAプラチナステータスでしたが、2018年にJALJGC/JGCプレミア修行を行ってANAプラチナを全く享受しませんでした。

そして2019年はANAダイヤモンド修行を行ってしまったので、2019年のJALJGCプレミアステータスの恩恵をほとんど受けていません。

冷静に考えてももったいないとしか言えません。

同じ過ちを侵さないように、2019年後半そして2020年度はできる限りANA便利用をまとめてANAダイヤモンドステータスの恩恵を受けまくり、今後の修行方針を決めていきたいと思います。

POSTED COMMENT

  1. MM より:

    先日のタイミングでいい損ねてしまったので、「ダイヤ到達おめでとうございます!」。どう考えてもJALよりANAがいいっすよね!うちはBAをよく使うのとコナンがポイントになってしばらくJALかもですが^^クアラルンプールはおもしろいところを開拓していないので、ぜひクアラルンプールマスターになってくださいませ!

    • ゴウタロウ より:

      MMさん、ありがとうございます(^^)

      やっぱりおダイヤ様は素晴らしいです。
      ワタシの承認欲求をバシバシ満たしてくれます。

      この後も素晴らしい出会いがあると期待して、
      おダイヤを楽しんでいきたいと思います(^^)。

コメントを残す