子連れSFC修行記2017|第2回は初の子連れで初のプレミアムシート搭乗-地獄のフライトとなった福岡ー那覇ー成田の三角飛び|ANAマイルとJALマイルを求めて
ANA/AMC

子連れSFC修行記2017|第2回は初の子連れで初のプレミアムシート搭乗-地獄のフライトとなった福岡ー那覇ー成田の三角飛び

注)ブログ移行時に喪失した記事のリニューアル新規投稿です。内容は2017年のものです。

先日、SFC修行第2回目に行ってまいりました。そして子連れ修行、プレミアムシートつき、としては初です。それは苦行と言っても差し支えにない旅となりました。

福岡ー那覇ー成田の三角飛び。2歳児に1日3回の飛行機は、ちょっとかわいそうだったかな、と最後の方では思いましたが・・・

しかしおかげ様で6419PPをゲット。すでにエコノミーでハワイ往復した時を超えております。国内線は2倍になるとはいえ、国際線エコノミー安すぎでしょ!

さてまずはチェックイン。

当然プレミアムカウンターを使うのですが、全く混んでないので、全然有り難みは無し。

手荷物検査場も全然混んでなかったので、小心者の僕はANAプレミアムカウンターではなく、通常の検査場で入場しちゃいました。なんという小市民。

一応中からANAラウンジを覗いたのだけど、わ〜ぎゃらうるさい2歳児を引き連れて入るような場所ではなく、見学だけして早々に退散。飛行機を見ている方がよっぽど時間を潰せました。

さて、いよいよ搭乗となったのですが、今回は3回ともプレミアムクラス、更には子供優先の優先搭乗を使わずに最後に搭乗しました。

席は一番前の方だし、荷物入れ場の取り合いになることもないですからね。ギリギリまで遊ばせておいた方がこっちも楽だし、子供連れの隣になった人に挨拶も後から入ったほうがし易い、と言うのがあったのですよ。

今回は3回で3回の子連れパターンを経験しました。

1回目は、全部起きているパターン。

窓際の席だったので景色もよく、自分的には隣人にはほとんど迷惑をかけずに済んだんじゃないかと思います。朝食の「GOZEN」サンドイッチに興味があったらしく子供にも食べさせましたが、マスタードがしっかり効いていて、うぇ〜てなっていました。

今回朝、昼、番、3回のGOZENを食しましたが、当然ながら子供向きではないので、味は濃いしマスタードやわさびはしっかり効かしているので、子供は食べれません。子供にプレミアムシートはもったいないかも。

大人にとっても美味しいか?と言われればまずくはないけど、とにかく味が濃すぎて私好みではありませんでした。

日本一混雑する空港、福岡空港は混雑のため出発が30分ぐらい遅れたので、那覇での滞在時間は30分も無くなってしまいました。

子供がリフレッシュする暇もなく、すぐに搭乗です。

そして日本で4番目に利用者数が多い那覇空港、飛ぶまでにやっぱり30分必要としました。普通だったら待てるのですが、子連れだととにかく早く飛んで早く着いて欲しいので、まさに苦行!

しかし、この那覇ー成田路線での子供のパターンはほとんど昼寝タイムとなったので一番ラクといえば楽でしたけど。

プレミアムシートの利点は、でっかい子供が寝てもスペースに余裕がありまくり、と言うことです。普通席ではこうはいかない。ただ、なるべく起こしたくないので、テーブルなどは当然出せません。

お得なサービスが全然使えないと流石に悔しいので、ちょっと子供が寝ていることをいいことに、スパークリングワインなんぞを頂いちゃいました。

こういうサービスは国際線のビジネスと全然変わりませんね。ただ今回の旅はその特典はほとんど享受できませんでした。まあ子連れの時点で諦めてはいましたけど。

これが修行の一環でなかったら本当にもったいない話です。

途中、日本列島を襲う前線に突入。すっぽり覆われています。センター試験だと言うのに大変なことです。

いよいよ成田空港。しかしここで盲点が!成田空港の国内線は、基本的に駐機場からの離着陸なんですよね。今回の旅では空港から外に出る予定がなかったので、上着は荷物の奥底にしまっちゃいました。

なので超寒〜〜〜い。ただココでプレミアムシートの利点が。一番早く降りれるので、リムジンバスに座れてゆっくりできるのですね。

今回、優先搭乗をしなかったのでその様子を遠目に見ていたんですが、ダイヤモンド会員多すぎでしょ!福岡と那覇しか見てませんが、10人以上は確実にいます。その後に続くSFC会員を含む優先搭乗では20人以上はいます。

ぞろぞろぞろぞろ・・・・。でも、ほとんどの方は普通席なんですよねぇ。もちろん私のような人がいてプレミアムシートが取れなかったダイヤモンド会員の方もいるでしょうけど。

で、今回思ったのはポイントサイトの活用法はビジネスの特典航空券やアップグレード、難しければANAコインを用いたビジネスやプレミアシートを常に確保できるようにすることなんじゃないかと思うのですよね。上級会員を目指すよりも。

それらのシートなら、上級会員としてのサービスはほとんど享受できますし。まあマイル還元率アップとかは無いですけど。

つまりSFC修行ってそんなに意味が無いかも・・・・と言うことですか?なんか修行に行く度にそんな考察をしているような。でも、もらえるものは貰っておきますけど!

ただ、今後SFC修行を考えている人は、よ〜く考えて方がいいですよぉ。

今回使いはしなかったけど、各ANAラウンジも見学だけはしました。その様子、全部カードラウンジ並の混雑具合で、特別感全く無かったですもの。それを利点の第一にあげている私ですが、ちょっと残念。

お昼のGOZEN。手土産でもらいました。やっぱり濃いかなぁ。

成田空港は子連れでも時間を潰すところがいっぱいあるので、3時間程度では余裕でしたね。

そしていよいよの最後の搭乗。優先搭乗をしないとこんな感じ。もう諦めて最後に乗りました。

そして最後の路線が一番きつかった。パターンとしては、最初は寝たけど途中で起きる、と言うパターンです。

そうなると、寝起きで機嫌が悪い。ご飯食べたばかりで、お菓子でも釣れない。そして唯一窓際を取れなかったので、気の紛らわせ方法が1つ減ってしまう。

さらに日本一混雑する空港、福岡空港がまたしてもやらかしてくれて、混雑のため最後に旋回を始めたので着くのが30分遅れた。

などなどで、本当に疲れました。まさに精も根も尽き果てる、と言う感じです。

夕のGOZENは帰ってから頂きました。やっぱり味が濃い。子供が好きだろういなり寿司もわさびがバッチリ効いているし。

今回の子連れSFC修行、そしてプレミアムシートですが、予定の暇つぶし道具はほとんど役に立ちませんでした。

おもちゃとか絵本は喜んで大声をだすので使いづらい。Padは普段使いなれてないので、ほとんどはまらず。ヘッドホンも嫌がるし。お菓子は有効な時もあるけど、空腹時しか使えず。

一番有効なのはやっぱり窓際!です。外の景色が1番ハマるし、寝かせるにも有効にスペースが使えます。

そしてできればプレミアムシートの一番後部座席。一番前は荷物が意外に置きにくいし、後部座席は立ち上がった時にも普通席との間仕切りがあるので、後ろに迷惑をかけないのです。

子連れプレミアムシートでのいちばん大切なことは、窓際で後部座席!これに尽きました。

それにしても三角飛びは2歳児にはやっぱりきつかもしれませんねぇ。あと1回はあるのですけど。のっぴきならない理由がこっちにもあるのですよ。沖縄往復ぐらいなら頑張れるかも。

また来週、今度は沖縄往復、沖縄での時間の潰し方や昼寝のタイミングを考えないといけませんねぇ。

コメントを残す