アメックスカード

【0泊でプラチナに?】ホテルに飛行機にお得に利用できるマリオットアメックスプレミアムカード爆誕

Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカードは、世界最大のホテルグループ「マリオットホテル」のホテル滞在をより快適により楽しく過ごすために必須のクレジットカードです(公式サイト)。

元々はSPGアメックスカードの名で発券されていたのですが、2022年2月24日以降、マリオットホテルのリワードプログラム「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」により特化したマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード(マリオットアメックスプレミアム)に生まれ変わりました。

SPGアメックスは本家アメックスの中でも最も人気が高かったカードですが、新しいマリオットアメックスになり人気が継続できるのか?メリットデメリット、改悪?改善?余すことなくまとめてみたいと思います。

  • マリオットアメックスプレミアムカードの基本情報
  • マリオットアメックスカード入会に付帯するゴールドエリートステータスとは
  • マリオットポイントをザクザク貯める
  • 魅力的なポイント交換先

特にポイントの交換先に多数のエアラインが含まれていることは、アメックスカードダイナースクラブカードのポイントがANAマイルへの交換上限が40,000マイルに制限されるニュースの下、注目ポイントです。

なお、SPGアメックスからマリオットアメックスプレミアムに生まれ変わる過程で、下位カードとしてマリオットアメックスカードも誕生します。ただ下位カードには紹介するほどの魅力がないので、詳しい説明はここでは割愛します。

マリオットアメックスカードの基本情報

マリオットホテルが提携する日本で発行できるアメックスブランドのクレジットカードは2種類となります。

  • Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスカード
  • Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード

今までは1種類だったのですが、今後2種から選択することができます。

既存のSPGアメックス保有者はカード記載の有効期限までSPGアメックスを利用できますが、特典は2022年2月24日以降マリオットアメックスプレミアムに切り替わります

SPGアメックスカード更新時にマリオットアメックスプレミアムカードに券面も切り替わりますが、それ以前に切り替えることも可能です。ただその場合カード番号が変わります。

それぞれ2種のマリオットアメックスカードの基本情報は以下のとおりです。

マリオットアメックスマリオットアメックスプレミアム
(旧SPGアメックス)
年会費(税込)23,100円49,500円
家族カード1枚目:無料
2枚目から11,550円
1枚目:無料
2枚目から24,750円
ポイント還元率100円=2ポイント100円=3ポイント
マリオットボンヴォイ参加ホテルのポイント還元率100円=4ポイント100円=6ポイント
ステータス付与シルバー
年100万円以上利用でゴールド
ゴールド
年400万円以上利用でプラチナ
宿泊実績付与5泊15泊
無料宿泊特典
(年150万円利用条件)
1泊35,000ポイントの宿泊1泊50,000ポイントの宿泊
(手持ちの15,000ポイントをプラスした65,000ポイント宿泊も可能)

大まかな基本情報は以上ですが、主にSPGアメックスからの切り替えとなるプレミアムカードにポイントを絞って解説していきます。

マリオットアメックスプレミアムカードの年会費|49,500円

マリオットアメックスプレミアムカードの年会費は税込49,500円です。SPGアメックスは34,100円だったので15,400円の年会費値上げ、となります。

この点は分かりやすい改悪ですが、マリオットアメックスになり特典やサービスの拡充があれば許容できる点でもあります。

また家族カードの年会費が1枚目無料は嬉しい変更点です。後述しますが、このカードは決済額によって特典が拡充していくので、利用できるシーンは多ければ多いほどメリットが大きくなります。

ポイント還元率は変わりなしで最大100円=6ポイント

新しいマリオットアメックスプレミアムカードのポイント還元率は通常利用で100=3ポイント、マリオットボンヴォイ参加ホテルでの利用で100=6ポイントと変化がありません。

このポイントは「マリオットボンヴォイポイント」のため、通常利用時は円換算にすれば1%ちょっとの還元率となり、クレジットカードとしては少しいい、ぐらいです。

マリオットのポイントはマリオットホテルでの無料宿泊時に利用できたり多彩な航空会社のマイルに交換できるので、その点を考慮すればお得なポイント還元率と言えます。

マリオットボンヴォイのゴールドエリート付帯

マリオットアメックスプレミアムカードに入会するとマリオットボンヴォイ(Mariott Bonvoy)プログラムのゴールドエリートが付帯します。本来年に25泊をしないと得られないエリートステータスなので、非常に大きなメリットです。その特典で主なところは以下の通りです。

  • ボーナスポイント|25%
  • 優先レイトチェックアウト|午前2時まで
  • エリート専用予約ライン
  • より望ましい客室へのアップグレード

残念ながら更に上のプラチナエリート以降で得られる「ラウンジアクセス」は付帯しませんが、十分に魅力的なステータスです。

しかし今回マリオットアメックスプレミアムに切り替わることによって、今までにない特典が付帯します。

年400万円以上の利用でプラチナステータスプレゼント

マリオットボンヴォイのリワードプログラムはゴールドでも十分と思いたいですが、やはりホテルライフを快適に送るのならプラチナ以上のステータスが欲しいところです。

  • ボーナスポイント|50%
  • 優先レイトチェックアウト|午後4時まで
  • 朝食2名無料
  • スイートを含むより望ましい客室へのアップグレード

ゴールドと異なり上記のような特典がプラチナステータスにはあります。

そのプラチナステータスは従来年50泊が必要だったのですが、マリオットアメックスプレミアムカードに入会すれば「年400万円以上利用」でプラチナステータスを獲得することができます。

ホテルはそこそこ泊まるけど流石に年に50泊もできない、というヒトにとっては朗報です。

極端な話「ホテル0泊でプラチナステータス」も可能です…意味があるかは不明ですが

宿泊実績15泊分付与

マリオットボンヴォイのリワードプログラムでは、エリートステータスの達成には基本的に宿泊実績が必要です。

マリオットボンヴォイ参加ホテルを楽しむためにはやはりプラチナステータスが欲しいところですが、そのハードルは50泊です。そのうちの15泊はマリオットアメックスプレミアムカードに入会・継続すれば獲得できるので、年400万円の利用できなくてもプラチナステータスまでの道のりは容易になったと言えます。

付帯カード継続毎に無料宿泊特典のプレゼント(条件あり)

年に150万円以上マリオットアメックスプレミアムカードを利用すれば、カード継続時(つまり2年目以降)にポイント宿泊として50,000ポイント相当のホテル宿泊を獲得することができます。上限の代表例とすれば、シェラトンワイキキホテルになります。

以前は条件なくカード継続で付帯した特典なのですが、カードがマリオットアメックスになったことによって年間利用額の条件が付きました。この点は改悪と言えるでしょう。

SPGアメックスカードのときは、この無料宿泊特典が年会費と同等かそれ以上の価値があるために高い年会費でも人気を誇っていた面があるので、この改悪でカードから離れてしまうヒトも一定数いるのかな、と想像します。

マリオットアメックスプレミアムカード入会に付帯するゴールドエリートステータスとは

マリオットアメックスプレミアムカードにはマリオットボンヴォイのゴールドエリートステータスが付帯します。ゴールドエリートの特典は上記でも述べましたが、以下の通りです。

  • ポイントサービス|25%
  • 優先レイトチェックアウト|午前2時まで
  • エリート専用予約ライン
  • より望ましい客室へのアップグレード

この特典は自動付帯なので、プラチナステータスまで至ることができない場合でもこのゴールドステータスの存在がカード入会・継続の要因になりうるのか?その特典をまとめてみます。

ポイントサービス|25%

マリオットアメックスプレミアムカードは通常の利用で100=3ポイントのマリオットポイントが獲得できます。マリオットボンヴォイプログラムに参加しているホテルでの支払いにSPGアメックスカードを利用すると、100円=3ポイントに加えて、対象となる支払い料金1米ドルにつき12.5ポイント(通常会員の25%)を獲得することが出来ます。おおむね100円=6ポイントが追加されると考えていいので、マリオットグループ宿泊時に利用すると100=9マリオットポイント貯まります。

アメックスポイントに換算しても100円=3ポイント相当の価値があるので、ホテル宿泊時なら3%還元率となります。

優先レイトチェックアウト|午前2時まで

マリオットボンヴォイのゴールドエリート資格者は、空きがあれば午後2時までのレイトチェックアウトサービスを受けることが出来ます。プラチナエリート以上だと午後4時までなので、少し差があります

エリート専用予約ライン

チェックイン・チェックアウト時に、エリート専用ラインを利用することがあります。利用できるホテルやステータス間の差については、ホテルによって異なります。

より望ましい客室へのアップグレード

宿泊時に空きがあれば、よりステータスの高い客室へアップグレードを受けることが出来ます。コレはちょっと高層階になる、パーシャルオーシャンビューがオーシャンビューになる、などといったプチアップグレードも含まれます。

これら特典がゴールドエリートでどの程度得られたのかは、実際に新マリオットリワードが始まった直後にシェラトンワイキキホテルに宿泊してきたのでご確認ください。

シェラトンワイキキにSPG/AMEXカードの継続特典で無料宿泊|新マリオットゴールドの特典はどうだったのか 2018年の夏にSPG/AMEXというクレジットカード継続の無料宿泊特典を利用して、シェラトンワイキキに宿泊してきました。201...

結論としては、それはそれは満足なサービスを享受することが出来ました。

つまりゴールドステータスでも十分価値があります。ただ以前の年会費や無条件で付帯する無料宿泊特典から改悪となったマリオットアメックスプレミアムカードでも価値があるかと言えば…正直微妙なところです。

やはりホテルに泊まってカードを利用してプラチナステータス以上を獲得してこそ価値があるでしょう。

マリオットポイントをザクザク貯める

マリオットアメックスプレミアムカードを利用すれば、今までと変わらずマリオットボンヴォイポイントをザクザク貯めることが出来ます。この点こそが当カードの魅力と感じるヒトもいます。

  • 普段の支払いで貯める|100円=3ポイント
  • マリオットグループホテル宿泊で貯める|100円=3ポイントに加え1米ドル=12.5ポイント
  • 入会時に貯める|入会後3ヶ月以内に10万円利用すると30,000ポイントプレゼント(2022年2月現在)

普段の支払いで貯める|100円=3ポイント

マリオットアメックスプレミアムカードは普段の支払いで利用したときは100円=3ポイント獲得できます。ポイントの価値としては概ね1%還元率と同等です。

マリオットグループホテル宿泊で貯める|100円=3ポイントに加え1米ドル=12.5ポイント

現状最もポイントが貯まる使い方は、マリオットボンヴォイに参加している系列ホテルに有償で泊まることです。宿泊料金の支払いでマリオットアメックスプレミアムカードを利用すると、通常のショッピングポイント100円=3ポイントに加えて、1米ドル=12.5ポイントのマリオットポイントが付与されます。単純に100円=6ポイントと考えていいでしょう。

詳しい計算は省きますが、マリオットボンヴォイが4期ごとに行っているプロモーションなども含めると、マリオットホテルに泊まればポイントはどんどん貯まります。

入会時に貯める|入会後3ヶ月以内に10万円利用すると30,000ポイントプレゼント(2022年2月現在)

実質的に1%ポイント還元という感覚でアメックスポイントに換算すると、SPGアメックスカードは100万円利用して10,000ポイント貯まります(=30,000マリオットポイント)。SPGアメックスカードは常時入会キャンペーンを行っていて、SPGアメックスカード発行後3ヶ月以内に10万円利用すると30,000ポイントがプレゼントされます。アメックスポイント換算では10,000ポイントです。

しかしさらに入会時にポイントをザックザク貯める方法があります。それはアメックスカードを利用している会員からの紹介で入会することです。

紹介で発行する|入会特典が36,000ポイントに増加

その仕組みをご説明していきましょう。

2022年2月現在の状況からマリオットアメックスプレミアムカードの前身であるSPGアメックスカードのケースを紹介しています。

以下はSPGアメックスの場合での説明です。

SPGアメックスカードを紹介で発行する|入会特典が36,000ポイントに増量

アメックスのプロパーカードと準プロパーカードホルダーの方からSPGアメックスカードを紹介してもらい入会すると、通常の入会ポイントが(3ヶ月以内10万円利用で)30,000ポイントのところが、36,000ポイントまで増量します。通常入会よりも6,000マリオットポイント増量になります。

紹介してもらってSPGアメックスカードを発行するデメリットは、残念ながら・・・ありません。通常よりより多いマリオットヴォンボイポイントがもらえるだけです。

紹介でSPGアメックスカードに入会

・入会ポイントが通常の30,000ポイントから36,000ポイントに増量
・紹介での発行ご希望の方はSPGアメックス紹介問い合わせよりご連絡下さい

魅力的なポイント利用法とポイント交換先

マリオットアメックスプレミアムカードを利用して貯まったマリオットポイントは、以下のような様々な利用法があります。

  • 無料宿泊にマリオットポイントを利用する
  • キャッシュ+ポイントで宿泊料金をお得にする
  • ポイントをマイルに移行する

無料宿泊にマリオットポイントを利用する

貯まったマリオットポイントは、マリオットボンヴォイ参加ホテルでの宿泊に利用することができます。

必要なマリオットポイントはホテルカテゴリーとシーズンによって分けられています。2020年2月以前のSPGアメックスカード入会時で得られる30,000オーバーのポイントだとホテルカテゴリー「5」まで泊まれることになります。

キャッシュ+ポイント利用で宿泊料金をお得にする

ポイント宿泊するにはポイントが足りなくても、キャッシュとポイントを組み合わせた宿泊予約をすると、ポイントを有効活用することができます

必要なキャッシュとポイントはやはりホテルカテゴリーとシーズンによって区別されます。

ポイントをマイルに移行する

マリオットアメックスプレミアムカードの最大の特徴と言っても良いサービスが、ポイントをマイルに移行する際の対応エララインが多いことが挙げられます。

対応エアラインは44にも及び、日本のエアラインであるJALやANAも含まれています

ほとんどのエアラインで30,000マリオットポイントは10,000マイルに交換でき、交換比率は「3:1」です。

特徴は60,000マリオットポイントを移行するたびに、15,000マリオットポイントがボーナスとして加算される点で、それを有効活用するとマリオットアメックスプレミアムカードのクレジットカードとしてのマイル還元率は「1.25%」となり、多くのクレジットカードが1%マイル還元率のなか、その優位性が際立ちます。

またユナイテッド航空のマイレージプラスに移行する際は、さらに10%のマイルボーナスが付与されるのでユナイテッド航空の交換比率は「3:1.1」となっています。

ポイントの活用法まとめ

以上のようにマリオットヴォンボイプログラムで貯めることができるマリオットポイントは、ホテルに利用するも良し、エアラインに使用するも良し、のトラベラーにとって非常に使い勝手がいいポイント制度と言えます。

しかし最初の入会時に入る大量のポイント以外は、日々の決済で貯めるか、ホテルに泊まるか、年に数回行われているバイポイント(ポイント購入)でしか貯めることができません。

ですのでこのカードを入手したら、日々の支払いをマリオットアメックスプレミアムカードに集約して、泊まるホテルもなるべくマリオットグループ系列のホテルにする方がベターです。まさに「マリオットの虜」と言ってもいいでしょう。

そして利用法としては、エアラインのマイルは他の方法でも貯めることができるので、やはり宿泊に利用するほうが有用かとは思いますが、それはマイルを爆発的に貯める方法を知っているかどうかで変わってきます

ワタシはポイントサイトとニモカルートやTOKYUルートを利用してANAマイルを貯めています。
※TOKYUルートは2022年3月まで

【最短4日間でANAマイルをざっくり貯めるニモカルート完全解説】ANA/VISAnimocaカードを使ってニモカポイントをANAマイルに交換 「陸」で貯めたポイントを利用して各航空会社のマイレージプログラムの「マイル」を貯めている方々は「陸マイラー」と呼ばれています。「...
【マイルを貯める方法】ANAマイルが大量に貯まるTOKYUルートの魅力と実力を確認|TOKYU POINTと新たなANAカードを紹介 2019年6月6日、この日はワタシが愛してやまなかったANAマイルを貯めるための「ニモカルート」の命日として、ワタシの心の中で残...

まとめ

ホテルを愛する「ホテラー」にとっても飛行機を愛する「マイラー」にとっても非常に魅力的なクレジットカード「SPGアメックスカード」が生まれ変わったマリオットアメックスプレミアムカードを紹介させて頂きました。

特にマイラーにとってはマイルを貯めるに心苦しいクレジットカードのニュースが続いてアナウンスされています。

【さらなる改悪】ダイナースクラブカードの移行上限が40,000ポイントに|上限はないままのANAダイナースプレミアムのポイント付与が100円=1.5ポイントに! 最近いい噂を聞かないダイナースクラブカードのサービス改定の話を耳にしました。ダイナースクラブカードは昔からファンが多いクレジット...
改悪なのか改善なのか?アメックスポイントのANAマイル移行上限が40,000マイルまでに減少 今回はアメックスポイントについて改悪とも思われる内容についてお伝えします。アメックスカードのポイントは色々なサービスに移行するこ...

アメックスプロパーカードやダイナースプロパーカードのANAマイルへの移行上限が40,000マイルになる内容で、マイラーにとっては衝撃的なニュースでした。

そんな中、未だに多くのエラライン交換先を抱えマイル移行上限が実質無いマリオットアメックスプレミアムカードに対する注目はますます増してくるかと思います。

2022年2月現在でワタシよりご紹介してSPGアメックスカードを発行し、申し込み条件をクリアすると36,000マリオットポイントがゲットできます(直の入会はこちらです)。

SPGアメックスカード入会はこちら

しかしよりオトクなキャンペーンを銘打ってきたアメックスのクレジットカードはその後改悪に向かうという歴史をたどってもいます。

今回SPGアメックスカードが生まれ変わったマリオットアメックスプレミアムカードは年会費の値上げや条件付きとなった無料宿泊特典など改悪点が見られます。

しかしどうしても50泊に届かなかったホテラーにとって、宿泊実績が15泊になったことや400万円以上の利用でプラチナステータスが獲得できるのは朗報とも言えます。

マリオットアメックスプレミアムカードは2022年2月24日から生まれ変わります。その前にSPGアメックスカードを発行しておくのがいい方法なのかどうかと言われると、宿泊実績が以前の5泊のままとなってしまいます。

年会費は以前のままの安さではありますが、このカードはマリオットボンヴォイのプラチナステータスを目指すためのカードと言っても過言ではありません。それならばやはり2022年2月24日以降に生まれ変わった後のマリオットアメックスプレミアムカードに申し込むほうがベターと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

POSTED COMMENT

  1. ケン より:

    やっぱりこのカードの魅力はホテルですよね!もちろんマイルも良いんですが、ホテルに宿泊できる方法は限られてますからね!
    しかし、最後の一文が気になります!アメックスの常套手段なんですねぇ(;・∀・)

    • ゴウタロウ より:

      うんうん、おっしゃる通りホテルで宿泊できるのはホントにGOODです。ヒルトン族だけではやっていけないですし(^_^;)。

      今はMMさんのお目々があるのでまさかいきなり改悪しないとは思いますが、メスが入ってもおかしくはないですよね(・_・;)。

  2. […] 好きだそうで、旅行記、エラライン修行が盛りだくさん!特に私は「スターウッドプリファードゲストアメックスカード」の記事を読んで、このカード発行したくなっちゃいました!wメ […]

    • ゴウタロウ より:

      ご紹介、コメントありがとうございます(^^)。

      しかしちょびリッチさんの案件が載っていない記事をご紹介いただきちょっと冷や汗・・・
      今はちゃんと大使の任を務めています!!

ケン にコメントする コメントをキャンセル