マリオット特集

【マリオットプラチナチャレンジ3泊目】プラチナ様が泊まらないアロフトクアラルンプールセントラル宿泊記|屋上にあるインフィニティプールがおすすめ

マリオットヴォンボイのプラチナエリートを目指すべく短期間でプラチナを取得できるプラチナチャレンジに挑んでいます。

【マリオットボンヴォイプラチナエリートを目指す道2019】ヒルトン族のワタシがプラチナチャレンジを行う理由|ANAダイヤモンド修行との相性良し マリオットボンヴォイとは世界的なホテルグループ「マリオットグループ」のロイヤリティプログラムのことです。 世の中の様々なサ...

申し込み月+3ヶ月間で計16泊をすればクリアです。今回は3泊目となるマレーシアはクアラルンプールにあるアロフトクアラルンプールセントラルの宿泊記をお届けします。

実はこのホテル、ラウンジがないんです。なのでホテラーの方々には人気がないらしくて、宿泊記も少なめです。ぜひプラチナになる前に記念に泊まりに行きましょう。

アロフトクアラルンプールセントラルについて

アロフト・クアラルンプールセントラルはクアラルンプール国際空港からの特急KLIA Ekspresが到着するクアラルンプールセントラル駅に直結しているマリオットグループのホテルです。

近くには同じマリオットグループのルメディアン・クアラルンプールセントレジス・クアラルンプールもあります。

アロフトは元々マリオットに合併する前のSPG系列のホテルでした。ホテルカテゴリーは2で、安価に泊まれるホテルです。

アロフト・クアラルンプールセントラルへのアクセス

アロフト・クアラルンプールセントラルホテルへのアクセスは簡単です。ほぼクアラルンプールセントラル駅に直結しています。

本来はクアラルンプールセントラル駅に併設してあるNU Sentralに向かってエスカレーターを登りすぐに右折れてまっすぐ進めばアロフト・クアラルンプールの2階からホテルに入ることができます(フロントは1階)。

ただワタシがクアラルンプールセントラル駅に到着したのはすでに0時30分。ワタシが利用した成田発のANA便は普通に23時過ぎにクアラルンプールに到着するので、コレもやむを得ません。

ただNU Sentral…閉まっとるやん!!

その場合の予習をしていなくて不安だったのですが、とりあえずホテルの方向に向かおうと1階フロアの青矢印の方向に歩いていきました。

人っ子一人いない寂しい通路を進んでいきます。クアラルンプールの中心地は比較的治安がいいはずですが、実際はどうなんでしょう?

そして歩いていくと道を挟んでアロフトはずっと見えているのですが…なんと向こう側へ渡る場所が見当たらないんです。どう振り返っても先を見ても渡れない。どうすんのコレ?

結局夜中で車通りが少ないこともあったので、車の流れが手前の信号で止まったところを見計らって渡らざるを得なかったのですが…次の日明るい中で確認しても解決法は見いだせませんでした。1階でアロフトまで行く道募集!

チェックイン〜お部屋へ

なんとか命からがら(おおげさ)アロフトクアラルンプールにたどり着き、夜中の0時40分に突入しました…フロントどこ?

入ったところどこにもヒトはいないしフロントっぽいところもないし、バーのキャッシャーみたいなところがありますが…このまるっとしたところがフロントでした^^;。

ワタシがキョロキョロしていたのでスタッフっぽいヒトがすっ飛んできました。Englishで「フロントどこですか?」と伺ったら、ニヤリとしながら「ココです」と言われました。はずかしぃ。

客室はワンキングベッドのセントラルステーションビューでした。11階だし特にアップグレードはなかったみたいです。ただこのホテル、アップグレードに足る部屋はほとんど無いという噂ですが…

アロフトクアラルンプールの客室紹介

アロフトクアラルンプールのオシャレな客室をご紹介していきます。

アロフトクアラルンプールの客室は前情報通り、妙に広い部屋で圧迫感など全くありません。

テレビの下のスペースに、プラチナ様以上だと飲み放題だったらしいミニバーがあったはずなのですが、見当たりませんでした。

デスク周りはユニバーサルコンセント完備で、変換器など必要とせず充電をすることができます。0時チェックイン11時チェックアウトだったので、ブログを書く暇などありませんでしたが。

ウェットエリアですが、浴槽はなくシャワーのみです。シャワーとトイレはドアが共通していて、シャワールームを閉めたらトイレの方がオープンになり、トイレを閉めたらシャワールームがオープンになり…^^;

シンクは至ってシンプル。もちろん一人身にとっては過不足ありません。ミネラルウォーターはココに2本、部屋に2本ありました。

外の景色はセントラルステーションビューで、目の前はクアラルンプールセントラル駅の天井が見えます。その奥に兄弟ホテルであるヒルトンクアラルンプールとルメディアンクアラルンプールがそびえ立っています。

アロフトクアラルンプールのフィットネスクラブ

今回のアロフトクアラルンプール宿泊は、ANAのダイヤモンド修行マリオットのプラチナチャレンジを兼ねています。

そしてダイヤモンド修行は効率を追求し、海外発券のビジネスクラスを利用します。もちろん空港ラウンジも利用します。つまりデブ活まっしぐらなのです。

そこでホテルではマリオットゴールドでラウンジも朝食もつかないことを逆手に取って何も食べずにエクササイズすると決めているのです。ビジネスクラスでダラダラした体をホテルで引き締める計画です。

真夜中の1時過ぎですが、24時間利用できるメリットを生かしてフィットネスジムに突入します。一度寝て起きてからココに来る自信がなかったのです。

もちろん利用者は誰もいませんでした笑。ただスタッフのヒトが黙々とお掃除をしていましたが…邪魔だったでしょうねm(_ _)m。

こじんまりとしたフィットネスルームですが、器具はまあまあ揃っていると思います。タオルも備え付けてあって、水分補給も可能です。

トイレとシンクとシャワールームも完備。まあ1人しか利用できませんし、宿泊していたら部屋でシャワーを浴びると思うのですが、設備が揃っているのは高評価です。

真夜中の1時から2時までみっちりエクササイズです。と言ってもウォーキングとジョギングの間ぐらいのスピードでまったりと歩き続けただけですが。ビジネスクラスでお腹いっぱいだったのに加えて仮眠もしてきたので、ちょうどいい運動になりました。

アロフトクアラルンプールのプールについて

アロフトクアラルンプールのプールはフィットネスルームがある4階ではなく屋上にあります。寝る前にみっちりエクササイズしたので、朝起きたらプールでまったりしました。

プールは屋上階、プールサイドバーが併設されているところにあるインフィニティプールとなっています。

プールサイドにはミネラルウォーターやタオルも完備しており、水着だけで遊びに行くのもOKです。

ビーチチェアは少なめですが、天気も悪めでまだ朝食の時間帯だったこともあり空いていました。水温は熱帯雨林気候のクアラルンプールにおいて気持ちよく泳げる温度です。ジャグジーは無いのですが、必要とは思いませんでした。

外に向かって左の奥には更衣室やトイレとともに、水深30cm程度の子ども向けプールも有りました。流石に1人では入れませんが、ココに寝っ転がったら気持ちいだろうなぁ、と思います。

インフィニティの縁からは向かいのヒルトン・ルメディアン兄弟ホテルが見えます。

アロフトの看板を狙ったインフィニティプールからの写真です。夜にはこの辺が紫色に怪しくライトアップされるのです。

その他朝食会場など

その他にワタシはホテル断食計画中なのでどこにも寄らず買わずでしたが、目についた施設をいくつかご紹介します。

エレベーターで降りた2階には朝食会場となるレストランがあります。すでに朝食時間を終えているので閑散としています。クアラルンプールセントラル駅からNU Stationを経由してアロフトクアラルンプールに向かう通路を通ってくると、この場所に出てくることになります。

1階のフロント近くには小さな売店がありました。まあ利用していませんが。

またフロントの横にはビリヤード台などもあるリラックスアンドアミューズメントルームも有りました。やりませんが。

アロフトクアラルンプールのマリオットボンヴォイステータスのメリット

ワタシはSPGアメックスカードを保有していてマリオットゴールドエリートとなっています。

ゴールドエリートとのメリットは以下の通りです。

  • 250マリオットボンヴォイポイントプレゼント
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • アップグレード

レイトチェックアウトはしなかったし高層階ではなかったのでおそらくアップグレードも無しだったと思います。

ゴールドエリートの上のプラチナエリートになるとラウンジアクセス権が付帯したり朝食を選択することができます。ただこのホテルはラウンジがないんですね。アップグレードできる部屋も大した部屋はありません。

プラチナエリートになった後にこのホテルに泊まるのはちょっともったいないのです。なので泊まるとしたら、ゴールドエリートのうちの今かなと思って宿泊しました。

アロフトクアラルンプールは可もなく不可もなくと言う感想のホテルですが、ゴールドエリートだったら損することもないですし安いですから選択肢の1つとして泊まってもいいのではないでしょうか?

まとめ

マリオットホテルのプラチナチャレンジの一環で、マレーシアの首都クアラルンプール中心にあるアロフトクアラルンプールに宿泊してきました。

本来はクアラルンプールセントラル駅からNU Sentralに上がって、画像のように上がってすぐ右に曲がっていくだけの簡単なアプローチのはずだったのに、真夜中でこの経路が閉ざされていたのですっごくビックリしました

チェックアウト後の昼間に1階や地下(バス乗り場)から行ける経路を探してみたのですが、見つからなかったのです。マジで真夜中にどうやってクアラルンプールセントラル駅からアロフトクアラルンプールに行くのか謎のままです。どなたかご存知ですか?

アロフトクアラルンプールはカテゴリー2相当のホテルで、まあ値段相応でした(1泊8千円ぐらい)。同じクアラルンプールセントラル駅直結のマリオットホテルであるル・メリディアンクアラルンプールの方がカテゴリー3でより高級感がありラウンジもあるのに値段はアロフトとほとんど変わりません。

申し訳ないですが、ル・メリディアンの方がおすすめですね。もう一度アロフトクアラルンプールに泊まる予定にしていましたが、その時はプラチャレをクリアしてマリオットボンヴォイプラチナエリートになっている可能性が高いので、ル・メリディアンに予約し直しちゃいました^^;。

コメントを残す